第31回関西矯正展

第31回関西矯正展に行ってきた。
今年も大入り満員だった。土曜、日曜の二日間の開催。土曜日は別の用事があったので、日曜日に行った。写真のように大お天気だった。

堺市のホームページにもこの矯正展のことが紹介されている。

内容の部分にはこのように書かれている。

「刑務所について皆様に広く知っていただくために、大阪刑務所で年1回開催している催事です。会場では、矯正広報パネル展示、所内見学、刑務所作業製品の展示即売、各種団体によるイベント等が行われます。印象くコーナーもたくさんあります。
 NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演の大谷亮平さんが1日所長としてオープニングセレモニーに出演。また、初日には、登美ヶ丘高校ダンス部の出演もよていされています。」

開催の刑務所での作業製品がたくさん並んでいる。  

私の楽しみの一つは、新製品の展示。
昨年は参加者が選ぶ用紙が配られたが、今回私が行ったときにはなかった。1日目だけだったのかもしれない。工夫したものが展示されていて、見ていてその丁寧さがわかる。

審査員特別賞というのがあった。25番「エンディングノート」だった。
木工細工もしっかりとした本物で、こどもたちがよろこぶものがたくさんあった。

堺の伝統産業の一つ、緞通(だんつう)の実演があった。スタッフの了解のもとで写真をとらせてもらう。細かい作業だ。

伝統産業の担い手の一つとして、刑務所の作業製品があるそうだ。

私はここで緞通で作ったマウスパッドを買った。
「こんな絨毯みたいなもので、マウスパッドの役割を果たすんですか?」と聞くと、「最近のマウスは光で移動を感じていますから、大丈夫です」とスタッフの人が笑っていった。なるほど、そうだ。

買ったマウスパッドにはこんな説明があった。

「品名 堺式手織緞通(大阪)
 材質 本体 紡毛糸(羊毛) 軽横糸 綿
 サイズ 200×200×20(ミリ) 0.14Kg 」

検査済みの朱印も押されている。本物だね。

お昼はプリズンカレー。あとでピリッと来る辛口カレーだ。
うどん、やきそば、ポテトフライと子どもが喜ぶ食べ物も販売されていた。

くまもんなどのゆるキャラもたくさん出演していた。
堺刑務所は街の中にある刑務所。地域の理解や市民の協力が必要なのでこのような取り組みがなされているのだと思う。
私はマウスパッドのほかに、サンダルを買った。一昨年に買ったサンダルがだめになったからだ。2年間もつとは思わなかった。今年はデザインの違うものを買った。
スーパーで買ったら半年ぐらいしか持たないが、ここで買うと1年以上持つ。
障害者の団体のパフォーマンス舞台、フラダンスの公演、バトンの発表、救急道具満載の消防署の車の展示、自衛隊の車、検察庁のパネルコーナー、性格診断、ネイルアート、堺刑務所で作った食パンの即売、などなど市民が1日楽しめるものが展示されている。これを企画し、実施される苦労も想像される。ご苦労さまです。

来年も是非行ってみたいところだ。

 

 

 

第30回関西矯正展 (刑務所作業製品展示即売会)

上の写真は堺市のホームページよりのもの。
毎年この時期に堺刑務所で「刑務所作業製品展示即売会」が開かれている。
一番最初に行った時は、ディーン・フジオカが一日所長として開会式で挨拶をしていた。ディーン・フジオカが「あさが来た」で出演していたときで、そのあと人気が出たのにびっくりした。

今年はNHK朝ドラ「おてんちゃん」にキース役で出ている大野拓朗さんが来ていた。
10時開会なので9時半すぎについたら、もう駐車場は満車。年々人気が出ている「矯正展」だと実感した。

入口前は自転車がぎっしり。

展示即売会だけでなく、いろんなイベントがおこなわれている。

関西高等美容専門学校の生徒さんによる「チャリティー ネイルアート」。 地域のボランティアさんによる「射的」など、子どもが喜びそうな出し物もいっぱい。

いろんなゆるキャラも登場。堺の「もずやん」としゃべっているペンギンはだれ?と声をだすと、 「ICOCAです」とJRの制服を着たお姉さんが答えたのでびっくり。そうか、ICOCAのゆるキャラなのか・・。

くまモンも登場。ここのステージでは、ブラスバンドやダンスなどのパフォーマンスが行われていた。

靴、カバン、ベルトなどの革製品、椅子、テーブル、タンスなどの木工製品、藍染め、便せんなどの文房具など、さまざまな制作品がテントで販売されていた。
ここの刑務所で作っている食パンも販売されていた。監獄カレーと名付けられたカレーをお昼に食べたが、さすがに甘くはなかった。

これは堺の伝統産業の緞通(だんつう)。分厚い絨毯だ。

実演されているので暫し見学。
ちょうど大仙公園にある博物館で、堺の緞通展が開催されていたのを見学したが、その時は実演がなかった。
今日は間近で織り上げる作業が見ることができて、来た甲斐があった。
JTCO日本伝統文化振興機構というところのホームページを見ると、

「緞通(だんつう)は、中近東から中国を経て日本に伝来し、江戸時代から近代にかけて盛んに生産された手織りの敷物のことです。兵庫県の旧赤穂藩、佐賀県の旧鍋島藩と並んで日本三大緞通と呼ばれる堺緞通は、垂直になった織機で織り上げます。 
出来上がった作品は緻密で美しいデザインと、深い風合いを兼ね備えていることが特徴です。また、赤穂・鍋島が主に国内向けに生産されていたのに対し、堺緞通は海外に多く輸出されていました。」

と紹介されていた。

原画を作成する人、織り上げる人とそれぞれに分担して緻密な作業が要求される工芸品だ。係の人のお話を聞くと、この伝統産業を保存している役目を担っているのが堺刑務所だそうだ。なるほど、採算と切り離して大事な役目を果たしているというわけだろう。

ケーナの演奏、ゆるキャラとの交流、フライドポテトなどの販売と親子連れが楽しめる企画がたくさんあった。ボランテァで知り合った人が、町会の出し物のテントでお手伝いをしているのを発見。社会を明るくするための運動の一環としては、地域とのつながりを深めるのに大きな役割を果たしていると思う。

昼ごはんも食べ、ガラガラ抽選もして、会場を出たが、刑務所前の交差点は矯正展にはいる車がまだ並んでいた。年ごとに入場者が増えているのかもしれない。
来年はもっと早くこよう。多くの人がそう思ったに違いない。