秋のグリーン・ゲイブルズ

以前に、松本侑子さんの主催する赤毛のアンツアーに一緒に行った人から、上のようなオンラインツアーの取り組みの紹介があった。

講師は上記写真の左から二人目の人、増田かつ江さん。この人は私達の赤毛のアンツアーでもガイドをしてもらった人。松本侑子さんの知り合いで、赤毛のアンの大ファンそうだ。
秋の風景の中にあるグリーン・ゲイブルズが見たくって、このオンラインアカデミーに申し込んだ。
以下の写真はオンライン上のものをカメラでうつしたもの。増田さんに問い合わすと、現地の了解ももらっているのでブログで使っても良い、ということなのでここで使わせていただく。

グリーン・ゲイブルズの部屋の中から外を望んだところ。
窓枠の赤いお花、ガラス越しに見える庭、差し込んでくる朝の太陽の光は、私達が行ったときのことを思い出させる。

2020年10月9日、朝9時過ぎのグリーン・ゲイブルズ。 パソコンの画面なのですこし歪んで見えるが、青空と白い雲は秋の空だ。
私達がグリーン・ゲイブルズに行ったときは6月だった。アンの部屋は2階にあり、東向きに窓がある。
朝日が窓に反射してキラリと光るところを私はカメラで撮そうと苦労したことを思い出す。
この日の大阪は台風の影響で雨が降り続き、鬱陶しい感じだったが、プリンスエドワード島の青空を見て心も晴れてきたように感じた。
日本とプリンスエドワード島の時差は12時間。このオンラインアカデミーは午後9時からはじまったが、プリンスエドワード島は朝の9時だったのだ。

アンの部屋。
袖がふくらんだ赤い服など小説「赤毛のアン」の世界を再現している。

増田かつ江さんの話によると、プリンスエドワード島も新型コロナウイルスの影響で例年の観光客の9割減だそうだ。コロナの感染者は61人。入院者や死者はゼロ。感染拡大防止に全力をそそいでいるのが想像できる。

これは台所にある薪ストーブ。暖房のためだけではない。お湯を沸かしたり、パンを焼いたり、アイロンを温めたり、一台で何役もするすぐれものの薪ストーブ。
現在NHKで「アンという名の少女」が放送されているが、そこでもこの手の薪ストーブが登場する。私はどのようにして小麦粉からパンに仕上げていくのか、このストーブをどのように使ってパンに焼き上げるのかを知りたいと思っていたが、ズームの機能がうまく使えないので、質問できなかったのが残念だった。

プリンスエドワード島は木々に花が咲き、色とりどりの花が咲き誇っている。
私達が行ったのは6月というのに、季節外れの寒さで、花はほとんど咲いていなくて
モンゴメリーさんのお墓の前は黒い土だけだった。上の左の写真はモンゴメリーさんのお墓。今は秋の草花で飾られている。やっぱりこうじゃなくっちゃあ。

世界中が新型コロナウイルスの影響で下を向きがちだが、グリーン・ゲイブルズの青空を生中継でみると、少し元気が出てくる。

モンゴメリー公園にある、赤毛のアンの作者モンゴメリーさんの像。最近できたそうで、私達がカナダに行ったときにはなかった。
赤毛のアンの時代には、私達が当たり前のように使っている電気はなかった。水もそうだ。しかしアンの生活はなんと豊かだったのだろう。アンという人間の心の豊かさがその世界をつくったのだろう。そのことを感じさせるのが小説「赤毛のアン」なのだと思う。
日本を遠く離れて仕事をされている増田かつ江さん、アイルランドの山下直子さん(山下直子さんもこのオンラインアカデミーに参加かされていた)、そのたくましさに私はとても励まされる。ありがとうございました。
さあ台風も過ぎ去ったし、がんばらなくっちゃあ。

 

 

 

翻訳ってなんだろう

枕草紙の英訳を読んでいたとき、図書館で左のような本を見つけた。
これは英文を日本語に翻訳するときの苦労や考え方を書いた本だった。

その中に「赤毛のアン」の英文について書かれている章があった。

「赤毛のアン」の日本語の翻訳本は数種類のものがある。
私は古くから有名な村岡花子さんの訳と、最近有名な松本侑子さんの訳の「赤毛のアン」を読んでいる。

本当はモンゴメリーの原文を読めばいいのはよくわかっているが、なかなか手ごわい。原文は買っているが、読み切れていないのが実情。

この「翻訳ってなんだろう」の著者・鴻巣友季子さんは、NHKの100分で名著の放送「風と共に去りぬ」で知った人。

第1章に「モンゴメリ『赤毛のアン』ー『小難しい言葉』を訳すと、『アンの屈折』がわかる」と題して解説がある。
その例文は、

“Oh, I’m so glad she’s pretty. Next to being beautiful oneself – and that’s impossible in my case – it would be best to have a beautiful bosom friend.
When I lived with Mrs.Thomas she had a bookcase in her sitting    room with glass doors.    
There weren’t anybooks in it; Mrs. Thomas kept her best china
and her preserves there – when she had any preserves to keep.     One of the doors was broken.  Mr.Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated.  But the other was whole and I used to pretend that my reflection  in it was another little girl who lived int it. I called her Katie Maurice, and we were very intimate.  I used to talk to her by the hour,   especially on Sunday,  and tell her everything Katie was the comfort and consolation of my life.
(第8章より)     

有名な「腹心の友(bosom friend )」の解説もあるが、そこは省いて、
「Mr.Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated.」と、最後の
「Kate was the comfort and consolation of may life. 」の説明が勉強になった。

ぶち壊したのか? 割ってしまったのか?

smash という単語を見ると、「粉々に打ち砕く」というイメージが私にはある。
本では次のような説明があった。
「わざと叩いたり壊したり落したりしたのか、うっかりの過失なのか、一文だけ読んでもわからない。トマスさんが故意に叩き割ったのか、ぶつかった拍子に割れてしまったのか、前後の文脈で判断することになります。」

その時のトマスさんの様子は、he was slightly intoxicated. と表現されている。

「翻訳者にとって大事なのは、言葉の裏にひそむ真実をあばくことではなく、まずこのときのアンがどのように語っているかを忠実に写し取ることなのです。
slightly  intoxicated ですから、「ほんのり」「かすかに」ということですね。
intoxicated は,「酔った状態」を表します。お酒や薬物であれ、あるいは恋愛感情であれ、なにかにあてられてぼうっとなっている状態です。この表現から暴力性や悪質さは感じ取れません。・・・・intoxicated はもともと「毒を盛る」という意味の中世ラテン語に由来する単語です。英語の中でもラテン語に由来する単語はだいたい観念的、抽象的な語で、少々上等な響きがあります。
アンの台詞とするなら、『ちょっと酩酊したっていうか』という感じでしょうか。いずれにしろ、「ほろ酔い」「一杯機嫌」「ちょっと出来上がって」ぐらいの状態です。」

なるほどなあ、本の翻訳というのはラテン語までさかのぼって、その単語の雰囲気まで知っていないといけないのだなあ、と感心する。

The comfort and consolation

comfort も consolation も私にとってはあまり馴染みのない言葉。
辞書を見ると、comfort ・・・心の安らぎ(をもたらすもの、人)
consolation ・・・慰め、慰めとなるもの 
とあった(オーレックス英和辞典による)

本の解説によると
「2語ともラテン語からフランス語を経由して英語に入ってきた単語です。また、接頭辞が com と con で韻を踏んでいる点にも注目しましょう。これは頭韻といい、英語ではとても詩的な効果を発揮するものです。・・・・ 小さな部分ですが、定冠詞のthe にも目を向けてください。the は comfort の前にあって、 consolation の前にはありません。ということは、この二単語でひとまとまりということです。・・・・
聖書の詩篇119編50節には、こんな下りがあります。

This is my comfort and consolation in my affliction : that Your word has
revived me and given me life.

苦悩のさなかでさえ、これがわたしの安らぎと慰めとなっている。主の御言葉が私を生き返らせ、息吹を与えてくださることが。

the comfort and consolation というのは、熟語というほどではありませんが、ある程度、決まった言い回しでしょう。アンも聖書か何かで覚えたのだろうと思います。・・・・聞きかじりの文言をちよっと意識している感じ。アンの頭の中では、言葉に出さずとも、まさに詩篇の「苦悩のさなかにあってさえ」「わたしを生き返らせ」という言葉が響いていたかもしれません。ずばり詩篇からの引用でないにしても、the comfort and consolation が必要なところには、必ず苦悩や苦しみがあるものです。この言い回しからも、明るく元気なだけでないアンの屈折が感じ取れるかと思います。」

なるほどなあ、とまた思わずにはいられない。アンの言葉遣い、使っている単語からアンの暮らしてきた生活や性格がわかってくる、そんなものかなあと思うが、作者モンゴメリの思いや意図は確かにあっただろうなあと思う。

この部分を松本侑子さんの訳で見てみよう。

ああ、ダイアナが美人で嬉しいわ。自分がきれいなのがいちばんいいけど、私は無理だから、次にいいのはきれいな腹心の友がいることだわ。そういえばトーマスさんの家には、居間にガラス扉の本棚があって、本は一冊もなかったけど、上等な食器と砂糖漬けがしまってあったの、もっとも、砂糖漬けが残っていればだけど。扉は片方、壊れていたの。ある晩、おじさんが酔っぱらって割ったのよ。残りの一枚は無事で、そのガラスに映る自分を、本棚の中に住んでいる女の子だということにしていたの。ケイティ・モーリスといって、とても仲良しだったわ。何時間でもおしゃべりしていたのよ、特に日曜日にはね。ケイティには何でも話したの。ケイティと話すのは楽しかったし、慰められたわ。
本箱には魔法がかかっていて、・・・
 

11歳で少しおませな女の子の様子がつたわってくる。

では村岡花子さんの訳を見てみよう。

まあ、きれいな子でよかったわ。自分が美人なのがいちばんすてきだけれどーそれはあたしにはだめだからー そのつぎにすてきなことは美人の腹心の友をもつことだわ。トマスおばさんのところにいたとき、ガラスのとびらのついた本箱があったの。一枚のとびらはこわれていたけれど、もう一枚のはなんともないのであたし、それにうつる自分の姿を、ガラス戸のむこうに住んでいるほかの女の子だということに想像してケティ=モーリスという名をつけて、とても仲良くしていたの。その本箱に魔法がかかっていて、・・・・

村岡花子さんの訳には、smash や the comfort and consolation の部分は省かれていた。
村岡さんの訳は、子どもが読むことを第一にしているので、省かれている部分も多いといわれているが、これがその例の一つかもしれない。

この『翻訳ってなんだろう?』には、「赤毛のアン」のほかに、
ルイス・キャロルの「ふしぎの国のアリス」、エミリー・ブロンテの「嵐が丘」、エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」、ジョージ・バーナード・ショーの「ピグマリオン」、ヴァージニア・ウルフの「灯台へ」、ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」、グレアム・グリーンの「情事の終わり」、マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」が紹介されている。

「あとがき」に、
「・・・プロの文芸翻訳家をめざす方へ。何度も言ってきましたが、訳文だけ上手くなろうとしないでください。よく読めればよく訳せます。外国語なら、ある段階までは『スキル』を磨くことで『上達』することができますが、母語は技術だけを磨いて『上達』することはできません。思考を深め、視野を広げ、知のバックボーンを築くことで、母語は自然と鍛えられ、豊かになるものだと思います。」

なるほど、人工知能による翻訳は進んでも、母語の大切さはかわらない、ということだなと思った。

 

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 15

三日目 マーク・トウェインと「赤毛のアン」

マーク・トウェインの屋敷はとてもユニークな建造物だった。
内部の写真撮影が禁止されていたので、ここでは紹介できない。
温室や伝声管や、凝った壁紙など楽しい作りになっていた。
本がたくさんあり、松本先生の話によると、
マーク・トウェインは独学で勉強して、蔵書にはテニスンの詩集や当時の有名な作家たちの本を取り揃えていたと言う。

なんと「赤毛のアン」も読んでいて、マーク・トウェインはモンゴメリーに絶賛の手紙を送っている。それには、アンのことを次のように言っている。

the dearest and most moving and most delightful child since the immortal Alice
 
直訳すると、
「かの不滅のアリス以来、最も愛らしく最も感動的で最もゆかいな子」
とでもいう意味だろうか。この言葉は「赤毛のアン」のキャッチコピーとして使われるようになったほどだという。(ウィキペディアより)
ここでも「赤毛のアン」と「マーク・トウェイン」のつながりが出てきた。

屋根のあるところに、馬車がやってきて、右側の入口に人が入っていくようになっている。奥に見えている建物はなんと、馬屋。何頭飼育していたのかは聞いていない。

同じ敷地内にある、マーク・トウェインの資料館。これも地下もある大きなもの。

マーク・トウェインは新型の輪転機の開発に援助をし、その事業が失敗したため、この屋敷を売ることになった。そのあと海外での講演や作家活動でその借金は返すことはできたそうだ。上の写真の左側にある黒い機械がその輪転機らしい。

このレゴで作られた人物が、マーク・トウェイン。右側にショップが見える。

ショップには本を始め、マーク・トウェインにかかわる様々なグッズがあった。ここでも「トム・ソーヤの冒険」や「ハックルベリー・フィン」の本があったのに、日本で買えるからと買わなかった。残念なことをした。

受付のあるロビーの壁には、マーク・トウェインが言ったという警句がいくつか書かれていた。 マーク・トウェインはユーモアのある警句でアメリカ人の好みだそうだ。 写真は、「TRAVEL  IS  FATAL  TO  PREJUDICE 」と書かれている。
「旅は偏見にとって致命的」、つまり「旅をすることによって、自分の偏見をなくしていくことができる」という意味らしい。
原文はもう少し長く、「Travel is fatal to prejudice, bigotry, and narrow-mindedness.」
「旅は偏見、頑固、偏狭をなくさせる」と言う意味だそうだ。なかなか含蓄のある言葉だ。

受付付近に、マーク・トウェインの作品の登場人物の群像があった。
トム・ソーヤーとハックルベリー・フィンがマーク・トウェインの近くにいる。

日本に帰ってきてから「トム・ソーヤーの冒険」を読み直してみた。子どものころに読んでいたのか(自分でも自信がない)大まかな筋は、わかっていた。時代背景などを考えながら読むと、とてもおもしろかった。今でも、十分に少年向きの本になると思う。

でもこの本の訳者あとがきを読むと、マーク・トウェインはこの「トム・ソーヤの冒険」を子ども向けに書いたのではないらしい。
翻訳者の土屋京子さんは次のように書いている。

「アメリカの友人たちに、「トム・ソーヤーの原文って難しいんだね」という話をしたら、「アメリカじゃマーク・トウェインなんてインテリが読むものよ」という答えが返ってきたり、「中学の時に読んだけど、あちこち辞書で調べながらよんだっけ」という答えが返ってきたり。アメリカ人にとっても、マーク・トウェインは難しいらしい」

「今回、翻訳者としてThe Adventures of Tom Sawyer の原文と向き合ってみたら、「痛快ないたずら小僧の物語」だけでない側面が見えてきた。主人公トム・ソーヤーは12歳かそこらの少年であるが、その冒険を語るマーク・トウェインの筆致は完全に大人に向けたもので、読み手の知性を試すがごとき格調高い文章なのである」

なるほど、では「ハックルベリー・フィンの冒険」はどんな本なのだろう。私は「トム・ソーヤの冒険」は読んでいたが、「ハックルベリー・フィンの冒険」は実は読んでいなかった。