残り恵比寿

1月11日、残り恵比寿。残った福をもらいに行こうと、妻と娘と一緒に今宮戎に行く。いいお天気だ。お昼前なので、人も混雑するほどではなかった。

本殿向かって右の入り口には、幼稚園の子供達が描いた「はばたき」と名付けられた大きな絵が掲げられていた。

福娘さんたちの周りは、人がいっぱい。
大きなカメラを持った人たちも多い。
今年は肌の色の違う外国人の福娘さんたちが目についた。えべっさんも国際的だ。

狛犬の首の周りに、10円玉、5円玉、1円玉があった。
投げたお賽銭が引っかかったのか、わざわざここに置いたのか、初めて見た光景だ。

恒例のおみくじ。凶は出ずに、半吉、末吉、吉の三種類が出た。
努力して待てば願いは叶うようだ。

「恵美小学校PTA」と書かれたのぼりを発見。
恵美小学校は校区に「今宮戎神社」や「通天閣」があるという、歴史のある学校だった。大阪市の統廃合の政策によって、2017年3月に閉校となった。

今年も今宮戎神社の正門左には、「恵美小学校PTA」の提灯が下げられている。
「今年も恵美小学校PTAでアメを売っているんですね?」と声をかけると、
「ええ、売上は学校の子どもたちのためにカンパしています」とにっこり笑いながらPTAらしい人が答えてくれた。
恵美小学校、日東小学校、日本橋小学校の3校は統合して、大阪市立波速(なみはや)小学校となり、日本橋中学校との施設一体型の小中一貫校となった。
そんな歴史の中でも、えべっさんのアメは恵美小学校PTAの名前で売られているのは感慨深いものがある。

今年も拝殿裏側にあるドラをたたいて「世界平和」を祈る。

なんばまで歩くが、屋台の屋号や宣伝がカラフルになったことに気づく。
今年は「韓国風のたべもの」などの外国人目当てらしい屋台が多いと感じた。
トランクを引きずる観光客、私学の女子高校生のグループ、若い男の子たちの賑やかな集まり、年代や国籍を超えた人の流れが続いている。

例年見る「芭蕉せんべい」のおじさんの屋台がみあたらない。「堺の包丁」のおじさんのお店はあった。屋台も時代とともに変化、移り変わっていくようだ。

2019年が良い年でありますように。えべっさん、たのんまっせ!!