開花宣言

大阪の桜開花宣言は3月27日

3月27日が桜開花宣言だったが、その日は桜の写真が撮れなかった。 今回の写真はすべて3月29日の写真。

ここは難波宮跡公園。花見を予想してか、地面もきれいに草が刈られている。

はとやコマドリなどの鳥がなにかの実をついばんでいるようだ。春が近づいている。

東住吉区役所周辺の街路樹はこぶし。こぶしの白い花も開花のようだ。

辛夷(こぶし)の花。
木蓮の花にとても良く似ている。
調べてみると、「モクレン科モクレン属」だから木蓮に似ていて当たり前だった。
高さ18m、幹の直径は60cmにも達するそうだからかなりの大木になる。

こぶしと木蓮の花の違いはおおきさ。こぶしのほうが小さい。
また写真でわかるように、辛夷の花は下向きにについている。
木蓮は花が上を向いている。と言われている。

街路樹に利用されることが多く。東淀川区役所の周りの街路樹もこぶしの木らしい。

かつての初芝高校前の道路の桜並木。
住宅建設の影響か、桜の木の枝が短く切られているのが残念。

3月29日の開花の様子を写真に撮った。
開花宣言というのは、大阪の場合は大阪城公園の西の丸庭園にある「標本木」を観測して、開花の基準となる5輪以上咲いているのを確認して宣言がだされるそうだ。

ちなみに3月27日を「日本さくらの会」が「さくらの日」と制定している。
「さんく27」から来ているのではないかと私は思っている。

百人一首で「桜」という言葉を出して歌にしているのが、

伊勢大輔の

「いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな」

大江匡房の

「高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 たたずもあらなむ」

が有名。

桜の日本はきっても切れなない関係のようだ。
満開の見頃は4月の第1週らしい。たのしみだ。

 

 

 

 

堺環濠クルーズ2018

今年の桜ははやい。 3月31日なのにもう葉桜がちらほら。
堺環濠クルーズは来週末まで予約満席になっている。

今年はこのクルーズの初日に行ったわけだが、すべて満員。何日前からの受付をしているのかはわからなかったけれど、1週間ほど前の予約で初日が取れた。でも4月の第1週はすべて満員だった。すごい人気だ、今年の桜の開花が早いからかもしれない。ホームページのアドレスは下記の通り。

http://www.kc-sakai.com/schedule.ht

ホームページを見てみると、詳しくアクセスや航行日が載せられている。 設立趣意がのせられていた。  

「堺の市街地を流れ、黄金の歴史を誇った“自由都市・堺”の象徴「観濠」を現在に伝える「内川・土居川」。10年前、私達はドブ川となっていた「内川・土居川」を少しでもきれいにしたいとの思いから、清掃活動を始めました。  また、今年で8回目を迎える、市民と川をつなぐイベント「内川・土居川まつり」にも堺市と共に参画してきました。こうした活動を通じて、同じ思いを持った仲間が集い、この観濠に定期観光船を運航させるNPO法人「観濠クルーズSakai」を設立いたしました。  内川・土居川のまわりには、数多くの歴史的遺産や観光名所が存在するにも関わらず、観光客はもとより地元の住民までそのような事にあまり関心を持たれていないのが現状です。 そこで私達は、この観濠に観光船を走らせ、堺の歴史的遺産を見て触れてもらう事で堺のまちを観光都市として位置付け、魅力あるまちにしたいと思います。  また、観光船の上から身近に川を感じ、みんなが「内川・土居川」をきれいにしたいとの思いを抱き、“市民が憩う川辺”を共に造り上げていきたいと願っています。  是非、この「観濠クルーズSakai」の設立趣旨にご賛同をいただき、ご支援を頂けますようお願い申し上げます。」

環濠と観濠をかけてあるところが関西らしい。

4月になっていないのに桜は満開。

橋の欄干や桜の木々に鯉のぼりが泳いでいる。

環濠から海に出ることころにいたのはアオサギ。魚を狙っているようだった。

堺コンビナートに通じる湾は波が大きくなってきた。風も先ほどの春めいた風が冷たい風になり、思わず上着のボタンをとめる。

50分のクルーズ。ボランティアガイドさんの写真や歌を交えての説明で、またたくまに出発地点に戻ってきた。

お天気よし、桜よし、堺よし、の三方よしの環濠クルーズだった。 このクルーズは桜の季節だけ行っているのではない。5月にはこどもの日に合わせたイベントもあるようだ。 春、夏、秋と季節に合わせた魅力があるクルーズだと思う。 来年もまた来たいと思いながら船を降りた。