奇才 あべのハルカス

あべのハルカスで「奇才ー江戸絵画の冒険者たち」という展覧会が開かれている。
10日(土)に開場前に学芸員さんの説明があり、そのあと自由に見学できるという取り組みがあった。
以前にもハルカスではこういう取り組みがあり、自分たちだけでは触れることのできない中身を教えてもらえるので参加したことがある。
今回も面白そうなので応募した。
日本の美術館では当たり前になっている「写真撮影」禁止のため、館内の様子をブログで紹介できないので、ミュージアムショップなどの展示`のものを使った。

館内のトップにあろのが、葛飾北斎の「男浪」と「龍図」。
実際の展示は右に「竜図」、左に「男浪」。長野の小布施町の祭屋台(地車のようなものか)の天井画である。
葛飾北斎が80歳を過ぎて描いたものというからすごい。
一辺が約118センチの桐の板に書かれている。
ここにあるのは本物。
葛飾北斎は富嶽三十六景などの版画で知られているが、版画の作品よりも肉筆画のほうがおおいそうだ。
天保の飢饉、天保の改革などで江戸での生活に困っている葛飾北斎を長野によんだのが、小布施の豪商・高井鴻山だそうだ。
「男浪」は「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を思わせるような構図。使われている絵の具もヨーロッパから渡ってきた顔料のベロ藍を用い、細かなしぶきは胡粉(ごふん)を用いているそうだ。
「竜図」は遠近法が使われ、絵の具もグラデーションを生かした技法で立体的に表現されている。80をすぎてなお新しい表現を追求している葛飾北斎にはびっくりするばかりた。この2枚の絵を会場の入口に持ってくる意味はよくわかる。

林十江(はやしじっこう)の「蜻蛉図」。
エコバックのような手提げ袋にブリントされているが、実物はびっくりするほど大きい。縦は1メートルくらいはありそう。
こんな大きく蜻蛉を描いていいのか?と思うくらい。
水戸の醤油屋を継いだが、利益を目当てにせず、人の異様をつくことばかりしたため、家業は傾いてしまったという。通常の画家が描かないものを描き、37歳で江戸に行くが理解者が現れず失意のうちに故郷に帰り、没したそうだ。

 

左はポスターにもなっているが、実物はこじんまりとしている。
蠣崎波響(かきざきはきょう)「御味方蝦夷之図 イコトイ」(おみかたえぞのず)
江戸時代後期の松前藩の家老で、画家としても有名な人物だそうだ。
1789年(寛政元年)5月に和人の商人との取引や労働条件に不満をつのらせた一部のアイヌが蜂起した。討伐隊の指揮官の一人が蠣崎波響だった。
討伐隊に協力したアイヌ12人の肖像画を書いたのが「夷酋列像(いしゅうれつぞう)」といわれているもの。そのなかの一枚が「イトコイの肖像画」である。アイヌ民族の歴史を考えさせる絵だと私は思った。

左は伊藤若冲の絵がTシャツにプリントされている。

鶏の絵だが、展示されているのは白黒画。
伊藤若冲というと色鮮やかな鶏の図を思い起こすが、ハルカスで展示されていた鶏の図は墨絵。
解説の学芸員さんの話によると、明治になってから伊藤若冲の絵が評判になって多くの絵が見つかっているが、その98パーセントは贋作だそうだ。
それを聞いていた私達は思わず「えーっ」と声を上げてしまう。
贋作専門の絵師が多くいたそうだ。
「ここに展示されている若冲は、正真正銘の本物です」と学芸員さんは声を大きくした。

1時間たっぷりの勉強の後、一つ上の階にある喫茶店でコーヒーとケーキをいただいて、少し休憩。奇才のラテアートがまた楽しい。
10日、11日で作品が大きく入れ替わるそうだ。
11月8日までの後期の作品も見たくなってきた。
今回と同じ学芸員さんによる作品解説が24日土曜日にあるそうだ。
私達はさっそく申し込んだ。
10月は芸術の秋、日本の生んだ奇才の作品にふれるのもいいものだ。

 

ハルカス 北斎展

あべのハルカスで、葛飾北斎の美術展が開かれている。
テレビでも北斎を取り上げた番組がいくつも放送されている。
今回は北斎の娘の応為(おうい)さんが話題になっているので行くことにした。

平日なのにチケットを買うのに40分、中にはいるのに30分という混み具合。
私はネットでチケットを購入していたので、「チケットを持っている人」。
それでも30分ほど並んで中に入る。
中も大変な人で。
カメラ禁止のため、その様子はここでお見せすることはできない。

左は出品目録。館内の展示は6つのコーナーに分けられている。
第1章 画壇の登場から還暦。 
第2章 富士と大波。 
第3章 目に見える世界。 
第4章 想像の世界。 
第5章 北斎の周辺 
第6章 神の領域。

前期と後期で作品の入れ替えもあるが、全作品数219点という沢山の浮世絵、肉筆画等を見ることができた。

浮世絵そのものの大きさが小さいので、ほとんどの人が最接近のスタイルで絵に見入っていた。
私はブリューゲル展のように双眼鏡を持っていったが、多くの人が絵の前に群がっているので、あまり活躍できなかった。こういう時は単眼鏡の方が良いのだろう。それで絵を見ている人もいた。

これは「李白観瀑図」。美術館の入り口に拡大して掲示てあったものを写真にとった。画面に入りきれなかったが、掛け軸タイプの絵。北斎がこれを描いたのは90歳と言うからすごい(絵の中に九十歳とかいてあるのでわかる)。この絵はボストン美術館が持っているそうだ。

わたしのお目当ての応為さんの絵は、出品目録でみると、6点。そのうちの「月下砧打ち美人図」は前期の展示のため、見ることはできなかった。
しかし「吉原格子先之図」が見れたのは幸いだった。

これはクリアホルダー。売店で買ったもの。
光と影のコントラストの美しさが迫ってくる。多くの人がこの絵の前から動かなかった。
「女重宝記」は本の挿絵に応為さんの絵があるのだが、妻が「この傾城の絵は、大英博物館で見たことがある」と言い出した。私もそう言われれば「傾城」という言葉に記憶がある。目録を見ると「女重宝記」は大英博物館の所蔵のものだった!

「応為書状」は、応為さんの手紙。絵の上手な人は絵の中にびっくりするぐらいに自然なカット絵をかいている。なんとなく暖かな人柄が伝わってくるような気がした。

「関羽割臂(かんうかっぴ)図」「菊図」とも色が美しく、肉筆画の迫力が伝わってくる。明るいところで見ると、その色の美しさがもっと映えてくると思う。

会場の中は人、人、人。
ところどころに椅子やソファーらしきものが置いてあるが、そこも満員。
疲れたような顔をしたご高齢の人が座っている。
そうだろうなあ、と思う。
私も人あたりしそうな気になってくる。
日本中で葛飾北斎ブームがおこっているようだ。
これまでは富嶽三十六景の北斎、として私の頭にあったが、それ以外に多種多様な絵を描いていることがわかって有意義な展覧会だった。

葛飾北斎の絵を始め、江戸時代の有名な浮世絵師による作品が、アメリカ、イギリスなどのヨーロッパ各地の美術館にあることも、喜ぶべきことなのか、残念なことなのか。
そういえば若冲の絵も多くがアメリカにあるという。アメリカで評価されたことによって日本で再評価されるという例は多いようだ。

一息入れようとハルカス美術館の1階上にある喫茶店でコーヒーを飲む。
北斎の「神奈川沖浪裏」の模様入りのコーヒーもご愛嬌。
隣のテーブルの人が、
「チケットを買うのに40分かかったので、入る前に休憩しています」と笑っていっていた。なるほど、チケット購入だけでお疲れのようだ。私たちは先に入場券を買っておいてよかったなあとこっそりと微笑んだ。

世界のあちこちに散らばっている葛飾北斎、応為の作品を一同に見るチャンスは今。
写真集やテレビの画面で満足するのではなく、実物を自分の目で見ることが感動を生み、自分自身の心の糧になると思う。