はやぶさ2 リュウグウに着陸

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」が午前7時29分、地球から3.4億キロ離れた小惑星「リュウグウ」への着陸に成功したと発表した。・・・(略)・・・・
JAXAによると、はやぶさ2は21日午後1時15分、高度20キロから降下を始めた。高度約500メートルに達した22日午前6時14分、着陸を最終判断した後、自動で降下。午前7時29分、リュウグウに着陸したという。・・・」
(朝日新聞夕刊より)
上の写真も朝日新聞夕刊より引用。
リュウグウの表面に「はやぶさ2」自身の影が写っているところを写真に取るなんて、とてもニクイ演出。初代「はやぶさ」もそうだったが、自分自身の写真を取ることができないから、自分の影で存在を知らせるというのが、とても感動的だった。

上の写真は、JAXAとNHKによる「ハヤブサ2タッチダウン運用中」と題して、ネットに同時公開されていたもの。

画面に出ている時間は、「はやぶさ2」自身の時間で、私が見ている時間はこの時間より約30分後の時間(信号が届くまでの時間と画像処理の時間という説明があった)、私は7時台の時間でパソコンの画面を見ている。
これより約1時間後に「はやぶさ2」はリュウグウに着陸した。
ハヤブサ2の時計では7時29分だが、地球に電波が届くまでの時間がかかる。
日本時間午前8時少し前に、テレビのテロップで「着陸した模様」とながれた。

新聞によると「はやぶさ2」と地球の距離は3.4億km
地球と太陽の距離が1.5億kmだからその倍以上はなれている。
つまり、「はやぶさ2」とリュウグウは、地球から見ると太陽をはさんで正反対方向にあるのだろう。

3.4億km / 30万km(1秒間に電波の進む距離)= 1167秒
1167 / 60  =  19.5分
約20分かかることがわかった。

なんと遠いところにいるんだ。20分のタイムラグが有る中での遠隔操縦の素晴らしさは「はやぶさ」とおなじ。
さらに「はやぶさ2」は高度500mからは自動操縦に任されている。
上の写真は自動制御されて落下しているところを画面にしている。

ターゲットマーカーを目標にしているが、その上に着地するのではない、

上の写真のTMと記されいるのがターゲットマーカーの位置。紫の円が着陸の場所。
そして左下にあるのが縮尺をあわした「はやぶさ2」の大きさ。紫の円の中に着陸させたのだからすごい。「はやぶさ2」はターゲットマーカーを横目で見ながら自分の位置を修正した、とJAXAのホームページに書いてあった。

スタッフの皆さんの喜びの笑顔。(JAXAのツイッターよりの引用)
本当にご苦労さまでした。でも「はやぶさ2」のミッションはまだまだ続く。
今日のようなタッチダウンをあと2〜3回の予定。
そしてクレーターを作って岩石を採取するミッションがある。
残されているローバーの投下も予定されている。
そして地球への帰還が始まるのが今年の11月から12月にかけて。
それから約1年の時間をかけて宇宙空間を飛び続け、
地球に戻ってくるのが2020年末。

まだまだ続く困難の道。
でも私も、多くの人も、「はやぶさ2」が元気な姿で戻ってくることを信じている。

 

 

 

はやぶさ2 リュウグウに到着

朝日新聞6月27日(水)の夕刊の一面。
トップに「はやぶさ2 リュウグウ着」の見出し。

6月27日午前9時35分、はやぶさ2がリュウグウ上空20キロの軌道で並走していることが確認されたそうだ。
これから約1年半の観測(その中には3回の着陸と試料採取がふくまれる)をし、2019年の11月から12月のあいだに地球に向けてリュウグウを出発。
約1年の飛行の後、2020年11月から12月に戻ってくるという。

上の写真は、2010年7月末に相模原のJAXAに行ったときに私が撮った「はやぶさ」の写真。もちろん原寸大の模型だが、これぐらいの大きさだった。
はやぶさ2はほぼ同じくらいの大きさ。

上の写真は2014年11月29日に大阪市の科学館に行ったときに撮ってもの。ちょうど「はやぶさ2」の企画展が行われていて、実物大の「はやぶさ2」の模型が設置されていた。

この写真は相模原のJAXAにある「はやぶさ2」の実物大モデル。
「はやぶさ2」がサンプル・リターンして地球に戻ってきたときには、この模型が大人気になるに違いない。

上の相模原の「はやぶさ2」の写真は、左の冊子から引用した。

表紙は2018年1月18日に内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた「イプシロンロケット3号」の発射の瞬間の写真。
イプシロンロケットも,日本産のロケットとして活躍が期待されている固体ロケット。

この冊子には「はやぶさ2」のミッションマネージャーの吉川真(よしかわ まこと)さんが文章を寄せている。
今後の「はやぶさ2」のミッションのスケジュールが書かれていたのでここに引用させていただく。

6月21日〜7月5日までに「小惑星到着 高度20Km」となっているが、ここまでのミッションが終了した。
新聞やテレビ報道でも言っていたが、ここからが本番。
2年後に地球に帰ってくるまでの活躍に目がはなせない。

「はやぶさ2」についての詳しい情報は下記のJAXAのホームページに有るので参照されたい。

http://www.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/pdf/sat33_fs_20.pdf

 

 

 

映画「ドリーム HIDDEN FIGURES 」

左は映画のパンフレット。

日本での題名は「ドリーム」だが、原題は「HIDDEN FIGURES」

数字を意味するFIGURESと、
人を表すFIGURES。同じスペルが違う意味を表すというところに映画のタイトルの隠された意味がある。
そして「隠された数字」と「隠されていた人物」というのがこの映画の大きなテーマになっているのだ。

この映画はアカデミー賞3部門ノミネート(作品賞、主演女優賞、脚色賞)、全米興行チャート11週連続トップテン入り、「ラ・ラ・ランド」を超える大人気の映画だそうだ。

ただ日本でよく知られている俳優はケビン・コスナーぐらいなので、アメリカに比べると日本での扱いは大変地味だ。
しかし映画の内容は本当におもしろい。

主人公は数学の天才だった黒人の女性、キャサリン・G・ジョンソンは、10歳で高校へ入学、18歳で数学とフランス語の学位をとり、22歳のときに、人種差別を撤廃したウエスト・ヴァージニア大学の大学院に進んだ初めてのアフリカ系アメリカ人である。あとの二人、ドロシー・ヴォーン、メアリー・ジャクソンも数学や物理学にすばらしい才能を持つ黒人女性である。

パンフレットにある映画の内容を紹介してみる。

「1960年代初頭、アメリカが超大国の威信をかけて推進していた有人宇宙飛行計画を背景にした本作は、その”マーキュリー計画”において、黒人の女性数学者たちが多大な貢献を成し遂げた史実を描き出す。彼女たちは、当時まだ色濃く残っていた人種差別に直面し、職場でさまざまな苦難に見舞われるが、卓越した知性、たゆまない努力、不屈のガッツで次々とハードルを突破。そんな彼女たちの驚くべき道のりを、軽妙なユーモアにくるんで親しみやすく伝え、なおかつ心揺さぶるカタルシスもたらすサクセスストーリー(略)」

NASAの宇宙計画に従事していた黒人女性の数学者たち、何人いたのだろう。 映画の主人公達は3人、それぐらいの人数だったのだろうか?
上の写真は、カタログにある黒人女性がオフィスを移動している場面。30人近くがこのオフィスで働いている。原作本によると、70人以上の黒人女性が計算スタッフとして働いていたという。
コンピューターcomputerは、もともとの意味は計算する人、という意味だった。コペルニクスやガリレオの時代から、計算を専門にする人たちはいた。
この映画では、電子計算機というcomputerが登場する前の時代、人間がcomputerだった時の話だ。

この映画の主人公の3人。
ドロシー・ヴォーンは、黒人女性で組織されている西計算グループのリーダー。
キャサリン・ジョンソンは西計算グループから宇宙船の軌道計算のスタッフに移動。初めての黒人女性としてこのオフィスで働く。
メアリー・ジャクソンは黒人女性で初めてのエンジニアをめざしている。
この3人が黒人女性の社会的地位を高めていく努力と情熱が描かれている。

アメリカ初の人間をのせた宇宙ロケットに起きたトラブル。電子計算機computerの値が信頼できない事態に、呼び出されたのがキャサリン。
実話に基づくエピソードは、鳥肌が立つほど感動的だ。

映画のあらすじは、ネットで調べればわかることなのでここには書かない。
ただ3人が歴史を変え、時代の先端になって、黒人女性の未来を切り開いていった事実を描いた映画で、多くの人に見てもらいたいと思った。
アメリカで、観客動員数がラ・ラ・ランドを超えたというのは、家族連れで映画を見た人が多かったこと、学校からの映画鑑賞も多かったこと、貧しい労働者達がこの映画をこぞって見たことに理由があるらしい。
社会的弱者と云われる人たちに元気と勇気を与える映画なのだろう。

私はキャサリン・G・ジョンソンのことは、この映画を見る前から知っていた。
それはケーブルテレビで「タイムレス」という番組を見て知っていたからだ。第八話で、アポロ宇宙船が月着陸の時にコンピューターの故障がおき、それを修理する時に手助けをするのがキャサリン・G・ジョンソンだった。(実際、キャサリン・ジョンソンはアポロ宇宙船の月着陸のときにもNASAにいて仕事をしている。)
私はこのテレビ番組を見て、NASAで働くコンピューターを操作していた黒人の女性がいたこと、私は知らなかったけれどアメリカの黒人の人たちにとっては有名な女性がいることを初めて知った。(タイムレスはDVDになっていてレンタルできる)。

日本にも同じような女性がいる。

2015年12月7日、日本の金星探査衛星「あかつき」の金星周回軌道投入に成功した。
「あかつき」は2010年に金星周回軌道投入に失敗し、それから5年後に再投入されたわけだが、一度失敗した衛星が再挑戦で成功した例はこれまでにない、といわれていたほどハードルの高かったもの。
この軌道計算をしたのがJAXAの廣瀬史子主任研究員。2年半の間、何万ケースもの軌道計算をくり返し、今回の最適解を見出したという。この12月7日以前だと「あかつき」は金星に落下し、この日をのがすと金星にこれ以上接近できなくなるという、ベストタイミングだったという。写真はJAXAのホームページからで、記者会見で説明している廣瀬さん。

上の写真は原作となった本。
内容はずっしりとしたものだが、大変読みやすい文章だった。原文がそうだったのかもしれないし、訳も違和感なく読むことができた。この本の「おわりに」で、作者のマーゴット・リー・シェタリーはこのように書いている。

「NASAに数学者として勤務した黒人女性の話をすると、多くの人が次のような疑問を抱くようだ。どうして自分はこれまでこの物語を聞いたことがなかったのだろう? 本書のための調査を開始してから5年余りの間に、私は数え切れないほどこの質問を受けてきた。これだけ多くの女性たちが関わり、20世紀の決定的な瞬間に直結する歴史が、これほど長い間脚光を浴びずにきたことに、ほとんどの人が驚きを表した。この物語には、あらゆる人種、民族、性別、年齢、背景の人々の心に響く何かがあるように思う。これは希望の物語だ。我が国の歴史に残るきわめて残酷な現実ー合法化された人種隔離と人種差別ーの中にあっても、実力主義の勝利を証明し、才能と努力次第で誰もが高みをめざすことを許されるべきだと訴えている。」

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位の本。
私は映画を見てこの本を読んだが、その順でよかったと思う。私が知らなかったアメリカの人種隔離と人種差別の歴史、そこでしたたかに闘い抜いてきた黒人女性達。
おすすめの映画と本。映画を見れなかった人は、レンタルでも見る価値があると思う。久々、映画を見て高揚感を持って映画館を出た映画だといえる。