点字と江戸川乱歩とビブリア古書堂①

ビブリア古書堂の事件手帖と二銭銅貨

点字の研修会で、昨年11月に京都ライトハウスあけぼのホールで行われた講演会のことをきいた。講師の岸博実さん(京都府立盲学校)の話を聞いた人の資料を見せてもらった。

点字について学習中の私だが、「直接講演のテーマではありませんが」とことわって最近のニュースとしていくつか紹介された話のなかで「ビブリア古書堂の事件手帖」の話が私の関心を引いた。

点字の世界ではよく知られたことらしく、江戸川乱歩の作品「二銭銅貨」は「点字」を扱ったものとして有名らしい。

岸さんの話によると、「ビブリア古書堂の事件手帖」第4巻でこの江戸川乱歩の「二銭銅貨」が取り上げられていて、その本のなかで「初版本の点字の間違いを江戸川乱歩が訂正をした」ということが書かれているということだった。
私はこの「ビブリア古書堂の事件手帖」という本があることは知っていたが、読んだことはなかったのでいい機会なので読んでみた。(面白かったので最終巻の7巻まで読んだ)
岸さんの話では、間違ったままで今も出版されている文庫本がある、ということなので、私も図書館などで借りて調べてみた。

「ビブリア古書堂の事件手帖」の事件の展開はここでは紹介せずに、点字をつかった暗号だけについて紹介したい。

初版でどんな間違いを江戸川乱歩がしたのか、その初版本をもとに文庫本にしているのが岩波書店の「江戸川乱歩短編集」(2008年8月19日第1刷発行)。
編集付記として、
「本書は雑誌初出の本文を底本とし、平凡社版『江戸川乱歩全集』第1巻〜第8巻(昭和6〜7年)と校合した。初出は次の通りである」と書いてある。そして「二銭銅貨」については、

「二銭銅貨」 大正12年4月号『新青年』
と記されている。

「ビブリア古書堂の事件手帖」では、
次のような説明がある。
「・・・最初に発表された時、拗音の点字記号を間違えていたのです。戦後、桃源社版の全集でようやく訂正されました。」

まず最初に江戸川乱歩の書いた「二銭銅貨」にある、暗号としての点字記号について説明しておこう。

暗号文「陀、無弥仏、南無弥仏、阿陀仏、・・・・」は、南無阿弥陀仏の6文字を使って書かれている。この6文字が6点点字をつかって暗号文になっている、というのがこの「二銭銅貨」のポイントである。
点字は縦3個、2列の6つの◯で作られる。
6つの◯を、左上から1,2,3と番号を打ち、右に移って上から4,5,6と番号をつける。こうして1〜6の番号でどの点か伝えることができる。
たとえば最初の「陀、無弥仏、南無弥仏」は、6つの丸に左側から縦に南無阿弥陀仏と文字を置いてみると、「陀」は点字の5の点、「無弥仏」は点字の2,4,6の点になる。「南無弥仏」は点字の1,2,4,6の点となり、実際に点字にすると下の図のようになる。

最初の5の点は「濁音符」であり、次にある言葉が濁音であることを示している。この点字を読むと、「ゴ」「ケ」となる

そうしてこの暗号文を点字にして読んでみると、
「ゴケンチョーショージキドーカラオモチャノサツヲウケトレウケトリニンノナハダイコクヤショーテン」となる。その意味は、
「五軒町の正直堂からおもちゃの札を受け取れ、受取人の名は、大黒屋商店」。

実際に点字で書く場合は、分かち書きをするのでこんなに詰めて書かない。また「〜は」は、読むときのように「わ」(3の点だけ)と点字では書く。
正確な点字文ではなく、暗号として点字を使っているので、多少の疑問点は無視するとして、無視できないのは「拗音(ようおん)」の書き方だ。

拗音(ようおん)というのは、「シャ、シュ、ショ」「チャ、チュ、チョ」と発音する音のこと。小さい「ャ、ュ、ョ」を使って表される音だ。
点字では下のように書く。

ローマ字でチャ、チュ、チョ、シャ、シュ、ショを書くと
tya ,tyu  tyo, sya, syu, syo 
となる。
yの部分を拗音を表す記号と考えて、4の点でそれを表す。残っている
ta, tu, to, sa, su, so  
は、「タ、ツ、ト、サ、ス、ソ」であり、それをそのまま点字にする。
そうしてできたのが、上の拗音の点字。点字の拗音表記は、点字二つ分を使って一つの言葉をあらわしている。濁音が「5の点+濁音にする音」と同じように。
点字入力の方法は、日本語をローマ字で表記することをうまく使っている。

このことをふまえて、岩波文庫の「江戸川乱歩短編集」の「二銭銅貨」にでている暗号文の点字表記のところを見てみよう。

これが岩波文庫のある「二銭銅貨」の点字の部分を私が写し取ったもの。
星印の部分には「濁音符」という言葉が書かれている。また*印には「拗音符」という文字が書かれている。小さくてかけなかったので星印と*印で代行している。
拗音の「チョ」「ショ」「チャ」の部分にマーカーで記しておいた。

本文の暗号文を写したものが左である。

これを見ると、江戸川乱歩は点字の拗音は、「小さいョ」という意味で「拗音符+ヨ」「拗音符+ヤ」と書くと思ったようだ。
チョ→チ+拗音符(4の点)+ヨ
ショ→シ+拗音符(4の点)+ヨ
チャ→チ+拗音符(4の点)+ヤ
と考えて暗号文の点字を書いたように思われる。

「ビブリア古書堂の事件手帖」には次のような図が書かれている。

この図で江戸川乱歩の「拗音」の間違いがよくわかると思う。
戦後版の点字は正確な点字の拗音が書かれている。

この「二銭銅貨」という作品が書かれたのは大正12年(1923年)。
石川倉次が考案した点字が学校で使われた最初の年が1890年(明治23年)。
点字が官報に公表されたのが1901年(明治34年)
点字新聞が発行された最初の年が1922年(大正11年)。
点字がまだまだ一般化しない(今もそうだが)時代に、点字を取り上げて作品にした江戸川乱歩の先見の明はすばらしいと思う。

しかし、戦後に訂正されたはずのものが、どうして今も訂正されないままの版が出版されるのだろうかという疑問が残る。
この岩波文庫以外にも私が手にした他の出版社の文庫本については、次回に書くことにする。

 

 

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 20

四日目 ブロードウェイのミュージカル

私たちの乗った観光バス。ビルに写り込んでいるのをパチリ。

ロックフェラー・センターをバックに何かフィギアのようなものが。これは風船でできたバルーン人形。

左上の写真はロックフェラー・センター。走っているバスから撮影。5番街から6番街にかけてあるビル。259m、70階建て。夜の観光スポットでこのビルが再登場する。
右上の写真は、ニューヨークの二日間滞在した
NEW YORK MARIOTT MARQUIS 
(ニューヨーク マリオット マーキス)
マンハッタンのどまんなか。ブロードウェイのすぐそば。
まわりには沢山のシアターがあった。
人通りも大変多い。

このホテルのロビーは8階。1階はエレベータールームになっている。

写真の真ん中にあるボタンで自分の行きたい階を押すと、どのエレベーターに乗ればいいかをA〜Pまでのアルファベットで知らせてくれる。そのエレベーターを乗ればいいということで、初めての経験だった。

その案内図と操作方法が点字で説明されていた。

各フロアも同じ仕組みになっている。
(写真はKのエレベーターとボタン)

マリオットは点字が表記されていることで、私の印象に強く残っている。
中国で泊まったホテルでもマリオットホテルだけに点字表記があった。
このアメリカの旅で、点字を見たのはこのマリオットホテルだけだった。
道路の点字ブロックは、私の見た限りはどの街にもなかった。

夜はオプションでミュージカルに行く。私たちは松本侑子先生と一緒に「アラジン」を観劇。米倉涼子の「シカゴ」に行った人、「オペラ座の怪人」に行った人もいた。

ここはニュー・アムステルダム・シアター。これが本場のミュージカル劇場なんだ。クラシックで華やかで落ち着いている。

左からアラジンのTelly Leung、ジニーのMajor Attaway、そしてジャスミンのCountney Reed.(当日のパンフレットより)。 私たちの見た時はジャスミンはTia Altinayであった。
ジニーの踊りの激しいこと。ジニーがすごい、ということは見る前から聞いていたが、聞きしに勝るとはこのこと。「大丈夫?あんなにキレキレのダンスを長時間おどって、倒れない?」と心配するほど。これが本場のダンス、ミュージカルと納得するしかない。

松本先生の話によると、「日本でも見ましたが、歌もダンスも衣装も全く同じでした。今日の舞台を見ると、アメリカでは、役者は白人ではなくて、ほとんどがアラブ系に見える人たちで、原作に沿っていて、素晴らしいですね」

ミュージカルが終わって外に出ようとすると、出口(入口)にアラジンの魔法のランプが置かれていた。開始のときには見なかったから、終了の時に置いたのだろう。これこそが観劇記念の撮影ポイント。
沢山の人がカメラ、スマホをもって写真撮影の順番を待っている。だれもが魔法のランプと一緒に写真をとりたいのだなあ。

ニュー・アムステルダム劇場を出てホテルまで歩いて帰る。クリスマスや大晦日の心斎橋や道頓堀を歩いているような光と人の波。

ニューヨーク・マンハッタン、ブロードウェイの夜は更けていく。

 

 

ドイツグリム紀行7(3日目)

マールブルクにあった「点字」

img_3242

朝食はヘルシーに。ヨーグルトと果物をメインにする。
朝食の後、まだ時間があるので、昨日の夕方に行ったスーパーマーケットへ朝の散歩に出る。

img_3247

これは?
そう、日本で言う点字ブロック。日本ではほとんど黄色だが、ここマールブルクではグレー。

現地ガイドさんによると、マールブルク大学はドイツの中でも、視覚障害者、目の不自由な人で、大学での勉強を望んでいる人たちを受け入れていることで有名な大学なのだ。

昨日、マールブルク大学の周辺を歩いたときも、白杖を持った人を何人か見た。マールブルクの人たちはどんな対応をしているのか興味があった。見た限りでは白杖を持った人には必ずだれか一人がつきそっていた。ボランティアの人たちなのか、たまたま通りすがりの人が手助けをしているのか、それはわからなかったが、誰かがついて歩いている。これは日本と大きく違うことだった。

img_3250

交差点には通学だろうか、自転車とヘルメットの子どもたち。真ん中にある信号機には視覚障害者に青信号になったことを振動で伝える装置がついていた。日本で言う「盲人用の信号機」だった。

img_3257

自転車専用道路の印。大学の街だからだろうか、結構自転車が利用されている。

img_3258 img_3259

スーパーマーケットには学生さんらしい人がパンを買いに来ている。朝食かな?ランチのパンかな?

img_3260

日本のカップヌードルがある。日本からの直輸入?カップヌードル1個が1.1ユーロだから学生さんには人気なのかも。(1ユーロ115円だとすると130円ぐらい。日本より安いかな)

img_3230_2

 

img_9121

土地の高低差の大きい町なので、高いところに行くためのエレベーターがある。
丁度このホテルの正面に上の写真のようなエレベーターがあった。
電気の付いている部分がエレベーターの入り口。

垂直移動をするのは、左のポルトガルで撮った写真、リスボンのカルモのリフトと同じだ。
このエレベーターに乗って、上の町に行くと、そこはマールブルク大学の周辺になっている。
スーパーマーケットまで散歩をすませたあと、このエレベーターに乗って上の町を見学することにした。

img_5720

ホテルからエレベーターまでの横断歩道についていた信号機は、日本で言うなら「盲人用の信号機」。振動で青信号になったことを知らせる。
三枚目の写真の交差点で見た信号機もこれと同じもの。

img_5719

エレベーターの中のボタン。目の不自由な人が触ってわかるように、立体的なボタンになっている。点字もついている。

img_3285

エレベーターで上った町の通りに本屋さんがあった。あれ?これは? どうも点字に関係するものが並んでいるようだ。

img_3282 img_3283

img_3284

これは点字タイプライターだ。 こんな種類のタイプライターを見たことがなかった。

img_3276

img_3272 img_3291

点字本の現物も置いてある。
日本流でいうと点字の50音図がある。日本に帰って調べてみると、ABC…のアルファベットは日本で使っている英字点字と同じ配置だった。数字も万国共通のようだ。
ドイツ語のウムラウトの説明もある。なるほど、点字はその国の文字に合わせて作られていることがわかる。
店の中に入ってもっと詳しく見たかったが、開店前の時間だった。
時間を待ちたいのだが、9時に集合出発なのでできなかった、残念。

img_3294

ホテルに向かって、今度はエレベーターを使わずに坂道を降りていくと、大学の建物の一部らしい公園のような広場に出る。 そこには馬のレリーフと、なんと点字の本が金属モニュメントとして幾つか並べてあった。 img_3299 img_3300

 

あぁ、ドイツ語が読めない、ドイツ語の点字が読めない。

日本に帰ってから調べてみると、 上の本は、「Emil und die Detektiv 」 
ケストナーの「エミールと探偵たち」 。
そして下の本は、「Die Sterntaler」  グリム童話の「星の銀貨」だった。

ああ、そこに日本語による掲示板があったら、とどんなに思ったことか。

ガイドさんや松本侑子さんがおられたら、いろんな説明が聞けたのに・・・・

ホテルに帰り、午前9時。バスは「赤ずきん」ゆかりの地に向けて出発する。