松下幸之助創業と起業の地

環状線お散歩フォトの続き

西九条駅を出発した「お散歩フォト」は、野田阪神で解散したが、最後に写真を撮ったところが、今回のブログの題にある「松下幸之助創業の地」の碑。

野田阪神駅付近から西野田工科高校の方に向かって歩いていくと、
商店街の喫茶店にこんな表示が。

ここは「大開公園」。幼稚園がそばにあるので、園児さんが遊び、保護者の人たちが談笑している。春になると「のだふじ」で、辺り一面が紫色になるのだろう。それが喫茶店のボスターに表れている。

松下幸之助さんの字なのだろう。

「自分には
自分に与えられた道がある 広い時もある
せまい時もある
のぼりもあれば くだりもある
思案にあまる時もあろう
しかし 心を定め
希望をもって歩むならば
必ず道はひらけてくる
深い喜びも
そこから生まれてくる

   松下幸之助」

 

この碑の説明を見ると、

  記念碑「松下幸之助 創業の地」由来
       松下幸之助氏:1894.11.27 〜 1989.4.27 和歌山県海草郡和佐村出身   この地大開は、松下電器産業株式会社の創業者 松下幸之助氏が大正7年(1918)3月7日、同社の前身「松下電器器具製作所」を創立した創業の地です。のちに経営の神様と呼ばれ世界中にその名を馳せた松下幸之助氏は23歳の若さで配線器具の製造・販売を始め、昭和8年(1933)に門真市に移転するまでの15年余をこの地で過ごし、事業の進展とともに逞しく大開から巣立っていきました。  松下幸之助氏は大開の人情や風土に育まれ、大開小学校の保護者会会長や大正14年(1925)には区会議員に当選するなど、文字どおり大開の一員として充実した日々を過ごしました。松下電器の業容の発展に伴い移転を余儀なくされたものの、終生本籍をおいていたことが物語るように大開きは同氏ときわめてゆかりの深い土地であります。

なるほど、ここは由緒ある場所だとわかる。

公園のそばにある西野田工科高校。そのフェンスに「創業の家 跡」という案内板がかけられている。高校の道路向かい側に、その「創業の家」があったそうだ。
今は全く別の人の家が建っている。なんとなくその時代の雰囲気を感じる・・・。

 

東成区・猪飼野にある「松下幸之助起業の地」

上の写真は、地下鉄「今里駅」の構内にある、付近を案内地図。 ここに「松下幸之助起業の地」と書かれた場所がある。
以前に行ったことがあるのだが、大開の「松下幸之助創業の地の碑」を見たので、きちっと写真に取っておこうと思い、出かけることにした。

1番出口から東成図書館、区民センター、ライフを目印にして少し歩くと、

幾つか案内板がかけられている。その地図に従って、住宅道路を進むと、

何か立て看板、案内板が見えてくる。

お寺の入口に「此付近 松下幸之助起業の地」と書かれた石碑が建っている。

そばの説明板には

此付近 松下幸之助起業の地

旧地名 大阪府東成郡鶴橋町大字猪飼野1399 1400番地
現地名 大阪市東成区玉津2丁目7および14

松下電器産業を興し「経営の神様」と称された故・松下幸之助氏(明治27年〜平成元年)は現・和歌山市の生まれ。
9歳で母のもとを離れて大阪に出、丁稚奉公を経て15歳で大阪電灯株式会社の配線工となりましたが、大正6年22歳の時、自ら考案した「松下式ソケット」を事業化するため会社を退職、この場所で独立の一歩を踏み出しました。
 4畳半と2畳の借家の小さな工場で、幸之助夫妻と義弟の井植歳男氏(後の三洋電機創業者)が工夫と努力を重ね、多くの困難を乗り越えて、やがて世界的大企業とする基盤はここで培われたのです。 
 東成・生野(旧・猪飼野)は古代から先進的な技術者の集まった土地で、この地の「もの作り文化」は現代にいたるまで数々の独創的な企業を生み、大阪の経済発展に大きな役割を果たしてきました。
幸之助氏がここで業を興したのも、東成・生野の地に新しい産業を受け入れるだけの、多くの先人が耕した豊かな土壌があったからにほかなりません。

 本年は松下幸之助氏の生誕110年に当たります。
この偉大な企業家をこの地域の「もの作り文化」の象徴・わが町の誇りとして、起業の地に顕彰碑を建立いたしました。

            平成16年11月
                  「松下幸之助起業の地」顕彰会

 

インターネットなどで調べてみると、
碑文にあるように大正6年6月にこの猪飼野の地で、電球ソケットの製造・販売を開始している。経営が軌道に乗った1918年(大正7年)に、大開に住居兼工場を構え、「松下電器器具製作所」を創業したそうだ。

つまり、松下電器・パナソニックは、猪飼野で仕事を始め、大開で「松下電器器具製作所」を旗揚げしたことにより、現在に至っているのだ。

環状線お散歩フォトで、大開にある「松下幸之助創業の地」の「記念碑」をみたことから、猪飼野にある「松下幸之助起業の地」の記念碑に広がった。これもおもしろいことだなあ、と思うとともに、記念碑のようなものがあることが、地元に人たちにとって過去と現在をつなぎ、未来へ展望できるきっかけになるのだなあと考えることができたお散歩フォトだった。