愛蘭土紀行 その9

ジャイアンツ・コーズウェー

ダンルース城の近くにあるジャイアンツ・コーズウェーに向かう。

巨大な柱状節理の石柱が並んでいる。上の写真では神殿のような石柱の下に小さく人の姿が見える。高さ12メートルをこえるものもあるらしい。

柱のてっぺんを歩く。六角形、五角形、八角形と様々な形が見える。
これらの柱状節理はどうしてできたのだろう。ガイドさんの話によるとそれは今から約6000万年前!、というからおどろきだ。

ウィキペディアによると、「高い流動性を持つ溶解した玄武岩が、チョーク質の岩層に貫入し、広大な溶岩台地を形成した。溶岩は急速に冷却したので、収縮作用が起こった。収縮は垂直方向には溶岩流の厚みを減らすだけで割れ目は形成しなかったが、水平方向では、ひび割れを生じた。広範囲に起こった割れ目は地質学では柱状節理と呼ばれ、現在見られる奇観をけいせいした」とある。

日本では福井県の東尋坊、兵庫県豊岡市に玄武洞がある。
しかしこのジャイアンツ・コーズウェーの広大さには及ばないと思う。
(左の図は ミロスラフ・サセック作、「This is Ireland 」より)

 

赤毛の女の子を見つけた。
「赤毛のアン」のアンはこんな感じなのかもしれない。
アイルランドの人に赤毛が多い、ということはない。私達の観光で赤毛の人を見たのは写真にうっている子どもぐらいである。

さて、このジャイアンツ・コーズウェーにはおもしろい伝説がある。
アイルランドの巨人フィン・マックールとスコットランドの巨人ベナンドナーが、どちらが強いか戦うため、互いに石柱を海に埋め立てて近づこうとした(それがジャイアンツ・コーズウェーになったという)。フィンはベナンドナーの足音が大きいのにびっくりして怖気づいて家に帰る。フィンの奥さんは彼に赤ちゃんの格好をして寝るように言う。そこへやってきたベナンドナーはフィンはいるかとたずねると、フィン奥さんは「今はいない。赤ん坊が寝ているだけ」と答える。
ゆりかごで寝ている赤ん坊を見たベナンドナーは「赤ちゃんがこんなにでかいなら、フィンはどんなにでっかいんだ」とびっくりしてスコットランドに帰ってしまった、という話をガイドさんが説明してくれた。日本に帰ってから調べてみると、巨人の名前や二人のやりとり、奥さんの機転のきかせ方にはいろんなバリエーションがあるようだ。共通するのはジャイアンツ・コーズウェーは巨人たちが作ったというところか? ジャイアンツ・コーズウェーを見たら、人間わざとは思えないのは確かだ。

 

本日の観光はここで終了。
ホテルに戻って今日の夕食。

アイルランドといえばギネスビール。
毎日ギネスビールを飲んだが、其の土地土地によって味が違うように感じる。日本でも黒ビールやギネスを飲む機会があるが、やっぱりアイルランドで飲むギネスビールはおいしい。
ギネスビールの創業者は、アーサー・ギネス。彼の名前からギネスビールの名前がきているようだ。
彼は1759年に当時使われていなかったダブリンにあるセント・ジェームズ・ゲート醸造所を年45ポンドの対価で向こう9000年間!の契約で借り受けたというからおもしろい。日本でのギネスビールの販売権はサッポロビールだったが、今はキリンビールになっている。

さて、アイルランドの昼は長い。夕食の時間なのにまだ空はあかるい。
白夜とまではいかないのかもしれないが、緯度の高い国はこんなだ。