日本語表記の歴史 4

カタカナの誕生

漢字が日本列島に伝わったのは西暦300年〜400年ぐらいと推測されている。

604年 十七条の憲法
652年 最も古いと思われる万葉仮名を難波宮跡から発見
712年 古事記 太安万侶
717年 遣唐使 吉備真備
783年 万葉集 大伴家持
804年 空海が遣唐使として中国へ

漢字が伝来して数百年のあいだ、漢字をそのまま中国語読みすることからはじまり、音仮名、訓仮名へと利用の仕方が発展してきた。
平安時代になってから、漢文を読む工夫から「カタカナ」が作られ、使われるようになったと言われている。

奈良時代の人たちは漢文を読むために工夫を重ねた。 私達が漢文の勉強で習った「✓」や「一」「二」などの「返り点」を想像すれば良いとおもう。
日本語で使う「こと」「を」など補うために、「ヲコト点」というものを漢字の四隅に打って、それがわかるように工夫された。
さらに日本語の活用や活用語尾をあらわすのには、「ヲコト点」という記号だけではたらず、万葉仮名をつかうようになった。 しかし万葉仮名では字数が多すぎて書ききれない。そこから万葉仮名の一部を用いて済ませてはどうか、そういう方法があみだされたようだ。

上の写真は「成実論」(828年)といわれる仏教論書で使わている「カタカナ」の一例である。

 

カタカナを使って漢文を読むことがすすみ、漢字を書くときにカタカナも使った文書が発見されるようになる。

つまり文章全体を「漢字とカタカナ混じりで書く」という形態がでてきたのである。これが「漢字カタカナ混じり文」の誕生である。

左の「平家物語」も「漢字カタカタ混じり文」で書かれている。漢字と「カタカナ」の相性は言いようで、この書き方は公文書などに引き継がれれいく。

 

 

 

824年 「東大寺諷誦文稿(とうだいじふじゅもんこう)」 
      カタカタが使われた最も古い例と言われている。
828年 「成実論」 ヲコト点、カタカナが使われている。
835年  空海亡くなる
851年 「金剛般若経讃述」書き込みにカタカナが使われている宣命書きがある。

800年代、9世紀を通じてこの方式が広がり、宗派や僧侶によって違っていた「カタカナ」の字体表記も統一化の方向へをすすんでいったと考えられている。
しかし「万葉仮名」のくずし方、取り出し方は時代や人によってさまざまだった。

「あいうえお」などをあらわす「カタカナ」や「ひらかな」にはいろいろな書き方があったようだ。
その状態は明治になるまで続き、1900年の「小学校令施行規則」によって、現在使っている形に統一された。

カタカナがどの漢字から変化してつくられていったかについても諸説ある。

上の写真は「金田一先生と日本語を学ぼう2 文字のいろいろ(岩崎書店)」から引用したもの。

この写真は「光村の国語 広がる! 漢字の世界2 漢字が日本にやってきた!(光村教育図書)」からの引用。
この2つの表を見比べると、
カタカナの「二」の元字として「二」と「仁」、「マ」の元字としては「末」と「万」、「ン」の元字などに違いがあり、「カタカナ」の元になったという漢字も、このように諸説いろいろあることがよくわかる。

*今回のブログにはこの2冊の本を引用しながら説明をしてみた。