錫器 ハルカスで体験

ハルカスで錫器の制作体験があった。

錫器といえば大阪の伝統産業。もらったパンフレットの説明によると、

「錫器の歴史は古く、紀元前1500年前のエジプト王朝の古代都市で錫の壺が発掘されている。
我が国へは約1300年前、遣隋使・遣唐使によって中国から渡来し、宝庫として名高い奈良の正倉院に数点が今の保存されています。
今も、鋳型に鋳込みロクロで挽く、昔ながらの製作方法で一つ一つ丹念に作られています。・・・・」(製造元 大阪錫器株式会社)

錫の盃やタンブラーで飲むと、お酒の味が格別だ、という話はよく聞く話だ。
本当だろうか、試してみたいが高価なのでなかなか購入まではいかなかった。

体験でタンブラーなどが作れることがわかったので、試してみようと思った。

いろんな模様が打てるような金槌が用意されていた。

写真のようにトントンと金槌で錫器に模様を打ち付けていく。
左手で無地の錫器を動かしながら、右手で模様の入った金槌を打ち付けるわけだが、思ったよりむずかしい。
隙間を開けずに打つことができない。バラバラな打ち方になって、隙間が空いてしまう。また一列が終わって下の列に模様を打ち込むときがまたむつかしい。
職人技とよく言うが、確かにそうだ。何年もの練習と修練がないと、まっすぐ、隙間なく、同じ力で金槌で打つことは簡単なことではないことがよくわかった。

一緒に来た孫にも手伝ってもらった。

トントントン、トントントン、リズミカルに打つのは簡単なことではなかった。

錫は英語ではTin、原子番号50の元素で、元素記号はSn、そう習ったことがあったなあ。
錫は銅との合金である青銅で有名。
青銅器は錫がなかったら存在しなかっただろう。
現在では鉛との合金であるはんだが有名。錫の年間使用量の45%ははんだである。はんだが発明されなかったら、電気製品もできなかっただろう。それほど重要な元素だ。
日本では飲食器として重宝されてきた。神社での瓶子(へいし、お神酒徳利のこと)、水玉、高杯などの神具に使われているそうだ。わたしたちにとっては酒器としてつかわれている方が有名だ。最近にはビアマグやタンプラーなども作られている。
今回の体験でも、ぐい呑、タンプラー、お皿、バングルなどがあった。

器の裏側も忘れずに模様をつけた。
仕上げは大阪錫器の職人さんにやってもらった。
家でビールやハイボールを飲むと、確かに美味しい。角が取れたのどごしだ。
学問的にはその理由は説明できないそうだ。人間の下の微妙なところだろうか。
これから夏のビールがますます美味しくなりそうだ。