点字と江戸川乱歩とビブリア古書堂①

ビブリア古書堂の事件手帖と二銭銅貨

点字の研修会で、昨年11月に京都ライトハウスあけぼのホールで行われた講演会のことをきいた。講師の岸博実さん(京都府立盲学校)の話を聞いた人の資料を見せてもらった。

点字について学習中の私だが、「直接講演のテーマではありませんが」とことわって最近のニュースとしていくつか紹介された話のなかで「ビブリア古書堂の事件手帖」の話が私の関心を引いた。

点字の世界ではよく知られたことらしく、江戸川乱歩の作品「二銭銅貨」は「点字」を扱ったものとして有名らしい。

岸さんの話によると、「ビブリア古書堂の事件手帖」第4巻でこの江戸川乱歩の「二銭銅貨」が取り上げられていて、その本のなかで「初版本の点字の間違いを江戸川乱歩が訂正をした」ということが書かれているということだった。
私はこの「ビブリア古書堂の事件手帖」という本があることは知っていたが、読んだことはなかったのでいい機会なので読んでみた。(面白かったので最終巻の7巻まで読んだ)
岸さんの話では、間違ったままで今も出版されている文庫本がある、ということなので、私も図書館などで借りて調べてみた。

「ビブリア古書堂の事件手帖」の事件の展開はここでは紹介せずに、点字をつかった暗号だけについて紹介したい。

初版でどんな間違いを江戸川乱歩がしたのか、その初版本をもとに文庫本にしているのが岩波書店の「江戸川乱歩短編集」(2008年8月19日第1刷発行)。
編集付記として、
「本書は雑誌初出の本文を底本とし、平凡社版『江戸川乱歩全集』第1巻〜第8巻(昭和6〜7年)と校合した。初出は次の通りである」と書いてある。そして「二銭銅貨」については、

「二銭銅貨」 大正12年4月号『新青年』
と記されている。

「ビブリア古書堂の事件手帖」では、
次のような説明がある。
「・・・最初に発表された時、拗音の点字記号を間違えていたのです。戦後、桃源社版の全集でようやく訂正されました。」

まず最初に江戸川乱歩の書いた「二銭銅貨」にある、暗号としての点字記号について説明しておこう。

暗号文「陀、無弥仏、南無弥仏、阿陀仏、・・・・」は、南無阿弥陀仏の6文字を使って書かれている。この6文字が6点点字をつかって暗号文になっている、というのがこの「二銭銅貨」のポイントである。
点字は縦3個、2列の6つの◯で作られる。
6つの◯を、左上から1,2,3と番号を打ち、右に移って上から4,5,6と番号をつける。こうして1〜6の番号でどの点か伝えることができる。
たとえば最初の「陀、無弥仏、南無弥仏」は、6つの丸に左側から縦に南無阿弥陀仏と文字を置いてみると、「陀」は点字の5の点、「無弥仏」は点字の2,4,6の点になる。「南無弥仏」は点字の1,2,4,6の点となり、実際に点字にすると下の図のようになる。

最初の5の点は「濁音符」であり、次にある言葉が濁音であることを示している。この点字を読むと、「ゴ」「ケ」となる

そうしてこの暗号文を点字にして読んでみると、
「ゴケンチョーショージキドーカラオモチャノサツヲウケトレウケトリニンノナハダイコクヤショーテン」となる。その意味は、
「五軒町の正直堂からおもちゃの札を受け取れ、受取人の名は、大黒屋商店」。

実際に点字で書く場合は、分かち書きをするのでこんなに詰めて書かない。また「〜は」は、読むときのように「わ」(3の点だけ)と点字では書く。
正確な点字文ではなく、暗号として点字を使っているので、多少の疑問点は無視するとして、無視できないのは「拗音(ようおん)」の書き方だ。

拗音(ようおん)というのは、「シャ、シュ、ショ」「チャ、チュ、チョ」と発音する音のこと。小さい「ャ、ュ、ョ」を使って表される音だ。
点字では下のように書く。

ローマ字でチャ、チュ、チョ、シャ、シュ、ショを書くと
tya ,tyu  tyo, sya, syu, syo 
となる。
yの部分を拗音を表す記号と考えて、4の点でそれを表す。残っている
ta, tu, to, sa, su, so  
は、「タ、ツ、ト、サ、ス、ソ」であり、それをそのまま点字にする。
そうしてできたのが、上の拗音の点字。点字の拗音表記は、点字二つ分を使って一つの言葉をあらわしている。濁音が「5の点+濁音にする音」と同じように。
点字入力の方法は、日本語をローマ字で表記することをうまく使っている。

このことをふまえて、岩波文庫の「江戸川乱歩短編集」の「二銭銅貨」にでている暗号文の点字表記のところを見てみよう。

これが岩波文庫のある「二銭銅貨」の点字の部分を私が写し取ったもの。
星印の部分には「濁音符」という言葉が書かれている。また*印には「拗音符」という文字が書かれている。小さくてかけなかったので星印と*印で代行している。
拗音の「チョ」「ショ」「チャ」の部分にマーカーで記しておいた。

本文の暗号文を写したものが左である。

これを見ると、江戸川乱歩は点字の拗音は、「小さいョ」という意味で「拗音符+ヨ」「拗音符+ヤ」と書くと思ったようだ。
チョ→チ+拗音符(4の点)+ヨ
ショ→シ+拗音符(4の点)+ヨ
チャ→チ+拗音符(4の点)+ヤ
と考えて暗号文の点字を書いたように思われる。

「ビブリア古書堂の事件手帖」には次のような図が書かれている。

この図で江戸川乱歩の「拗音」の間違いがよくわかると思う。
戦後版の点字は正確な点字の拗音が書かれている。

この「二銭銅貨」という作品が書かれたのは大正12年(1923年)。
石川倉次が考案した点字が学校で使われた最初の年が1890年(明治23年)。
点字が官報に公表されたのが1901年(明治34年)
点字新聞が発行された最初の年が1922年(大正11年)。
点字がまだまだ一般化しない(今もそうだが)時代に、点字を取り上げて作品にした江戸川乱歩の先見の明はすばらしいと思う。

しかし、戦後に訂正されたはずのものが、どうして今も訂正されないままの版が出版されるのだろうかという疑問が残る。
この岩波文庫以外にも私が手にした他の出版社の文庫本については、次回に書くことにする。

 

 

 

 

 

男性のための料理教室 in 大阪ガス4

ブリの照り焼き

レシピによると二人分の材料は以下の通り。
ブリ・・・二切れ
塩・酒・・・各少々
サラダ油・・・適量
(a)
・醤油・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ4
・酒・・・大さじ4
白ネギ(20cm)・・・1本
塩・酒・・・各少々
粉山椒・・・少々

六切のぶりがあったので、上の量の約3倍を用意することにした。

レシピの指示は、
・ブリは塩・酒をふってしばらく置き、水気を拭きます。
ということなので、塩少々つまんでブリにふりかける。料理酒を大さじにいれて、ブリにふりかけておく。

ブリに塩と料理酒をかけて置いている間に、タレとネギの準備をする。

タレは上にあるレシピの分量を基にして計算し、その量を混ぜておく。

白ネギは3〜4cmぐらいの長さに切り、塩・酒を少々まぶしておく。

 

フライパンにサラダ油を入れて温め、ブリを表側から(仕上がった時に表になる方)焼き、裏返して両面を焼いて取り出す。

タレ(醤油、みりん、酒)をフライパンに入れ、火にかけて半量になるぐらいまで煮詰める。

ブリが六切だったので、フライパンを二つ用意をして、三切れづつ調理をした。

最後は六切一緒にし、フタをして約5分、蒸らすことにした。
仕上がりが右上の写真。

白ネギはアルミフォイルにのせ、水なし両面焼きグリルの上下強火で約5分。
オーブントースターもあるのでそれを使おうかと思ったが、レシピに「グリルで焼くと甘みがまして、美味しく仕上がります」と書いてあるので、その指示に従ってグリル焼きとした。

親せきの幼稚園の子が来ていたので、節分の巻きずしも用意。
幼稚園での豆まきの話を聞きながら、美味しくいただきました。

 

 

 

 

皆既月食(2018/1/31)とブルー・ムーン

https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

2018年1月31日から2月1日、皆既月食が見られた。
大阪はあいにくの曇り空で、欠け始めまでは見ることができたが、皆既月食中は雲に覆われてしまった。

皆既月食がなぜおきるか、それはテレビでもネット上でよくわかる解説がたくさんあった。それらの多くは国立天文台のホームページが原典になっているように思う。
上に写真がその一部。紹介してあるアドレスから是非見てほしいホームページだ。

地球の影に月が入る、そのイメージがよくわかるのが上の写真だと思う。

自宅から見える月の変化を写真に撮ってみた。

東の空。午後7時ぐらいの月。満月だが周りに雲があるので、月食の様子が最後まで見ることができるのか心配だった。

以下は55mmのレンズで撮った写真をトリミングして拡大したもの。
雲が出てきたので、ピントがもうひとつ。でも記録のために撮った。

左は8時31分。右は8時44分。月のウサギの耳は上を向いている。

左は8時57分。右は9時11分。

左は9時24分。右は9時39分。雲がかかってきた。

この後は曇り空になったため、皆既中の月の姿を写真に撮ることはできなかった。

左の写真が23時39分。右の写真は日が変わり2月1日午前0時8分。
雲からもれる月の光で、皆既月食がおわりにちかづいているのがわかる。

赤銅色の満月を写真に撮りたかったができなかった。
でも月食の様子を時間ごとに撮ったのは初めてなので、寒かったが楽しかった。

スーパームーン・ブルームーン・ブラッドムーン

今回の月は普段より大きな月となっている。1月2日も大きな月だった。 平均より大きな月を「スーパームーン」というそうだ。そうするとこの月は「スーパームーン」と言えるだろう。。
また一月に二回あった満月なので、「ブルームーン」でもあった。
さらに赤銅色の赤い月のことを「ブラッド・ムーン」というと、NHKのテレビ放送でいっていた。 とにかく意味のある満月と皆既月食だったのた。

私が「ブルー・ムーン」と言う言葉を知ったのは、NHKで放送された「こちらブルー・ムーン探偵社」という番組から。
30年ほど前の番組だったが、とてもおもしろかった。ブルース・ウィリスがダイハードシリーズで有名になる前の作品。
左の写真はアマゾンのホームページからの引用。
このとき「ブルー・ムーン」という不思議な言葉を知って、意味を調べたことがあった。
まさか一月に二回ある満月のこととは、初めて知った言葉だった。

それからは「ブルー・ムーン」については、時々話題になっているのは知っていたが、あまり気にしたことはなかった。

その言葉と再びであったのが、左の本。
Magic Tree Houseシリーズだった。

翻訳では「ユニコーン奇跡の救出」となっていて、「ブルー・ムーン」と言う言葉はないが、原題は
Blizzard of the Blue Moon.

日本語版の本の内容紹介には、「ジャックとアニーに四つ目の指名が下った。それは1938年のニューヨークに行き、数百年ぶりに目覚める「世界最後のユニコーン」を助け出すこと。厳寒のセントラルパークに着いた二人を待ち受けていたのは、なんと観測史上最悪の猛吹雪だった−」

二人への指令の暗号文は、原文から引用すると、

・・・・(略)・・・・
Four centuries, four decades
From that afternoon,
At the end of November
Before the blue moon,

と謎めいた文が続く。
ここでアニーが
What’ s  the blue moon?    と聞く。それに対してジャックは答える。

It’s when you have two full moons in the same month.
It didn’t happen very often.

full moon の複数形はfull moons となるのか、なるほどねえ。
欧米の小学生の子どもたちは、こんな簡単な英語で「ブルー・ムーン」の意味を知るようになるのか、と感心する。

次の「ブルー・ムーン+皆既月食」は、2037年1月31日だそうだ。
今から19年後、さあ私はその時に赤銅色の皆既月食の写真が撮れるだろうかと、思わずつぶやいてしまった。

*付録

2月3日の朝、6時50分ごろの西の空。大きな月が西に沈もうとしている。 東の空にはまだ日が昇っていない。
与謝蕪村の
「菜の花や 月は東に日は西に」の12時間前(後)の風景はこんなものかもしれない。「月は西に、日は東」という状況。太陽と月が180度離れている時に満月になることがわかる。(太陽の光が月の表面すべてを照らしているから、地球から見れば満月になるといえばいいかもしれない)

ピントが甘いが、月の模様を見てみよう。

西に沈む月の模様は、いわゆるウサギの耳が右下に回転している。
私たちのよく知っている「月のうさぎ」の耳はほぼ上向きのことが多いが、それは中天に月がのぼっている時の月の模様。
上の皆既月食の写真、夜の8時31分の月の模様と比べると、月も回転していることがわかる。