正倉院展 2020

第72回正倉院展が11月9日で終了した。 今回正倉院展の見学と奈良ホテルでのランチ付きのバスツアーがあったので参加した。
1時間の見学時間、一回の入場者は150人に限っての受け入れだった。
奈良国立博物館のまわりにテントを張り、見学者はソーシャルディスタンスを守っての入場だった。

館内は撮影禁止のため、購入したカタログの写真でいくつか紹介しておこう。

一度の入場数が150人なので、思ったよりゆっくりと展示品を見ることができた。これまでだったら、有名なものに人垣ができ、押し合いへし合いのなかでガラスケースの中をのぞくのに苦労したり、説明のパネルをゆっくりと読むことはできなかったが、今回はパネルを読み、展示物を一つ一つ見ることができた。
コロナウイルスの予防対策のためマスクは必ずつけるのだが、わたしは鼻を出してケースを見ていると、係の人がやってきて手真似でマスクを上に上げるように指示された。科学館のプラネタリウムのときも一つおきの椅子に座って、マスクを外したら、係の人がやってきて注意されたことを思い出した。どこで見ているのだろう? なぜわかるのだろう?とびっくりしたが、新型コロナウイルスの感染予防は徹底している。

これは「五色龍歯(ごしきりゅうし)」といわれている薬。
予想していたよりも大きかった。
長さ16.7cm, 幅8.9cm, 高さ24.0cm,重さ4655g とカタログには書かれている。
展示されているものは3つに分裂しているため、紐で結わえてある。
他の薬物と配合して収斂(しゅうれんー血管や組織を縮めること)、鎮静(神経の興奮を鎮めること)に用いられたそうだ。
実はこれは象の上顎右第三臼歯の化石。インドに多くいたとされるナルバタゾウと推定されている。昔の人にとっては、象の化石は薬同然だったのだろう。

これは「粉地彩絵箱(ふんじさいえのはこ)」といい、献物をいれた箱だそうだ。
縦22.4cm,横28.4cm、高さ9.2cmの箱。ヒノキ製と記されている。
このデザインの美しさ、色使いの華やかさにある落ち着き、現代の製品と言ってもだれもわからないと思う。
正倉院展に出てくる展示物は時代をこえた力を持っている。

私が一番見たかったのはこの「馬鞍(うまのくら)」、騎馬用の座具である。 奈良時代、8世紀にこの馬鞍は使われたという。 当時の日本の馬はサラブレッドのような大きな馬ではなく、小型の馬だった。
鐙(あぶみ)も現在の形とはまったく違っている。この馬鞍をつけた日本古来の馬を想像するのはとても楽しい。

このほかにフェルトの敷物や、その再現の様子をビデオで見ることもでき、正倉院には様々な文化が集まっていることが実感できた。
まさしく正倉院は「シルクロードの終点」だ。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため措置が取られ、十分なソーシャルディスタンスも確保された。そのおかげというのはおかしいかもしれないが,ゆっくりと見ることができたのはよかった。

ランチは奈良ホテルで。
私が思っていたよりも多くの人が食事を楽しんでいた。
下の写真は、ロビー・受付を二階から撮したもの。まるでジブリの映画を見ているような感じだったので写真に撮った。

奈良県庁横のバスセンターの屋上では菊人形展が開かれていた。
東大寺、若草山をバックにし、天皇や、皇后、貴族の衣装を着た菊人形が並んでいた。いいお天気だったので気分もとても良かった。
このあと法華寺の11面観音像や、秋篠寺の伎芸天立像などを見学に行ったが、そのことはまたの機会に紹介したい。

 

 

 

 

藍染め 2017年

今年は5月5日に藍の種をまき、9月30日に藍を刈った。 写真は藍を刈ったあと、葉が出てきたところ。約1週間ほど天日干しした。

65グラムほどの乾燥葉がとれた。

今回は手に入りやすい薬品で染めてみることにした。

ハイドロサルファイトナトリウムのかわりに衣服用漂白剤の「ハイドロハイター」をつかう。
炭酸ナトリウムとして「消石灰」を使うことにした。
「ハイドロハイター」は近くの大型薬局にあった。
「消石灰」は大型スーパーの肥料売り場で購入。
かなり安く買うことができた。

参考にした本は以前も使った「そだててあそぼう18 アイの絵本」(農文協)。絵本なのでよくわかる。

本によると、

乾燥葉・・・100グラム
水・・・2リットル
炭酸ナトリウム・・・15グラム
ハイドロサルファイトナトリウム
       ・・・15グラム

というのが基本になる。
これを比例計算して藍染をすることにした。

65グラムの乾燥葉なので、1.2リットルほどの水を入れて15分ほど煮る。

煮た藍の葉をタオルなどで濾過する。

1回目の濾過した液は廃棄する。
ここまでは準備段階。

15分煮て絞った藍の葉が主役。
ここに1リットル余りの水を入れて再び煮る。水の量は計算では1.1リットルぐらいだが、それよりは少し多めにしている。

沸騰し始めたら、消石灰を12グラム、ハイドロハイターを12グラム入れる。
必要な正確な分量はわからないが、炭酸ナトリウムとハイドロサルファイトナトリウムの分量と同じと仮定して量をきめた。
実際は1グラムぐらい多めに入れている。

タオルで溶液を濾過する。熱いのでやけどに注意。
右が染液を絞り出したあとの藍の葉。
この葉に水を1リットル余り加えて煮る。

沸騰し始めたら、消石灰と、ハイドロハイターを前回と同じ量を入れ、15分ほど煮詰める。 このことを全部で3回繰り返して、染液を集める。左の写真のように藍の青色が見えてくる。

上の写真左は、3回目の抽出のあとの藍の葉の様子。 3回かけて集めた染液に、白い綿の布を入れる。染液の温度は40度〜45度。下がれば温めることが必要。

5分漬けて空気中に広げる。黄色だった布がみるみると青に変化していく。
この作業を3回くりかえる。

左が3回染めたあとの様子。

きれいな藍色がでてきている。
真っ白だった布が、藍の染液につけると緑色になり、空気に触れるとみるみる青に代わっていくのは本当に不思議だ。
化学反応で説明できるのだが、そのことを知っていても感動する。
日本に藍染の技術が入ってきたのは5世紀ごろといわれている。その当時の人は非常に驚いたにちがいない。
正倉院にはいくつもの藍染めされた宝物があるそうだ。

水洗いしてベランダで干す。ショールも染めてみた。全く同じ染液に入れているのに、木綿のように鮮やかには染まらなかった。化学繊維が使われているのかもしれない。

これで完成としよう。
愛を使って染めても、使う生地によって染め上がりが変わってくるのもおもしろい。
種が取れたら、来年も実験してみよう。

注意:煮た藍の葉は、臭いがきついのでビニール袋に入れて生ゴミとして処分した。
   また染液は下水に流すように本では書かれている。
   私は庭の植物を植えていない部分の土にしみこませた。
   前回は手が藍で染まったので、ビニールの手袋を用意した。
   指が染まることはなかった。この手袋は必需品。
   やけどをしないように注意。染液の温度は高いことを忘れないこと。