ポルトガル紀行 9

ポルトガル4日目
        バターリャ

バターリャ

コインブラからバスに乗って約90km、1時間30分の旅。

バターリャは、ポルトガル語で「戦い」を意味する。スペインからの独立をかけたカスティーリャ軍との戦いに勝利したことに由来する町。その時の王がジョアン1世。1385年のことである。

聖母マリアに感謝するために建設されたのがバターリャ修道院。正式名が聖母マリア修道院(サンタ・マリア修道院)である。
この修道院は2世紀の時間をかけて建設されている。
1983年にユネスコの世界遺産に登録された。

IMG_8459

IMG_1074

近づくとなんとも巨大な建物である。

IMG_1231

IMG_1081

IMG_1097

子どもたちがスクールバスで見学に来ていた。日本でいう社会見学の子どもたちのようにみえる。宗教教育の一貫かもしれない。子どもたちの見学には、この教会のスタッフが当時の服装をして説明してくれるそうだ。

IMG_1103

IMG_1115

ここはジョアン1世と王妃フィリッパ・デ・ランカスターの二人が仲良くならんだ棺がある。上の写真ではわかりにくいが、二人の像が並んで横たわっているのだ。

IMG_1124

左の写真を見てわかるだろうか。棺の上の王と王妃の像は手を重ねあっているのである。
政略結婚であったが、教養があり騎士道精神にも通じた王妃はジョアン1世とも円満であった。生まれた子どもたちが優秀でポルトガルの発展に寄与したことは、司馬遼太郎さんの「南蛮のみちⅡ」にあったとおりである。

IMG_1133

ここは創設者の礼拝堂と呼ばれ、二人の棺の周りには、ペドロ王子、エンリケ航海王子、フェルナンド王子、アフォンソ5世、ジョアン2世、ジョアン2世の息子であるアフォンソ王子の墓も並んでいた。

IMG_1174

 

第一次世界大戦で亡くなった二人の無名戦士の墓を兵士が交代で守っている。
ポルトガルは第一次世界大戦では連合国側につき、戦勝国となった。ちなみに第二次世界大戦ではサラザールの独裁政権のもとにあり、中立政策をとっていた。
戦争と平和の象徴としての無名戦士の墓。このサンタ・マリア修道院がポルトガルの独立の戦いの記念としてあるように、過去と現在(そして未来)がつながっている。

IMG_1250 IMG_1197

スペインのアルハンブラ宮殿を思い起こしそうな建築。「マヌエル様式」と呼ばれているが、アラブ、イスラムの影響があるのかもしれない。
一旦外に出て向かったところは、「未完の礼拝堂」。

IMG_1286

写真のように天井がない。なぜ天井がないのか諸説があるが、「未完」のまま現在も存続しているのがなんとも深みがある。歴史の風雪に耐えてきた、歴史の証人として存在しているというのが魅力的だった。

IMG_1304

IMG_1295

この「未完の礼拝堂」には、ドゥアルテ1世と妻レオノールの二人が眠っている。 写真のようにこの二人も手を重ねている。ジョアン1世とフィリッパ王妃の像も手を重ねていたので、ポルトガルの王朝では夫婦で埋葬するときには手を重ねた像を置くという習慣があるのかなあと疑問がわいてくる。ガイドさんに訪ねておけばよかった。ドゥアルテ1世というのは、ジョアン1世と王妃フィリッパの間に生まれた息子である。弟がエンリケ航海王子。

IMG_1312

周りに大きな建物がないだけに、近づくとその大きさ、古さ、歴史が感じられる。

IMG_1314

IMG_8474

 私たちのバスの隣に止まっている小型のバスが、社会見学に来ていた子どもたちの学校のバス。
外の気温は13度(ポルトガルも摂氏を使っている)。日本は寒波という情報がガイドさんから。ポルトガルは思ったより快適。
さて、バスに乗って次の目的地アルコバサへ。