壽初春大歌舞伎

千穐楽(1月26日) 藤原紀香さん発見

1月26日土曜日、松竹座の「壽初春大歌舞伎」に行ってきた。千穐楽の日だった。
坂田藤十郎さんの米寿を祝っての興行でもある。
入り口のテーブル受付に背の高い和服の女性がいる。藤原紀香さんだった。
「愛之助さんが出てるからね」と妻が言う。

私が見た演目は、お昼の部で、

玩辞楼十二曲の内 土屋主税    11:00-12:15

幕間 35分

坂田藤十郎米寿記念
寿栄藤末廣           12:50-1:10

幕間 25分

心中天網島
玩辞楼十二曲の内 河庄      1:35-3:00

という三つの舞台だった。

演目の「土屋主税」は、忠臣蔵のスピンオフ(サイドストーリー)

吉良上野の屋敷の隣に土屋主税の屋敷がある。討ち入りの日に俳句の句会があり、そこで主税は其角から大高源吾が士官をしたという話を聞く。
其角は大高源吾の不甲斐なさをののしるが、そのときに読んだ下の句が「あしたまたるるその宝船」というのを知って、主税はその真意を察するという話。
この時の主税の表情と演技がこの演目の見せ場というわけだ。
土屋主税を中村扇雀さん、大高源吾を片岡愛之助さんがつとめた。
仮名手本忠臣蔵は吉良邸から見た高灯籠だが、この「土屋主税」は主税邸から見た高灯籠であり、忠臣蔵の人気の高さが伺われる舞台だった。

坂田藤十郎米寿記念
寿栄藤末廣(さかえことほぐふじのすえひろ)

坂田藤十郎さんの米寿記念の踊り。
女帝に坂田藤十郎さん。
鶴に中村鴈治郎さん
亀に中村扇雀さん
従者に中村壱太郎さんと
中村虎之介さん。

若い二人の見栄えよく、きもちがいいものだった。成駒屋ご安泰が伝わってくるような演目だった。

左から虎之助さん、扇雀さん、藤十郎さん、鴈治郎さん、壱太郎さんの写真。

今回の歌舞伎で一番心に残ったのは、

心中天網島
玩辞楼十二曲の内 河庄

だった。

「河庄(かわしょう)」というのは、新地のお店の名前。ここで主人公の紙屋治兵衛(かみやじへい)と遊女小春のやり取りが中心になっている。
実際にあった心中事件を近松門左衛門が人形浄瑠璃にし、大評判となった。それを歌舞伎にしたのがこの演目。紙屋治兵衛を中村鴈治郎さん
小春を中村壱太郎さん
粉屋孫右衛門(治兵衛の兄)を坂東彌十郎さん
が演じている。

小春の心変わりに怒りと絶望の波に巻き込まれる紙屋治兵衛をなだめ説得する粉屋孫右衛門のやりとりが面白い。
上方の旦那、色男とはこんなものです、という感じがよく伝わってくる。
心に何かを隠したような小春。耐える女を演じる壱太郎さんもまた魅力的だった。若いからあの耐える姿勢が続けられるのかなあ、とも思った。

舞台では、いったん河庄をでた二人が、花道で「やっぱりあのことだけは小春に言いたい!」と戻る戻るなと言い合った末に治兵衛は小春に文句を言いにもどるのだが、
(その場面の二人の上方風の言い合い、口げんかの言い回しは、またおもしろかった)原作はそうではない。

左の本は、図書館で借りた本。
この話の全体を知りたかったので借りてきた。
「曽根崎心中」や「女殺油地獄」、「冥途の飛脚」など、文楽や歌舞伎で見たことはあるのだが、全体を通して見ていない。私の頭の中ではあちこちの場面がばらばらにあるので全体を通して勉強してみようと思った。

さて、原文は以下のようである。

++++++++++++++

治兵衛・・・ ハアハアうぬが立の立ぬとは人がましい。是兄者人、片時も彼奴が面見ともなし。いざ御座れ。去ながら此無念口惜さどふもたまらぬ。今生の思ひ出、女が面一ツ踏。御免あれ。

語り・・・ と、つつと寄て地団太踏。

治兵衛・・・ エ、エ、しなしたり。足かけ三年戀し床しも最愛可愛も、今日といふ今日、たった此足1本の暇乞

語り・・・ と額ぎはをはつたと蹴て、わつと泣出し兄弟つれ歸る姿もいたいた敷、跡を見送り聲を上、歎く小春も酷らしき、無心中か心中か、誠の心は女房の、其一筆の奥深く、誰が文も見ぬ戀の道、別れてこそは三重歸りけれ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このように、原作では小春の顔を蹴っているのだ。
そこは現代の歌舞伎なので演出は変えてあるのだろう。

演じ方はその時の演出によって変わるそうだ。アドリブもあるのだろうなあ、と思いながら鴈治郎さんと坂東彌十郎さんのやりとりを聞いていて思った。

この二人は「心中天の網島」の名の通り、心中することを選び、実行する。
どうしてそんな道を選んだのだろう。心中物を見るたびに思ってしまう。
それは時代のせいか、社会のせいか、取り巻く意識のせいか、
こんなテーマの演劇は世界の中でも珍しいのか、普遍的なものなのか。
そんなことを考えてしまった。

めずらしく松竹座前の消防署から消防自動車が出動していた。
お正月といえども世界は動いている。
私たちのまわりは目まぐるしく動いているなあ、と思った歌舞伎見物だった。

 

 

 

スーパー歌舞伎 ワンピース

ここは松竹座、今話題になっているスーパー歌舞伎「ワンピース」を見に行った。

11時からの公演に行ったが、ウィークデーなのに行列ができていた。
4月1日から25日までの公演だが、1階のS席はチケット販売が始まって数分でソールド・アウトといううわさが飛び交っているぐらいの大人気だ。
この日のお客さんの層も、普段の歌舞伎と違って多様な年代、服装も着物もカラフルな洋服もあり、スーパー歌舞伎の幅の広さを感じさせるものだった。

猿之助さんが舞台で骨折したことで話題になった。 大阪では4バターンでの公演。 A ルフィ・ハンコック 市川猿之助。イワンコフ 浅野和之。
  サディちゃん・マルコ 尾上右近。シャンクス 平岳大
B ルフィ・ハンコック 市川猿之助。イワンコフ 下村青。
  サディちゃん・マルコ 尾上右近。シャンクス 平岳大
C ルフィ・ハンコック 尾上右近。イワンコフ 下村青。
  サディちゃん 坂東新悟。マルコ 中村隼人。シャンクス 市川猿之助。
D ルフィ・ハンコック 尾上右近。イワンコフ 浅野和之。
  サディちゃん 坂東新悟。マルコ 中村隼人。シャンクス 市川猿之助。

私が見たのはDの配役。ルフィは尾上右近さんだった。

公演が始まる前の舞台。ルフィのフィギアが両手を上げてたっている。あちこちで携帯で写真を取っている。公演中の写真撮影は禁止だが、幕間はオーケーのようだ。

ワンピースのあらすじを紹介する必要はないだろう。漫画は全世界といっていいほどの大人気になったし、映画にもなった。

家に帰って夕刊を見ると、ちょうどこの「スーパー歌舞伎 ワンピース」の舞台評論がのっていた
(朝日新聞夕刊)

この評は、3日の夜の部を見てのものだが、おおいに参考になる。3日の夜というと、配役はAの構成になる。
ルフィを演ずるのは猿之助さんだ。

猿之助さんは舞台番付にこのように書いている。
「・・・・最後に、この曲(ゆずの歌うTETOTEのこと)の『開けない夜など絶対にありはしない』という歌詞に励まされ、仲間たちに支えられ、今日という日を迎えることができました。本当にありがとうございます。今の僕には、ルフィの気持ちが痛いほどわかります。なので、心から叫びたいと思います。
『仲間がいるよ!!!!!』
今回も更なる進化と深化を目指し、様々な仕掛けを散りばめています。どうぞ最後までお楽しみください。」

幕間の舞台に流れるタンバリンの宣伝。なんだこれは?
劇場内にも左のようなポスターがはってある。
「Far Far Time で盛り上がろう!
スーパータンバリン」と書いてある。

その部分の新聞記事を引用すると、

「エースが海軍本部へ移されたため、ジンベエ(市川猿弥)とルフィは後を追う。ルフィはサーフボードに乗って海へ。ここで宙乗りになる。ゆずの歌う主題歌「TETOTE」が流れ、光が交錯すると、観客は総立ちになって大歓声。巨大なクジラが中を浮遊し、劇場全体が大祝祭空間に。盛り上げる猿之助の役者ぶりがひかる。」

サーフボードに乗って花道に出る右近さん。ジンベイがひもを持っているので、このままずるずると花道を引っ張っていくのかなあ、それも愛嬌かなあ、と思っていたところが、ここから宙乗りになったのだ。松竹座の4階の高さまで上がっていく。しかもスケートボードに乗っている仕草をしながら。バックにはゆずの歌声。
ここでスーパータンバリンが活躍する。会場の様々方向からタンバリンのたたく音が響く。見ているお客さんもスタンディング。
歌舞伎というよりもオペラのステージみたい。
巨大なクジラが劇場の空間をゆうゆうと漂い始めると、ここはどこだ?
時代はいつだ? 過去か未来か現在か? ワンピースの世界にはまりこんでしまう。

ゆずの北川さんは番付にこう書いている。
「・・・初演では、主題歌『TETOTE』が流れる二幕後半、ルフィの宙乗りのシーンで『Far』のコーラスに合わせてお客さんが総立ちになり、とても感動したのを覚えています。お客さんと『ワンピース』が『TETOTE』で繋がったと感じた瞬間でした。・・・今回はゆずとして、僕ら自身がその曲を歌わせていただきます。・・・あの感動を思い描きながら、心をこめて歌いました。・・・後略・・・」

2幕と3幕の間に「To be continued 」の文字。その後ろにいるのが巨大クジラ。
このクジラが客席に漂ってくると、その大きなこと。

宙乗り、早変わり、大量の水を使ったアクション、スーパー歌舞伎の醍醐味がふんだんに散りばめられている。練習も大変だったろうなあ、しかも40回の公演。その体力にも感心する。

番付には主役以外の人達約70人の名前。そしてその人達の写真が7ベージ。
スーパー歌舞伎「ワンピース」が、猿之助さんや右近さんのようなスーパースターだけでなく、様々な役者さんたち、多くの仕事で支えている人たちの活躍があってこそ成立している、そのことがわかるような番付のつくりになっている。

私が「歌舞伎だなあ」と感じたのは、市川右團次さんの演技。
その台詞回しは目をつぶっていると歌舞伎の舞台そのもの。
声の調子、言い回し、そして私のいる2階にまではっきりと聞き取れる滑舌の良さ。これがあってこそ「スーパー歌舞伎」だと思った。

番付に市川右團次さんは書いている。
「新たなものを取り入れつつも根幹である歌舞伎の部分がなければスーパー歌舞伎にはなりません。そして白ひげは『ワンピース』のさまざまなキャラクターの中でも、最も歌舞伎的な部分を担っている役だと思います。歌舞伎をよくご存知の方には申し上げるまでもありませんが、白ひげの鎧や籠手、脛当ては古典の『義経千本桜』の『大物浦』で平知盛が身につけているものです。歴代の先輩方がお召になり受け継がれてきたものですから、ちょっと袖を通しただけでも手に白粉がつきます。・・・・略・・・・。」

歌舞伎の古典と未来を繋いでいる姿を体現したものだといえる。

普段の歌舞伎には珍しいフィナーレで終わる。
役者さんたちの楽しそうな顔。手話でお礼を言っている人もいる。ポーズを決めている人も、それぞれが「今度はこんなことをしよう」「次はこんな形で喜びを表そう」などと考えているに違いない。役者さんの気持ちが伝わってくるようなフィナーレだった。

ふと思ったことがある。「正義」と書いたマントを羽織っていた海軍の士官たちの姿は、権力者が云うことが正義なんだ、と今の時代を風刺するようにも思えた。こんな時代こそ「スーパー歌舞伎ワンピース」の意味があると思う。

舞台を見終わったお客さんの多くは笑顔だ。公演が終わって外に出ると、道頓堀の風景はちょっと明るいように見える。
松竹座の「ワンピース」の看板の写真を撮っている西洋人らしい人も多い。
4月1日〜25日までの40回の公演。松竹座の収容数は約1000人。
かんたんに計算してみても4万人の人がこの「ワンピース」を見るのだと思うと
4万人の人たちの笑顔が想像できる。笑顔が自然に浮かんでくる世界へ、新しい宝物をさがす旅、未来を信じる勇気を考えさせるエンターテイメントがこの「スーパー歌舞伎 ワンピース」だと思った。

 

 

 

5月花形歌舞伎

松竹座で行われている「5月花形歌舞伎」を見に行った。

中村勘九郎・七之助兄弟、それに市川猿之助、という若手が出ているので楽しみだった。

午前の部も面白そうだったが、夜の部を選んだ。それは「怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)」があったからだ。この演目は以前に見た記憶がある。いったいいつだったのだろうと、番付の演目一覧を見てみると、なんと1991年(平成3年)7月、中座だったようだ。
中座といえば歴史のある劇場で、1661年開業という300年以上の歴史がある。1999年に閉館している。

私が見たのは先代の中村勘九郎が演じていたもので、もう26年前のことだったのだ。私が歌舞伎を見始めたころで、本当の水を使った場面や、早替わりを知ったのもこの演目だと思う。(上の中座の写真は、番付より)

今回の番付を見ると、「怪談乳房榎」には、長い説明がついている。

「三世實川延若より直伝されたる 十八世中村勘三郎から習い覚えし
三遊亭円朝原作
怪談乳房榎
中村勘九郎三役早替りにて
相勤め申し候」

番付のインタビュー記事からその部分を引用すると、

・・・「怪談乳房榎」は父(十八世)勘三郎から受け継いだ作品だ。
「それも父に教えてくださった(三世實川)延若のおじさまあってこそのもの。父は上演のたびに必ずおじさまの名を記していましたので、それもしっかり受け継いでいきます。(平性3年に)中座で上演した時の舞台は子供ながらに強烈に覚えています。それに負けないくらい血が騒ぐ舞台にしたいと思います。」
大阪ではその中座以来の上演となり、自身が初めて手がけたのは平成23年。平成26年には「平成中村座ニューヨーク公演」でも行い、国内ではこれが4回目となる。絵師の重信、その下男である正助、悪役のうわばみ三次の三役早替わりが眼目となっている。…………

左の写真は番付にあった、平成3年の時の舞台。
演じているのは先代の中村勘九郎。今の勘九郎のお父さん、中村勘三郎だ。
写真で見ると、やっぱり親子だなあ、よく似ている。

ニューヨーク公演の様子は、テレビでそのメイキングを含めて放映していたのを見たことがある。
それでなおさら、この演目を見てみたいと思ったわけだ。

その期待通り、面白かった。
居眠りをしている暇はない。

原作はあの三遊亭円朝。文七元結、牡丹燈籠も円朝の作品。
原作のあらすじは、ウィキペディアを引用すると、「絵師として活躍していた菱川重信の妻・お関に惚れてしまった磯貝浪江という浪人は、重信の弟子となってお関に近づき、関係を持たないと子供を殺すと脅迫し、お関と関係を持ってしまう。それだけでは飽き足らない浪江はお関を独占し、かつ重信が築いた莫大な財産を手に入れるため師を惨殺する。夫の死のショックで乳の出なくなったお関の元に、死んだ重信の亡霊が現れ、乳を出す不思議榎が松月院にあると教え、やがてその榎の乳で育った子・真与太郎は父を殺した浪江を討ち仇を取る。」というもの。

歌舞伎はそれとは少し変化がある。
浪江を手助けする「下男の正助」、「浪江をゆすろうとする、うわばみ三次」が登場する。また、亡霊の登場の仕方も違う。
歌舞伎「怪談乳房榎」は、原作通りに仇討ちでおわるが、醍醐味は「絵師重信」「下男正助」「うわばみ三次」を一人三役で演じ、しかも「早替わり」で3人が入れ替わるというもの。番付をその部分を引用すると、
「本作の魅力は、正助、三次、重信という性格の異なる三役を、早替わりという歌舞伎ならではの演出法を用いて演じ分けることにあります。中でも「花屋二階」の場面では、階段を用いて、三次と正助を一瞬で替わる件は大きな見どころ。これに続く「田島橋」での重信が殺される場面では、重信、正助、三次を鮮やかに替わります。そして、大詰めの「大滝」では、本水を使用したスペクタクルな演出を用いて、正助と三次を何度も早替わりで替わって演じます。」

早替わりは、姿形のよく似た何人かの役者さんが協力し、楽屋スタッフ総出で衣装や化粧の協力、勘九郎さん自身が座席の下にあると思われる地下の通り道を全速力で走っていることなど、文字通り全力で駆け回っていることのたまものだと思う。
早替わりの仕組みを探るよりも、歌舞伎役者の芸事を楽しむことが、歌舞伎見物の楽しみだと私は思った。
早替わり成功の秘訣は、勘九郎さんが、重信、正助、三次をきっちりと演じ分けているところにあると思う。観客である私たちが、登場人物の姿勢、声、動作をとおして、舞台の人物に感情移入できるからこそ、早替わりとして楽しめるのだろう。

勘九郎さんにかたよったブログになってしまったが、七之助さんの「野崎村」の「お光」は、絶品だったと思う。美しい七之助さん目あてのお客さんも、きっと多かったと思う。

猿之助さん演じる「磯貝浪江」は、悪役としての魅力があった。
初めての役だそうだが、これからのはまり役になるのではないか、と思えるほどぴったりだった。

「大滝」の前の幕間で、「水が飛んで来るので、ビニールでカバーしてください」という舞台番の弘吉は市川弘太郎さん。このおしゃべりがまた楽しかった。
「今日の勘九郎は元気です!」と何回かビニールで体をカバーするリハーサルを要請していたが、たしかに勘九郎さんは元気だった。座席10列目以上に水を飛ばしていた。花道でも濡れた着物を振って、水を飛ばしていた。お客さんもうれしそうに笑っている。USJのウオーターワールドの世界のようだった。

劇の終わり方も面白かった。あれっ?! と多くの人は思ったと思う。でもこれも演劇の終わり方、という一つのやり方。子殺し、師匠殺し、仇討ち、と重くて暗いムードをさっと切り替える。これも早替わりか。楽しい演目だった。

道頓堀は相変わらず賑やか。外国人観光客も多い。江戸時代もこんな賑わいだったのだろう。

私の目を引いたのは、アーケードのフラッグ。

今宮高校の書道部、ではない、書画部だそうだ。
母の日フェア、これもおもしろいなあ。さすが大阪だ、道頓堀だ。
この界隈が地元に息づいているのが伝わってくる。

勘九郎さん、七之助さん、猿之助さんをはじめ、若手の歌舞伎役者のみなさんも元気だ。高校生も元気にバナー作品をかいている。この元気が明日の活力に。
さあ、私も元気にがんばろう。