通天閣とビリケンさん

これは通天閣の入場券。
ビリケンさんの姿と「開運招福」の文字。「お財布に入れておくことをうすすめします」とも書かれている。番号はLUCK777、幸運のチケットが全開している。

おー、なんと神々しいビリケンさんのお姿!
通天閣の5階展望台に祀られている。

台座正面にはBILLIKENと、THINGS AS THEYの文字が見える。
BILLIKENはビリケンさんの名前であることはわかる。
下の英語は台座に書かれているものの一部が見えているので、全文は、

THE GOD OF THINGS AS THEY OUGHT TO BE

「物事のあるべき姿を司る神様」というのが、「公式サイト」の訳。http://www.billiken.jp/

公式サイトによるビリケンさんの歴史を紹介すると、

**************************************

 その発祥には諸説ありますが、1908年、アメリカの女性芸術家 フローレンス・プリッツが「夢の中で見た神様」をモデルとし制作した作品が起源と言われています。
その後、シカゴの企業・ビリケンカンパニーが、ビリケン像などを制作、販売し、「幸福の神様」として全世界に知れ渡りました。

 1911( 明治44) 年、大阪の繊維会社・神田屋田村商店(現・田村駒)が商標登録を行い、1912 年、大阪・通天閣に併設された遊園地「ルナパーク」にビリケン堂が作られます。
以来、火災や戦禍を乗り越え、現在では三代目となるビリケン像が、通天閣から人々の生活を見守っています。

**************************************

 私は通天閣のビリケンさんを見る前から、ビリケンさんのことは知っていた。それは映画「哀愁」(ビビアン・リーとロバート・テイラーで有名)に「ビリケン人形」が登場することを知っていたからだ。ビリケンを登場させるために著作権が云々という話も聞いたことがあるが、真偽の程はわからない。

 新世界に行くとたくさんのビリケンさんがいる。

上の二枚の写真は、通天閣にあったビリケンさん。

通天閣の脚元近くにある「ビリケン神社」。

立て札にはこんなことが書いてあった。

「1908年にアメリカ合衆国の芸術家フローレンス・ブリッツが、夢に現れた神秘的な人物の姿を元に制作した像がその興りである。
これが「幸福の神様」として世界中に大流行し、
1909年頃に日本に渡来したと言われている。
1912年に新世界に遊園地ルナ・パークが開業し、
当時流行していたビリケン像が安置されたビリケン堂が設けられ、
新世界名物として人気を博した。
しかし、ルナ・パークの閉園と共にこのビリケン像は行方不明となってしまった。
2012年8月、新世界生誕100周年、またビリケンさんが
新世界に奉られてから100週年を記念し、
かつてビリケン堂の存在した場所にビリケン神社として復興する。
ビリケンさんには足の裏を撫でる、
もしくは足の裏を掻くと幸運が訪れるという言い伝えがある。
        2012年8月吉日 新世界串かつ振興会

なるほどね、串カツ屋さんたちの努力があったのだ。だから串カツ屋さんに巨大ビリケン像があるのだな。下の2枚は新世界の串カツ屋さんの関取風のビリケンさん。

ビリケン像は新世界だけではない。環状線フォトで野田阪神駅周辺を歩いていた時に発見したのが下の写真。

左は「串カツ屋さん。右は「たこ焼き屋さん」の扉にはってあったポスター。
ビリケンさんはここでも食べ物屋さんの神様のようだ。

本物のビリケンさんの像が大阪市内にあると聞いたので、探しに行った。 本物というのは、日本で現在作ったものではなく、アメリカのものらしいということ。

ここは此花区。阪神電車「千鳥橋駅」下車。

「春日出商店街」の真ん中ぐらいのところにある「関西アーバン銀行」。ここの一角を借りて「ビリケンさん」が鎮座ましましている。

ビリケンさんの由来を書いたパネルがある。

「此のビリケン像は、1908年(明治41年)アメリカの女流芸術家が奇怪な姿を夢見て造った像で当時アメリカを始め世界中で「福の神」として大流行したものです。
現在ここに鎮座まします「ビリケン像」庭書芸家笠原天籟先生がハワイにて諸芸の展覧会を開催された時、当時の大阪市大島市長よりハワイのジョージ有吉州知事への新書を渡された折、展覧会の成功を祝して知事より寄贈されたものであり、今迄個人的に所蔵しておられましたがご本人が何か地域の為にお役に立てたいと念願され、地域の発展と春日出商店街の繁栄のために寄贈されたものであります。
此の像の投げ出した足をなでることにより如何なる念願も成就すると云われております。
                     春日出商店街振興組合管理

平成10年12月2日に除幕式が開かれたそうだ。

さて、通天閣に戻ろう。

地下鉄の階段から見える通天閣。 このアングルは「男はつらいよ 浪速の恋の寅次郎」で登場する。大阪を離れる寅さんを芦屋雁之助が送る場面。地下に降りる寅さんの視点で見た通天閣。

地下鉄の入り口から見た浪速警察署。建て替えがあり、映画で出てくる浪速警察署の建物は今はなく、新しい浪速警察署になっている。

寅さんは階段の踊場から芦屋雁之助に別れを言う。

私の通天閣取材もこれまで。地下鉄に乗って移動しょう。