大恐竜展 in スカイオ②

写真は「大恐竜展」に展示されているティラノサウルスの骨格模型。
ティラノサウルスは竜盤類の獣脚類に分類されるのは前回で紹介した。

今回は「鳥盤類」の分類について見てみよう。

☆「鳥盤類」は「装盾類(そうじゅうるい)」と「周飾頭類(しゅうしょくとうるい)」と「鳥脚類(ちょうきゃくるい)」の3つにわかれる。

なんとも字数の多い漢字が並んでいる。

装盾類 Thyreophora:  thyreo  盾、phora 装備する.

これは文字通りの日本語訳した名前ということがわかる。鎧をまとった恐竜たちだ。
さらに装盾類は鎧竜(よろいりゅう)類」と「剣竜(けんりゅう)類」にわかれる。

「剣竜」は「Stegosauria → Steto 屋根 」で「サウルス」は「トカゲ」という意味らしい。「屋根のあるトカゲ」というのが本来の意味のようだ。しっぽに剣のようなものが付いているから日本語訳の時に「剣」を使ったのかも知れない。これはあくまでも私の理解。代表的なのが、ステゴザウルス。

「鎧竜」は「Ankylosauria → ankyl 癒合した」から来ているらしいが、何が癒合したの?とおもってしまう。ネットで調べてみると、「頭や体の骨が融合することによって強固さを確保している。医学用語のankylosis 関節硬直 と同じ意味の anklyo-の語を使って命名した。つまり強固トカゲを意味する」という説明があった。詳しくは以下のホームページを参照されたし。日本語訳はよろいを着ているような恐竜からきているのかもしれない。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1490324964

代表的な恐竜を揚げておくと、ステゴザウルスとアンキロサウルス。

周飾頭類 Marginocephalia: margin 縁.cephal  頭

この恐竜の特徴は、頭に飾りのような骨が形成されていることだ。
周飾頭類は「角竜(つのりゅう)類」と「堅頭竜(けんとうりゅう)類」に分類される。

「角竜」は、「Ceratopsioa → kera  角.tops  顔 」が語源だそうだ。
「堅頭竜」は、「Pachycephalosauria → pachy 厚い、cephal 頭. sauria トカゲ」から来ているようだ。文字通りに日本語訳されていると思う。

「角竜類」は写真のトリケラトプスのように大きな角を持つほか、おおきなフリルも発達して、四足歩行だった。

「堅頭竜類」は、左のバキファロサウルスのように、数多の周りに骨があり、ヘルメットのように膨らんでいる。二足歩行の恐竜だといわれている。

このブログで利用している恐竜のカットは、「大人のための『恐竜学』」(小林快次監修・土屋健著 祥伝社)からの引用。
恐竜の学名は、「恐竜学入門 かたち・生態・絶滅」(真鍋真監訳 藤原慎一・松本凉子訳 東京化学同人)によってしらべた。スペルのミスがあったらそれは私の引用の仕方が間違ったからと思う。

鳥脚類 Ornithopoda:  ornith  鳥. pod  脚 

これは文字通りの日本語訳と思える。
しかし代表格のイグアノドンの足を見ても、鳥の足に似ているようには思えないが、、、。
鳥脚類は、植物食恐竜で、最も標本数が多く、最も長い期間存在したグループで、100種近くの鳥脚類が進化したそうだ。地球上の広範囲に分布しているという。
二足歩行をしたり、四足歩行をしたものもいたようだ。

ジュラ紀から白亜紀末まで生息していたので、裸子植物から被子植物まで広く植物を摂取していたようだ。口で植物をすり潰すことのできる鳥脚類も出てきて、「白亜紀のウシ」と呼ばれる種類もあったそうだ。

名前に「鳥」がついているが、現在の「鳥類」の祖先ではない。

現在の科学では、鳥類の祖先は「竜盤目」の「獣脚類」から進化したというのが受け入れられている。

これで恐竜の8つの分類について説明ができたと思う。
「大恐竜展」では恐竜以外にもおもしろいものがあった。それは次回に。