我々はなぜ我々だけなのか

アジアから消えた多様な「人類」たち

「絶滅の人類史」を読んで、もう少し勉強してみようと思い左の「我々はなぜ我々だけなのかーアジアから消えた多様な『人類』たち」を読んだ。この本は最近発掘調査の報告でマスコミに取り上げられるようになってきた、アジアの人類史をメインテーマにした本だ。
人類の歴史の研究はヨーロッパが中心で、発掘される化石もヨーロッパ方面が多い。しかし私たちの住むアジアには、これまで知られていない多様な人類がいた、という研究が進んできている。その最先端であろう研究の成果がこの本にあると思う。私も知らないことがたくさん書かれていて、簡単な勉強に終わりそうにもないなあと思ったのが実感。

上の写真は、この本で紹介されている「人類進化の系統樹」。
この本では、人類の歴史を、私が中学校や高校でならった「猿人」「原人」「旧人」「新人」という言葉で説明されている。

ところでこの「猿人」「原人」「旧人」「新人」という言い方は日本特有のものらしい。以前読んだ「絶滅の人類史」にはこの言葉はなかった。そのことについての説明がある。
「今の国際的な人類学では、猿人や原人といった日本語に相当する言葉は使われていない。むしろ、種、属といった単位、あるいは系統的関係を直接、参照するのが普通になっているからだ。・・・『日本語で猿人とか原人と言っているのは、分類学的な定義とはあえて離して、一般向けの理解を助けるためなんです。分類学のかたい定義に従ってしまうと、すべてが学名表記になってしまいます。そして、その個々の学名には論争があります。だから、あえてそれらの定義を使いたくない、というわけです。そうした混乱を避けて、人類進化の流れがわかることがむしろ大切だと考え、これらの言葉を使い続けています」。

さてどちらがいいのだろうか。私は学校の教科書で猿人や原人、旧人、新人という言葉を学んだ。進化の流れの中で区別するためにこういう言葉があるのだ、ということは理解できた。でもその間には、たとえば猿人と原人の間、旧人と新人の間にすごい溝があるような気がしていた。突然変異のように違ったタイプの人類が登場してくる、というイメージだ。少しずつ変化して、進化につながるのだろうと思うが、それ以上のことは今の私にはわからない。
上の図によると、原人のホモ・ハビリスやホモ・エレクトス、旧人のネアンデルタール人やデニソワ人?、新人のホモ・サピエンスはすべてひっくるめて「ホモ属」に含まれるそうだ。

この本のメインは「小さすぎる人類」とよばれている「フローレンス原人」だ。
2003年、インドネシア・フローレンス島のリャン・ブア洞窟の地表下6メートルから人類の化石、全身骨格がほぼそろった化石が発見された。身長は1mあまりで、とても小柄だった。
こんな小柄な人類がいるのか、子どもの化石じゃないのか、病気で発達不良なのではないか、と様々な議論をまきおこした。

島嶼(とうしょ)効果

人類がこんなに小さくなったのは、島嶼効果(とうしょこうか)が働いたからだと説明されている。
「閉ざされた島の環境では、大型生物が矮小化し、小型生物が大型化するといった島嶼効果がはたらきます。
フローレンス島では、ぞうの仲間のステゴドンが方の高さ1.5mくらいに小型化したり、ハゲコウという地上性のトリが体長1.8mにまで大きくなっなりしました。だからフローレス原人の祖先も、:島嶼効果まで小さくなったのだろうと言うことはいえる。・・・」
今も生きているコモドドラゴンがその例なのだろう。

方の高さが1m50cmのゾウ、1m80cmの高さのトリがいたなんて、想像もしなかった。そんな島に身長が1mあまりの小さな人類が生活していたことは確かだということだ。

デニソワ人と澎湖(ほうこ)人

シベリアのアルタイ地方、デニソワ洞窟から10万年前〜5万年前ごろにいたと思われる古代型人類がいたことを、ドイツとロシアの研究チームによって2015年に発表された。
さらに同じ年に台湾沖の海底から19万年前〜1万年前の原人の化石が発見されたと発表があった。

10万年前のアジアにはどんな人類が生きていたのだろうか。
澎湖人、ジャワ原人、フローレンス原人、そしてネアンデルタール人やデニソワ人が共存していたのかもしれない。
ホモ・サピエンスがアジアにやってきたのは5万年前ごろというのが一番新しい説のようだ。10万年前という説もある。そうするとどこかで出会っていたかもしれない。原人、旧人、新人とよんでいるちがった進化の波の中にある人類たちが、このアジアに共存し?、最終的にホモ・サピエンスだけが生き残った。
「絶滅の人類史」では、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの共存があったのかもしれない、という知識を得たが、この「我々はなぜ我々だけなのか」の本では、さらに多様な人類が生存していたことがわかった。

さて2冊の本を読んだが、多様な人類が生存し、進化の波の中で私たちホモ・サピエンスだけが生き残ったことがわかった。どうしてホモ・サピエンスだけだったのか。様々な説が出されている。これからも出されるだろう。

「なぜ我々だけが?」という問いはこれからも続きそうだ。

 

 

絶滅の人類史

人類はどこからやってきて、どこへ行こうとしているのか。

最近本屋さんを歩いてみると、人類の歴史や人間の過去と未来の歴史についてをテーマにした本が多いように思う。
そんななかで、図書館で借りてきたのがこのNHK出版新書の「絶滅の人類史ーなぜ『私たち』が生き延びたのか」。

とっつきにくそうな本だが、読み始めるとまるで小説のようにぐいぐいと引き込まれてしまった。
それは哲学的な思索ではなく、新しい発掘や研究の成果から私の知らないことがたくさんあることがわかったからだ。
私のあとに30人近い人がこの本を待っている、関心の高い本なのだ。

その目次を紹介しよう。目次を見るだけで、興味が湧いてくる(私はそうだったが・・・)

序章 私たちは本当に特別な存在なのか
第1部 人類進化の謎にせまる
 第1章 欠点だらけの進化
 第2章 初期人類たちは何を語るか
 第3章 人類は平和な生物
 第4章 森林から追い出されてどう生き延びたか
 第5章 こうして人類は誕生した。

第2部 絶滅していった人類たち
 第6章 食べられても産めばいい
 第7章 人類に起きた奇跡とは・・・
 第8章 ホモ属は仕方なく世界に広がった
 第9章 なぜ脳は大きなり続けたのか

第3部 ホモ・サピエンスはどこへ行くのか
 第10章 ネアンデルタール人の繁栄
 第11章 ホモ・サピエンスの出現
 第12章 認知能力に差はあったのか
 第13章 ネアンデルタール人との別れ
 第14章 最近まで生きていた人類

終章 人類最後の1種
 人類の血塗られた歴史
 ホモ・サピエンスだけが生き残った

この本の序章の前に書かれているのが横の「主な人類」の図。人類の進化を説明するときに、このような図を見ることが多い。これまではさっと見過ごしていたが、この本を読んでいる間に何回もこのページに戻った。なるほど、そういうことか、と自分で確かめ直すことができる図だ。

ここにはホモ・サピエンスを含めて17種の人類がのせられている。
詳しく言うと、最古の化石人類といわれているサヘラントロプス・チャデンシス(今から約700万年前)から私たちホモ・サピエンスまでには25種の人類がこの地球にいたそうだ。
そして現在にはホモ・サピエンス以外の人類はいない。頂点に立っているという言い方がいいのか、他の24種の人類が絶滅したからホモ・サピエンスしかいないのか。どちらにしても人類はホモ・サピエンスしか生きのこらなかった。なかなか衝撃的な導入ではじまる本だった。

どこで人類と判断するのか

この本によると「現在の大型類人猿すべての共通祖先は、およそ1500万年前に生きていたと考えられている。そこからまずオランウータンの系統が分かれ、次にゴリラの系統が分かれた。さらにその後でチンパンジーの系統とヒトの系統が分かれたが、それは約700万年前のことだと推定される。・・・・最古の化石人類は約700万年前のサヘラントロプス・チャデンシスである。このサヘラントロプス・チャデンシスも含めて化石人類は25種ぐらい見つかっている。これらの化石人類すべてと現世のヒトをまとめて人類という。つまりチンパンジーに至る系統とヒトに至る系統が分岐してから、人に至る系統に属するすべての種を、人類と呼ぶのである。」 なるほど、そんなふうに考えるのか。

では人類とそれ以外の類人猿は、化石のどこを見て判断するのだろうか。
それは上の図にある「頭蓋骨にある大後頭孔(だいこうとうこう)」という脊髄が通る穴の位置から判断するそうだ。
私たちヒトは直立歩行をしているので、頭蓋骨の下側のほぼ中央に開いている。
チンパンジーやゴリラの大後頭孔は、ヒトと比べるとかなり後ろに位置している。
これは四つん這いになって歩く姿勢をとってみるとよくわかる。ヒトは真ん中に脊髄が通っているので、顔が地面を向いてしまう。前を向くためには、脊髄が通る穴が頭の後方にないといけないのだ。
なるほど、とまた感心してしまう。
さらに2つ目は犬歯の大きさ。
チンパンジーやゴリラの犬歯は牙である。ヒトの犬歯は牙の働きをしない。
大きな犬歯は闘いの時に有利である。しかし我々ヒトはその犬歯を必要としない生活を選んだ。オス同士が争うような一夫多妻や多夫多妻ではなく、一夫一妻に近い形を人類は選んだらしい。そのことが目次にある「人類は平和な生物」に説明が書かれている。
ここでも「へーっ、そんなふうに考えるのか」と思う。

直立歩行したのは人類だけ

この本で「直立歩行しているのは人類だけ」と書かれている。人間が直立歩行しているのは当たり前、とつい思ってしまうが、あらためて考えるとそうだ。
 地球上にたくさんの動物がいる。それぞれが進化してきて今の形態になったわけだが、直立歩行へ進化した動物は一種類もない。人類以外には。
 四本足で歩いて生活をしていた動物が、直角に立ち上がるのだから相当な変化だ。それだけの理由と利点があるはずだ。しかしその利点のために直立歩行へ進化した動物はいないことに気づくと、確かに人類だけが直立歩行へ進化のかじを切ったことが大変特別だったことに気づく。
詳しいその説明は本を読んでほしい。上の図は直立歩行をし始めたと考えられているアルディピテクス・ラミダス。森の生活と平地の生活の両方をしていたようだと考えられているそうだ。
 今まで発見されている化石には、四本足と直立歩行との中間のものは見つかっていないそうだ。進化のスピードが早かったからとこの本では推測している。

 地球に住む人類が経験してきた直立歩行への道は珍しいようだ。SF映画に出てくる宇宙人の多くは直立歩行をした2本足の人類型だが、その宇宙人も人類と同じような進化をしてきたと考えるのは?かもしれない。そうすると宇宙人の形態ももっとバラエティにとんでいそうだ。

隣人としてのネアンデルタール人

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスはこの地球上で、同じ時代を生きてきたという。 しかし今地球にいる人類はホモ・サピエンスだけ。ネアンデルタール人は絶滅してしまった。

どうしてネアンデルタール人は絶滅してしまったのだろうか。それは過去にいた25種といわれている人類の絶滅も同じことだ。

これまでにもたくさんの仮説があったそうだ。ホモ・サピエンスと武力衝突が原因だという説もある。
ネアンデルタール人とホモ・サピエンスとの交流は会ったようだが、戦争状態に会ったとはこの本では言っていない。ネアンデルタール人のほうがホモ・サピエンスを避けていたようだ、という説も紹介されている。

私が一番興味を持ったのは、ネアンデルタール人の脳のほうがホモ・サピエンスより大きいということだ。

ネアンデルタール人の脳の大きさは平均約1550ccで、大きいものは約1700ccのものもあるそうだ。1万年前ぐらいのホモ・サピエンスは平均約1450ccで、現在のホモ・サピエンスは約1350ccである。私たちホモ・サピエンスの脳の大きさはピークをすぎ、ちいさくなってきているのだ。もちろん脳の大きさだけで知能の良し悪しを判断することはできない。しかしネアンデルタール人の大きな脳はどんなことを考えていたのだろうか。この本では仮説として「記憶力」をあげている。記憶容量が大きかったのかもしれない。
私が何年も前に読んだ本に「大地の子エイラ」がある。ネアンデルタール人に育てられたクロマニョンの子どもエイラ。ネアンデルタール人とホモ・サピエンスとの交流を背景にした小説だった。ここでネアンデルタール人の子孫に受け継がれる本能のような財産としての記憶のことが書かれていたことを覚えている。
 私たちホモ・サピエンスと違った知的生命体としてのネアンデルタール人がいたことをなんとなく懐かしくおもってしまう、そんな本だった。