壽初春大歌舞伎

千穐楽(1月26日) 藤原紀香さん発見

1月26日土曜日、松竹座の「壽初春大歌舞伎」に行ってきた。千穐楽の日だった。
坂田藤十郎さんの米寿を祝っての興行でもある。
入り口のテーブル受付に背の高い和服の女性がいる。藤原紀香さんだった。
「愛之助さんが出てるからね」と妻が言う。

私が見た演目は、お昼の部で、

玩辞楼十二曲の内 土屋主税    11:00-12:15

幕間 35分

坂田藤十郎米寿記念
寿栄藤末廣           12:50-1:10

幕間 25分

心中天網島
玩辞楼十二曲の内 河庄      1:35-3:00

という三つの舞台だった。

演目の「土屋主税」は、忠臣蔵のスピンオフ(サイドストーリー)

吉良上野の屋敷の隣に土屋主税の屋敷がある。討ち入りの日に俳句の句会があり、そこで主税は其角から大高源吾が士官をしたという話を聞く。
其角は大高源吾の不甲斐なさをののしるが、そのときに読んだ下の句が「あしたまたるるその宝船」というのを知って、主税はその真意を察するという話。
この時の主税の表情と演技がこの演目の見せ場というわけだ。
土屋主税を中村扇雀さん、大高源吾を片岡愛之助さんがつとめた。
仮名手本忠臣蔵は吉良邸から見た高灯籠だが、この「土屋主税」は主税邸から見た高灯籠であり、忠臣蔵の人気の高さが伺われる舞台だった。

坂田藤十郎米寿記念
寿栄藤末廣(さかえことほぐふじのすえひろ)

坂田藤十郎さんの米寿記念の踊り。
女帝に坂田藤十郎さん。
鶴に中村鴈治郎さん
亀に中村扇雀さん
従者に中村壱太郎さんと
中村虎之介さん。

若い二人の見栄えよく、きもちがいいものだった。成駒屋ご安泰が伝わってくるような演目だった。

左から虎之助さん、扇雀さん、藤十郎さん、鴈治郎さん、壱太郎さんの写真。

今回の歌舞伎で一番心に残ったのは、

心中天網島
玩辞楼十二曲の内 河庄

だった。

「河庄(かわしょう)」というのは、新地のお店の名前。ここで主人公の紙屋治兵衛(かみやじへい)と遊女小春のやり取りが中心になっている。
実際にあった心中事件を近松門左衛門が人形浄瑠璃にし、大評判となった。それを歌舞伎にしたのがこの演目。紙屋治兵衛を中村鴈治郎さん
小春を中村壱太郎さん
粉屋孫右衛門(治兵衛の兄)を坂東彌十郎さん
が演じている。

小春の心変わりに怒りと絶望の波に巻き込まれる紙屋治兵衛をなだめ説得する粉屋孫右衛門のやりとりが面白い。
上方の旦那、色男とはこんなものです、という感じがよく伝わってくる。
心に何かを隠したような小春。耐える女を演じる壱太郎さんもまた魅力的だった。若いからあの耐える姿勢が続けられるのかなあ、とも思った。

舞台では、いったん河庄をでた二人が、花道で「やっぱりあのことだけは小春に言いたい!」と戻る戻るなと言い合った末に治兵衛は小春に文句を言いにもどるのだが、
(その場面の二人の上方風の言い合い、口げんかの言い回しは、またおもしろかった)原作はそうではない。

左の本は、図書館で借りた本。
この話の全体を知りたかったので借りてきた。
「曽根崎心中」や「女殺油地獄」、「冥途の飛脚」など、文楽や歌舞伎で見たことはあるのだが、全体を通して見ていない。私の頭の中ではあちこちの場面がばらばらにあるので全体を通して勉強してみようと思った。

さて、原文は以下のようである。

++++++++++++++

治兵衛・・・ ハアハアうぬが立の立ぬとは人がましい。是兄者人、片時も彼奴が面見ともなし。いざ御座れ。去ながら此無念口惜さどふもたまらぬ。今生の思ひ出、女が面一ツ踏。御免あれ。

語り・・・ と、つつと寄て地団太踏。

治兵衛・・・ エ、エ、しなしたり。足かけ三年戀し床しも最愛可愛も、今日といふ今日、たった此足1本の暇乞

語り・・・ と額ぎはをはつたと蹴て、わつと泣出し兄弟つれ歸る姿もいたいた敷、跡を見送り聲を上、歎く小春も酷らしき、無心中か心中か、誠の心は女房の、其一筆の奥深く、誰が文も見ぬ戀の道、別れてこそは三重歸りけれ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このように、原作では小春の顔を蹴っているのだ。
そこは現代の歌舞伎なので演出は変えてあるのだろう。

演じ方はその時の演出によって変わるそうだ。アドリブもあるのだろうなあ、と思いながら鴈治郎さんと坂東彌十郎さんのやりとりを聞いていて思った。

この二人は「心中天の網島」の名の通り、心中することを選び、実行する。
どうしてそんな道を選んだのだろう。心中物を見るたびに思ってしまう。
それは時代のせいか、社会のせいか、取り巻く意識のせいか、
こんなテーマの演劇は世界の中でも珍しいのか、普遍的なものなのか。
そんなことを考えてしまった。

めずらしく松竹座前の消防署から消防自動車が出動していた。
お正月といえども世界は動いている。
私たちのまわりは目まぐるしく動いているなあ、と思った歌舞伎見物だった。