愛蘭土紀行 その14

「赤毛のアン」と「ナルニア国物語」

イギリス領の北アイルランドから南のアイルランド共和国にやってきた。アイルランド共和国というのは正式名ではないが、日本ではアイルランド、アイルランド共和国の両方が使われているので、このブログではアイルランド共和国としている。

さて、北アイルランドは「ナルニア国物語」の作家C.S.ルイスに関係する地であり、物語の舞台のモデルになったのではないかと言われる場所もあった。ところでこのツアーを企画した松本侑子さんといえば「赤毛のアン」の翻訳で有名な人。「赤毛のアン」と「ナルニア国物語」の関係はどこにあるのだろう。少し考えてみた。

ナルニア国物語は全7巻の物語である。
出版の順と、物語の時代順とは違っている。作者のC.S.ルイスの意向もあり、最近は物語の時代順に出版されることが多いそうだ。

左は光文社文庫のナルニア国物語2。
題名は「ライオンと魔女と衣装だんす」で、これは原作のThe Lion, the Witch and the Wardrobe からきている。
しかし岩波書店の瀬田貞二訳が定着しているので、私は「ライオンと魔女」という題でなじんでいた。

7巻目は「さいごの戦い」The Last Battle

ここで物語は終わる。私は読んでいて「えーっ、こんな終わり方ってあるんか?!」
とびっくりして、もう一度最後の部分を読み返した。
いやいや、少年少女が喜んで読んでいる小説で、こういった締めくくりを最後に持ってくるなんて・・・という疑問を松本侑子さんに尋ねると、

「それはジョージ・マクドナルドの『北風のうしろの国』の影響です。」とおっしゃる。

私は日本に帰ってからその「北風のうしろの国」を読んでみた。
この話は、やさしいダイアモンド少年と北風との心温まる交流を描いた、古典的名作。ジョージ・マクドナルドはC.S.ルイスや『指輪物語』を書いたトールキンに影響を与えた人物と言われている。
「北風のうしろの国」の話の展開や内容はここでは省略させていただく。
 読んでみると、たしかに「ナルニア国物語」のラストは、「北風のうしろの国」の最後の影響を受けていると思った。

さて、そのジョージ・マクドナルドの「北風のうしろの国」と「赤毛のアン」とは関係があるのだろうか。

松本侑子さんは「ある」とおっしゃる。「モンゴメリーはジョージ・マクドナルドの『北風のうしろの国』を読んでいた」ともおっしゃっていた。
左の本は「アンの幸福」。
大学を卒業したアンは、サマーサイドの校長となる。レドモンド医科大学で学ぶ婚約者ギルバートにあてた手紙が中心になっている。
ここに「北風のうしろの国」がでてくるのだ。

 

「以前からあたしはジョージ・マクドナルドのあの美しい昔話に出てくる、北風といっしょに飛んで行った男の子がうらやましくてなりません」(訳注「北風のうしろで」英国の作家ジョージ・マクドナルドの作。1824〜1905)
                             P26〜P27

この本は平成24年10月15日 六刷の奥付があり、村岡美枝・村岡恵理さんの「改訂にあたって」という文章がついている。

「北風のうしろの国」は1868年から2年間子どもの読み物雑誌に連載され、1871年に出版されている。
「アンの幸福」は1936年に出版されていて、アンの年齢は22歳〜25歳、物語の時代設定は1888年〜1891年頃である。
ちなみに作者のモンゴメリは1874年生まれで、1942年に亡くなっている。

こういったことから、「赤毛のアン」の作者モンゴメリ自身がジョージ・マクドナルドの「北風のむこうの国」を読んでいて、それが「アンの幸福」に反映されているというわけだ。

ネットで「赤毛のアン」と「北風のうしろの国」を検索していると次のような記事がヒットした。産経新聞のホームページにリンクしている。

https://www.sankei.com/life/news/180923/lif1809230046-n1.html

赤毛のアン」色あせぬ魅力 出版から110年 くすぐる大人の知的好奇心

 
カナダの女性作家、ルーシー・モード・モンゴメリ(1874~1942年)の小説「赤毛のアン」が米国で出版されて今年で110年。来月、モンゴメリの孫娘が製作総指揮を執った映画が公開されるほか、人気作家による翻訳絵本刊行など、日本でも根強い人気が続く。長く読み継がれるアンの魅力を調べた。 (永井優子)
 
・・・・・略・・・・・

平成5年に詳細な注釈付きの全訳を刊行し、現在までにアン・シリーズ3冊の翻訳(集英社文庫)がある作家の松本侑子さん(55)は、両親を亡くし、厳しい境遇で育った少女が、「未来に夢を持ち、自分の力で人生を切り開いていく力強さがすばらしい」という。一方で「中年を過ぎたマシュウとマリラが新しい幸福をつかむ後半生への生き直し、成長の物語でもある」と魅力を語る。

 翻訳を手がけて以来、訴えてきたのが、「20世紀カナダ英語文学の作家」という側面だ。「赤毛のアン」には、シェークスピアやアーサー王伝説など、英米文学と聖書の名句が100カ所も引用されている。英ビクトリア朝の詩人、ブラウニングの題辞に始まり、「神、そらに知ろしめす、すべて世は事も無し」という上田敏の名訳でも知られる詞章で巻が閉じられる。カナダの社会状況との関連も含め、謎解きのようなおもしろさがある。

 

 

 

 

 

翻訳ってなんだろう

枕草紙の英訳を読んでいたとき、図書館で左のような本を見つけた。
これは英文を日本語に翻訳するときの苦労や考え方を書いた本だった。

その中に「赤毛のアン」の英文について書かれている章があった。

「赤毛のアン」の日本語の翻訳本は数種類のものがある。
私は古くから有名な村岡花子さんの訳と、最近有名な松本侑子さんの訳の「赤毛のアン」を読んでいる。

本当はモンゴメリーの原文を読めばいいのはよくわかっているが、なかなか手ごわい。原文は買っているが、読み切れていないのが実情。

この「翻訳ってなんだろう」の著者・鴻巣友季子さんは、NHKの100分で名著の放送「風と共に去りぬ」で知った人。

第1章に「モンゴメリ『赤毛のアン』ー『小難しい言葉』を訳すと、『アンの屈折』がわかる」と題して解説がある。
その例文は、

“Oh, I’m so glad she’s pretty. Next to being beautiful oneself – and that’s impossible in my case – it would be best to have a beautiful bosom friend.
When I lived with Mrs.Thomas she had a bookcase in her sitting    room with glass doors.    
There weren’t anybooks in it; Mrs. Thomas kept her best china
and her preserves there – when she had any preserves to keep.     One of the doors was broken.  Mr.Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated.  But the other was whole and I used to pretend that my reflection  in it was another little girl who lived int it. I called her Katie Maurice, and we were very intimate.  I used to talk to her by the hour,   especially on Sunday,  and tell her everything Katie was the comfort and consolation of my life.
(第8章より)     

有名な「腹心の友(bosom friend )」の解説もあるが、そこは省いて、
「Mr.Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated.」と、最後の
「Kate was the comfort and consolation of may life. 」の説明が勉強になった。

ぶち壊したのか? 割ってしまったのか?

smash という単語を見ると、「粉々に打ち砕く」というイメージが私にはある。
本では次のような説明があった。
「わざと叩いたり壊したり落したりしたのか、うっかりの過失なのか、一文だけ読んでもわからない。トマスさんが故意に叩き割ったのか、ぶつかった拍子に割れてしまったのか、前後の文脈で判断することになります。」

その時のトマスさんの様子は、he was slightly intoxicated. と表現されている。

「翻訳者にとって大事なのは、言葉の裏にひそむ真実をあばくことではなく、まずこのときのアンがどのように語っているかを忠実に写し取ることなのです。
slightly  intoxicated ですから、「ほんのり」「かすかに」ということですね。
intoxicated は,「酔った状態」を表します。お酒や薬物であれ、あるいは恋愛感情であれ、なにかにあてられてぼうっとなっている状態です。この表現から暴力性や悪質さは感じ取れません。・・・・intoxicated はもともと「毒を盛る」という意味の中世ラテン語に由来する単語です。英語の中でもラテン語に由来する単語はだいたい観念的、抽象的な語で、少々上等な響きがあります。
アンの台詞とするなら、『ちょっと酩酊したっていうか』という感じでしょうか。いずれにしろ、「ほろ酔い」「一杯機嫌」「ちょっと出来上がって」ぐらいの状態です。」

なるほどなあ、本の翻訳というのはラテン語までさかのぼって、その単語の雰囲気まで知っていないといけないのだなあ、と感心する。

The comfort and consolation

comfort も consolation も私にとってはあまり馴染みのない言葉。
辞書を見ると、comfort ・・・心の安らぎ(をもたらすもの、人)
consolation ・・・慰め、慰めとなるもの 
とあった(オーレックス英和辞典による)

本の解説によると
「2語ともラテン語からフランス語を経由して英語に入ってきた単語です。また、接頭辞が com と con で韻を踏んでいる点にも注目しましょう。これは頭韻といい、英語ではとても詩的な効果を発揮するものです。・・・・ 小さな部分ですが、定冠詞のthe にも目を向けてください。the は comfort の前にあって、 consolation の前にはありません。ということは、この二単語でひとまとまりということです。・・・・
聖書の詩篇119編50節には、こんな下りがあります。

This is my comfort and consolation in my affliction : that Your word has
revived me and given me life.

苦悩のさなかでさえ、これがわたしの安らぎと慰めとなっている。主の御言葉が私を生き返らせ、息吹を与えてくださることが。

the comfort and consolation というのは、熟語というほどではありませんが、ある程度、決まった言い回しでしょう。アンも聖書か何かで覚えたのだろうと思います。・・・・聞きかじりの文言をちよっと意識している感じ。アンの頭の中では、言葉に出さずとも、まさに詩篇の「苦悩のさなかにあってさえ」「わたしを生き返らせ」という言葉が響いていたかもしれません。ずばり詩篇からの引用でないにしても、the comfort and consolation が必要なところには、必ず苦悩や苦しみがあるものです。この言い回しからも、明るく元気なだけでないアンの屈折が感じ取れるかと思います。」

なるほどなあ、とまた思わずにはいられない。アンの言葉遣い、使っている単語からアンの暮らしてきた生活や性格がわかってくる、そんなものかなあと思うが、作者モンゴメリの思いや意図は確かにあっただろうなあと思う。

この部分を松本侑子さんの訳で見てみよう。

ああ、ダイアナが美人で嬉しいわ。自分がきれいなのがいちばんいいけど、私は無理だから、次にいいのはきれいな腹心の友がいることだわ。そういえばトーマスさんの家には、居間にガラス扉の本棚があって、本は一冊もなかったけど、上等な食器と砂糖漬けがしまってあったの、もっとも、砂糖漬けが残っていればだけど。扉は片方、壊れていたの。ある晩、おじさんが酔っぱらって割ったのよ。残りの一枚は無事で、そのガラスに映る自分を、本棚の中に住んでいる女の子だということにしていたの。ケイティ・モーリスといって、とても仲良しだったわ。何時間でもおしゃべりしていたのよ、特に日曜日にはね。ケイティには何でも話したの。ケイティと話すのは楽しかったし、慰められたわ。
本箱には魔法がかかっていて、・・・
 

11歳で少しおませな女の子の様子がつたわってくる。

では村岡花子さんの訳を見てみよう。

まあ、きれいな子でよかったわ。自分が美人なのがいちばんすてきだけれどーそれはあたしにはだめだからー そのつぎにすてきなことは美人の腹心の友をもつことだわ。トマスおばさんのところにいたとき、ガラスのとびらのついた本箱があったの。一枚のとびらはこわれていたけれど、もう一枚のはなんともないのであたし、それにうつる自分の姿を、ガラス戸のむこうに住んでいるほかの女の子だということに想像してケティ=モーリスという名をつけて、とても仲良くしていたの。その本箱に魔法がかかっていて、・・・・

村岡花子さんの訳には、smash や the comfort and consolation の部分は省かれていた。
村岡さんの訳は、子どもが読むことを第一にしているので、省かれている部分も多いといわれているが、これがその例の一つかもしれない。

この『翻訳ってなんだろう?』には、「赤毛のアン」のほかに、
ルイス・キャロルの「ふしぎの国のアリス」、エミリー・ブロンテの「嵐が丘」、エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」、ジョージ・バーナード・ショーの「ピグマリオン」、ヴァージニア・ウルフの「灯台へ」、ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」、グレアム・グリーンの「情事の終わり」、マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」が紹介されている。

「あとがき」に、
「・・・プロの文芸翻訳家をめざす方へ。何度も言ってきましたが、訳文だけ上手くなろうとしないでください。よく読めればよく訳せます。外国語なら、ある段階までは『スキル』を磨くことで『上達』することができますが、母語は技術だけを磨いて『上達』することはできません。思考を深め、視野を広げ、知のバックボーンを築くことで、母語は自然と鍛えられ、豊かになるものだと思います。」

なるほど、人工知能による翻訳は進んでも、母語の大切さはかわらない、ということだなと思った。

 

 

 

 

ハイジとドレミの旅 1

毎年の恒例になってしまった「松本侑子さんとの旅」。 今回は「ハイジ」と「サウンドオブミュージック」の舞台となった「スイス」と「オーストリア」の旅。

今回の旅行のテキストとなるのは松本侑子さんの「私の青春文学紀行」。ここに「ハイジ」と「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となるスイスとオーストリアでの取材による著作がのせられている。

この旅では、現地ガイドさんからの丁寧な説明や現地の紹介があったが、松本侑子さんによる「ハイジ」や「サウンド・オブ・ミュージック」の文学作品としての紹介やご自身の書かれた「私の青春文学紀行」の朗読もあり、単なる観光旅行の枠を超える「スイス・オーストリア」の旅となった。

時間を追って旅行の様子を紹介してみたい。

成田空港を午前10時35分発のエアフランス275便にのる。ここから約12時間の飛行機の旅がスタートする。

この飛行機はボーイング777、300人以上が乗れるジャンボ旅客機。私達は今回も主翼近くのエコノミーの座席。機内食は2回出た。

間にアイスキャンデーがまわってきたので、それもいただいた。

高度1万メートルくらいのところを、時速900Kmぐらいのスピードで飛んでいる。それでもパリまでおよそ12時間あまり。当初の予定は12時間35分だったが、実際は12時間少々だった。気流の関係かもしれない。

12時間の間に見た映画は3本。

「ピーターラビット」
絵本そっくりのビーターラビットの実写版。
どのような撮影方法かわからないが、人間とうさぎの動きがぴったりだった。文部省推薦にはならないと思うが、走り、飛び、考えるピーターラビットがおもしろかった。

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」・・・最新作。ツッコミどころマンサイ。だんだんとおもしろくなくなってきたスター・ウォーズ。あとはレイの活躍に期待するしかないようだ。

「シェイプ・オブ・ウォーター」・・・アマゾンで神として崇められた半魚人のような不思議な生命体。手話でコミュニケーションを図ろうとする女主人公。ストーリーはよくある展開だったが、どうして意思をつたえることができるのかというところが面白かった。映画「メッセージ」は宇宙人とのコミュニケーションだった。最近こんな映画が多いように思える。それは時代のせいか?

フランスのパリ・シャルル・ド・ゴール空港に着陸。
「ド・ドーン!!」と、これまで経験したことのないすごい衝撃。座席からも「ええーっ!?」という声が上がる。窓を見ると翼がグラグラと動いている。

羽のスポイラーと呼ばれる部分が上がって空気抵抗をうみだしているのがわかる。フラップが思い切り下がっているのもわかる。エンジンがすごい勢いで逆噴射。体が前に飛び出すくらいの逆加速。びっくりするようなパリ・シャルル・ド・ゴール空港のお迎えだった。

ここで飛行機の乗り換え。行き先は「チューリッヒ」。