アイルランドとジャガイモ

 映画「ブルックリン」。20世紀フォックスのホームページから。
山下直子さんの講義で、1950年代のアイルランドから移民した女性が主人公という映画が紹介された。この時代はアイルランドの六人に一人が移民していたと言われる時代だ。
早速ツタヤでレンタルした。はじめにエリス島での移民局の場面があった。
前回私のブログで、本の挿絵で紹介したところとほぼ同じだったのでびっくりした。移民局の許可を得て、ドアを出てアメリカの土を踏むエイリッシュ・レイシー。ドアから眩しいほどの光が溢れ出す。
1950年代のアイルランドの女性の生き方を知る、素晴らしい映画だと思った。

アイルランドとジャガイモ

ベルファストのホテルのそばのコンビニに行くと、ジャガイモのお菓子がいっぱい並んでいた。
日本でポテトチップスと呼んでいるものだが、アイルランドではクリスプスという。
なかでもTAYTO(テイトー)というクリスプスは1954年の発売というから60年以上の歴史がある。
たしかに美味しい。しかし日本では見たことがないお菓子だ。

ジャガイモはよく知られているように、原産地は南アメリカのチリ。コロンブスがアメリカ大陸を「発見」してから、スペイン人たちが南アメリカに上陸し、ジャガイモのことを知ったのが1570年ごろ。ヨーロッパに伝わったが食用としての栽培はなかなか広がらなかった。しかしアイルランドでは1700年代前半にはジャガイモを植えて食用にしていたそうだ。大麦や小麦などの穀物は税金としてほとんど取られてしまったが、ジャガイモは税金で取られることはなく、収穫したものは自分たちで消費することができた。ここからアイルランド人とジャガイモの長い付き合いが始まる。
山下直子さんのお話によると、現在のアイルランドでは8種類ぐらいのジャガイモが売られているそうだ(全世界では4000種というからおどろく)。特にルースターという赤いじゃがいもはホクホク系で人気があるそうだ。

上の写真は松本侑子先生の「赤毛のアンの幸せになる言葉(主婦と生活社)」から。
アイルランドでもこのような風景がみられるのだろう。
ジャガイモは花が咲く。
当たり前のようだが「えっ?」という人も多い。なぜなら「じゃがいもの種をまきました」という言葉を聞かないからだ。かわりに「種芋を植えた」という。そう、小学校の理科で、ジャガイモ地下茎で増え、さつまいもは根っこで増えると習ったことを覚えている。
ジャガイモ畑には種をまくのではなく、種芋を植えているのだ。

「赤毛のアン」のマシューとマリラはスコットランド系の移民で、ケルト的な文化を背景に持っている。そのことは「赤毛のアン」を翻訳されている松本侑子先生がよくおっしゃっている。
ここではジャガイモのことに焦点を当てると、赤毛のアンシリーズ第3巻「アンの愛情」にはこんな場面がある。

「・・・お手間じゃなきゃ、手を貸して、ジャムを配膳室にしまっとくれ。今夜中に、急いで芋を片づけちまうんでね。お嬢さんがたは、こんな仕事はしたことはあるまいね。手が荒れるんで、嫌なんだろ」
「畑を貸しに出すまでは、私もよく種芋を切りました」アンはほほえんだ。
「私なんか、今でもしてるわ」ダイアナが笑った。「先週は3日も」それから茶目っ気たっぷりにつけたした。「そのあとは、毎晩、両手にレモンジュースをぬって、子山羊革のてぶくろをはめるのよ」
(文春文庫「アンの愛情」モンコメリ作、松本侑子訳 P134〜P135)

「赤毛のアン」というと、お茶会や劇や朗読などで楽しんでいる女の子たちのはなし、と思っていたら大間違い。農村で働く女性の姿が上のようにしっかりと描かれている。アイルランドの女性たちも、アンやダイアナのように種芋を何日もかけて切っているのだろう。

上の写真は私の家の近くにある畑で撮った写真。ジャガイモの花だ。この写真はピンクの花だが白い花も咲いていた。
大阪でもジャガイモの花は咲く。しかし松本侑子先生の写したプリンスエドワード島のように一面に咲く、ということはない。

左の本は私がジャガイモとの花と実について興味を持つきっかけとなった本。
私のブログでも以前紹介した。
この本のねらいは小学生たちに「花と実によって植物は広がっていった」という基本に気づかせるために書かれている。
ジャガイモも花が咲き、実がなり、種ができる。その種からジャガイモを育てることができる、という事実に着目している。
山下直子さんのお話に「ジャガイモは全世界で8000種ある」というのも、ジャガイモの種から育てて、品種改良をしてきたから、8000もの多種多様なジャガイモができたという歴史があるからだと思う。
新しい品種を作るには種がいる。いったん新しい品種ができると、あとは種芋で増やすことができる。種芋だからクローンのようなもので、同じ性質を受け継いでいる。だから病気になると、全体にひろがってしまう。それがアイルランドのジャガイモ飢饉の原因の一つだろうと言われている。
山下直子さんのお話では、今はアイルランドでは8種類のじゃがいもをお店で見ることができるそうだ。多様な品種があれば、一つが病気になってもあとは大丈夫というわけだ。これもジャガイモ大飢饉で学んだことの一つだと思う。
 ヨーロッパでジャガイモが広がるのに時間がかかったように、日本もそうだった。「ジャイもの花と実」の本にも説明がある。日本にジャガイモが入ってきたのは、豊臣秀吉が死んだ年、1589年のことだと言われている。しかし日本でもジャガイモを食べ物と考えなかったようで、1783年の大飢饉のときに栽培がひろがってきたそうだ。しかし本当に日本で広く栽培されるようになったのは明治時代になってからだそうだ。アメリカやヨーロッパから新しいじゃがいもの品種が入ってきて、その作り方が知られるようになってはじめてたくさん作られるようになったという。たとえば北海道の男爵いもは、川田龍吉男爵によって広がったと、山下直子さんのお話にあった。男爵いもは「アイリッシュ・コプラー」いう品種だそうで、ここでもアイルランドとのつながりがあった。

アイルランドでいただいた食事はどれもおいしかった。
肉も、魚も、野菜も、デザートも。
左はランチでいただいた煮込み料理。シチューといっていいのだろう。
ジャガイモのスープや、マッシュポテトのサラダなど、ジャガイモ料理もふんだんにあった。
山下直子さんのお話では、アイルランドでは料理に合わせてジャガイモの種類も変えるそうだ。日本人がお米はコシヒカリやササニシキなど、お米そのものの味を楽しむように、アイルランドの人はジャガイモの味の違いがわかるのだろう。
時間を見つけて、アイルランドの料理を作ってみたいものだ。