ガリバーと踏み絵 2

今回は左の角川文庫の「ガリバー旅行記(山田蘭訳)」のものと、
「集英社ギャラリー 世界の文学2 イギリス1」にある「ガリバー旅行記(中野好夫訳)」を見てみよう。

この2冊にはどのように「踏み絵」の部分が載せられているのか、前回の岩波文庫と同じ場面を比べて見ることにした。

スウィフトが「ガリバー旅行記」を出版したのが1726年だが、この時スウィフトは59歳だった。スウィフトはこのあと病気が発病し、77歳でこの世を去っている。

そしてもうひとつ、ラグナダ国王このご厚情に免じて、わがオランダの同胞に課せられるという踏み絵の儀式だけはどうかご勘弁をいただきたい。(角川文庫)
 
いま一つ是非お願いは、わが庇護者なるラグナダ王の名前に免じて、どうかわが同胞たちに課せられる、あの十字架踏みの儀式だけは免除していただきたい。
(集英社ギャラリー 世界の文学2 イギリス1)

「踏み絵」のことが初めて出てくるところ。
角川文庫版では「踏絵の儀式」と訳され、集英社ギャラリー版では「あの十字架踏みの儀式」となり、「踏み絵」という言葉は出てこない。しかし「十字架踏みの儀式」とかかれ、具体的な内容が想像できる訳となっている。

あの国の人間がそんなことを気にするのは初めてだ。本当におまえはオランダ人なのか、それどころか、もしかしたらほんもののキリスト教徒なのではないか。
(角川文庫)
 
わがオランダ人でそんなことを気にしたのは其の方が実にはじめてである。してみると果たして其の方は本当にオランダ人であるのか、甚だ怪しくなってきた。むしろ其の方こそ真実のクリスチャンに相違ないとの気もするのだが。
(集英社ギャラリー 世界の文学2 イギリス1)
 
将軍がガリバーはキリスト教徒ではないかと疑うところ。
あやしんだけれど、ラグナダとの関係を保つために将軍はガリバーの言い分を飲み込む。
 
法をまげるのではなくて、役人がうっかり忘れたふりをして、巧妙に抜け道を作るようにとの命令だ。もしこの秘密がオランダ人仲間に漏れてしまったら、船の上で首をかき切られるかもしれないから。(角川文庫)
 
だがそれはよほど事を巧く運ぶ必要がある。で、役人たちには、いわばボンヤリしていて我輩を見逃してしまったというていに計らうよう、命令しておこうという話だった。というのは、ものこの秘密が我が同胞オランダ人にでも知れようものなら、彼らの航海中にきっと吾輩の寝首を掻くくらいはやりかねないからというのであった。(集英社ギャラリー 世界の文学2 イギリス1)
 
日本の役人がガリバーの踏み絵のことをうっかり忘れていた、というように取り繕えるように指示をだしておく、ということなのだろう。しかしオランダ人同士なのに踏み絵をしていなかったら首を切る、というのは物騒な話だ。
 
いよいよ出発が近づいてくると、わたしが前にも述べた例の儀式をすませたかどうか、乗組員たちがしきりに訊いてくるので、皇帝に対しても、宮廷に対しても、何ひとつ遺漏のないよう片づけた、ごくあたりさわりのない返事をしておいた。ところが、とある底意地の悪い舟付き給仕が役人のところへ行き、わたしがまだ踏み絵をしていないと密告してしまったらしい。もっとも、役人のほうはわたしを免除するよう指示を受けていたので、このろくでなしは竹の鞭で肩を20回打たれるはめになったという。おかげで、その後はそんな質問を受けることもなくなった。(角川文庫)
 
船に乗る前に、吾輩は何度も船員たちから例の儀式をやったかと聞かれた。だがそれは吾輩、なに皇帝ならびに宮廷関係の方は、むろんあらゆる点で納得の行くようにしてきたといったような、せいぜい当たらず障らずの返事でごまかしておみたが、実はこの船長というのが実にいやな奴で、わざわざ役人の所へ出かけて行って、吾輩がまだ踏絵をしていないことを言ったのである。だが、役人の方では、もうちゃんと我輩を通過させるよう指令を受けていたあとだから、かえって船長の方が肩口を20ばかり竹の棒で殴られたような始末だった。おかげで、その後は二度とこの種の質問に悩まされことはなくなった。(集英社ギャラリー 世界の文学 いぎりす2)

しつこくガリバーが踏絵をしたかどうかが船員の中で話題になっている。

ところで役人に密告するのが訳によって違っている。

前回の岩波文庫では「質(たち)の悪いボーイ」

角川文庫では「底意地の悪い舟付き給仕」

集英社ギャラリーの世界の文学では「船長という実にいやな奴」

左は図書館に並んでいる「集英社ギャラリー 世界の文学 イギリス1」の本。

翻訳によって、ボーイなのか舟付き給仕なのか、はたまた船長なのか、違いが大きい。
これは原文の英語を見るしかないなあと思い、図書館にある英語の「ガリパー旅行記」を探すことにした。
調べたことは次回のブログに書くことにしよう。

ところで「踏み絵」はいつ頃日本で始められたのだろう。
ネットで調べてみると、「1629年に踏み絵を導入」という記事があった。
1603年に徳川家康が征夷大将軍になる。
1612年に家康が「キリスト教禁止令」をだしている。
1624年スペイン船来校禁止
1637年天草・島原の乱
1639年ポルトガル船入国禁止
というように日本は「鎖国」状態になっていく。
その目的の一つに「キリスト教禁止」があったことはまちがいない。

この日本の様子は1645年にオランダで出版された「日本大王国史」に書かれている。そこには武士の切腹やキリシタンの拷問にも触れられていると言う。
また1700年頃に出された「地理学体系」(ロンドンで出版)には、「オランダ人が踏絵をしている」ことも書かれているそうだ。
こういった事実をスウィフトは知っていて、ガリバー旅行記に踏み絵のことを載せたと推測される。

さて、ガリバーは踏み絵をせずに日本を出発したことがこれでわかった。
次は原文でどのように書かれているのかを調べてみたいと考えている。

 

 

 

 

点字と江戸川乱歩とビブリア古書堂③

「ビブリア古書堂の事件手帖第4巻」は、江戸川乱歩作「二銭銅貨」の点字記号の間違いを材料にした小説で、そのことがきっかけに私は「二銭銅貨」の点字について調べてきた。
これまで「岩波文庫」「新潮文庫」「講談社文庫」をみてきたが、今回はそれ以外の文庫本について書いてみたい。

これは文春文庫の
「桜庭一樹編 江戸川乱歩傑作選 獣」。
奥付には、
2016年2月10日 第1刷
と書かれている。

編者の桜庭一樹さんは「編集解説」のなかで、参考文献として
「江戸川乱歩全集第28巻 探偵小説40年(上)」(光文社文庫)
「江戸川乱歩全集第29巻 探偵小説40年(下)」(光文社文庫)
「新版 横溝正史全集第18巻 探偵小説昔話」(講談社)所収 「『パノラマ島奇談』と「陰獣」が出来る話」
をあげられているが、「二銭銅貨」の出典についてはわからない。
また「解題」として新保博久さんの文章がおさめられているが、「二銭銅貨」の点字については触れられていない。

点字の部分を写すと、下の表のようになった。星印は濁音符と書かれていたところを、小さくて書けなかったので星印で濁音符を代行している。

「チャ」「チュ」「チョ」「シャ」「シュ」「ショ」の拗音は正しくかけている。

文春文庫の暗号文は左のように改行されてはいなくて、つながって書かれている。私が書き写す時に左の形式にした。書いてみると、正しい拗音をあらわすように、点字の正しい配置で訂正されていることがわかった。

これは「講談社文庫」とおなじである。漢字の間違いもない。

 

ただ惜しいのは、
「チャ」が「チ」「ヤ」
「チョ」が「チ」「ヨ」
「ショ」が「シ」「ヨ」
と記されていることだ。
点字二つ分で一つの拗音が表されているのだから、
「チ」「ヨ」と並べるのではなく、「チョ」と書けばいいと思う。講談社文庫がそうであったのだから。
文春文庫は昭和36年の訂正が反映されているといえる。

**************************************

これは「角川文庫」の
「江戸川乱歩 D坂の殺人事件」
奥付を見ると、
平成28年3月25日 初版発行
平成29年4月30日 第10版発行
となっていて、2016年、2017年と一番新しい。
一番最後のページに
「本書は、小社より刊行された角川文庫『一寸法師』(1973年6月刊行)、『黄金仮面』(同年7月刊)、『地獄の道化師』(1974年6月刊)の収録作を底本としました。・・・(略)・・・・今日の人権擁護の見地に照らして、不当・不適切と思われる語句や表現がありますが、作品発表当時の時代的背景を考え合わせ、また著者が故人であるという事情に鑑み、底本のままとしました。(編集部)」
と書かれている。訂正された本は昭和36年、1961年に出版されているから、底本とした本はすべて訂正後の出版と考えていいだろう。

 

これはこれまでの点字文と全く違っている。最初の部分だけを、本文の表記に合わして拡大して書いてみると下のようになる。

よく見ると、点字の部分が縦3点✕2列の部分が左右入れ替わっている。
左から「南無阿」「弥陀仏」と縦に並ぶはずのものが、「弥陀仏」「南無阿」となっている。
「二銭銅貨」の本文には、
「今、南無阿弥陀仏を、左から始めて、三字ずつ二行に並べれば、この点字と同じ配列になる。南無阿弥陀仏の一字ずつが、点字の各々の一点に符合するわけだ。・・」
とあるが、この図では左から「南無阿弥陀仏」とはなっていない。これでは原文と逆の表示になっている。
実はこの図の点字は、点字を打つ時の凹面の表示になっているのだ。
もしそのつもりで図を作成するなら、文字の配列は右から左へと書いていかなくてはならない。結局のところこの図は原文の示す点字図にはなっていない。

原文にある暗号文は、文春文庫と同じであり、正しい。
角川文庫では、文春文庫と同じように、ずらずらとつめて書いてあるが、その内容は正確だった。
しかし、点字文が凹面の表示になっているとして考えて、点字を判読して見ると、
拗音の「チョ」「チャ」「シャ」となるところが、
「チ」「ヨ」、「チ」「ヤ」、「シ」「ヤ」と拗音表記になってはいない。
暗号文では「拗音符」を表す「4の点」、「南無阿弥陀仏」では「弥」が書かれているのに、点字文では全く無視されているかのようである。
さらに最後の「ショ」が、仮に「シ」「ヨ」だったとしても、そう書かれていない。
読むとしたら「シ」「ル」としか読めない。ここには点字表記の間違いもあるようだ。
一番新しい本なのに、間違いが一番多いように私には思える。

**************************************

最後にインターネット上にある「青空文庫」の「二銭銅貨」を見てみよう。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001779/files/56647_58167.html

まず暗号文を見てみよう。

小さくてわかりにくいが、私が調べたところでは、暗号文は間違いない。講談社、角川文庫、文春文庫の内容と同じ(文春文庫、角川文庫は上のような書き方で縦書きになっている)。

暗号文を点字で解読したものが上の表。 前の部分を拡大してみる。

拗音が正しく表記されている。
「チョ」「ショ」「チャ」「ショ」の全てが正確に点字で書かれている。

最後に底本等のことが書かれている。

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社
   2004(平成16)年7月20日初版第1冊発行
底本の親本:「江戸川乱歩全集 第一巻」平凡社
   1923(大正12)年4月
*底本は、物を数える際や地名などに用いる「ケ」(区点番号5−86)を、大振りにつくっています。
*暗号を解いた結果の表は、入力者が底本をもとに作成しました。
入力:砂場清隆
校正:湖山ルル
2016年1月1日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫で作られました。入力、校正、制作にあたってのは、ボランティアの皆さんです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ボランティアで作成された「二銭銅貨」は、江戸川乱歩の訂正された作品を正しく伝えているのではないだろうか。
 ただ、くりかえしになるが、点字の拗音は点字2文字分を使って書かれているので、「チ」「ヨ」とマスで区切るのではなく、間の枠を取って、2文字分のスペースにして「チョ」と書けばさらに点字らしくなると私は思う。

思いの外、本を調べるのに長い時間がかかってしまったが、江戸川乱歩作「二銭銅貨」には、訂正されたはずの点字が今も変わらずに出版されている文庫本が多いことがわかった。文庫本以外にハードがバーなどの江戸川乱歩作「二銭銅貨」の本があると思うが、今回は文庫本について調べてみた。
一旦ここで終了としたい。