金工教室

以前から大阪市立クラフトパークに関心があった。
夏休みの一日体験教室のパンフレットを手に入れたので、どこかの教室で体験をしたいと思った。とりわけ「金属加工」というものはやったことはなかったので、とても興味が湧いた。
「金工教室」で「スプーンと小鉢のアイスクリームセット」の教室に応募した。

パンフレットの『金工教室」の部分を取り出したのものが左の写真。
小学3年性からと書いてあったので、それくらいの子たちばっかりだと、ちょっと恥ずかしいなという気持ちがあった。

左は大阪市立クラフトパークのエントランスホール。
各教室での作品が陳列してある。

この大阪市立クラフトパークは平成11(1999)年10月にオープンした建物で、20年になる活動をし、木工、金工、染色、織物、吹きガラス、パーナーワーク、ステンドグラス、キルンワーク、陶芸などの教室がある。

金工教室には、すでに錫が温められていた。融点は232度。ガスで溶けるようだ。

ホワイトボードに作業手順が書いてある。
洋白(ようはく)スプーンづくり
1.持ち手に模様を入れる。
2.木皿などで形を作る。
錫(すず)の器(うつわ)
3.型に錫を流し込む。
4.中心を出しコンパスで円をかく。
5.木皿や当金(あてがね)をつかい形をつくる。
6.形ができたら小口を磨いて仕上げる(ヤスリ、紙やすり#2400
7.スプーンはグラノールで、錫の器は磨きヘラでこすり完成。

すブーンの形をした金属に、模様のついた金槌でスプーンの持ち手になるところに模様をつける。叩くことによって、上の写真のように模様がつく。

すブーンのものをすくう部分を木皿のカーブを使って、たたいて形をつくる。

型にとけた錫を流し込んで、錫の器になる円形の錫板をつくる。

中心を出し、コンパスで写真のように円をいくつかかく。この線に沿って叩いてかたちを作り出すのだ。

上の写真の右側にある黒っぽい丸い部分、金手湖のようなものだが、それを利用して、円盤を叩いてお椀状にしていく。

2時間ほど叩き続けると、なんとなくお椀らしくなってきた。テレビでやっている職人さんを想像すればいい。

私のような素人が2時間も叩き続けると、穴が空いたり金属面が薄くなってくる。
そこは金工教室の講師の人が修理してくれた。

完成?した錫のスプーンと錫の器でアイスクリームを食べる。また格別の味だ。
1時から4時過ぎまでの体験だったがおもしろかった。職人になったつもりでひたすら叩き続ける。しかし売り物のように見事なカーブを叩き出すのは、とても無理。
しかし小学生の子どもたちもしっかりと仕上げていた。

金工、これは面白い。またやってみたいと思った。

 

 

錫器 ハルカスで体験

ハルカスで錫器の制作体験があった。

錫器といえば大阪の伝統産業。もらったパンフレットの説明によると、

「錫器の歴史は古く、紀元前1500年前のエジプト王朝の古代都市で錫の壺が発掘されている。
我が国へは約1300年前、遣隋使・遣唐使によって中国から渡来し、宝庫として名高い奈良の正倉院に数点が今の保存されています。
今も、鋳型に鋳込みロクロで挽く、昔ながらの製作方法で一つ一つ丹念に作られています。・・・・」(製造元 大阪錫器株式会社)

錫の盃やタンブラーで飲むと、お酒の味が格別だ、という話はよく聞く話だ。
本当だろうか、試してみたいが高価なのでなかなか購入まではいかなかった。

体験でタンブラーなどが作れることがわかったので、試してみようと思った。

いろんな模様が打てるような金槌が用意されていた。

写真のようにトントンと金槌で錫器に模様を打ち付けていく。
左手で無地の錫器を動かしながら、右手で模様の入った金槌を打ち付けるわけだが、思ったよりむずかしい。
隙間を開けずに打つことができない。バラバラな打ち方になって、隙間が空いてしまう。また一列が終わって下の列に模様を打ち込むときがまたむつかしい。
職人技とよく言うが、確かにそうだ。何年もの練習と修練がないと、まっすぐ、隙間なく、同じ力で金槌で打つことは簡単なことではないことがよくわかった。

一緒に来た孫にも手伝ってもらった。

トントントン、トントントン、リズミカルに打つのは簡単なことではなかった。

錫は英語ではTin、原子番号50の元素で、元素記号はSn、そう習ったことがあったなあ。
錫は銅との合金である青銅で有名。
青銅器は錫がなかったら存在しなかっただろう。
現在では鉛との合金であるはんだが有名。錫の年間使用量の45%ははんだである。はんだが発明されなかったら、電気製品もできなかっただろう。それほど重要な元素だ。
日本では飲食器として重宝されてきた。神社での瓶子(へいし、お神酒徳利のこと)、水玉、高杯などの神具に使われているそうだ。わたしたちにとっては酒器としてつかわれている方が有名だ。最近にはビアマグやタンプラーなども作られている。
今回の体験でも、ぐい呑、タンプラー、お皿、バングルなどがあった。

器の裏側も忘れずに模様をつけた。
仕上げは大阪錫器の職人さんにやってもらった。
家でビールやハイボールを飲むと、確かに美味しい。角が取れたのどごしだ。
学問的にはその理由は説明できないそうだ。人間の下の微妙なところだろうか。
これから夏のビールがますます美味しくなりそうだ。