ニュージーランドで外乗9

香港経由で日本へ

行きと同じ航路で日本に戻る。ニュージーランドの緑の山々、青い海ともお別れ。

機内食は2回あった。 帰りの飛行機で見た映画は、

◯メッセージ・・・これは見たかった映画。地球に来た大型宇宙船のエイリアンたちは何を伝えようとしているのか。地球人と宇宙人のコミニュケーションはどのようにして進められるのだろうか。言語学者の役割は?、その方法は?興味深く見た。でも最後に解決方法がわかるのだが、それってどうなの? という映画だった。

◯ゴーンガール・・・映画評論で紹介があったので見てみようと思っていた映画。これは大変な映画。見たらいいよ、と進められない映画。俳優さんが上手なので引き込まれたが、怖い映画だった。

◯ファンタスティックビーストと魔法使いの旅・・・ハリーポッターの続編?。新しい世界観の魔法の物語。特撮はさすがに素晴らしかったが、この後どのように展開するのだろう。人間界と魔法界の接点はどこにあるのだろう?と考えてしまう。続編が計画されているらしいが様子を拝見という映画だった。

◯エイリアンコブナント・・・エイリアン物。第1作の衝撃は映画館で味わった。今回はその前日談。エイリアン発生の謎に迫るわけだが、あまりにも安易、ヘルメットなしに未知の惑星に降り立つの? 冷凍睡眠の千人以上の人間をほっておいて進路を変えるパイロットに植民地計画をまかせられない、とツッコミどころ満載だった。この映画も人に進められない映画の一つ。リプリーのエイリアンがなつかしかった。

 

香港で乗り継ぎ。ここで残っていたお土産物を物色する。
香港発午前1時50分の飛行機に乗る。
午後11時をすぎるとさすがのお店も閉まっていく。閉まる前にコーヒーショップで最後のお買い物。

椅子の前にあるディスプレイで地図を見るのもおもしろい。
ロサンゼルスから東京、香港は夜。
シドニー23時35分で、香港が20時35分。時差3時間がよくわかる。
ホノルルの午前2時35分というのは前日の午前2時35分。間に日付境界線があるので一日戻っている。

少し動かすと昼夜境界線がわかる。インドのデリーは夕方の午後6時すぎ。
カイロは午後2時すぎでお昼真っ只中。ディスプレイで世界の時間を考えるのは楽しい。便利な機械だ。

関西国際空港に近づいてきた。

無事日本に到着。Wellcome! 歓迎! 

初夏の国から初冬の国への帰還。寒いだろうなあと思っていたが、それほど寒くはなかった。ありがたい。空港ロビーで朝の珈琲を飲んで、無事に帰ってこれてよかったとホット一息。落馬された方たちも病院で手当をされ、一緒に帰っとこれてよかった。JTBの添乗員さんは本当に大変だったと思う。ご苦労さまでした。

さあ、次はどこに行こうか。

 

 

 

 

ニュージーランドで外乗

乗馬クラブ「クレイン」で、ニュージーランド外乗の案内が出た。

ニュージーランドで馬に乗る、いつかそんな機会があればなあと、ずっと思っていた。

注意書きには「指導員さんと相談してください」
「4級以上のレベルです」という内容が記されていた。

指導員さんにはなしたら、「ニュージーランドですか。いいですねえ」と言う反応で、否定的でなかった。よし、申し込んでみよう。来年行けるかどうかわからない。健康状態のいい時にトライしてみよう、という気持ちだった。

持ち物に注意

以前モンゴルに行った時、かなり丁寧な持ち物の注意があった。 今回は同じJTBなのにかなりあっさり。

◯エアバッグベストは使いません。
 エアバッグベストというのは、落馬した時に瞬間的に空気が注入されて頭などを守ってくれるというもの。  多くの場合はプロテクターというものを胸につけているが、日本では最近このエアベストが流行っている。
 何故禁止かというと、ニュージーランドの馬はエアバッグベストの空気が注入される音にびっくりするからということだ。
◯ヘルメットは無料で借りれます。ムチ、拍車はつかいません。
◯日差しが強いので、長袖を着用。サングラスも必要。

ムチと拍車がいらない、ではブーツをプロテクターはどうしょう。
JTBに聞いてみると、「必要なものの中には入っていないようです。ジーパン・スニーカーでもいけるようです」と言う返事。電話口の人がニュージーランドで経験した人ではないようなのでそれ以上はわからない。

そういうことなので、乗馬ズボンは持っていくことにして、ブーツとプロテクターは持っていかないことにした。それが後で苦労することになった、、、、。

お薬に注意

JTBが送ってきた「旅のしおり」に、「医薬品の持ち込み」というものがあった。

「医薬品は必ず申告しなければなりません。処方箋の薬を持ち込む場合にも到着時に必ず入国審査カードに申告してください。条件が満たされれば持ち込みは可能です。主な条件としては、薬の処方箋を持参すること。薬局から入手した時の入れ物から移し替えないこと、量が3ヶ月(避妊薬は6ヶ月)分をこえないこと、となります」 とある。

これまでは「常備薬は必ずもっていくこと」という注意があったが、ニュージーランドはそうではないみたい。

ネットで調べてみると、ニュージーランドでは環境保護、麻薬に非常に注意を払っていることがわかった。
スボーツに関係ある道具や靴は、土や泥の持ち込みを許さないためにしっかりと水洗いなどをして清潔にしておかないと別室での検査になるみたい。
「ブーツとプロテクターは持っていかないほうが安全みたいだなあ」とこの時は納得。
薬については「英語で書かれた処方箋」があるといいようなので、かかりつけの病院へ電話した。窓口の人や事務の人も初めてのケースのようでとまどっていた。
「処方箋というのは、薬局に持っていくためのものですから、再度だすことはできませんよ。薬の内容や成分などをお知らせすることはできますが、英語でとなると・・・。私どもでも薬局でも、インターネットで調べることになると思います、、。」といった返事。

それでインターネットで薬の検索をすると、薬の成分と効能などをのせたホームページがあり、英訳することもできることがわかった。ダウンロードしてプリントアウトして持っていくことにした。
「くすりのしおり」という武田製薬のホームページが役に立った。

http://www.takeda.co.jp/patients/siori/

香港経由の旅

直通便ではなくて香港経由。しかも香港での乗り継ぎに8時間ほどまたなくてはならない。 この時間を利用して、香港ツアーもできるのではないかと思ったが、添乗員さんはすすめなかった。 行ってみてわかったが、広い空港、沢山の旅行客、空港を出て迷ったら帰ってこれなさそうなのであきらめた。

キャセイ航空の飛行機。 エコノミーで、3列・4列・3列の大きな飛行機。

座席の前のディスプレイは英語と漢字表記。

機内食は妻と違うものをたのんで、二倍の楽しみ。
お米の味が日本のお米と違う。ちょっと食べにくい。

4時間ほどのフライト。香港空港のすぐそばは海。沢山の貨物船が行き交っている。

エスカレーターを上りラウンジへ行く。 ラウンジは漢字では貴賓室なんだね。ラウンジの中ではコーヒーもビールも飲み放題。ベトナム風のフォーも、サンドイッチも、クッキーもいろいろある。このラウンジを出たり入ったりしながら時間をつぶす。

免税店をまわる。ここの空港は広くて第1ターミナル、第2ターミナルと電車が走っているが、歩いてでもまわることができた。時間がたっぷりあるのでゆっくりとみてまわる。帰りの便もここで時間調整をするので、おみやげの下見をする。

時間がたつにつれて空が暗くなり、空港に灯りがついてくる。

この人の列はニューヨーク行きの便に乗り込むための列。いろんな国の人達が並んでいる。でも全体的に静か。騒いでいる人はいない。

ニュージランドのオークランド行きの飛行機の準備ができたようだ。
午後9時30分の出発予定。所要時間は約10時間55分ということだから、約11時間か。半日を飛行機で過ごすわけだ。オークランド到着は翌日の午後1時25分(現地時間)。
映画を見たり、機内食を食べたり、少し眠ったりすることになるだろう。
さあ出発だ。