古事記を英語で読む24

Two Brothers 3

Yamasachi returned to the land to find hisbrother.
At that time, Umisachi was growing rice.
Yamasachi went to him and returned the hook.

「こうして、ホオリの命(山幸彦)は陸地へと帰り着き、海幸彦である兄の命に、その釣り針を返しました。
もちろん、そのときに海の大神からいわれたとおり、『この針は、ぼんやり針、乱棒針、貧乏針、まぬけ針』といって、後ろ向きに手渡すことを、山幸彦のホオリの命は忘れなかったのです。」(橋本治さんの『古事記』より)

But from that day,
rice didn’t grow on Umisachi’s fileds.
He became very poor and very angry.
“It is all Yamasachi’s fault!”

「兄の耕す田には、雨が全くふりません。ぼんやりしているうちに、田の稲は枯れて、兄の命は貧乏になってしまいました。
貧乏になった兄の命は、だんだん乱暴になって、当たり散らすようになりました。ホオリの命(山幸彦)の田には水があって、豊かに黄金の稲の穂がみのっているのを見ると、ねたみ心がわきあがって、『みんなあいつのせいだ! あいつの田にはえた稲を横取りしてやるぞ!」と言って、攻めて来たのです」(橋本治さんの『古事記』より)

Umisachi created an army and attacked Yamasachi.
Yamasachi was ready because he had the two special balls from the sea god.
When he threw the first ball,
a big wave appeared.

「たくさんの兵士が恐ろしい顔をして攻めてくるのを見ても、ホオリの命(山幸彦)は驚いたりしませんでした。兄の命の軍勢がやってくるのを見たホオリの命(山幸彦)は、海の大神にいわれたとおり、塩盈珠(しおみつたま)を取り出して、兄の命の軍勢の前に突き出したのです。
ゴーッ! という音がして、突然大津波がやってきました。」(橋本治さんの「古事記より)

Umisachi and his army went under the water.
Umisachi screamed,
”Brother, I’m sorry!Please help me!”
Ymamasachi heard this and threw the second ball.
The wave magically disappeared.

「海幸彦であるはずの兄の命は、やってきた大波に飲まれて溺れてしまったのです。
『お願いだ、助けてくれ。苦しくてならない。このままでは死んでしまう。』
そう兄の命は言いました。・・・略・・・ホオリの命(山幸彦)は、塩乾珠(しおふるたま)をあらためて取り出すと、それをぐいっと突き出して、海の神へと見せたのです。あたり一面を水浸しにしていた海の水は、うそのように消えてなくなりました。・・・」(橋本治さんの「古事記」より)

僕(あ)は 今より以後(ゆきさき)
汝命(なみこと)の 昼夜の守護人(まもりびと)と為りて 仕へ奉らむ

Umisachi promised his brother.
“I was wrong.
From now on, I will guard you day and night.”
Years later, the children of Umisachi continued to protect the children of Yamasachi.

「悪いことをしました。私はこれからのち、ずっとあなたさまにお仕えいたします。武器を持って、昼も夜も、あなたさまの安全を守るために、私は護衛の役をつとめさせていただくことにします。」(橋本治さんの「古事記」より)
*こうして海幸彦の子孫は、山幸彦の子孫に使えるようになった。
そして山幸彦の子孫が神武天皇になるというのが、この「山幸彦と海幸彦」の神話である。

*炎の中でコノハナサクヤヒメが産んだ三人、火照命(ホテリノミコト)、火須勢理命(ホスセリノミコト)、火遠理命(ホオリノミコト)。長男のホテリノミコトが海幸彦、三男のホオリノミコトが山幸彦。では次男のホスセリノミコトはどんな活躍をしたのだろうか? 残念ながら「古事記」にはそのことが書かれていないようだ。
アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三兄弟姉妹でも、真ん中のツクヨミの存在がよくわからない。
「古事記」は神話だからそれは仕方がないことかもしれない。

ここまでが「古事記」の上の巻、このあと中の巻で「神武東征」の話になるのだが、Enjoy Simple English ではここまで。
「古事記」の原文に少し触れることができるいい機会となった。