パネトーネマザーを使った食パン

今回は「パネトーネマザー」を使ったパン作りに挑戦してみた。

パネトーネマザー」は大阪高島屋の富澤商店で購入した。
富澤商店のホームページによると、
「美食の国イタリアで愛され続けた「パネトーネ酵母」の粉末に、酵母(イースト)を加えました。豊かな風味のパンを手軽に楽しめます。」と書いてある。
線品の内容紹介には、名称は「発酵種乾燥粉末」、
原材料名は「発酵種(国内製造)、小麦粉(小麦 国内産)、酵母(フランス製造)/乳化剤、(一部に小麦を含む)」とある。

そもそもパネトーネとは? ホームページににはそれ以上の説明は載っていない。
「ぱねぱんくらぶさん」の紹介があるので、そちらをクリック。

http://www.panettone-mother.com/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 原材料について

「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」の約80%は、北イタリア周辺で培養されている天然酵母種を培養し、粉末化したものです。その天然酵母種で作られる代表的なパンとして、「パネトーネ」が挙げられます。


その天然酵母種には、酵母菌(サッカロミセス エクスキューズ)や乳酸菌(ラクトバチルスサンフランシスコ、ラクトバチルス ブレビス、ラクトバチルス プランタラム)等、パンの風味に良い影響を与える菌が含まれています。


それらの菌は「イタリア北部~南アルプス南部地域(及びほぼ同じ環境の場所)」(以降「北イタリア周辺」と略します)に生息しており、その地域で種継ぎを繰り返すことにより周辺の菌を取り込んで濃縮され、他の地域では得ることのできない独特の美味しさを持つ天然酵母種になります。

イタリアではそれらの生種の事を「リエビト・ナトゥラーレ(天然酵母)」や「ビアンコ(白)」と呼びますが、日本国内では「パネトーネ種」「パネトーネ酵母」といった通称で知られています。・・・・・・・・・略・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど、詳しい説明でよく分かる。
このホームページには「イーストと天然酵母の違い」などについての説明があって、私が疑問に思っていたことがここで解決することが多かった。

パネトーネマザーで食パンを作る

この袋にある説明どおりに作っていこう。

材料
・強力粉・・・・    270グラム
・パネトーネマザー・・・12グラム
・砂糖・・・・     16グラム
・塩・・・・・      5グラム
・スキムミルク・・・   8グラム
・水・・・・      190グラム
・無塩バター・・・    16グラム

これらの材料をホームベーカリーなどの捏ね機にいれて、15〜20分くらい生地を捏ねます。

*私の持っているホームベーカリーで捏ね機能を使って20分ほど捏ねた。

30度で60分くらい、2.5〜3倍程度の大きさになるまで発酵させる。

*私は発泡スチロールの箱を利用して、一次発酵をさせた。
この発泡スチロールの箱はホームセンターで買ったもの。お湯を張った容器を入れて温度を保つ。
左下には温度計を入れて確認している。

左の写真は、1時間ほどたったところ。
これくら膨らめば十分だ。
ここは30度で60分と指定されているので、ときどき様子を見る必要がある。あまり長い時間おいておくと、パン種が容器からはみ出したりする。
少し早い目から発酵の様子を見ていくのが大切だと思う。

2つに分割してそれぞれ丸めて、15〜20分位やすませます。(左上の写真)

ガス抜き,成形をして、油を塗った容器に生地を入れて、3倍程度の大きさになるまで発酵させます(33〜35度位で1時間位)。(右上の写真)

*私は家にある電気オープンの発酵機能を使って二次発酵させた。

上の写真2枚は、おおよそ60分後の発酵の具合。 油断すると発酵し過ぎになるから、10分、15分前から発酵の様子を見ておかなくてはいけないと思う。

200度くらいに温めておいたオーブンで30分くらい焼きます。

*私の家のオーブンでは25分くらいで十分と判断した。それが上の写真。
持っているオーブンによって細かな調整は必要だと思う。

なかなかの仕上がりに、自分でもおどろいた。 これまで作ったパンとはまた違う感じ。 持ってみると軽い、表面も薄く焼かれている。
ホシノ天然酵母のフランスパン用の酵母で作ると、パンの表面が少し固めにパリッとなる。このパネトーネマザーで作った食パンはそれほど硬くはない。 またタイプの違ったパンができて、楽しさが増えた。

トーストにするとバターもよく乗り、食べ心地もパリッとしてホテルの朝食のような気分になる。 イーストパンと同じくらいの速さでできるが、味はイーストパンではない。 これがイタリアの天然酵母のパンか、と思いながら食べるのも美味しい。
ホシノ天然酵母のパン、イーストパン、ベーキングソーダでつくるアイルランド風のパン、そしてこのパネトーネマザーでつくるパンといろいろなパンが楽しめるのは、ホームメイドのパンだからだろう。
またひとつパリエーションがふえた。

 

 

 

 

 

プラネタリウム再開

大阪肥後橋にある「大阪市科学館」のプラネタリウムが再開した。
科学館の展示階はまだ開いていないが、プラネタリウムだけが上映を開始した。
さっそくネットで予約をして行くことにした。
プラネタリウムは平常時は定員300人だが、現在は一回の上映に60人のみの参観である。
上の写真の座席に白い紙が貼ってあるところには座ることができない。
座席は2つ開けて座り、一列とばしで座るようになっている。
三密を避けることが徹底されている。

私の見たプログラムは「はやぶさ2」をテーマにしたもの。 ホームページの解説には、次のように紹介されている。

小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」の探査を行いました。「リュウグウ」へ着陸し、その岩石を地球へ持ち帰ることが、「はやぶさ2」の任務です。それは、太陽系や地球の歴史を知るための大切な手がかりになります。しかし、その任務を達成することは、簡単なことではありませんでした。「リュウグウ」への2回の着陸をはじめ、困難な探査活動を果たした「はやぶさ2」の活躍をリアルなCGで解説します。 ◇

HAYABUSA2のリュウグウへのタッチダウンがリアルにCGで表現されている。
私はネットの生中継でタッチダウンに取り組む相模原の管制室の様子を見ていた。
リュウグウでこんなふうにHAYABUSA2は自力で飛行していたのかと感慨も新たに見ることができた。タッチダウン後に巻き上がった岩の粒子や破片がHAYABUSA2の本体に傷つけていたとは知らなかった。
科学館のプラネタリウムのホームページには、動画で紹介されている。

https://www.sci-museum.jp/planetarium/program/general/

地球に向けてイオンエンジンを吹かしているHAYABUSA2。地球到着は11月頃か。
新型コロナウイルスで不安な気分が蔓延している地球に、明るい希望を運んでくれるような気がする。

今回は2回連続してチケットの申込みをしていた。
午後4時からの最終映像が「学芸員スペシャル」。5月31日までの土曜と日曜日に投影されている。開始まで少し時間があったので喫茶室でコーヒーを飲む。
そこには上の写真のような「ファイトイッパーツ 小惑星探査機「はやぶさ2」」の垂れ幕が飾られていた。沢山の人の応援メッセージがのせられていた。

なんとプラネタリウムで「はやぶさ2」を見た人には、リポビタンDのサービスがあった。いろんな人や企業が応援しているのだなあと感心する。

学芸員スペシャルのプログラムは「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」
初号機はやぶさの小惑星イトカワへのタッチダウン、九死に一生を得て地球に帰ってきた感動のドラマをCGにしたもの。
以前にここでみたものだが、あらためて見るとまた感慨深い。10年前、オーストラリア上空を地上に向かって飛ぶカプセルと、炎になって流星のように飛び続けるはやぶさ本体の姿をテレビで見た時の感動が蘇ってきた。私はそのカプセルが見たくってJAXAで公開されている時に神奈川県まででかけた。駅からタクシーで行ったがもう満員の列だった。川口先生のお話も会場では聞けず、廊下で聞いた。今回見た映像は、前回見た映像にカプセル帰還後のことが追加されていた。JAXA前の長蛇の列、川口先生の嬉しそうな顔。はやぶさ2のカプセルが戻ってきたらJAXAに行こうと思う。初号機の苦難を乗り越えた活躍と、今地球に戻ってきているHAYABUSA2の素晴らしい成果を上げての帰還を続けて大きなスクリーンで見るというのは、なかなかのプログロムだと思う。HAYABUSAファンの人達にはたまらないプレゼントだろう。

プラネタリウム上映中もマスク着用

フランス製のいすに座って、はやぶさを姿を見ていた時、マスク着用も少し暑くなってきたのであごの下にやっていると、係の人がやってきてマスクを付けるようにと身振りで注意された。こんな暗いのによくわかるなあとびっくり。
科学館はプラネタリウム再開に向けて、念入りな対応をしている。
見学者は大阪府内の人に限る、体温のチェック、同伴者や連絡先を記入するシート、マスクの着用となっている。
緊急事態宣言が解除され、少しゆるくなっている私の意識を厳しく注意された感じだ。
再開するためには、科学館のスタッフ、係の人たちは何重にもチェックされているのだろう。フェイスマスクの係の人もいた。ここでコロナウイルスが発症したら大変なことになるからだ。緊張感がよみがえるおもいだった。

プラネタリウム上映が終わったあとの科学館。60人の人達の姿はない。
各階にある展示場にはまだ入れない。入口前は人の姿もまばらだ。
プラネタリウムが再開になったことはとてもうれしい。早く子どもたちや、科学好きの人たちが集まる科学館にもどってほしいものだ。
そのためにも、私達自身の気の緩みに気をつけよう。

 

 

パズルをつくる 8

一見不可能

今回のパズルは「一見不可能」とタイトルが付いている。

私が愛用してるこの本「パズルをつくる」は奥付を見ると、

1984年10月29日第1冊発行

となっている。もう36年も前の本だ。「シリーズ・子どもとつくる」というシリーズ本の第9番目の本。作者の芦ヶ原伸之さんはこの本の前書きで「本書の全パズルを作って棚に飾り、世界に一つしかないパズルコレクションの棚を背景に、自分の写真を出版社経由で私宛に送ってくれる人が何人かはいるだろうと、それが楽しみで私は本書を書いたのである」と書いている。私もこの本を手にした時、挑戦してみたいと思いながら時間が経ってしまった。そしてまだ全作品をつくるにはいたっていない。

今回のパズルは紙とハサミだけでできる。

本の解説にはこう書いてある。
「これは作るのがパズルなのだ。
一枚の長方形の紙から写真の形を『ハサミを使って、折る』だけで作れますか。ノリは一切使用禁止だ。」

写真を見てみよう。見れば見るほど不思議さが増してくる。
どう切って、折ればこんな形になるのだろう。
私は実物をどこかのデパートか、美術館か、博物館か、記憶が定かではないのだが、大勢の人がいる場所に陳列してあるのを見た記憶がある。
ガラスケースに入れられ、触ることができない。
ただ見るだけで推理していくのだ。

左は少し角度を変えて見たところ。

どこにもあとから貼り付けたところもない。切って、折ってあるだけ。

芦ヶ原さんの解説を続けると
「ニューヨークのある美術館にはこの形のアルミ製のどてかい彫刻が屋外展示されているが、これはあまり不思議に思えない。紙のほうがよほど奇妙に見える。
私はこのアイディアを名刺に利用した。もらった人が首をかしげるのを見るのが好きである。・・・・」

手でさわらずに、少し離れたところから、どうすればこの形が作れるのだろう。そう考えるのがこのパズルの真骨頂なのだろう。
私は以前にガラスケース越しにこのパズルを見た時、しばらく見たけれど結局わからないままだったことを覚えている。そしてこの本でこのパズルを発見した時は大喜びした。
作って人に見せるとほとんどの人が首をひねる。これまで何人かに試したけれど正解にたどり着いた人が一人いた。それは私の伴侶だ。

さてこの本の解答のページを載せておく。
ハサミと紙ー少し硬めのほうがいい、作って楽しんでほしい。

解答を見て実際に作ってみると、 「そうかー、こんなふうになっていたのか、よくできたパズルだなあ〜」と感心するに違いない。

作者の芦ヶ原さんについて調べてみよう思いネットで検索をかけると2004年にお亡くなりになっていたことがわかった。
ご冥福をお祈りします。
この「パズルをつくる」に紹介されているパズルは約30ほどある。私の工作力では全部はできないけれど、時間を見たながら作っていきたいと思う。