青島・蘇州の旅 20

飛行機の中で1時間待ち

IMG_1511

IMG_1524 IMG_1521

IMG_1515

やっと雨が止む。蘇州を離れる日に雨が止むなんて、、、。

マリオットホテルの朝食もこれが最後。
ずっと飛行機の旅になるので、今回も朝食は控えめに。
関空への直行便なので、上海浦東国際空港に向かう。バスで約2時間半の道のり。

IMG_1526

IMG_1528IMG_1529

トイレ休憩。 ここはどういう場所なのだろう。
売店もトイレもあるが、私たち以外のバスは停車していない。
遠くに高層ビルが煙って見える。中国の広さを実感する。

IMG_1536 IMG_1546

IMG_1542

ここは上海浦東(シャンハイプードン)国際空港。
世界で一番大きい空港ではないか、という声も聞かれる(貨物取扱量は世界第3位)
私たちが乗る搭乗ゲートはD84。搭乗口が84番だから相当な数だ。
いったいいくら搭乗口があるのだろう。

IMG_1550

IMG_1548 IMG_1547

上海12時20分発、関空着が15時15分の予定。
飛行機に乗り込んで「あと2時間半で日本に帰れる」と思っていたら、機長からのアナウンス。
「梅雨前線の影響で日本までの上空の大気の状態が悪く、管制塔からの離陸のサインがでません。」
「えーっ!!」
「離陸の許可が出るまで、飛行機内でお待ちいただくことになります。こういったことはよくあることです。ただ1時間になるか、2時間になるか、それはわかりません」
「えーっ!!」

全日空の飛行機で、乗客の大半が日本人。状況が機長から説明されると納得。静かにテイクオフを待つ。
そういえば、ドイツからの飛行機もそうだった。あの時は滑走路の凍結で1時間以上も飛行機内でまった。

IMG_1563

帰りの全日空の飛行機では、テレビを見ることができたので何を見ようかとさがす。
フライトは2時間以上あるが、上映時間がそれほど長くなく、日本語字幕があるか、日本語吹き替えのもの、そして日本でもまだ封切られていないものを探す。

あった、これだ。

「ザ・ブリザード」(原題: The Finest Hours)2016年の作品。1952年に起きたアメリカ沿岸警備隊によるタンカーの救出を映画化したもの。実話というのがインパクトがあった。ホントにこんなことがあったのか?嵐で警備隊の羅針盤が吹っ飛んでも救出にいくことにびっくりした。ラストの自動車のヘッドライトの列が灯台のかわりになるという、お決まりの場面かも知れないが、エンターテイナーの王道をいくような映画だった。

IMG_1560

飛行機は1時間遅れで上海を出発。
フライトは問題もなく、1時間遅れのまま関空地到着。
青島・蘇州の旅も終わった。

「馬の骨」の語源は?

IMG_20160731_0001

家へのおみやげは「紹興酒」と写真の雨ガッパ。
蘇州の町を走っている自転車、バイクのほとんどが上のような雨ガッパを装着している。ヘルメットの上からもかぶれるフードがつき、前の荷物置き、足元をしっかりとカバーしてくれる。現地のガイドさんに聞くと、地元のスーパーに置いてあるということなので、帰るまでの間に買ってもらうことを頼んだ。値段は50元だった。中国での生活物資は日本より安いのかもしれない。ところでこの現地ガイドさんは蘇州大学日本語学科の卒業生。笑顔がステキな人だった。

さて青島・蘇州の旅もこれでおしまいだが、私が中国で聞いてみたいことが一つあった。それは「馬の骨」。

以前に「馬の骨」の語源をインターネット上でいくつか読んだことがある。
自分流に要約してみると、

*****************************

語源は、中国。
「役に立たない物の代表」として「一に鶏肋・二に馬骨」と言った。
「鶏肋(けいろく)」とは鶏の肋骨のことで、小さすぎて役に立たない事を意味し、
逆に「馬骨」とは、何の役にも立たず、その上に大きすぎて処分に困るということで、
役に立たず、だれにも必要とされない者を表すようになったという。
そして、「大人ではあるが、成長過程や職業がわからない」と言った意味にも使われるようになり、漢字の「骨」には「人柄(ひとがら)」という意味もあるために、「馬の骨」は現在のような意味に変化した。「馬」の他に身近にいた動物として「牛」も居たため、「牛の骨」といわれた事もあっという。

日本でこの「馬の骨」「牛の骨」という言葉が使われ始めたのは1600年代から1700年代で、江戸時代に現在のように「馬の骨」のほうが定着した、と書かれている資料もあるらしい。

****************************

IMG_6709

(写真は、「紅いコーリャン」の撮影ロケ地にいた観光用の馬たち。サラブレッドのような大型の馬ではない。)

これを読んで、私は「ほんとうかなあ、語源は中国?」と思った。いくつか疑問がわいた。それでは、中国では今でも「馬の骨」と言う言い方をしているのだろうか、ということが一番知りたくなった。
中国のことわざみたいなものの中に、「馬の骨」はあるのだろうか。
中国の辞書に「馬の骨」はのっているのだろうか。
中国の若者は、日本と同じ意味で「馬の骨」という言葉を使っているのだろうか。

中国の大学で日本語を教えている先生たちに聞いてみた。

先生の持っている電子辞書にはのっていないみたいだ。(日本語の中国語訳はあるが、中国語としてはのっていない)
中国に滞在している間に、「馬の骨」という言い方は聞いたことがない。
学生が「馬の骨」という言い方をしているのを聞いたことはない。

という返事だった。日本のようには一般的には使われていないようだ。
でも、中国の大きな辞書にはのっているのだろうか。
年配の人達の語彙に「馬の骨」はあるのだろうか。
まだまだ疑問がわいてくる。
大学で教えている先生にも、機会があれば調べてほしいことを伝えた。
いつか中国の人と話すことがあれば聞いてみたいものだ。

IMG_20160725_0003左は中国に行く前に知らなかった司馬遼太郎さんの本。
行く前に読んでいたら、、、また思ってしまう。
蘇州のことが書かれていた。
中国と日本とは2000年以上もつながりのある関係。

日本人講師の人の話では、学生たちは日本のアニメが大好きだそうだ。大学を案内してくれた学生も、日本人映画俳優が大好きと言っていた。
将来は、日系の会社に努めたい、できれば日本で働きたい、何か大学で学んだ日本語を生かして働きたいと思っているという。
そのモチベーションが、大学で日本語を学んで、卒業するときには日本語で卒業論文を書くまでに能力を伸ばす。それに関わる日本人講師の努力ももちろんある。
これからも草の根の友好が大切だと実感した、私にとって、とても貴重な旅だった。

 

 

 

 

 

青島・蘇州の旅 19

蘇州大学  日本語劇

IMG_1463

蘇州大学主催の交流20週年のレセプション。 紅い横断幕には日本流に言えば「熱烈歓迎・・・」と書かれているようだ。
副学長は女性で、その副学長の挨拶から始まり、20年前に日本語の教科書づくりに努力した人たちの話など、日本と蘇州大学との交流の歴史を感じさせる会だった。
大学で日本語を教えるための教科書を、日本と中国の協力で作ったことは特筆すべき事だと思う。この関係が日中友好の底流に流れていると思う。

IMG_1461

IMG_1468 IMG_1474

年に1回、大学生を日本に招待する取り組みも始まっている。今年の春に日本に招待された大学生たちの挨拶もあり、会場から大きな拍手が湧いた。 大学関係者の人たちは、日本語も堪能で、中国語が突然日本語に変わったりして、さすが日本語学科に関係する人たちだと思ったりもした。

レセブションを終えた後は、日本語劇を行う会場に移動する。

IMG_4504

「蘇州大学日本語学科第9回日本語劇公演」と大きな横看板が吊るされいる。
約10年前からこのような教育実践がなされていることに驚くとともに、これまでの日本人講師の努力にあらためてすごいことだと思う。
綺麗にドレスアップした大学生が、進行をすすめる。

初めに「俳句」の授賞式。

IMG_4513

IMG_4515

なるほど、日本の文化である俳句を通して勉強しているのか。
テレビの「プレバト」の夏井先生の影響で、日本の中でも俳句の見直し・再評価、日本語自体への関心が高まっているけれど、教育的効果も十分にあるのだなあと思う。

IMG_1488

各学年が合唱と劇をおこなった。司会も歌も劇もすべて日本語。
服装も思いの外、質素。
これが逆だったら、と思うとよく勉強しているなあと思う。

IMG_1493

舞台のスクリーンに時々中国語のセリフが写される。 言葉が全て日本語だから、中国の学生には内容はわからないわけだ。文楽劇場で、台本が映しだされているのと同じことだなあ。

IMG_1491 IMG_1494

舞台の上手、下手には効果音楽のための琴と二胡の演奏がされている。先ほど見た事を練習していた学生さんだ。

IMG_1496

中国の時代劇。衣装が興味深かった。中国のどの時代の服装なのだろう?
スクリーンに「日立」のロゴが投影されている。このプロジェクターは日立製らしいが、学生たちはこれが日本製だということを知っているのかなあ。あとで聞こうと思いながら、また忘れてしまった。

IMG_1497

日本の高校のような制服。
蘇州大学の制服ですか?
いいえ、学生たちがネットで買ったんです。
AKBをイメージして、服装をそろえたらしい。

歌う歌は、NHKの朝ドラの「あさが来た」の主題歌、「365日の紙飛行機」。IMG_20160730_0002

歌の最後に、学生たちが隠し持っていた紙飛行機を会場に飛ばした。
私の座席に飛んできたのが、上の写真の紙飛行機。
「飛んで行け〜 飛んでみよう〜」
と、日本語で書いてある。
会場に飛んだ飛行機のいくつかには、紙飛行機の中にもメッセージが書かれていたものがあったらしい。私が手にした紙飛行機には、残念ながらメッセージはなかった。

IMG_1507IMG_1483

日本語講師からの講評が最後にあった。劇の脚本から全てにわたって日本人講師の努力がこの公演の背後にあったことはよくわかる。
学生たちがとても真面目で、落ち着いている姿に私は驚いた。
AKBの衣装を真似た女子大生は、自分たちの公演の前も後も、静かに座っている。
日本のテレビなどで見る女子大生のような軽いノリのような素振りは一切見せない。
それは日本と中国の大学生気質のちがいなのかもしれない。
そのことに気づいた私は、思わず自分の姿勢を正した。
ここは学習の場、なのだ。

公演を終えた後、学生たちとの歓談の場があれば、もっと私が気づかされることがあったのにとおもうが、時間は9時をすぎていた。
蘇州での貴重な体験だった。

 

 

 

 

 

 

青島・蘇州の旅 15

雨の蘇州見学 その4 松鶴楼(ソンホーロー)

松鶴楼めざすは松鶴楼というレストラン。 名前からして何か歴史がありそう。
蘇州の旧市街地のほぼ真ん中にある。

松鶴楼1左の写真が松鶴楼。
私のカメラには写っていなかったので、「上海ネットナビ」というホームページからとったもの。
松鶴楼(ソンホーロー)の歴史は古く、清の時代にさかのぼるという。1757年が創業で、乾隆帝が蘇州に訪れた時にこの松鶴楼でここの名物料理を食べたことが有名になっているそうだ。その名物料理とはどんなものだったのだろう。

http://www.shanghainavi.com/food/164/
夕食までにはまだ時間があったのでしばらくこの辺りを散歩した。

IMG_1349

近くにあったデパート。お客さんの姿があまり見えない。せっかくバーゲンをしているのに、店員さんが手持ち無沙汰な様子だった。

IMG_1352松鶴楼の前のお店では、映画のような中国服を着た二人の店員さんが、なにか出し物の用意をしているようだ。大道芸かな?と期待したが、準備が長くて私が見ているいる間にははじまらなかった。

IMG_1351喫茶店を探す。見つけたのが韓国系の喫茶店、COSTA COFFEE だった。

IMG_1353

IMG_1355中は日本でよくある喫茶店と同じ。
ひさびさ喫茶店でコーヒーを飲む。
地図を出して、このお店はどの辺りにあるのかを若い店員さんに聞く。英語で聞くと、意味はわかったようで指で示してくれた。お客さんにニコッとしてくれたらいいのになあ。

IMG_1360 IMG_1361 IMG_1358
最後の写真の料理がこの松鶴楼の名物料理。松鼠桂魚 (ソンシューグイユゥ)」 。

ネットで調べてみると、スズキに似た淡水魚の “ 甘酢あんかけ ” のような料理。尾びれを残し、背骨を取り、皮をクルリと外側にまく。白身にサイノメの切込みを入れて形をつくってこんがり揚げたものに甘酢あんをかけるという手間をかけた料理。
 松鼠というのは、中国語でリスということで、形がリスに似ているからということらしいが私にはよくわからない。 

IMG_1364この日には蘇州大学で日本語講師をしている人、していた人、また違う大学で日本語を教えている人が集まった。もちろんすべて日本人で、大阪の小中学校、高校で先生をしていた人たち。退職して、中国で日本語のネイティブとして日本語を教えている人たち。みんな元気そうだった。

左の写真は日本の高校の先生だった人。蘇州で写真のような服をあつらえて蘇州大学の教室に持って行くと、学生たちが着せてくれたそうだ。翌日大学に行くと会う人会う人が「ステキな服ですね」と声をかけてきてびっくりしたと話してくれた。学生たちが携帯でとった写真が1日で大学中に広まっていたということらしい。蘇州大学生の気質や情報化社会の様子が伝わってきておもしろい話だった。

 
 IMG_1518IMG_1372

蘇州でのホテル、マリオットホテルの夜と朝の全景。
このマリオットホテルで「点字」を発見した。

IMG_6787

エレベーターの中のボタン。数字1,2,3,、、の下に点字の記号で1,2,3、と書かれている。数字は万国共通のようだ。

IMG_6788

こちらはアルファベットでENとCLと書いてあるが、その下の点字もアルファベットのENとCLを表している。アルファベットの表示も万国共通だ。

IMG_1273

左の写真は、上と下の表示ボタンの下向きの部分を拡大したもの。

この点字は、点字アルファベットのDOWNでもないし、もちろん日本語点字の「下」でもない。
なんて書いてあるのか読めない。中国語の点字で「下へ行くためのボタン」の意味を表しているのだろう。

点字は各国で使われていて、点字で表している文字はその国によって定められている。
日本語の点字が読めるからといって、世界中の点字が読めるわけではない。英語の文字を表す点字とフランス語の文字を表す点字は、同じ点の配置でも読みは違う。ここは中国なので、数字やアルファベットは万国共通の点字で表すことができるが、中国語の言葉を表す点字をここでは使っているのだろうと想像される。

点字ブロック1中国での障がいを持った人への教育はどうなっているのだろう。それがこの訪中でわかればと思っていた。
夕食の時に、大学で教えている先生に、中国の障がいを持った子どもたちへの教育を聞いてみた。大学ではほとんど取り組まれていないそうだ。障がいを持った子どもの大学入学に努力をしたり、障がいをもった大人が教員として指導することも、その先生はほとんど聞かないと言っていた。

点字ブロック2

中国では歩道の点字ブロックを見ることもあり、ある程度のバリアフリーの政策は進んでいる様子は伺えた。
また中国では点字の本は多く出版されているという情報も聞いていたが、私がこの日までに「点字」を見たのはこのマリオットホテルが初めて。
これまで見学した施設やトイレ表示には、私が見た限りは「点字」はなかった。
アメリカ資本のマリオットホテルだからこそ、視覚障害の人たちへの配慮ができているのかもしれない。

さて、明日は蘇州大学の訪問。日本語を学ぶ学生たちって、どんな子どもたちなのだろう。興味が湧いてくる。

 

 

 

青島・蘇州の旅 14

雨の蘇州見学 その3 郵便ポストは緑色

IMG_4405

IMG_4418 IMG_4417

獅子林からの道は、日本で言う倉敷歴史美観地区のようだ。
古い時代の蘇州が保存されているようで、そういった表示の看板も見える。

IMG_4410

IMG_1340 IMG_1342 IMG_1343 IMG_1344

IMG_1348

蘇州の運河観光で見たところよりも、庶民の生活に密着していた様子が、ここでは感じることができた。

IMG_1338 IMG_1339

学校帰りらしい子どもたちの集団とすれ違う。保護者らしい人もいる。
子どもたちの顔にはお化粧のようなものが。何かの取り組みの帰りのようだ。

IMG_4412

さて、このお店は?

IMG_4416 IMG_4415

そうです。これが中国のスターバックス。
ホントにスターバックス?と疑う人が多いが、トレードマークはまちがいない。お店の中を見たが、それほど満員というわけではなかった。
私もコーヒーを飲みたかったが時間がなくてスルー。

IMG_4409

中国の郵便ポストは緑色。これは私にとって大発見だった。
国によって郵便ポストの色が変わるのはおもしろい。

IMG_1346

犬も何かリラックスしているように見える。
雨が降ったり止んだり。車を多くて、横断歩道もあるのかないのかよくわからなかったが、散策をして今日の夕食会場に向かう。

 

 

 

青島・蘇州の旅 12

雨の蘇州見学 その1 斜塔と環濠

IMG_1263

蘇州は雨期のまっただ中だった。ホテルの庭は雨煙で霞んでいる。

マリオットホテルの朝食レストランも品揃えが豊富で広い。

IMG_1268 IMG_1269

IMG_1267お昼と夕食のことを考えて、朝は質素に。
雨の中をバスに乗って、蘇州市内の観光に出る。

IMG_1296

写真は虎丘(こきゅう)の斜塔、雲岩寺塔。中国の「ピサの斜塔」と言われている。雨の中を観光。中国人の観光客が多い。ここは中国でも観光のメッカのようだ。
ホントに傾いているのかな?と怪しんでみたが、確かに傾いている。

IMG_1298

西暦950年頃に完成した塔で、時代は宋の時代。日本では平安時代の中期だ。 高さ47メートルで7層、8角形の形をしている。400年頃前から地盤沈下によって傾きはじめたそうだ。

イタリアで見たピサの斜塔よりは傾きは少なそうだが、鉄骨は入ってなさそうなので今後が心配。上に登りたかったけれど、それは禁止されていた。
最上階から、ガリレオの伝説のように、重いものと軽いものを落とした人はいるのだろうか?立入禁止になる前の時代には、きっとそんな人がいたに違いない、と思う。

IMG_1281

IMG_1280 IMG_1291

IMG_1292

雨の中国式の庭園は風情があっていい。最後の写真はトイレ。観光地のトイレはよく整備されているという印象を持った。

次は蘇州の運河。予約されていた船に乗る。
蘇州といえばこんな感じ、という風景が広がる。

IMG_1306

IMG_4345運河の周囲に住んでいる人は、高齢者が多いそうだ。若者は古い市街を離れて、近代的な都市の部分に移動しているそうだ。 そんな説明を聞きながら、運河に望む町並みを見ると、古びた歴史を感じる。 IMG_4332

IMG_4336 IMG_4343

IMG_4352

運河は広いところでは、大きな観光用の船が行き来できるくらいに広い。かつては多くのものを運ぶ船が行き交っていたのだろう。

蘇州の地図2

蘇州の地図3地図を見ればわかるが、蘇州は揚子江のデルタ地帯地にある街。
蘇州の歴史は古く、旧市街地は運河で囲まれている。今でこそ旧市街地という名前だが、ここが蘇州の中心地だったわけだ。
蘇州はかつては「呉」の国だった。日本の漢字の読みに「呉音」というのがあることをを思い出す。このように日本とは古くからつながりのある国。

IMG_1308

 

IMG_1310バスの駐車場に警察の車があった。「特警」POLICE と白地で書いてある。ちょっと気になる車。環濠の見学を終えて、昼食の時間となった。

IMG_1315IMG_1320

にぎやかな食べ物屋さんがいっぱいあるところ。大阪の道頓堀界隈の雰囲気。
ここで食べたのが、一人鍋。
しかも I Hの一人鍋で、調味料も選ぶことができ、なかなか美味しいものだった。

IMG_1327

IMG_1328 IMG_4360デザートのアイスクリームまであり、これまでの中華料理と全然違う海鮮鍋を食べることができた。現地ガイドさんの探してきた、普通の観光コースにはないお店で、今蘇州ではやっている料理を食べることができたという楽しい体験だった。

IMG_4400

さて食後は旧市街の中にある観光名所、獅子林に向かう。