ベイマックス 6

マックス3

上の写真は、ヒロがベイマックスに拳を合わせて歓びを共有することを教えているところ。
ジュニア向けの本には次のような描写がある。

Hiro continued to have Baymax practice Karate moves. Baymax’s work was flawiess.

Hiro similed approvingly and held up his hand. “Yeah! Fist bump!”

Baymax stared at Hiro’s hand and blinked. “Fist bump is not my fighting database.”

Hiro laughed. ” No, this isn’t fighting thing. It’s what people do when they’re excited….

私は最初この場面がよくわからなかった。私もベイマックスのようにフィストバンプとはどうすることなのだろうと思った。でも、あとのヒロの説明で、あ〜これは、こぶしとこぶしをぶっつけての挨拶のことだなと思った。
映画でも、上の写真のような場面があり、やっぱり、と一人で納得したしだい。
(写真はインターネットより)

映画でも小説でもベイマックスはヒロトのやりとりでFist bumpを学んで、使えるようになる。人工知能として経験から学び、理解し、自分のものとしたわけである。

2月22日朝7時半からの「がっちりマンデー!!」は儲かるロボット特集だった。
職人技を完全にコピーした産業ロボットの活躍が紹介されていた。このような産業ロボットが生み出す利益が、ロボット開発にかかるコストと職人技を持つ職人さんの人件費を上回るようになった時、「ロボットが仕事を奪う」時代・社会なることを予感させる番組のように私は思えた。

 人工知能がこのように発達している時、人間はどのような学習をしていけばいいのだろ。新井紀子先生が「ロボットは東大に入れるか」で書いていることを私流にまとめてみると、

耳を澄ます

IMG_20141127_0001

コンピュータが思考の芽を摘む

自ら体験することを通じて帰納を獲得する段階にある年齢の子どもたちにちっては、動画による受動的な学び、表計算ソフトに頼った計算やデータ処理は帰納の獲得を阻害するのではないかと思います。
検索によってすぐに答えを出す癖がつくことも、常時ネット上のコミニュケーションにつながった状態にあることも、集中を保って自ら考えることを阻害することでしょう。
どちらかというと携帯電話も含めて、年中ネットワークにつながっていることによって思考が中断することの弊害のほうを心配するべきです。

論理的に考える、言語化させる

子どもが質問をぶつけてきた時、すぐに解答を与えるのではなくて「なぜだと思う?」聞き返してみることが重要です。そこで子どもたちは自分なりに考えて答えをだそうと動き出します。
高学年になったら論理的に話すことだけでなく、論理的に書く活動を取り入れることが重要です。
東京工業大学の1年生の授業に「コンピュータサイエンス入門」という授業があります。そこでの最初の課題は「自分の家の筑前煮の作り方を誰もが再現できるように仕様書として作成しなさい」ということだったそうです。誰もが「自分の家の筑前煮」をつくれるようになるには、「乱切り」や「中火」などのように、暗黙知として身についているところから説明しなくてはなりません。「おおざっぱに」、「だいたい」、「世間では」、「統計では」、という仕様書では自分の家の筑前煮と同じものを作ることはできません。

耳を澄まし、おこっている意味を考える

子育ては人工知能ではできません。人間の子を育てるのは人間しかできないのです。それを若い世代が悩みながらでもやりとげていて、今の時代があるのです。
データ分析では処方箋は作れないのです。
 結局のところ、教師と子どもは互いに耳を澄ますことで(形式ではなくて)意味を分かり合ったほうが遠回りのように見えて、結局は早道ということです。

その耳を澄ますと言う能力こそがコンピュータにたいして私たち人間が勝てる分野なのです。
医者も教育者も研究者も、商品開発者も記者も編集者も、公務員もセールスマンも、耳を澄ます。耳を澄まして、じっと見る。そして起こっていることの意味を考える。
それ以外にコンピュータに勝つ方法はないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_20141223_0001 なるほど、ワードプロセッサーやコンピュータで文章を書くことで漢字が書けなくなったという感想をよく聞く。携帯電話のおかげで電話番号を覚える努力もなくなった。カーナビが車に付いて、前の晩に道路地図を広げて、行く道や帰り道を考えることもなくなった。わからない漢字や英語の単語も辞書のベージを繰るのではなく、パソコンやスマホで検索してしまう。調べたこともノートに書き写すより、パソコンやiPhoneのメモにコピーアンドペーストすることが多くなってきた。

役に立つ、便利になったのは確か。しかし役に立つ・便利になるためだけでおわるのではなく、それ以外の知恵や社会・教育での仕組みが必要になってきているのではないか。
それは何なんだろう。まだまだ考えなくては。