古事記を英語で読む5

黄泉の国2

Izanaki started to run away.
He heard his wife’s voice from the dark,
“You borke your promise!”
But Izanaki didn’t stop.
He continued to run along the long, dark road.
He felt something chasing him.
They were scary female monsters.
Izanaki pulle off a black vine from around his head and therw it at them.
It started to grow roots in the ground and grew into delicious-looking garpes.
The female monsters stopped chasing Izanaki to eat them.

「『約束を破って、私に恥をかかせた」と怒る伊耶那美命が、黄泉醜女(よもつしこめ)という恐ろしい女の魔物たちにあとを追わせたからです。
なんとしてでも黄泉醜女を振り払いたいとお思いになる伊邪那岐命は、頭に結んであった黒い蔓草の髪飾りをほどかれると、それを後ろに投げつけました。
するとどうでしょう。地に落ちた黒い蔓草の髪飾りは、みるみるうちに根をはやし葉を茂らせて、黒くみずみずしい山ぶどうの実をいっぱい実らせたのです。・・・追ってきた黄泉醜女たちは・・・この甘い山ぶどうの実にむしゃぶりついたのです。」(橋本治さんの「古事記」より)

橋本治さんの注に、「投げつけました」についての解説がある。
「追跡者に追われている者が、逃走中にある物を投げると、それが変化して追跡者の進行をさまたげるという話は、世界各地に数多く分布している。たとえばロシアでは、追われた女がクシ・火打ち石・ひうち道具を投げると、森・山・河に変わって悪魔を阻んだという伝説がある」
この物を投げて、何かに変化させるということはこのあとの展開に関係があるので覚えておこう。

 But soon they started to chase him again.
So Izanaki took a comb out of his hair.
When he threw it down onto the ground, bamboo shoots appeared.
The female monsters stopped to eat them, too.
Izanaki thought,
“Now I am safe.”

今度は髪につけていたクシをなげると「たけのこ」に変わってしまった。
このクシは竹製だったのだろう。
(bamboo shoots  bamboo shoot たけのこ の複数形)
ここでも追手を逃れるために物をなげると、変化して追跡者を妨害するという場面が出てくる。

But then he heard a noise like thunder.
It was the sound of 1500 soldiers and the eight evil monster gods running toward him.
Izanaki started to run again.
He was almost out of Yomi, but the monsters were still behind him. Then he noticed a peach tree.
Izanaki threw peaches at the evil group.
It worked!
The monsters ran away screaming.

この部分の英語は、里中満智子さんのマンガで内容がつかめると思う。
1500人の兵士というのは誇張表現だろう。とにかくたくさんの追手がせまってきた。そのときに投げた桃が素晴らしい効果を発揮する。
ここで投げた桃は三個、「其の坂本なる桃子を三箇取りて待ち撃てば」と原文にはある。三個の桃は姿を変えずに飛んでいく。
橋本治さんの「古事記」には、
「桃 古代から桃には呪力があると考えられていた。桃だけが投げられたあともその形を変えていないのは、その呪力のため、わざわざ何かに変化させる必要がなかったからだろう」とある。

さて追っ手をのがれた伊邪那岐命は、ここで最後に伊耶那美命と対面する。