難波神社寄席 第三問

さて桂文喬さんの落語「宿題」からの最終問題。

4人姉妹で、サクランボを分けました。  
4人で分けると1個余ったので、鳥にやりました。  
食べようとしたら友達が来たので、友達に1人分あげました。  
3人分を4人で分けると2個あまったので、鳥にやりました。  
食べようとしたらお父さんが帰ってきたので、お父さんに1人分あげました。  3人分を4人で分けたらちょうど割り切れたのですが、最初に分けたときよりも10個ずつ少なかったのです。  
さて、サクランボは全部で何個あったのでしょうか。

関係が理解し難いので絵に表してみよう。

一番最後のさくらんぼ一人分の個数をn個とすると、このときのさくらんぼ全体の量は4n個となる。

①.一つ前の段階に戻って、「お父さんのさくらんぼを含めて」このときのさくらんぼの量は 4n+4/3n 個になる。
 A’+B’+C’=4*n だから A’=B’=C’=4/3*n

②.一つ前にもどって、A’+B’+C’+D’+2=4(4/3*n)+2 となる。

③.さらに一つ前に戻って、A=B=C=(友達の分)だから
 A+B+C+(友達の分)=4*{4(4/3*n}+2}/3
            =(64/9)*n+8/3

④.③で求めた数が4姉妹の合計数だから4で割ると一人分が出る。その数は
  最後の数であるnより10多いので、

  {(64/9)*n+8/3}/4=n+10 これを計算すると
    (64/9)*n+8/3=4n+40
       64n+24=36n+360
         64n−36n=360−24
           28n=336
             n=12
  nは一番最後のさくらんぼ一人分。その数は最初の数より10小さい。
  したがって最初のさくらんぼの合計数は (12+10)*4+1=89

  答え 最初のさくらんぼは合わせて89個あった。

なんとも面倒な計算になってしまった。

本当にこんな問題が小学校の宿題ででるのだろうか。
この落語「宿題」は桂三枝さん(現在の桂文枝さん)の創作落語。どこでこの題材を見つけ出してきたのか大変興味があるところだが、私にはよくわからない。

落語「宿題」では、上のような計算までは含まれていなかった。
わけのわからない問題に怒り心頭のお父さんは塾に文句を言いに行く、抗議に行く、怒鳴り込みに行く、実際はどのへんの段階なるのかわからないが・・・
「こんな問題をださないでくれ」と怒ったお父さんに、塾の先生はなんと返答したのか、それがこの落語「宿題」のさげ、おちになるのだが、そこは実際に聞いて確かめることをおすすめする。

しかし桂文喬さんはよく覚えているなあと感心する。
文章問題の問題文、解答のための数字や計算式、丸覚えするといっても意味がわからなければ暗記もできないだろうに、と思う。そうすると桂文喬さんも紙の上で計算式を何回も書いて覚えたのかなあと思ったりするが、古典の演目だけでなく、新作落語にも芸の幅を広げようとする前向きさには、私も見習わなくてはと感じた。

落語は繁昌亭だけでなく、いろんなところでおこなわれているようだ。
繁昌亭のようなしっかりとした寄席だけでなく、難波神社寄席のように大会議室のような部屋を寄席風にレイアウトを変えてやっているところもあるそうだ。
機会があれば、いろんな寄席に行ってみたいし、落語だけでなく上方演芸にもっと親しみたいと思う今日このごろだ。

 

 

 

 

 

難波神社寄席 第二問

さて難波神社寄席での桂文喬さんの落語、「宿題」の第二問。

兄は小学6年生、弟は小学2年生。学校に向かうために(同時に)家を出ました。  兄が家を出てから 21 分後、弟は 105 m遅れたので、1分間に 20 m速くあるいたところ、兄が学校に着いたとき、弟は 60 mに迫っていました。  兄が時速 5.1 kmで歩いたとして、家から学校まで何メートルでしょうか? 

内容が1回で理解できななあ。 落語のお父さんも怒っている。

父「ややこしいなあ」
父「20分歩いても学校に着かへんのか」
まあ,現在では学校の統廃合や校区の自由化などで電車やバスで学校に通う子どももいますからねえ。私学の子どもはずっと以前から電車通学でした。ところでこの落語は公立の小学校が舞台でした。

父「なんでお兄ちゃんが弟を待ったらへんのや」
それはそうですね。

お父さんは休んでいる部下に電話で助けを求めます。
部下のアドバイスは「105mを21分でわると、兄弟の速さの差が分速ででます。」部下はどんな考え方をしたのか整理してみましょう。

105➗21=5

次に兄の分速を計算します。→ 5100/60=85(m/分)
弟の分速は → 85−5=80

問題文の「1分間に20m速く歩いた」というのは、兄の分速よりも20m速く歩いたと考えると、この地点から弟の分速は → 80+20=100

この地点から弟の分速のほうが速くなり、その差は → 100−85=15
1分間に15mずつ追いついてくる事がわかる。

105mの差が60mになったのだから追いついたのは → 105−60=45
45m追いついたことがわかる。

1分間に15m追いついたのだから、45m追いつくのにかかった時間は
 45➗15=3(分)

21分後から3分経ったのだから、兄が歩いたのは 21+3=24(分)

兄は24分歩いているので、歩いた距離は → 85*24=2040

答え 家から学校までの距離は 2040m

落語を聞いているだけでは話についていくのが精一杯。

紙に書いてみてやっと「なるほど」とわかった。これは何算?
鶴亀算、旅人算、植木算なんていうやり方があったなあと思い出すが、すっかり忘れていた。

これを方程式を使ってみて解いてみよう。

絵に書いてみるとこんな感じ。

同じように兄の分速を出しておく。→ 5100➗60=85

分速の差を求めておく → 105➗21=5

弟の分速は 85➖5=80

20mスピードアップしたから 80+20=100

弟がスピードアップしたときからX分後に兄は学校に到着したとする。

上の図からわかるように 弟はX分に100Xmすすんだ。しかしまだ60mたりなかった。
弟から見ると兄はその間に105(m)と85*X(m)すすんでいる。
両者は等しいので、

100X+60=105+85*X となる。

これを計算すると、X=3 で 3分ごと言うことがわかる。

そうすると 距離は 85*(21+3)=2040

答え 2040m

どちらの解き方が簡単か、それは一概にいえないが、とにかく絵を書いて問題を整理することが大事だとおもった。
しかし途中で弟がスピードアップしたり、兄が到着しても弟が途中だったり、ちょっと複雑なのでその分しっかりと考えないとつまづいてしまう。難問の部類だと思う。

さてここまで二問考えてきた。
落語ではもう一問あった。それは次回にすることにしよう。

 

 

 

2018年初笑い−繁昌亭

1月7日日曜日。
今年も天満宮そばにある繁昌亭で初笑い。

演目は
真田小僧・・・月亭八織(つきていはおり)
鉄砲勇助・・・桂勢朝(かつらせいちょう)
生まれ変わり・・・桂三歩(かつらさんぽ)
尻餅・・・笑福亭仁嬌(しょうふくていにきょう)
中入り
悋気の独楽・・・桂文喬(かつらぶんきょう)
熱血学園・・・桂勢朝(かつらせいちょう)

私は月亭八織さん、桂勢朝さんの落語は聞いたことがなかった。

◯月亭八織さんは名前からわかるように、月亭八方師匠のお弟子さん。関西落語会では20人ほどの女性の落語家がいるそうで、そのうちの1人。
 噺は、小遣いをねだる子どもと父親との掛け合い。子どもの巧みな話し方で、小遣いを父親からどんどん引き出していくとい話だが、どうして「真田小僧」というのかがわからなかった。調べてみると、今日聞いた噺は前半で、後半にその話が出てくる。母親がうちの子どもは知恵があると父親にいうと、「あんなのは知恵者ではない。真田幸村の子どものころは・・・」と真田三代記の一説をしゃべりだす、という展開があり、噺が広がっていく。ネットで「真田小僧」と検索するとヒットするの調べてみるのもおもしろいと思う。

◯桂勢朝さんの落語は初めて聞いた。師匠は桂米朝さん。伊勢市出身なので勢朝という芸名がついたそうだ。歯切れのいい喋り、大きな声、元気いっぱいだ。
鉄砲勇助という日本一の嘘つき名人の噺。北海道の寒さを極端に表現するのだが、それが滑稽無糖というもので、私も子どもの時に何回かラジオで聞いたことがある演目だった。なぜ鉄砲?というのだろう。これも調べてみると、昔の上方の言葉で「鉄砲を言う」というと、「嘘をつく」と言う意味だったそうだ。それで千三(せんみつ・・千に三つしか本当のことを言わない)の勇助が鉄砲勇助、ということらしい。

◯桂三歩さんの「生まれ変わり」は、桂三枝(現在の桂文枝さん)作の創作落語。三歩さんは桂文枝さんのお弟子さんで、噺のまくらで桂三枝師匠への失敗談をよく聞く。今回の「生まれ変わり」は初めて聞く落語だが、おもしろかった。話の展開が、「ああ、桂三枝さんの作品だ・・・」と何となく思えるようなものだったし、桂三歩さんの語り口がぴったりだったからだ。これからも桂三枝さんの創作落語を演じてほしいと思った。

◯笑福亭仁嬌さんの師匠は笑福亭仁鶴さん。桂三歩さんと同じ年。今年で還暦を迎える。芸は歳を重ねるほど味が出るもんだと思わせる語りだった。餅をつく音を丸めた手をもう一方の手でたたいて出すのだが、何回も続けて、同じ音をだすのも練習がいっただろうなあと思いながら見た。最後のおちが「あとの二臼はしろむしで・・・」となるのだが、はて「しろむし・・・白蒸」というのがわかるだろうか? 最近餅つきの風景は見なくなったし、体験しても餅をつくまでの段取りを経験するわけだはないから、「しろむし」という言葉も聞かなくなったと思う。米を蒸したが、まだ餅つきをしていない状態のものだが、正確にわからなくても、噺の流れで何となくわかった人も多かったと思う。

中入りの休憩時間を使って抽選会。桂三歩さんが大活躍。
入り口でもらったパフレットに書かれた抽選番号が169、なんか当たりそうと思ったがまったくのハズレ。二階席の人も当たっていたが、舞台前の人達が多く当たっていて、ちょつと不満。

さて中入り後の演目は、
◯悋気の独楽(りんきのこま)。桂文喬さんの噺はよく聞くので、安心していられる。「悋気の独楽」も何回か聞いたことがある有名な噺。おめかけさんの家から1人帰ってきた丁稚さんの、独楽を回すところが見せ所。「心棒と辛抱」をかけた噺だが、落語は日本語の勉強になるなあ、と思わせる噺。

◯桂勢朝さんの「熱血学園」も創作落語。小佐田定雄さんの作で、何年か前に作ってもらったそうだが、本当に熱血の落語だった。歌あり、雄叫びあり、大きな動きありで、桂勢朝さんも汗びっしょりの演技だった。若い?からできるパフォーマンスだなあ。おちは予想通りだったが、創作落語の面白さは十分に伝わってきた。
幕が閉まる時に、何人もの人がおひねりをもって駆けつけてきたのにびっくり。
熱いファンがいてるんだ。

落語を終わって繁昌亭の前は、落語家さん達が私たちを見送ってくれる。
これが繁昌亭のよいところ。

すぐそばの商店街の居酒屋さんで夕食。
お正月というのに多くの店が開いていた。次の日が祝日だからだろうか。
入った居酒屋さんもほぼ満員。
途中で電気が消えてお店の中は真っ暗、停電だ、どうした?
「ブレイカーを☓☓☓・・」という声が聞こえる。
お店の中のお客さんは慌てることなく、電気がつくのを待っている。
「電気の使いすぎだな」
「電子レンジとトースターを同時に使ったかも」
そうこうしているうちに電気がつく。
停電がうそのように食事が再開される。
2018年はこんな年なのかもしれない。
何か事件があっても、動ずることなく、日常生活が続いていく。

良い年でありますように。