落語 桂米左(かつらよねざ)独演会

IMG_0130

久々に繁昌亭の寄席に行く。
6時半開演。4月も中旬を過ぎると、午後6時を過ぎてもまだ明るい。
以前お茶を楽しんだ「繁昌亭のごまの和田萬」「ごまカフェ」「ペンションLee」はもうない。そこはたこ焼き屋さんに変わっていた。繁昌亭は繁盛してても、周りのお店は知らぬ間にかわっていく。前回来た時に夕食を食べたレストランも改装中だった。

IMG_20160420_0001

桂米左さんは、大阪市の小中高を卒業、つまり大阪市出身の落語家だ。

ほぼ満員で、ふだんから桂米左さんの落語にきている人が多いような雰囲気の会場だった。

入り口でもらったパンフレットを読んで、ふーんとうなる。

「本日はお忙しい中、桂米左独演会にお越し下さいまして有り難うございます。
 さて今日(4月19日のこと)は師匠米朝の月命日でございます。昨年3月19日に他界してから早いもので、一年と一ヶ月。この間に米朝追善と銘打ち、各地で会が催されました。また二月には松竹座で米朝十八番の内「地獄八景亡者戯」が芝居で上演されました。・・ちなみに米左は「はてなの茶碗」の茶金さんの役・・・。どの公演も大入りで亡くなってからでもお客さんを呼ぶ師匠に、改めて畏敬の念を抱きました。・・・・(以下略)・・・・」

そうか、桂米朝さんが亡くなってもう一年が経つのか、時間の経つのは早いものだと月並みなことを思っていると、桂米左さんの落語のまくらのなかで、桂枝雀さんが亡くなったのは4月19日、という話があった。なんとも縁を感じる日に繁昌亭にきたものだ、と思う。

IMG_20160420_0002

桂そうばさんの演目は「手水廻し(ちょうずまわし)」。
大坂は昔、朝に顔を洗うことを「手水をつかう」「手水を廻す」と言ったそうだ。
手水ーちょうず、という言葉も落語の世界でしか聞かない言葉になってきたようだ。
 話の中身は、大阪からずっと「離れた村に泊まった大阪の商人が、朝に顔を洗いたいと思って「手水を廻して」と言った言葉がもとになっての大騒動。
そうばさんは福岡出身の人で、桂ざこばさんを師匠にする人。
最初に、関西の言葉はわかりにくかった、という話があったが、そうばさん自身の語り口はとても良くわかるものだった。

桂歌之助さんは「壺算」。
それぞれの家に水をためておく壺があったころの時代の話。
水道が当たり前のように各家庭にある現代では、設定そのものが未経験の話。
歌之助さんは、頭のなかで計算しながら、でもわからない納得出来ない、そういう壺屋さんの番頭さんが困っている姿を大熱演。見ている私たちは大いに楽しんだ。

桂米左さんによる独演会三つの演目、どれも米朝さんにゆかりのもの。桂米朝一門の独演会は三つの話をすることになっているそうだ。

天狗裁き

これは私の好きな演目の一つ。
話がどんどん大ききなるところと、おかみさん、友達、大家さん、お奉行、そして天狗が「して、その夢は?」とたずねていくタイミングと言い回しが笑いをもりあげる。盛り上げ方が話し手によって少しづつちがってくるのが落語の面白さ。
私も舞台やテープで「天狗裁き」を見たりきいたりしたことがあるが、さげがわかっていながら、そのさげをまっている自分がいておもしろかった。
「おまえさん、どんな夢をみていたんだい?」
桂米左さんのおかみさんは、私の期待通りだった。

この「天狗裁き』は近年、東京でも米朝流の演り方になっているという。さすが桂米朝師匠。

百年目

「百年目」はパンフレットによると、「師匠が一番難しいと言っていた『百年目』をお聴き頂きます。初演の時はこのネタに見事にやられました・・・(略)・・・師匠の足元にも及ばぬ『百年目』ですが少しでも近づけるように頑張ります」とある。

そんなに難しいものなのかなあと思いながら、
ネットで調べてみると、ウィキペディアにはこうあった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

百年目』(ひゃくねんめ)は、落語の演目。元々は上方落語の演目で、のちに東京に移植された。一説には東西とも同じ原話があり偶然に作られたという。3代目桂米朝2代目桂小文治2代目桂小南6代目三遊亭圓生ら大看板が得意とした。

鴻池の犬』『菊江の仏壇』などと同じ、船場の商家を舞台にした大ネタである。かなりの技量と体力が演じ手に求められ、米朝も独演会でしくじった事がある。大旦那、番頭、丁稚、手代、幇間、芸者など多くの登場人物を描きわけ、さらに踊りの素養があらねばならない。力の配分が難しい噺である。米朝の大旦那は圓生演じる大旦那より一回り大きい。

けったい落語 立体らくだ

IMG_20140817_0001

IMG_1228 IMG_1232

IMG_20140817_0002

繁昌亭の「第10回けったい落語・立体落語(お盆編)」を見に行く。
これは6月の繁昌亭の寄席で招待券が当たったもの。
立体落語って?と楽しみにしていた。 雨がふり、阪急電車に乗り入れている地下鉄谷町線のダイヤが乱れる日だったけれど、結構な入り。

「けったい落語」とは、あまり演じられない、あまり聞くことのない落語を紹介するものらしい。今回は桂文喬さんの「次の御用日」で、これは難波神社の寄席で、桂文喬さん自身が「ねたおろしです」と言っていたものだ。
文喬さんが冒頭で、「この落語はやかましいんです。家で練習していたら、よめはんが『うるさい!』って言うてね、、、。お客さんも『うるさい!』って声をそろえて言わんといてくださいね」と笑いを取る。
いつもながらの熱演。のどは大丈夫ですか?

もらったパンフレットに「昔の大阪弁」のことが書いてあった。
私自身も大阪生まれの大阪育ちだが、知らない言葉もいくつかあった。
IMG_20140817_0004

IMG_20140817_0004_2

「だんない、だんない」は「みをつくし料理帖」でも印象にのこった言葉。響きがいい言葉だけれど、私自身は使ったことはない。
「とうやん」よりも「とうさん」のほうが記憶がある。
でも、「こいさん」といえば、昭和35年(1959年)頃からはやった藤島健夫さんの「月の法善寺横丁」。
 
  包丁一本 さらしに巻いて
  旅へ出るのも 板場の修業
  待ってて こいさん
  哀しいだろが
  あゝ 若い二人の
  想い出にじむ 法善寺
  月も未練な 十三夜

   「こいさんが、わてをはじめて法善寺へつれて
   来てくれまったのは『藤よ志』に奉公に上がっ
   た晩やった。はよう立派な板場はんになりいや
   云うて、長いこと水掛不動さんにお願いしてく
   れはりましたなあ。あの晩から、わては、わて
   は、こいさんが好きになりました」

       (作詩 十二村哲  作曲 飯田景応)

 

次は桂福丸さんの「金明竹」から。

「わてナ、加賀屋佐吉から参じました。  《はじめ丁寧に》先度(せんど)、仲買いの弥市(やいち)が取り次ぎました道具七品のうち、祐乗(ゆうじょう)光乗(こうじょう)宗乗(そうじょう)三作の三所物(みところもん)。ならびに備前長船(びぜんおさふね)の則光(のりみつ)、四分一(しぶいち)ごしらえ橫谷宗珉(よこやそうみん)小柄(こづか)付きの脇差ナ、あの柄前(つかまえ)は旦那はんが古たがやと言やはったが、あれ埋れ木(うもれぎ)やそうで、木ぃ~が違(ちご)うておりますさかいにナ、念のため、ちょっとお断り申します。  《だんだんと早口に》次はのんこの茶碗、黄檗山金明竹(おうばくさんきんめいちく)ずんどの花活(はないけ)、古池や蛙とびこむ水の音と申します・・・ありゃ、風羅坊正筆(ふうらぼうしょうひつ)の掛け物、沢庵木庵隠元禅師(たくあん・もくあん・いんげんぜんじ)張りまぜの小屏風(こびょうぶ)、あの屏風はなァもし、わての旦那の檀那寺が兵庫におましてナ、ヘイ、  《ひどく早口で》その兵庫の坊主の好みます屏風じゃによって、表具にやり、兵庫の坊主の屏風になりますとナ、かよう、お言伝え願いまぁ。」

 噺家さんは「寿限無」のつぎに「金明竹」と習っていくそうだ。口の体操、滑舌の練習だが、私には全くできない。 何を言っているのかをネットで調べてみた。演者によって多少のちがいがある。これは以下のホームページからとった。ここにはそれぞれの品物の説明もある。

http://ginjo.fc2web.com/113kinmeitiku/kinmeitiku.htm

さて、メインの立体落語「らくだ」。笑福亭扇平さんの説明がある。
IMG_20140817_0003

「らくだ」という演目は、私は笑福亭松鶴さんのものをラジオで聞いた記憶がある。それから桂米朝さんのも聞いたような気がする。 立体落語というのは、「鹿芝居」(しかしばいーはなしかの芝居、ということ)のことだそうだ。 「らくだ」の「かんかん踊り」までを、笑福亭扇平さん、桂文喬さん、笑福亭仁嬌さん、桂三歩さんが舞台で落語どおりに芝居をするというもの。 らくだの役は桂三歩さんで、あの重たい体を桂文喬さん、笑福亭仁嬌さんがかついで踊らせるのだが、幽体離脱のアドリブがあったり、最後には桂三歩さんが勝手に踊りだして涙がでるくらいに笑った。

舞台が終わった繁昌亭の前には、桂文喬さん、笑福亭仁嬌さんたちがお見送り。桂三歩さんはらくだの経帷子の衣装のままでファンの人と写真ととっていた。さすが記念写真まではよう撮らなかった。ブログにも載せることもできないしね。

お盆の日に不謹慎という声があるかも知れないが、生きているもの、亡くなったものがいっしょになって世間の不条理を吹き飛ばすエネルギーが、「らくだ」や繁昌亭の笑いにあると思った。

 

 

落語笑励会 in 繁昌亭

IMG_20140523_0001

IMG_9237

天満天神繁昌亭での若手による「落語奨励会」。
演目は、
兵庫船・・・林家染吉
米揚げ笊・・・笑福亭仁嬌
猫の茶碗・・・笑福亭扇平
天神山・・・桂 文喬
中入り
紙入れ・・・桂 三歩
くっしゃみ講釈・・・笑福亭扇平

「兵庫船」では、“いろはの、いの字と掛けて”“上げまひょ”“これをもらいますと、船頭さんの手と解く”“心は”“櫓の上にあると”、という「なぞかけ」、「米揚げ笊」では縁起のいい言葉を出し続ける面白さ、「猫の茶碗」では、「高麗の梅鉢茶碗は高価な茶碗」、「天神山」では「恋しくば尋ねきてみよ南なる天神山の森の中まで」という信太の狐のパロディと勉強になる話。
私は、小学生の頃からラジオの落語を聞いて身につけた知識は多い。
中入り後の「紙入れ」は、いわゆる艶笑落語。でも全然嫌味はなかった。桂三歩さんのサービス精神丸出しの演技のおかげかも。
トリの扇平さんの「くっしゃみ講釈」も勉強になる講釈。いやー、セリフを紙に書いてもあれだけよどみなく講釈できないなあ。

五人の噺家さんの六つの話を聞いて得した気分。
本当に得したのは、一番最初にアップしてある写真。この日のプログラム。

右と左と内容は同じだが少し違う。右は赤が笑の1字だけ。これが大多数の人が持っていたプログラム。私の持っていたのは左の赤が四文字のプログラム。200枚に4枚だけという当たりクジ。

IMG_20140523_0002

なんと、
8月16日の「けったい落語」のペアのご招待券があたった!

今日は妻の誕生日だっただけに、ビックなサプライズとなった。

へーっ、こんなこともあるんですね。

さすが、天満天神繁昌亭。

「宝くじにあたるのが、遠のいたたあ・・・」とぼやきながら、でも笑顔いっぱいでこの「ご招待券」をうけとりました。
ありがとうございます。

 

ごまやんカフェ がない・・・

IMG_9246

久しぶりに「ごまやんカフェ」によってみようと、今回は時間にゆとりを持って繁昌亭に来てみたが、なんと「ごまやんカフェ」がない。紀州の梅の専門店に変わっている。

中に入ってお店の人に聞いてみると、この春から和田萬の本店に戻ったという説明。 ペンションリーの看板もないので、2階からのペンションのことも聞いたが、「やっていないようです」という曖昧な返事。エレベーター前に机が置いてあるから、ペンションの営業もしていないようだ。 インターネットではいくつかのブログでこのカフェを紹介しているが、ある1月のブログの記事で1月末で閉店という内容のものがあった。

http://ameblo.jp/yumi-yummy0621/entry-11753935477.html

しらなかったなあ。
ウェブにはまだ「ペンションリー」のホームページがある。どこかでお店を再開されるのだろうか。あの元気なご主人はどうされているのかなあ。
ちよっとセンチメンタルな気分になった。