古事記を英語で読む22

Two Brothers 1

Amaterasu’s grandson Hikohono-ninigi came to rule the land below the sky , and had three sons.

The first son, Umisachi-biko, lived by the sea and caught fish.

As for the third son, Yamasachi-biko, he lived in the mountains and caught animals.
These brothers spent their days finding things to give to their father.

「コノハナサクヤヒメの産屋につけられた火が燃え上がったときにお生まれになったホデリの命は、海に入って様々な魚を取る、ウミサチビコとなりました。産屋の火がおさまるときにお生まれになったホオリの命は、山に入ってさまざまな獣を取る、ヤマサチビコです。ウミサチビコもヤマサチビコも、毎日父神ヒコホノニニギの命にささげる獲物を取りに海や山へ入っていかれました。(橋本治さんの『古事記』より)

One day, Yamasachi went to see his brother.
He said,
“Why don’t we switch tolls with each other? Then you can hunt in the mountains and I will hunt in the sea.”

Umisachi didn’t really like the idea but finally agreed.

「・・・『私達はいつも同じところを持ち場にして猟をしていますね。でも、どうです?たまにはお互いの道具を取り替えて、違うところで猟をしてみませんか?』
一度は海で魚を釣ってみたいと思っていた山幸彦はそう言ったのですが、兄の海幸彦は承知しませんでした。
山幸彦は同じことを三度も繰り返していったのですが、どうしても兄の海幸彦は承知しませんでした。ところがもう一度山幸彦が同じことを繰りかえすと、海幸彦も『しかたがない』と思ったのでしょう。『それならお互いの道具を交換してみよう』と言いました。そして海幸彦は弓と矢を持って山へ、山幸彦は釣り竿を釣り針を持って海へとでかけて行ったのです。」(橋本治さんの『古事記』より)

Yamasachi was very excited to try his brother’s fishing pole, but he couldn’t catch any fish.

「その日の日が暮れようとしました。しかし海へ行った山幸彦には一匹も魚がつれませんでした。そればかりか、なれない海へ出かけていった山幸彦には、兄の海幸彦から借りた大切な釣り針を海の中へなくしてしまったのです。(橋本治さんの『古事記』より)

When Umisachi found out, he became very angry. “I will not forgive you until you find it!” Yamasach was crying by the sea when a kind god appeared.

*釣り針が亡くなったことを知った海幸彦は、「釣り針を返すまでは許さない1」と怒る。弟の山幸彦は、おわびにと自分の剣を砕いて500本の釣り針を作って兄の海幸彦に持っていくが「いらない」といって受け取らない。山幸彦はさらに500本の釣り針を作って持っていくが、兄の海幸彦は『なくした本物の釣り針をもってこい』と受け取らなかった。
困った山幸彦は海辺で泣いていると、
そこへ現れたのは、海の潮の流れを司るシオツチノカミ。

The god put Yamasachion a boat and said,
“This boat will take you to the sea god. He will help you.”

「『(山幸彦がじじょうをせつめいすると)、私にはいい考えがある。というよりもわたしにもその釣り針がどこにあるかはわからないけれども、どうすればそれが見つかるかぐらいはわかるから、それをお教えしましょう』
・・・略・・・そういうと、シオツチノカミはいきなり小さな船を作りはじめました。・・・・シオツチノカミは山幸彦の乗った勝間の小舟をぐいっと沖の方へ押し出したのです。船は沖へとながれていきました。」(橋本治さんの『古事記』より)

*山幸彦の乗った船のめざすところは、そう「竜宮城」ですね。次回へ。

 

 

 

 

古事記を英語で読む21

The Meaning of Names 3

After a while, Konohanasakuya-hime found out she was pregnant.
Hkkohono-ninigi didn’t believe the child was his.
She said,
“I am sure this is your child. If it sin’t , it will die at birth.
But if it is your child, it will live.”

*at birth : 生まれたときに

橋本治さんの「古事記」ではこのように書かれている。

「私には子どもができました。いまがちょうど生まれるときですので、生みたいと思います。私のお腹の中にいるのは、高天原からご降臨になった神のお子なのですから、私一人の子として生んではいけないと思います。どうかこのことをご承知ください。」
いわれてヒコホノニニギの命はびっくりしました。
「私はお前とは一晩しかいっしょに寝ていない。・・・略・・・それなのにおまえは、子どもができたというのか? そうだ、おまえは嘘をついているのだ。お前の腹の中にいるのは、私の子ではない。それはきっとこのあたりの土地の神の子にちがいないのだ」

*今の時代なら、完全にセクハラ、パワハラ、マタハラの暴言ですね。

The time came for Konohanasakuya-hime’s baby to born.
She built a small house without any walls or doors.

The she went into the house  and ordered people to make a wall to cover  the whole house.

There was no way to get out now.
Finally she set the house on fire.

+ The time came for 〜to : 〜が・・・する時が来た。
 set on fire : 火を付ける

橋本治さんの「古事記」では、

『・・・もしも私のお腹の中にいる子が、どこかの土地の神の子であるなら、きっとこの子を無事に産むことなどできないでしょう。でももしも、このお腹の中にいる子が、高天原からご降臨になったあなたのお子であるのなら、私はなんの心配もなく、無事に生み終えることができるでしょう。』
そういってコノハナサクヤヒメは、出産の準備にかかりました。・・・略・・・コノハナサクヤヒメのつくらせた産屋には、戸が一つもありませんでした。『柱ばかりで風の吹き抜ける産屋など作ってどうするのだろう?』とヒコホノニニギの命がお思いになっていると、さっさとその産屋の中へはいっていったコノハナサクヤヒメは、『この柱と柱のあいだを、すべて土でぬりかためてふさいでしまうように』と命じたのです。
 産屋の周りがすべて土でふさがれると、その中にいるコノハナサクヤヒメは、『火をつけよ』とお命じになりました。

と書かれている。

Konohanasakuya-hime gave birth to three sons inside the burning house.
In this way, she showed that she was right.
Her three babies were the children of Hikohono-ninigi, a god from the land above the sky.
They were named Hoderi, Hosuseri, and Ho-ori.

* give birth to 〜 ; 〜を産む

「コノハナサクヤヒメは、燃えてくる火の中で、三柱の子をお生みになったのです。・・・略・・・ご自分のお生みになったお子さまがたが、高天原からご降臨になった神の子であることを、みごとにご証明になったのです。」
(橋本治さんの『古事記』より)

こうの史代さんは「ぼうるぺん古事記」では、
「こんな二人がどうなったのか気になるところですが、日本書紀にはニニギが『自分の子だとわかっていたけど周りの目があったからわざと冷たくしたのだ』と弁解したり、怒ったサクヤヒメがずっと冷たいままなのを悲しんで、歌を詠む後日談などもおさめられています。」
と書かれている。

*コノハナサクヤヒメを祀る神社は無数にあるとウィキペディアには書かれている。富士山もそう。安産や子育て、日本酒発祥など多くの信仰を集めているそうだ。

コノハナサクヤヒメが燃え盛る炎の中で産んだ子が、ホデリノミコト、ホスセリノミコト、ホオリノミコトである。長男のホデリノミコトは「海幸彦」、三男のホオリノミコトは「山幸彦」とよばれ、次回のEnjoy Simple English に続く。

 

 

古事記を英語で読む20

The Meaning of Names 2

Iwanaga-hime was not as pretty as her sister. Hikohono-ninigi wasn’t happy with her.
So he only married Konohanasakuya-hime and sent her sister back home.

「ヒコホノニニギの命はたいそう喜びになりました。しかし、美しい妹のコノハナサクヤヒメとはちがって、姉のイワナガヒメはとても醜い女だったのです。
『こんな女と結婚すると、なんだかよくないものに取り憑かれてしまうような気がする。』とお思いになったヒコホノニニギの命は、イワナガヒメをオオヤマツミの神のところへ送り返してしまいました。(橋本治さんの『古事記』より)

The next day, a messenger came from the mountain god.
“There was a reason why I sent two of my daughters to you.
Iwanaga-hime’s name means,
‘You will live long like a rock.’
On the other hand,Konohanasakuya-hime’s name means,
‘You will be successful like a blooming cherry blossom.’
 I gave you the chance to have a long and successful life, but  you sent Iwanaga-hime back to me.
Now your success will be short like a cherry blossom.”
Hkohono-ninigiwas sorry to hear this.

*on the other hand : その一方で、

「きのう、あなたのところへ二人の娘を差し上げたことには、理由があります。その理由をあなたはおわかりにならなかったようなので、今申し上げます。イワナガヒメとは、『岩のように永遠に変わらない』という意味の名前です。この娘とお契になればあなたも岩のように変わらない永遠のご健康を授かることができたでしょう。コノハナサクヤヒメとは『桜の花が満開になったように栄える』という意味の名前です。私は『二人の娘がそのようにあれ』という祈りを込めて、昨夜二人の娘を差し上げました。ところがあなたは、コノハナサクヤヒメばかりをお選びになって、イワナガヒメをお返しになったのです。・・・・略・・・桜の花はすぐに散るものです。残念ながら、あなたのご寿命も、その桜の花のように、やがてはおしまいになってしまうのです。
 ヒコホノニニギの命は、それを聞かれて、『残念なことをした』とお思いになりました。(橋本治さんの『古事記』より)

里中満智子さんのマンガ古典文学「古事記』には、
「美しいコノハナサクヤヒメを喜んで妻に迎えたのに・・・イワナガヒメを受け入れなかったために、神でありながら永遠の生命を失ってしまった。
神は永遠の存在
   ↓
天皇は神の子孫
   ↓
しかし、死を迎える。

『なんでだ?』
『いや それが実は昔々・・・』
『イワナガヒメを返したから・・・』
『それなら、つじつまがあう。』

人々が納得してこそ、神話は語り継がれるのです。」 とある。

また、「こうの史代さんの『ぼおるぺん古事記』」には、
「そしてこれ以降、天つ神の子孫は、亡くなった歳が記載されるようになります。」
と書かれている。

神話を通して正統性を強調していこうとするのが、「古事記」や「日本書紀」の性格だとも言われている所以はここにあると思う。
ニニギノミコトは大好きだったはずのコノハナサクヤヒメにも、不誠実な態度をする。それは次回に。