はやぶさ2の発射近づく

12月1日(月)13:22:43(日本時間)

はやぶさ2その1

天候不順のために延期になっていた「はやぶさ2」の発射が12月1日と決まった。
お天気が心配だ。再度の延期があるかも知れない。焦らずに、最高のコンディションで打ち上げが行なわれてほしい。

29日に、大阪市科学館に行った。
「はやぶさ2」の企画展があったためだ。

IMG_3608

科学館のエントランスホールには、実物大の「はやぶさ2」の模型が置いてあり、雰囲気を盛り上げている。 科学館4階には「はやぶさ2」の探査計画をイラストや模型、実物資料で説明されているコーナーもあった。 IMG_3649
これは日本の誇るイオンエンジンの実物モデル。 「はやぶさ2」を覆っているサーマルブランケット(金色をしたラップのようなもの、太陽光線から探査機を守っている)、はやぶさ帰還カプセル方位探知アンテナなど、普段目にすることのできない資料が展示されていた。

 

IMG_20141129_0001

ミュージアムショップで買った「はやぶさ2」のパンフ。
定価100円・税込みだからお買い得。
中には「はやぶさ2」のミッションがわかりやすく書かれている。
詳しい内容は、実際に「はやぶさ2」が打ち上げられた時に説明したい。

プラネタリウムでも「はやぶさ2」の航海の動画が上映された。これが楽しみでプラネタリウムに行ったようなもの。
以前に「はやぶさ」が打ち上げられた時にも同様の動画が上映されたが、今回も誰にもわかるようにつくられていた。
小学生のこどもをつれた親子連れが目立つ。若いカップルの姿も多かった。
「はやぶさ2」のミッションは、
2014年12月・・・打ち上げ、太陽の周回軌道に。
2015年12月・・・地球に近づき地球スイングバイを実施し、小惑星1999JU3をめざして飛行
2018年夏・・・小惑星1999JU3に到着。1年半をかけて小惑星の周りをまわり観測。探査、岩石の採取。
2019年末・・・地球に向けて出発
2020年12月・・・地球に帰還。岩石の入ったカプセルを投下。はやぶさ2の本体は地球を通り過ぎ、次のミッションを待つ。

IMG_20141129_0002

上の写真は、「はやぶさ」が地球に帰還し、カプセルを届けた年に行なわれたJAXAでの公開展示の時のもの。
2021年には、これと同じょうな公開展示が行なわれるに違いない。
とにかく、12月1日の打ち上げ成功を祈るのみだ。

*夏に見た日時計は、周りの雑草がきれいに刈り取られていた。
IMG_3668

科学館の職員に、日時計の展示についてたずねたら、「結晶の特別展のため今は移動して展示されていないようです」と回答があった。

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 16

 

大地2

この写真は日本の観測衛星「だいち」が撮影したもの(2006年9月28日16時02分頃・世界標準時)。
おどろきましたね、JAXAはプリンスエドワード島の写真をとっているのだ。
この写真の解説は以下のとおり。JAXAには赤毛のアンのファンがきっといるのだ、と思う。

「図2は赤毛のアンの舞台となったキャベンディッシュ村周辺を拡大したものです。海岸線に打ち寄せる波が濁った水を連ねて生じさせていることから、砂浜が続 いていることが分かります。パッチワーク状に開墾(かいこん)された畑地は作付けされた穀物(こくもつ)の種類や生育状態の違いによって緑の濃さが違って いますが、刈り取られた畑地はいずこも赤土の色を呈(てい)しています。
 「赤毛のアン」は1908年に出版され、アンの11歳から16歳までを描いています。画像中央のニュー・ロンドン湾の周りがモンゴメリの暮らしたところ です。1874年にモンゴメリが生まれた家は湾の南側、ニュー・ロンドン村にあり、現在モンゴメリ博物館になっています。
 モンゴメリは1歳9ヶ月で母に先立たれ、湾の東のキャベンディッシュ村で、モンゴメリの祖父母に引き取られて育ちました。そこには「赤毛のアン」の舞台 である「グリーン・ゲイブルズ」、「恋人の小径」、「お化けの森」、「輝く湖水」など作品に登場する場所が残されています。
 湾の西に位置するパーク・コーナーにはモンゴメリの第二の我が家であるキャンベル家の農場があります。そこは母方の叔母の家で「銀の森屋敷」と呼ばれ、 モンゴメリが1911年に、象牙色のドレスとベールを身にまとい、白い薔薇とすずらんのブーケを 持って、結婚式をあげたところです。現在、屋敷の一部を博物館として公開し、当時のオルガンや家具など「赤毛のアン」の時代の生活ぶりを見ることができま す。また、湾の西にはシリーズ第5作「アンの夢の家」のモデルとなった家が残っています。ここはアンが結婚してフォア・ウィンズという漁村で所帯をもった 舞台です。
 映画「赤毛のアン」ではアンが汽車でアヴォンリーへ到着し、馬車に乗ってグリーン・ゲイブルズへ向かいます。映画に出てくる道路はいずこも赤土でした が、現在はほとんどが舗装されて白く見えています。しかし、図をよく見ると、所々に赤土の道路が残っているのが見えます。一方、プリンス・エドワード島の 鉄道建設は1871年に決定し、島を縦断するよう本線が設置された後、全ての村を結ぶよう支線が縦横に交差して建設されましたが、コストが計画を大幅に上 回ったため1989年に廃止となり、現在はコンフェデレーション・トレイルとなって、ハイキングやサイクリングに利用されています。」

すごいですね、並の観光パンフレット顔負けの素晴らしい説明です。この写真ののっているアドレスは以下のとおり。

http://www.eorc.jaxa.jp/imgdata/topics/2007/tp070905.html

_MG_0531

ここがモンゴメリさんのお母さんの妹・アニーおばさんが嫁いだキャンベル家。赤毛のアン博物館として公開されている。
1911年の春、介護してきた祖母が亡くなる(モンゴメリさん36歳)。モンゴメリさんが住んでいたマクニール家の屋敷と土地は叔父が相続し、モンゴメリさんは叔母の住むキャンベル家で暮らすようになる。

IMG_4180

その年の7月にモンゴメリさんは婚約していたユーアン・マクドナルト牧師と結婚をする。暖炉の前にたち(左の写真)神に愛を誓ったという。
結婚式は新婦の家で挙げるしきたりであったが、両親とも他界し、祖父母も逝去しているモンゴメリさんのために、アニー叔母さんが支度をしてくれたのだ。結婚した後、里帰りはマクニール家ではなく、叔母のいるキャンベル家であったそうだ。この博物館には、モンゴメリさんの手になるキルト、レース編みなどが展示されている。今も演奏できるオルガンや立派な薪ストーブなど当時の生活を知る資料も多くあった。 

_MG_0546

          左の写真は、食器の入ったガラス窓のついたケース。

「赤毛のアン」にアンがガラスに映る自分にケイティと名前をつけて空想の友だちを作る場面があるが、モンゴメリさんも同じような体験をしたという話をきいた。

_MG_0538

_MG_0547 _MG_0545

_MG_0549

なるほど、薪ストーブはこんな作りになっているのか、本当に暖かかった。

ワンダフルな馬にひかれて、馬車体験。 マリラはこんな馬を操って、馬車で移動したのかなあ。

アンの世界がぐっと身近になる場所だ。