大阪錫器

ここは大阪錫器株式会社。近鉄南大阪線の今川駅のすぐ近くにある。

以前にあべのハルカスで錫のタンブラーをつくったことから、錫の容器にへの関心がたかまっていた。

知り合いからハルカスで錫のタンブラーを販売していた「大阪錫器」が大感謝祭と称してセールをしていることを知った。

そこで天王寺阿倍野駅から近鉄南大阪線にのって、ここ「大阪錫器株式会社」にやってきた。

以前にも調べたが改めて錫について調べてみた。

錫器は今から約1300年前に伝わってきたそうだ。この間まで開かれていた奈良の正倉院には、この錫の容器が数点保管されているそうだ。

大阪における錫の歴史は、延宝7年(1679年)の「難波雀」に「錫引き、堺い筋」という記述があり、江戸時代中期には心斎橋、天神橋、天王寺などで生産されていたようだ。

戦争により職人が減り、また材料の錫も入手困難となり大打撃を受けたが、1983(昭和58)に伝統工芸品『大阪浪華錫器』として指定・承認されたのがここ「大阪錫器」だそうだ。(大阪錫器ホームページより)

職人さんの作業も見ることができ、溶かした錫の溶液を型に流し込んでタンブラーを創るところとか、普段では公開されないだろう様子をかいまみることができた。

上の写真のような工具を使って錫が加工されている。ここはほとんどが手作り。その作業の緻密さに驚く。
マレーシアに行ったとき、シティマーケットで錫の容器が販売されていた。色合いや値段を見たとき、これなら大阪で買うほうがいいなあ、と思った。そのことを職人さんに話すと、「日本から技術指導でマレーシアに行ってるのです。錫の精度、ここはスリーナインですがマレーシアはそこまでなっていません。また加工技術も日本のほうが上です。買うのならやっぱり大阪のほうがいいですよ」という話をしてくれた。

上の写真はお茶などを入れる容器。真ん中の白い金属色の容器は、上のふたが重力で降りてきているところ。完全に降りるとその継ぎ目はほとんど見えないほどの精密さでできている。左右の茶色の容器も同じ。ふたと本体とのつぎめがあるのか、ないのかわからないほど。これはすべて手作りだそうだ。手の感覚でこの精密さを生み出しているのだからすごい。テレビなら「職人さんの技術」で表現されるかもしれないが、そんな言葉だけでは表しきれないすごさを感じた。

これは錫の容器に金箔をはったもの。仏壇の職人さんとのコラボのようだ。それにしても美しい。

子どもづれのお客さんも思ったより多く、そのためかガチャガチャがおいてあった。わたしたちがガチャガチャをやって出てきたのは「錫でできた貝殻」だった。穴を開けたらかわいいネックレスやペンダントになりそうなものだった。

私がびっくりするほどのお客さんが出入りしていた。小学生に体験をさせている家族もあった。
錫のぐい呑による味の体験もあった。日本酒やアイスコーヒーの錫の容器とそれ以外の容器との味の違いがあるのか、ないのか。私は日本酒で、妻はアイスコーヒーで味わいを確かめた。
びっくりするほどの味の違いがあった。錫のグラスは味が良くなる。
何組もの錫の容器を持って「あれもいいなあ」と購入している人も多かった。

以前ハルカスで体験で作った錫のタンブラーが食器棚にぶつかってゆがんでしまったので、ここで修理してもらった。それが上の写真の左。
右は妻に買ってあげたタンブラー。容器の中にも模様が入っている。中に模様があると泡立ちが良くなり、味も良くなるそうだ。買ったものはB級商品と呼ばれるらしく、店頭に出すときの最終審査ではねられたものだそうだ。商品としての価値は十分にあるが、贈り物としてはおすすめできないそうだ。その分少し安く販売されていた。
並べてみるとやっぱり職人さんの作ったタンブラーにはかなわない。
来年もこの時期にあるそうだ。
忘れずに行かなくては。

 

 

 

金工教室

以前から大阪市立クラフトパークに関心があった。
夏休みの一日体験教室のパンフレットを手に入れたので、どこかの教室で体験をしたいと思った。とりわけ「金属加工」というものはやったことはなかったので、とても興味が湧いた。
「金工教室」で「スプーンと小鉢のアイスクリームセット」の教室に応募した。

パンフレットの『金工教室」の部分を取り出したのものが左の写真。
小学3年性からと書いてあったので、それくらいの子たちばっかりだと、ちょっと恥ずかしいなという気持ちがあった。

左は大阪市立クラフトパークのエントランスホール。
各教室での作品が陳列してある。

この大阪市立クラフトパークは平成11(1999)年10月にオープンした建物で、20年になる活動をし、木工、金工、染色、織物、吹きガラス、パーナーワーク、ステンドグラス、キルンワーク、陶芸などの教室がある。

金工教室には、すでに錫が温められていた。融点は232度。ガスで溶けるようだ。

ホワイトボードに作業手順が書いてある。
洋白(ようはく)スプーンづくり
1.持ち手に模様を入れる。
2.木皿などで形を作る。
錫(すず)の器(うつわ)
3.型に錫を流し込む。
4.中心を出しコンパスで円をかく。
5.木皿や当金(あてがね)をつかい形をつくる。
6.形ができたら小口を磨いて仕上げる(ヤスリ、紙やすり#2400
7.スプーンはグラノールで、錫の器は磨きヘラでこすり完成。

すブーンの形をした金属に、模様のついた金槌でスプーンの持ち手になるところに模様をつける。叩くことによって、上の写真のように模様がつく。

すブーンのものをすくう部分を木皿のカーブを使って、たたいて形をつくる。

型にとけた錫を流し込んで、錫の器になる円形の錫板をつくる。

中心を出し、コンパスで写真のように円をいくつかかく。この線に沿って叩いてかたちを作り出すのだ。

上の写真の右側にある黒っぽい丸い部分、金手湖のようなものだが、それを利用して、円盤を叩いてお椀状にしていく。

2時間ほど叩き続けると、なんとなくお椀らしくなってきた。テレビでやっている職人さんを想像すればいい。

私のような素人が2時間も叩き続けると、穴が空いたり金属面が薄くなってくる。
そこは金工教室の講師の人が修理してくれた。

完成?した錫のスプーンと錫の器でアイスクリームを食べる。また格別の味だ。
1時から4時過ぎまでの体験だったがおもしろかった。職人になったつもりでひたすら叩き続ける。しかし売り物のように見事なカーブを叩き出すのは、とても無理。
しかし小学生の子どもたちもしっかりと仕上げていた。

金工、これは面白い。またやってみたいと思った。

 

 

錫器 ハルカスで体験

ハルカスで錫器の制作体験があった。

錫器といえば大阪の伝統産業。もらったパンフレットの説明によると、

「錫器の歴史は古く、紀元前1500年前のエジプト王朝の古代都市で錫の壺が発掘されている。
我が国へは約1300年前、遣隋使・遣唐使によって中国から渡来し、宝庫として名高い奈良の正倉院に数点が今の保存されています。
今も、鋳型に鋳込みロクロで挽く、昔ながらの製作方法で一つ一つ丹念に作られています。・・・・」(製造元 大阪錫器株式会社)

錫の盃やタンブラーで飲むと、お酒の味が格別だ、という話はよく聞く話だ。
本当だろうか、試してみたいが高価なのでなかなか購入まではいかなかった。

体験でタンブラーなどが作れることがわかったので、試してみようと思った。

いろんな模様が打てるような金槌が用意されていた。

写真のようにトントンと金槌で錫器に模様を打ち付けていく。
左手で無地の錫器を動かしながら、右手で模様の入った金槌を打ち付けるわけだが、思ったよりむずかしい。
隙間を開けずに打つことができない。バラバラな打ち方になって、隙間が空いてしまう。また一列が終わって下の列に模様を打ち込むときがまたむつかしい。
職人技とよく言うが、確かにそうだ。何年もの練習と修練がないと、まっすぐ、隙間なく、同じ力で金槌で打つことは簡単なことではないことがよくわかった。

一緒に来た孫にも手伝ってもらった。

トントントン、トントントン、リズミカルに打つのは簡単なことではなかった。

錫は英語ではTin、原子番号50の元素で、元素記号はSn、そう習ったことがあったなあ。
錫は銅との合金である青銅で有名。
青銅器は錫がなかったら存在しなかっただろう。
現在では鉛との合金であるはんだが有名。錫の年間使用量の45%ははんだである。はんだが発明されなかったら、電気製品もできなかっただろう。それほど重要な元素だ。
日本では飲食器として重宝されてきた。神社での瓶子(へいし、お神酒徳利のこと)、水玉、高杯などの神具に使われているそうだ。わたしたちにとっては酒器としてつかわれている方が有名だ。最近にはビアマグやタンプラーなども作られている。
今回の体験でも、ぐい呑、タンプラー、お皿、バングルなどがあった。

器の裏側も忘れずに模様をつけた。
仕上げは大阪錫器の職人さんにやってもらった。
家でビールやハイボールを飲むと、確かに美味しい。角が取れたのどごしだ。
学問的にはその理由は説明できないそうだ。人間の下の微妙なところだろうか。
これから夏のビールがますます美味しくなりそうだ。