三角点を探る旅 28

8月6日 広島に原爆が落とされた日。
このブログも中国・蘇州の旅から、戦争の激戦地となった沖縄に場面は変わる。
まずは「三角点」と「水準点」。国土の基準となるところから始めよう。

沖縄・那覇市の電子基準点

沖縄三角点水準点1

上は沖縄県那覇市周辺の三角点と水準点の分布地図。

最初は那覇市にある電子基準点。

IMG_2092

 

IMG_2113

モノレールに乗って、「奥武山公園駅(おうのやまこうえんえき)」で下車。 歩くこと約10分。以前に沖縄に来た時は、このモノレールはなかった。
沖縄の町は大きくかわっていた。

IMG_2105IMG_2107

小禄(おろく)1丁目9の公園の中にある。ここは茶色の電子基準点だった。

那覇電子基準点2

 

IMG_2096

金属のパネルには、

電子基準点 No.021096
この電子基準点は、地上約2万kmの高さを周回するGPS衛星から出された電波信号を受信しています。 受信したデータは、つくば市にある国土地理院にリアルタイムで転送されます。 この受信データで正確な位置を求めて、土地の測量や地図作成の基準点として利用されています。また、地震・火山噴火等の重要な地殻変動の監視を行っています。 (管理者) 茨城県つくば市北郷1番 国土地理院 電話 0298−64−1111

とある。

IMG_2099

足元には「電子基準点付属標」が設置されている。 一等水準点でもある。

No.021096A
「この測量標を移転き損(毀損のことだろう)すると測量法により罰せられます」 とかかれている。

なんだか地面の台からずれているような感じがする。触っても動かない。
だれかがいたずらで動かしたのかなあ、と思う。もしそうだったら、もっと大事にしてほしいなあ。

IMG_2109 IMG_2110

IMG_2091

6月下旬。沖縄は暑い。 公園では小学生の子どもたちが虫取りをしている。
少しお姉さんの髪の長い女の子と、男の子たち3人。昔、大阪でもよくみた光景。
この子たちは、学校や地域でこの電子基準点のことを聞いているのかなあ。
空は青空、公園で遊ぶ子どもたち、平和という言葉が頭にうかぶ。
そんなことを考えながら、次の目的地の三角点探しに移動する。

 

 

 

 

電子基準点(米子)

IMG_20151018_0001 - バージョン 6

博労町、富士見町に電子基準点と水準点のマークがある。
調べてみよう。
地図を見ながら、米子城跡から歩いて探すことにした。
学校のマークがあるので、これまでにあったような、運動場の端に電子基準点があるのかもしれない。

発見。学校の敷地内ではなかった。学校のそば、新しい住宅の町並みのすぐそばにあった。

IMG_8451

しかもここは電子基準点だけがあるのではなかった。 みどりのフェンスで囲まれた気象庁の観測施設だった。
「米子特別地域気象観測所」「気象庁、鳥取地方気象台」という文字が見える。

IMG_8459

_MG_7442 _MG_7434 _MG_7436

「基本 電子基準点 No.111187」という文字が読み取れた。 ここには、電子基準点だけでなく、私には用途はわからないが、様々な機器が設置されていた。 _MG_7432

_MG_7437 IMG_7440

気になったのは、この警告。 なぜ「目が悪くなる」のだろう。 IMG_8455

紫外線でも出ているのか? 高電圧の機器があるのだろうか? 初めて見た警告板だったので、いろいろ考えるがわからない。
住宅に接しているけれど、大丈夫? 本当に危険な場所なのか、それとも脅しのための文言なのかわからないまま、次の基準点を探すことにする。次は水準点なのだが、わかるだろうか?

 

 

水準点めぐり14

名古屋の電子基準点

IMG_20150512_0001

二万五千分の一の地図を見ていると、地下鉄の本山駅のそばに「電子基準点」のマークを発見した。
今回はこの電子基準点を調べに行くことにした。

IMG_6066

地下鉄本山駅から10分ほど歩くと、ものすごい坂の上に、ドームらきしものが見えてきた。
あれが目指すところらしい。

私が目指しているのは「名古屋地方気象台」。
気象台なんて行ったことがないので、少し楽しみ。
こんな街の真ん中に気象台があるなんて想像もしたことがなかった。
おまけに立派な白いドームまで見えてきたので期待がますます膨らむ。

IMG_6068

正面にまわるとこの日が日曜日だったので、職員の人の姿もほとんど見かけることはなかった。
門らしきところから入って、左に駐車場がある。そこまで来ると見えました。

IMG_6070

IMG_6072

IMG_6078IMG_6076

国土地理院のホームページにある電子基準点の説明は以下のとおり。
電子基準点とは  
電子基準点は、全国約1,300ヶ所に設置されたGNSS連続観測点です。外観は高さ5mのステンレス製ピラーで、上部にGNSS衛星からの電波を受信するアンテナ、内部には受信機と通信用機器等が格納されています。 基礎部には、電子基準点付属標と呼ばれる金属標が埋設してあり、トータルステーション等を用いる測量にも利用できるようになっています。

電子基準点付属標というのは、上の写真にある丸い金属の標識のこと。
またGNSS衛星は上空2万キロメートルのところを回っているGPS衛星のことである。

この電子基準点のそばに今まで見たことのないものが設置されていた。

IMG_6092 IMG_6096

「ウィンドプロファイラ」というもので、ここから上空にむかって電波を発射し、気流の流れや雨粒にぶつかって反射してくる電波を観測する。最大12キロメートルまでの高さの風光や風速を10分ごとに観測している装置だそうだ。 天気予報の精度を揚げるために利用されているという。
こんな立派な装置を間近で見たのは初めて。すごいなあ、と思いながら写真に撮る。

IMG_6101

周辺には、いかにも気象台と感じられる観測装置が設置してある。
装置の名称や目的はわからないが、温度や湿度など様々なデータが観測され、「名古屋の只今の温度は〇〇度、湿度は・・・」と発表されるのかなあ、と想像しながら次の目的地に向かうことにした。

 

 

水準点めぐり8

徳島市内の電子基準点

IMG_6191

これは徳島市内にある電子基準点。
三角点に分類すればいいのか、水準点に分類すればいいのかわからなくなったので、国土地理院のホームページん見る。
なんと、基準点として、三角点、水準点、電子基準点の三つがあることがわかった。
私のブログには三角点の記事にのせてきたが、これからは電子基準点のタイトルを付けようかなあ。でもあらためて分類をふやすのもめんどうなので、そこは臨機応変でその都度考えながらのせることにしよう。

IMG_6184ここはJR徳島駅からひと駅、阿波富田駅から歩いて10分ぐらいにある富田中学校(とみだちゅうがっこう)。グランドの東はしに立っている。
電子基準点

電子基準点は全国に1,240点ある。電子基準点の記号は、三角点と電波塔の記号をあわせたものである。

 

IMG_6192IMG_6188

電子基準点の本体には、「基本 電子基準点 (GPS観測塔) NO.950416  建設省国土地理院」と記されている。その足もとには写真のように丸い「電子基準点付属標」が設置されている。ここには「電子基準点付属標 基本 No.0950416A 建設省国土地理院」と記されている。
電子基準点は1994年10月1日より本格的な観測を開始している。内部には10日間の連続データを保存できるメモリー、5時間の停電に対応できる無停電装置を設置している。

日本で一番高いところにある電子基準点は?

電子基準点高いところもちろん富士山。富士山にある電子基準点が日本で一番高いところにある。
しかも電子基準点の高さはピラー(金属の柱)の上にある観測装置の位置の高さを表すので、図のように、富士山頂にある三角点よりも高く、富士山の最高地点よりも高い数字になっている(電子基準点のあらわす高さはそこの地面の高さではなく、GPSアンテナのある位置の高さを表すことに注意)。
さて、富士山頂の三角点は何等三角点? 一等三角点に決まっている、と思ったら大間違い。実は二等三角点。
では一等三角点がある一番高い山は?
赤石岳
日本で一番高いところにある一等三角点は、南アルプスの赤石岳山頂にある。
標高3120メートルである。
二等三角点で一番高いところにあるのが富士山頂というわけ。
あーあっ、富士山に一等三角点があればいいのに、と思うのは私だけではないと思う。富士山の二等三角点、赤石岳の一等三角点、どちらも実物をこの目で見たいが、3000メートル級の山には私はとてもじゃないが登れない。富士山は世界遺産になって登る人も増えたと思う。山頂にある二等三角点と電子基準点に目を向ける人はどれぐらいいるのだろう。
私は写真を見てため息するだけである。

 

 

 

三角点を探る旅 その 5

壱岐・対馬(いき・つしま)編その1

IMG_3404

対馬壱岐1 ここは長崎県の対馬(つしま)。
以前から壱岐と対馬に行きたいと思っていた。
二泊三日の観光旅行だが、行く機会ができたので、この二つの島にも三角点があるはずだから調べてみようと考えた。時間の限られた観光旅行だから、自由に調べ回ることが出来ない。
国土地理院のデータをインターネットで調べてみると、一泊目の対馬グランドホテルのそば?に電子基準点があることがわかった。とにかくホテルのフロントで歩いていけるのかどうか聞いてみることにした。

電子基準点4

 

ホテルのフロントの人の話では、歩いて15分ぐらいで、車だったら5分くらい。ということだったので歩くことにするが、三角点とか電子基準点と話をしても???という顔をされた。

大阪でもそうだったが、三角点があるはずですが?と聞いても,三角点?という返事がほとんど。対馬でも壱岐でもそうだった。
三角点の
認知度はひくいなあ。

IMG_3414

 

 地図からわかるようにここは漁村。イカ釣り船らしい船がたくさん入江に泊まっていた。夜遅くの出港に備えているのかもしれない。
ホテルの料理にも新鮮なイカ料理が出てきた。
生で、天ぷらで、焼いて、と様々な調理でイカの美味しさを堪能できたのもこの旅の魅力だった。 

IMG_3409

遠いなあ、と思いながら地域活性化センターまで来たがここから先がよくわからない。地図を見ながら活性化センターの駐車場に入る。隅にある小さな公園の中を歩いてみるが、どうもここではなくて隣の学校の敷地のようだ。
失礼しますと言いながら、クラブ活動中の運動場にお邪魔する。
IMG_3406

 

トップの写真のようにありました。対馬市立鶏知中学校のグランドの片隅に、すっくと立っていました。対馬のここにしかない電子基準点。写真をとっていると「こんにちは」と中学生が挨拶をしてくれる。こっちのほうがドギマギして挨拶を返す。一緒のツアーの人が散歩やジョギングをしていると、近くの子どもや家族連れらしい人が挨拶をしてくれて気持ちが良かったと、夜の食事の時に話していた。落ち着いた町なのだ。

 

IMG_3410  

帰る途中でガソリンスタンドの宣伝に目が向く。「たまがるしこ りっぱのう なるばい」と書いてある。どういう意味だろう。「りっぱのうなるばい」は「立派になろう」という意味かな?「たまがるしこ」がわかないが、「対馬を誇りに思う立派な人になろう」という、青少年向けのキャンペーンかなと思い、ホテルに帰ってロビーでこの写真を見せながら意味を聞く。
「どこで見ました?」
「ガソリンスタンドです。」
「うーん、ガソリンスタンドなら、うちの店に車を持ってきてくれたら、びっくりするぐらいに綺麗になりますよ、という意味ですね!」
なるほど、対馬弁には味があるなあ。