古事記を英語で読む6

黄泉の国3

Izanaki now thought it was safe to go home, but he saw his angry wife running after him. so Izanaki moved a big rock to close the entrance to the Land of Yomi.
His dead wife Izanami said these words of goodbye from behind the rock.
“I wil kill 1000 of your people every day!”
So Isanaki replied.
“Then I will build 1500 houses in which babies can be born.”
As a result, 1000 people die and 1500 people are born each day.

ここは英語でも内容はよくわかる。
私には「古事記」の原文が心にしみるような気がした。

伊耶那美命言はく(いざなみのみこといはく)
愛(うつく)きし我(あ)がなせの命(みこと)
如此為(かくせ)ば汝(いまし)の国の人草(ひとくさ)
一日(ひとひ)に千頭(ちかしら)を絞(くび)り殺(ころ)さむ
爾(ここ)に伊邪那岐命 詔(の)りけらく

愛(うつく)しき我がなに妹(も)の命(みこと)
汝然為(いまししかせ)ば吾(あれ)一日(ひとひ)に千五百(ちいほ)産屋(うぶや)立てむ
是(ここ)を以て(もて)一日(ひとひ)に必ず千人(ちびと)死に
一日(ひとひ)に必ず千五百人(ちいほびと)なも生まるる。

天御柱(アメノミハシラ)の周りを互いに回って、おたがいにその美しさをほめあい、国を生み、神産みをしてきた二人、伊邪那岐命と伊耶那美命は、a big rock 千引きの岩によって隔たれてしまう。

里中満智子さんのマンガではこの部分を

「ようやく地上へ戻った伊邪那岐命は結界を築き、妻に別れを告げます。
日本初の離婚です。
その時妻は、
まず
「愛するあなた」と呼びかけます。
夫も
「愛する妻」と応えます。
怒っていても、おそれていてもまず愛を告げる・・・いいなあ」

と書いている。

さて4月18日の「古事記を英語で読む2」で、伊耶那美命が生んだ神々は35、という話をのせた。古事記原文には、左の赤丸の中のように書かれている。

是(こ)は伊邪那美命未だ神避(かみさ)らざりし以前(さき)生めリ 唯(ただ)意能碁呂島(オノゴロジマ)は生めるに非ず 亦(また)蛭子(ひるこ)と淡嶋(あわしま)とは子の例(たぐい)に入らず也

と二行に分かれて注釈のように書かれている。

ここには蛭子と淡島は生まれた子に勘定されていないことが書かれている。
蛭子というのは「骨のないヒルのような子」として、葦船に乗せられて海に流されてしまう。

実は蛭子が流れ着いて神として祀られているところがある。

兵庫県の西宮神社である。
ここには蛭児神社(ひるこじんじゃ)がある。
御神体は蛭子命で、伊邪那美命と伊耶那美命の最初の子どもと説明がホームページにあった。
私の知っているところでは、京都の八坂神社にも蛭子神社がある。この八坂神社と大阪の今宮戎神社とは蛭子でつながっている。

ウィキペディアによると

「蛭子命の漂着の伝承は各地にあるが、その代表が兵庫県西宮市の西宮神社とされている。西宮神社はえびすという名の神を祀った神社としては現存する記録上で最古であるため、全国のえびす神社の総本宮とされる。また江戸時代から明治にかけて、えびす=蛭子説に基づいて祭神名をえびすから蛭子に改めた神社も存在する。」

海に流されてしまった可哀想な生い立ちだが、神としてその存在が認められていることに安堵感を覚える。

古事記物語は伊邪那美命と伊邪那岐命による国生み、神生みの話から、天照大神にバトンがわたされる。