コルカノン(アイルランド料理)

アイルランドのポテト料理・コルカノン

アイルランドで買ったレシピ本から今回はコルカノン。
この本でのコルカノンの紹介がおもしろい。

This has similarities with the British  bubble and squeak, but this dish is cooked from scratch, not with leftovers.

  • British bubble and squeak ・・・イギリスの牛肉とキャベツ・ジャガイモなどのいためもの(Eゲイト英和辞典)

イギリスの料理に似ているけれど、イギリスのように残り物を使って作るのではない、という意味のことが書いてあると私は読んだ。

レシピを原文のまま書き写すと、

Put the milk into a saucepan, add the onions and cook over a low heat for 5 minutes. Bring a saucepan of lightly salted water to the boil, add the cabbage, bring back to the boil and cook for 5 minutes, until just tender. Drain and add to the potatoes, mixing to combine.
Add the onion and milk mixture and half the butter. Beat the mixture, season well and serve with remaining butter dotted on top.

材料は

200ml milk
6 spring onions, trimmed and finely chopped    (日本にはないので細ねぎを使用)
450g shredded green cabbage (キャベツを細切りにする)
450g potatoes, peeled, cooked, drained and mashed.
55g of butter
salt and freshly ground black pepper

アイルランドのレシピ本を見ると、キャベツの量がとても多いと思った。
450グラムのキャベツというとかなりの量になると思う。
ネットでキャベツについて調べると、キャベツの葉一枚は50グラム〜60グラムで計算するようだ。そうすると450グラムだと、キャベツの葉が10枚近くになる。
そこで山下直子さんが紹介された「世界のじゃがいも料理」にあったコルカノンのレシピを参考にした。

材料 3〜4人分
じゃがいも(男爵薯系)大3個
キャベツの外葉(なるべく緑の濃いもの)3枚
細ねぎ・・2本
バター・・20グラム
牛乳・・・1/2カップ
塩・コショウ・・・適量

私は圧力鍋を使って、じゃがいもを茹で、皮を向いた。 圧力鍋は種類によって加熱時間がかわるが、私が持っているのはラゴスティーナというイタリア製。 シューッといってから10分ほど加熱し、自然にピストンが下がるのを待った。
そのあいだにキャベツの葉を茹でる。キャベツの葉は3枚で160グラムぐらいだった。450グラムだとこの3倍ぐらいになる。でもアイルランドの人はそれぐらい食べるのだろうか。

茹でたキャベツを細切りにし、細ねぎを小口切りにしておく。

皮を向いたジャガイモをもう一度鍋に入れて熱して水気を取る。 そこへバター(マーガリン)を加えてじゃがいもを潰しながら混ぜる。

温めた牛乳、キャベツの細切りを加えてまぜる。

ボウルに移し替え、塩・コショウで味付けをする。
細ねぎを散らす。

カレーライスの付け合せとした。 「おいしい。マヨネーズなしでこんなに味がでるのね」 とまずまずの評判だった。

山下直子さんが講座の中で映画「イン・アメリカ」を紹介されていたので、レンタルビデオを借りてきた。そこにハローウィンのときに隣人を夕食に招待する場面がある。そのときに出た料理の一つがコルカノン。
そしてデザートのケーキの中からコインが。
これはNHKの朝ドラ「マッサン」の場面で見たのと一緒だ!とびっくり。
マッサンはスコットランドでウィスキーの修行をしていたのだが、ケーキに指輪やコインなどを入れるという風習はアイルランドにもあったのかと思った。
調べていると、山下直子さんのブログにこの映画のことが紹介されていた。

http://naokoguide.com/blog-entry-3356.html

そこには映画の背景などが詳しく紹介されている。

アイルランドに旅行して1年近くたつが、山下直子さんの講座や、松本侑子先生企画のズームを使っての写真交換会など、こんなに深くアイルランドについて学べるとは思いもしていなかった。新型コロナウィルスのなかで、前向きに頑張っている人たちとつながることができて有意義な体験だった。