皆既月食(2018/1/31)とブルー・ムーン

https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

2018年1月31日から2月1日、皆既月食が見られた。
大阪はあいにくの曇り空で、欠け始めまでは見ることができたが、皆既月食中は雲に覆われてしまった。

皆既月食がなぜおきるか、それはテレビでもネット上でよくわかる解説がたくさんあった。それらの多くは国立天文台のホームページが原典になっているように思う。
上に写真がその一部。紹介してあるアドレスから是非見てほしいホームページだ。

地球の影に月が入る、そのイメージがよくわかるのが上の写真だと思う。

自宅から見える月の変化を写真に撮ってみた。

東の空。午後7時ぐらいの月。満月だが周りに雲があるので、月食の様子が最後まで見ることができるのか心配だった。

以下は55mmのレンズで撮った写真をトリミングして拡大したもの。
雲が出てきたので、ピントがもうひとつ。でも記録のために撮った。

左は8時31分。右は8時44分。月のウサギの耳は上を向いている。

左は8時57分。右は9時11分。

左は9時24分。右は9時39分。雲がかかってきた。

この後は曇り空になったため、皆既中の月の姿を写真に撮ることはできなかった。

左の写真が23時39分。右の写真は日が変わり2月1日午前0時8分。
雲からもれる月の光で、皆既月食がおわりにちかづいているのがわかる。

赤銅色の満月を写真に撮りたかったができなかった。
でも月食の様子を時間ごとに撮ったのは初めてなので、寒かったが楽しかった。

スーパームーン・ブルームーン・ブラッドムーン

今回の月は普段より大きな月となっている。1月2日も大きな月だった。 平均より大きな月を「スーパームーン」というそうだ。そうするとこの月は「スーパームーン」と言えるだろう。。
また一月に二回あった満月なので、「ブルームーン」でもあった。
さらに赤銅色の赤い月のことを「ブラッド・ムーン」というと、NHKのテレビ放送でいっていた。 とにかく意味のある満月と皆既月食だったのた。

私が「ブルー・ムーン」と言う言葉を知ったのは、NHKで放送された「こちらブルー・ムーン探偵社」という番組から。
30年ほど前の番組だったが、とてもおもしろかった。ブルース・ウィリスがダイハードシリーズで有名になる前の作品。
左の写真はアマゾンのホームページからの引用。
このとき「ブルー・ムーン」という不思議な言葉を知って、意味を調べたことがあった。
まさか一月に二回ある満月のこととは、初めて知った言葉だった。

それからは「ブルー・ムーン」については、時々話題になっているのは知っていたが、あまり気にしたことはなかった。

その言葉と再びであったのが、左の本。
Magic Tree Houseシリーズだった。

翻訳では「ユニコーン奇跡の救出」となっていて、「ブルー・ムーン」と言う言葉はないが、原題は
Blizzard of the Blue Moon.

日本語版の本の内容紹介には、「ジャックとアニーに四つ目の指名が下った。それは1938年のニューヨークに行き、数百年ぶりに目覚める「世界最後のユニコーン」を助け出すこと。厳寒のセントラルパークに着いた二人を待ち受けていたのは、なんと観測史上最悪の猛吹雪だった−」

二人への指令の暗号文は、原文から引用すると、

・・・・(略)・・・・
Four centuries, four decades
From that afternoon,
At the end of November
Before the blue moon,

と謎めいた文が続く。
ここでアニーが
What’ s  the blue moon?    と聞く。それに対してジャックは答える。

It’s when you have two full moons in the same month.
It didn’t happen very often.

full moon の複数形はfull moons となるのか、なるほどねえ。
欧米の小学生の子どもたちは、こんな簡単な英語で「ブルー・ムーン」の意味を知るようになるのか、と感心する。

次の「ブルー・ムーン+皆既月食」は、2037年1月31日だそうだ。
今から19年後、さあ私はその時に赤銅色の皆既月食の写真が撮れるだろうかと、思わずつぶやいてしまった。

*付録

2月3日の朝、6時50分ごろの西の空。大きな月が西に沈もうとしている。 東の空にはまだ日が昇っていない。
与謝蕪村の
「菜の花や 月は東に日は西に」の12時間前(後)の風景はこんなものかもしれない。「月は西に、日は東」という状況。太陽と月が180度離れている時に満月になることがわかる。(太陽の光が月の表面すべてを照らしているから、地球から見れば満月になるといえばいいかもしれない)

ピントが甘いが、月の模様を見てみよう。

西に沈む月の模様は、いわゆるウサギの耳が右下に回転している。
私たちのよく知っている「月のうさぎ」の耳はほぼ上向きのことが多いが、それは中天に月がのぼっている時の月の模様。
上の皆既月食の写真、夜の8時31分の月の模様と比べると、月も回転していることがわかる。

 

 

 

車麩(くるまふ)を使った料理

テレビで車麩(くるまふ)を使った料理番組があった。
精進料理だったが、面白そうなのでネットで調べてみると、家で簡単にできそうなレシピがたくさん並んでいた。
そのなかから、「唐揚げ」と「フレンチトースト」を作ってみようと思った。
左の写真は車麩を水でもどしているところ。

たっぷりのぬるま湯に入れて、上からお皿を置いて浮かび上がらないようにしておいた。約1時間後が上の写真。

車麩の唐揚げ

ボールに醤油、さとう、おろしニンニク、みりんをいれてよく混ぜる。
量は、車麩二つ分で、
醤油・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
おろしニンニク・・大さじ1
みりん・・・大さじ3
私は車麩4枚使ったのでこの二倍の量にした。

もどした車麩の水分をとり(両手で挟んで水分を取る方法にした)、さきほどつくったタレにつける。よく吸い込んでくれる。

片栗粉をまぶし、油(160度〜170度)で揚げる。
短時間できつね色にあがっていった。予想より短い時間だった。
ペーパータオルの上にとり、余分な油分をとっておく。

お皿に並べ、横にレタスを置くと、どうですか。車麩には見えない!
味もお麩とはわからない。
唐揚げのような食べる時のボリューム感には負けるが、ビールのアテには十分だ。

車麩のフレンチトースト

卵1個、砂糖大さじ1を混ぜておく。それを車麩4枚に染み込ませる。

フライパンに油を引き、車麩をのせる。
焼き上がりの色を見ながら、全体に火が通って、きつね色になったところでお皿にとる。熱いうちに砂糖などをふりかけてできあがり。

コーヒーなどにピッタリあったスイーツのできあがり。
フライパンなので、芯まで熱が通っているかが不安だったが、軽い食感でいただいた。卵と砂糖を牛乳や豆乳で溶かしたほうが味も深みが増したかも、というのが妻の意見。なるほど。油であげたらどうなるのだろう? そんなことを考えると、また楽しみが増えてきた。

*お麩は、小麦粉のグルテンからできているので、小麦粉アレルギーの人、グルテンフリーをめざしている人には、この料理は全く正反対のお料理。
アレルギーのない人には、カロリーの少ない料理といえる(と思う)。

 

 

 

男性のための料理教室 in 大阪ガス3

やみつき☆梅キャベツ

ここでのレシピは一人分。
キャベツ・・・50g
鶏ガラスーブの素・・:小さじ1/3
塩・・・小さじ1/3
梅肉・・・小さじ1
ごま油・・・小さじ1/3

それぞれの家庭に合わせて2倍、3倍、4倍とすればよい。

4人分で作ることにした。
左の写真のキャベツの量が約4人分の量。
キャベツは約3cm角に切り、ビニル袋に入れる。
葉物は見た目と重さの感覚がまだわからない。キャベツ200gといえばどれぐらいの量になるのだろう。測りながら切っていくと、ボール一杯分になった。

上の写真のように準備をした。
塩昆布も加えるといい、とレシビにあったので用意した。

ビニル袋のキャベツに、鶏がらスープの素、塩をまぶし、しばらくそのままにしておく。
水気が出てきて、キャベツがしんなりするまでおいておく。

ビニル袋を使った料理法は後片付けが楽で便利だ。

 

10分もすればいい具合になってくる。
水気を絞り、梅肉、塩昆布を入れて軽く揉む。

今日のメインは焼肉なので、その付け合せとしてこの「やみつき☆梅キャベツ」を使うことにした。

梅キャベツの量も丁度いいあんばいだった。

梅は家でつけた梅干しを利用した。
梅干しの酸っぱさと塩昆布の塩加減が、今日のような肉料理によく合いそうだった。

カニのスープがあると、ちょっと豪華な感じの夕食。
ご飯は、知り合いが作ったヒノヒカリ。玄米30キログラムを購入した。
近くのコンビニにある精米機で精米したものだが、新米はたしかに美味しい。
家族全員で完食でした。ごちそうさま。

 

 

 

 

淀工第46回グリーンコンサート

第46グリーンコンサートがフェスティバルホールで開かれたので行ってきた。
(上の写真はフェスティバルホールのホワイエにあった、部員製作のパネル)

1週間ほど前に大フィルの新春名曲コンサートに来ていたので、今月に入って2回めのフェスティバルホール。この日は、高校生や中学生、またその保護者らしい人でいっぱい。会場の雰囲気がまた違っていた。

プログラムは以下の通り

  オープニング(翼をください)
  カーペンターズフォーエバー
  大阪俗謡による幻想曲
  ザ・ボレロ(OBの演奏)
  フレッシュコーナー
        休憩
  Introduction to Soul Symphony
       アルメニアンダンス・パート1
  故郷(ふるさと)
  歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲
  ザ・ヒットパレード  

オープニングは恒例になったかのように「翼をください」。壇上での女子部員の手話とホール1階席の一番後ろにならんだ合唱のメンバーの美しいハーモニーが聞こえてくる。受付でもらったパンフレットには、
「グリーンコンサートは希望に満ちた新年の演奏会ですが、1年間の総括でもあります。この一年、悩みや苦しみを抱えながらみんなで一緒に考え話し合って、結果として”前向きに行動する”選択をしました。そんな思いを込めて、本日はこの曲で幕を明けたいと思います。」とあった。久々に見る「総括」という文字。確かに高校生活の総括の場となるのだろう、3年生のとってこのグリーンコンサートは。

多感な高校生時代、前向きな選択をし、翼を求める高校生たちの思いは純粋だ。

今回の座席は前から7列目だった。
「あれ? 椅子の7という番号が2列目の椅子に表示されている」
何かまちがったかな? と思ってドア付近にいたスタッフの人に聞いた。
「舞台を拡張するために、座席を前から5列をつぶして舞台にしているのです。」
へえーっ、舞台が拡張できるんだ、フェスティバルホールは。とびっくり。
拡張用の舞台設備のオプションがあるのかもしれない。椅子の部分に上からかぶせているのだろうか?と興味を持ちつつ、そんなにも大勢の楽団員が並ぶのか? とも思う。

その答えがOBの演奏による「ザ・ボレロ」だった。その拡大された舞台狭しと楽団員が並ぶ。それは圧巻としか言いようがない。
私は詳しくはないが、ザ・ボレロは最初の出だしが普段聞いているボレロと違っているように思えた。多分吹奏楽用に編曲されているのだろう。しかし音圧を感じるような迫力ある演奏だった。

(下の写真はパンフレットの裏表紙より。)

会場はほぼ満員。インフルエンザが流行っていて部員の中にも休んでいる子どもたちがいると丸谷先生の話にあった。幾つかの空席は、会場のチケットを買ったが風邪を引いて来られない人なのかもしれない。

フレッシュコーナーは1年生の楽器紹介を兼ねながらの丸谷先生とのおしゃべりがおもしろい。曲目当てで以前に妻があててタオルを貰ったことがあったので、今回も、と期待したが、だんだんと知らない新しい曲が出てくるので時代?を感じる。「古時計」とか「川の流れのように」などの曲になると俄然会場が賑やかになる。

曲をあてた高校生に丸谷先生が「どこの学校?」と聞く。
「鶴見橋中学校です」
「ああ、うちのコンサートマスターの」と丸谷先生。
大阪市立鶴見橋中学校のブラスバンド部は、大阪市内でも有名なブラスバンド部として活躍していたことを私は覚えている。

1年生のアンケートの中に「将来なりたい職業は」という欄があるらしく、いくつか丸谷先生が紹介していた。「新幹線に関係する仕事」「飛行機に関係する仕事」があり、女生徒が「自動車のエンジンの設計」と答えていたのにびっくりした。
そうか、ここは工科高校(昔で言う工業高校)なのだ。この子達の未来は、私が思っている以上に広いのだ、とあらためて思う。

しばしの休憩時間。 ホワイエでケーキセットなどを楽しむ。
ビールを飲んでいる年配のカップルがいたり、アットホームな感じが漂っている。

2部がはじまる。
「アルメニアンダンス・パート1」は淀工の演奏で何回か聞いている。初めて聞いたのは大阪城ホールでの演奏だった。
最初は「何かわかりにくいなあ」と思っていたが、聞く回数が増えてくると「何かおもしろいぞ」と興味が湧いてきて、最初は長い曲だなあと思っていたのが、今回は「あれ、もう終わりか」と思った。パンフレットに
「この曲を毎回取り上げるのは、丸谷先生が提唱している『アルメニアンダンスを吹奏楽の第九に!』という思いと、私たちの強い希望からです。いつの日か『一般の方々にも愛される吹奏楽曲』として、親しんでいただけるように祈って、いついとまでも伝えていきたいとおもいます。」
と書いてあった。演奏する人たちの思いが伝わるとはこのことだな、と思った。

左の写真が「アイーダトラッペット」。演奏のファンファーレ用に使われるトランペットだ。(写真はインターネットより)

東京オリンピックの時のファンファーレが私にはとても印象深く残っているが、あの時もこのようなトランペットを使っていたのだろうか。
東京オリンピックがはじまってしばらくして、ブラスバンド部の友人がトランペットでオリンピックファンファーレを吹いていた。
「楽譜があるの?」と聞くと、
「テレビで見て、指の動かし方を覚えた」と言っていたことを今でも覚えている。
ファンファーレは誰もの心をときめかすものだ。

パンフレットの説明には、
「1813年にイタリアで生まれたヴェルディが作曲したオペラです。古いエジプトを舞台にした、二つの国に引き裂かれて男女ラダメスとアイーダの恋を描いたものです。私たちの演奏する場面は、アイーダの国を倒したラダメスが自分の心とは裏腹に、母国の人に讃えられながら戻ってくるところです。
 このオペラの初演は1881年で147年も経っていますが、”アイーダ・トランペット”の奏でるメロディーはサッカーの日本代表の応援歌としてよく知られていますね。・・・略・・・21日(日)昼の公演に岡山学芸館高等学校と三重県・皇學館高等学校のみなさんに賛助出演していただきます。」
とあった。
私たちは観客席で演奏するその二つの高校とOBの演奏に囲まれながら、舞台での淀工のブラスバンド部の演奏を聞くことになった。
演奏後には大きな拍手が巻き起こった。舞台袖でアイーダ・トランペットを演奏した6人の部員は演奏の最初から最後まで姿勢を崩さず、その音色も素晴らしく、だれもが賞賛の拍手をおくった(とおもう)。

「山の頂上は、人にその道の険しかったことを忘れさせます。
 その最後のステージに立って、君たちは何を感じているのでしょうか。
 いろんな苦しかったことは、今は懐かしい思い出ですね。  
・・・・・君たちの前途に幸多からんことを祈ります。」 

最後のステージにたつ3年生が歌う「乾杯」。
毎年恒例の場面だが、いつ見ても感動的だ。
とりわけ今年は最前列といっていいほどの前の席だったので、こちらが恥ずかしくなるぐらいに高校生の部員たちの表情がわかる。
紅潮した頬、まっすぐに伸ばした指先、遙か遠くを見るかのような眼差し、この瞬間にしたできない表情が私たちの胸を打つ。

最後の演奏は行進曲「ウェリントン将軍」。
丸谷先生はいつものように言う。
「ありがとうございました。お急ぎ方はこの曲に合わせてご退席ください・・・」
もちろんだれも退席しない。頑張って演奏している淀工のブラスバンドを最後まで聞きたいから。
この日は寒さの続く中にほっと生まれたかのような少し暖かい日だった。
身も心も暖かくなってフェスティバルホールを出た。

 

 

男性のための料理教室 in 大阪ガス2

炊き込みご飯(無水鍋を使った)

大阪ガスの料理教室では、土鍋を使っての炊き込みご飯を作った。 家には土鍋がないので、ここは無水鍋に登場してもらった。

レシピの材料は以下のおとり。

コメ・・・2カップ
ごぼう・・・30グラム
にんじん・・・30グラム
しいたけ・・・2枚
油揚げ・・・1/2枚

だし汁・・・カップ「2
薄口醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2

しいたけの代わりに鶏肉を用意した。 コメは洗ってザルに入れて水を切っておく。

無水鍋に水を切ったコメを入れ、その上に具をのせていく。 コメと具は混ぜ合わさない。のせるだけ。

だし汁を2カップ入れる。基本はコメと同じ量の水、ここではだし汁を入れる。 コメを計るのに使ったカップで、だし汁の量を測るのが簡単。 コメの場合はカップとか合とか、レシピによって使っている単位が違うので注意。 基本は米を計るの使った道具で、だし汁の量も図ること。
コメも水で洗った後で測り直すと、水分を吸って体積は増える。その増えた体積の分の水(だし汁)を増やすというレシピともある。
また、野菜からの水分があるので、若干の水(だし汁)を減らしておく、というレシピもある。
今回は単純に最初のコメの量のだし汁、ということでコメが2カップなら、だし汁も2カップということにした。

醤油、酒、塩を入れる。コメと具を混ぜないこと。
のせるだけ、というのもポイント。

フタをして強火にかける。
フタから水蒸気がもれだし、フタがカタカタと音を立て始めたら弱火にする。

弱火で15分ほど炊く。
私の家の電磁コンロはタイマー付きなので弱火にして15分にセットした。

15分たてば8分蒸らす、というのが無水鍋の説明書の時間設定。

これを目安にして、10分ほど蒸らしてフタをあけた。

フタは熱いので、鍋つかみなどを使うこと。アルミ鍋なので熱が直に伝わってくる。やけどに注意、これが無水鍋を使う時の安全ポイント。
これぐらいの温度設定だと、底に少しおこげができている。

炊き込みご飯の上にミツバをおいてでき上がり。
味噌汁と天ぷら、サラダ、一汁二菜のごちそうだ。

土鍋に変わらない美味しい炊き込みご飯ができた。
無水鍋だと土鍋のように高熱と圧力がコメ全体にかかり、美味しい触感のご飯になる。残った炊き込みご飯はおにぎりにしておくと、翌日にはもうなくなっていた。