アイルランドとジャガイモ

 映画「ブルックリン」。20世紀フォックスのホームページから。
山下直子さんの講義で、1950年代のアイルランドから移民した女性が主人公という映画が紹介された。この時代はアイルランドの六人に一人が移民していたと言われる時代だ。
早速ツタヤでレンタルした。はじめにエリス島での移民局の場面があった。
前回私のブログで、本の挿絵で紹介したところとほぼ同じだったのでびっくりした。移民局の許可を得て、ドアを出てアメリカの土を踏むエイリッシュ・レイシー。ドアから眩しいほどの光が溢れ出す。
1950年代のアイルランドの女性の生き方を知る、素晴らしい映画だと思った。

アイルランドとジャガイモ

ベルファストのホテルのそばのコンビニに行くと、ジャガイモのお菓子がいっぱい並んでいた。
日本でポテトチップスと呼んでいるものだが、アイルランドではクリスプスという。
なかでもTAYTO(テイトー)というクリスプスは1954年の発売というから60年以上の歴史がある。
たしかに美味しい。しかし日本では見たことがないお菓子だ。

ジャガイモはよく知られているように、原産地は南アメリカのチリ。コロンブスがアメリカ大陸を「発見」してから、スペイン人たちが南アメリカに上陸し、ジャガイモのことを知ったのが1570年ごろ。ヨーロッパに伝わったが食用としての栽培はなかなか広がらなかった。しかしアイルランドでは1700年代前半にはジャガイモを植えて食用にしていたそうだ。大麦や小麦などの穀物は税金としてほとんど取られてしまったが、ジャガイモは税金で取られることはなく、収穫したものは自分たちで消費することができた。ここからアイルランド人とジャガイモの長い付き合いが始まる。
山下直子さんのお話によると、現在のアイルランドでは8種類ぐらいのジャガイモが売られているそうだ(全世界では4000種というからおどろく)。特にルースターという赤いじゃがいもはホクホク系で人気があるそうだ。

上の写真は松本侑子先生の「赤毛のアンの幸せになる言葉(主婦と生活社)」から。
アイルランドでもこのような風景がみられるのだろう。
ジャガイモは花が咲く。
当たり前のようだが「えっ?」という人も多い。なぜなら「じゃがいもの種をまきました」という言葉を聞かないからだ。かわりに「種芋を植えた」という。そう、小学校の理科で、ジャガイモ地下茎で増え、さつまいもは根っこで増えると習ったことを覚えている。
ジャガイモ畑には種をまくのではなく、種芋を植えているのだ。

「赤毛のアン」のマシューとマリラはスコットランド系の移民で、ケルト的な文化を背景に持っている。そのことは「赤毛のアン」を翻訳されている松本侑子先生がよくおっしゃっている。
ここではジャガイモのことに焦点を当てると、赤毛のアンシリーズ第3巻「アンの愛情」にはこんな場面がある。

「・・・お手間じゃなきゃ、手を貸して、ジャムを配膳室にしまっとくれ。今夜中に、急いで芋を片づけちまうんでね。お嬢さんがたは、こんな仕事はしたことはあるまいね。手が荒れるんで、嫌なんだろ」
「畑を貸しに出すまでは、私もよく種芋を切りました」アンはほほえんだ。
「私なんか、今でもしてるわ」ダイアナが笑った。「先週は3日も」それから茶目っ気たっぷりにつけたした。「そのあとは、毎晩、両手にレモンジュースをぬって、子山羊革のてぶくろをはめるのよ」
(文春文庫「アンの愛情」モンコメリ作、松本侑子訳 P134〜P135)

「赤毛のアン」というと、お茶会や劇や朗読などで楽しんでいる女の子たちのはなし、と思っていたら大間違い。農村で働く女性の姿が上のようにしっかりと描かれている。アイルランドの女性たちも、アンやダイアナのように種芋を何日もかけて切っているのだろう。

上の写真は私の家の近くにある畑で撮った写真。ジャガイモの花だ。この写真はピンクの花だが白い花も咲いていた。
大阪でもジャガイモの花は咲く。しかし松本侑子先生の写したプリンスエドワード島のように一面に咲く、ということはない。

左の本は私がジャガイモとの花と実について興味を持つきっかけとなった本。
私のブログでも以前紹介した。
この本のねらいは小学生たちに「花と実によって植物は広がっていった」という基本に気づかせるために書かれている。
ジャガイモも花が咲き、実がなり、種ができる。その種からジャガイモを育てることができる、という事実に着目している。
山下直子さんのお話に「ジャガイモは全世界で8000種ある」というのも、ジャガイモの種から育てて、品種改良をしてきたから、8000もの多種多様なジャガイモができたという歴史があるからだと思う。
新しい品種を作るには種がいる。いったん新しい品種ができると、あとは種芋で増やすことができる。種芋だからクローンのようなもので、同じ性質を受け継いでいる。だから病気になると、全体にひろがってしまう。それがアイルランドのジャガイモ飢饉の原因の一つだろうと言われている。
山下直子さんのお話では、今はアイルランドでは8種類のじゃがいもをお店で見ることができるそうだ。多様な品種があれば、一つが病気になってもあとは大丈夫というわけだ。これもジャガイモ大飢饉で学んだことの一つだと思う。
 ヨーロッパでジャガイモが広がるのに時間がかかったように、日本もそうだった。「ジャイもの花と実」の本にも説明がある。日本にジャガイモが入ってきたのは、豊臣秀吉が死んだ年、1589年のことだと言われている。しかし日本でもジャガイモを食べ物と考えなかったようで、1783年の大飢饉のときに栽培がひろがってきたそうだ。しかし本当に日本で広く栽培されるようになったのは明治時代になってからだそうだ。アメリカやヨーロッパから新しいじゃがいもの品種が入ってきて、その作り方が知られるようになってはじめてたくさん作られるようになったという。たとえば北海道の男爵いもは、川田龍吉男爵によって広がったと、山下直子さんのお話にあった。男爵いもは「アイリッシュ・コプラー」いう品種だそうで、ここでもアイルランドとのつながりがあった。

アイルランドでいただいた食事はどれもおいしかった。
肉も、魚も、野菜も、デザートも。
左はランチでいただいた煮込み料理。シチューといっていいのだろう。
ジャガイモのスープや、マッシュポテトのサラダなど、ジャガイモ料理もふんだんにあった。
山下直子さんのお話では、アイルランドでは料理に合わせてジャガイモの種類も変えるそうだ。日本人がお米はコシヒカリやササニシキなど、お米そのものの味を楽しむように、アイルランドの人はジャガイモの味の違いがわかるのだろう。
時間を見つけて、アイルランドの料理を作ってみたいものだ。

 

 

 

愛蘭土紀行 その14

「赤毛のアン」と「ナルニア国物語」

イギリス領の北アイルランドから南のアイルランド共和国にやってきた。アイルランド共和国というのは正式名ではないが、日本ではアイルランド、アイルランド共和国の両方が使われているので、このブログではアイルランド共和国としている。

さて、北アイルランドは「ナルニア国物語」の作家C.S.ルイスに関係する地であり、物語の舞台のモデルになったのではないかと言われる場所もあった。ところでこのツアーを企画した松本侑子さんといえば「赤毛のアン」の翻訳で有名な人。「赤毛のアン」と「ナルニア国物語」の関係はどこにあるのだろう。少し考えてみた。

ナルニア国物語は全7巻の物語である。
出版の順と、物語の時代順とは違っている。作者のC.S.ルイスの意向もあり、最近は物語の時代順に出版されることが多いそうだ。

左は光文社文庫のナルニア国物語2。
題名は「ライオンと魔女と衣装だんす」で、これは原作のThe Lion, the Witch and the Wardrobe からきている。
しかし岩波書店の瀬田貞二訳が定着しているので、私は「ライオンと魔女」という題でなじんでいた。

7巻目は「さいごの戦い」The Last Battle

ここで物語は終わる。私は読んでいて「えーっ、こんな終わり方ってあるんか?!」
とびっくりして、もう一度最後の部分を読み返した。
いやいや、少年少女が喜んで読んでいる小説で、こういった締めくくりを最後に持ってくるなんて・・・という疑問を松本侑子さんに尋ねると、

「それはジョージ・マクドナルドの『北風のうしろの国』の影響です。」とおっしゃる。

私は日本に帰ってからその「北風のうしろの国」を読んでみた。
この話は、やさしいダイアモンド少年と北風との心温まる交流を描いた、古典的名作。ジョージ・マクドナルドはC.S.ルイスや『指輪物語』を書いたトールキンに影響を与えた人物と言われている。
「北風のうしろの国」の話の展開や内容はここでは省略させていただく。
 読んでみると、たしかに「ナルニア国物語」のラストは、「北風のうしろの国」の最後の影響を受けていると思った。

さて、そのジョージ・マクドナルドの「北風のうしろの国」と「赤毛のアン」とは関係があるのだろうか。

松本侑子さんは「ある」とおっしゃる。「モンゴメリーはジョージ・マクドナルドの『北風のうしろの国』を読んでいた」ともおっしゃっていた。
左の本は「アンの幸福」。
大学を卒業したアンは、サマーサイドの校長となる。レドモンド医科大学で学ぶ婚約者ギルバートにあてた手紙が中心になっている。
ここに「北風のうしろの国」がでてくるのだ。

 

「以前からあたしはジョージ・マクドナルドのあの美しい昔話に出てくる、北風といっしょに飛んで行った男の子がうらやましくてなりません」(訳注「北風のうしろで」英国の作家ジョージ・マクドナルドの作。1824〜1905)
                             P26〜P27

この本は平成24年10月15日 六刷の奥付があり、村岡美枝・村岡恵理さんの「改訂にあたって」という文章がついている。

「北風のうしろの国」は1868年から2年間子どもの読み物雑誌に連載され、1871年に出版されている。
「アンの幸福」は1936年に出版されていて、アンの年齢は22歳〜25歳、物語の時代設定は1888年〜1891年頃である。
ちなみに作者のモンゴメリは1874年生まれで、1942年に亡くなっている。

こういったことから、「赤毛のアン」の作者モンゴメリ自身がジョージ・マクドナルドの「北風のむこうの国」を読んでいて、それが「アンの幸福」に反映されているというわけだ。

ネットで「赤毛のアン」と「北風のうしろの国」を検索していると次のような記事がヒットした。産経新聞のホームページにリンクしている。

https://www.sankei.com/life/news/180923/lif1809230046-n1.html

赤毛のアン」色あせぬ魅力 出版から110年 くすぐる大人の知的好奇心

 
カナダの女性作家、ルーシー・モード・モンゴメリ(1874~1942年)の小説「赤毛のアン」が米国で出版されて今年で110年。来月、モンゴメリの孫娘が製作総指揮を執った映画が公開されるほか、人気作家による翻訳絵本刊行など、日本でも根強い人気が続く。長く読み継がれるアンの魅力を調べた。 (永井優子)
 
・・・・・略・・・・・

平成5年に詳細な注釈付きの全訳を刊行し、現在までにアン・シリーズ3冊の翻訳(集英社文庫)がある作家の松本侑子さん(55)は、両親を亡くし、厳しい境遇で育った少女が、「未来に夢を持ち、自分の力で人生を切り開いていく力強さがすばらしい」という。一方で「中年を過ぎたマシュウとマリラが新しい幸福をつかむ後半生への生き直し、成長の物語でもある」と魅力を語る。

 翻訳を手がけて以来、訴えてきたのが、「20世紀カナダ英語文学の作家」という側面だ。「赤毛のアン」には、シェークスピアやアーサー王伝説など、英米文学と聖書の名句が100カ所も引用されている。英ビクトリア朝の詩人、ブラウニングの題辞に始まり、「神、そらに知ろしめす、すべて世は事も無し」という上田敏の名訳でも知られる詞章で巻が閉じられる。カナダの社会状況との関連も含め、謎解きのようなおもしろさがある。

 

 

 

 

 

翻訳ってなんだろう

枕草紙の英訳を読んでいたとき、図書館で左のような本を見つけた。
これは英文を日本語に翻訳するときの苦労や考え方を書いた本だった。

その中に「赤毛のアン」の英文について書かれている章があった。

「赤毛のアン」の日本語の翻訳本は数種類のものがある。
私は古くから有名な村岡花子さんの訳と、最近有名な松本侑子さんの訳の「赤毛のアン」を読んでいる。

本当はモンゴメリーの原文を読めばいいのはよくわかっているが、なかなか手ごわい。原文は買っているが、読み切れていないのが実情。

この「翻訳ってなんだろう」の著者・鴻巣友季子さんは、NHKの100分で名著の放送「風と共に去りぬ」で知った人。

第1章に「モンゴメリ『赤毛のアン』ー『小難しい言葉』を訳すと、『アンの屈折』がわかる」と題して解説がある。
その例文は、

“Oh, I’m so glad she’s pretty. Next to being beautiful oneself – and that’s impossible in my case – it would be best to have a beautiful bosom friend.
When I lived with Mrs.Thomas she had a bookcase in her sitting    room with glass doors.    
There weren’t anybooks in it; Mrs. Thomas kept her best china
and her preserves there – when she had any preserves to keep.     One of the doors was broken.  Mr.Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated.  But the other was whole and I used to pretend that my reflection  in it was another little girl who lived int it. I called her Katie Maurice, and we were very intimate.  I used to talk to her by the hour,   especially on Sunday,  and tell her everything Katie was the comfort and consolation of my life.
(第8章より)     

有名な「腹心の友(bosom friend )」の解説もあるが、そこは省いて、
「Mr.Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated.」と、最後の
「Kate was the comfort and consolation of may life. 」の説明が勉強になった。

ぶち壊したのか? 割ってしまったのか?

smash という単語を見ると、「粉々に打ち砕く」というイメージが私にはある。
本では次のような説明があった。
「わざと叩いたり壊したり落したりしたのか、うっかりの過失なのか、一文だけ読んでもわからない。トマスさんが故意に叩き割ったのか、ぶつかった拍子に割れてしまったのか、前後の文脈で判断することになります。」

その時のトマスさんの様子は、he was slightly intoxicated. と表現されている。

「翻訳者にとって大事なのは、言葉の裏にひそむ真実をあばくことではなく、まずこのときのアンがどのように語っているかを忠実に写し取ることなのです。
slightly  intoxicated ですから、「ほんのり」「かすかに」ということですね。
intoxicated は,「酔った状態」を表します。お酒や薬物であれ、あるいは恋愛感情であれ、なにかにあてられてぼうっとなっている状態です。この表現から暴力性や悪質さは感じ取れません。・・・・intoxicated はもともと「毒を盛る」という意味の中世ラテン語に由来する単語です。英語の中でもラテン語に由来する単語はだいたい観念的、抽象的な語で、少々上等な響きがあります。
アンの台詞とするなら、『ちょっと酩酊したっていうか』という感じでしょうか。いずれにしろ、「ほろ酔い」「一杯機嫌」「ちょっと出来上がって」ぐらいの状態です。」

なるほどなあ、本の翻訳というのはラテン語までさかのぼって、その単語の雰囲気まで知っていないといけないのだなあ、と感心する。

The comfort and consolation

comfort も consolation も私にとってはあまり馴染みのない言葉。
辞書を見ると、comfort ・・・心の安らぎ(をもたらすもの、人)
consolation ・・・慰め、慰めとなるもの 
とあった(オーレックス英和辞典による)

本の解説によると
「2語ともラテン語からフランス語を経由して英語に入ってきた単語です。また、接頭辞が com と con で韻を踏んでいる点にも注目しましょう。これは頭韻といい、英語ではとても詩的な効果を発揮するものです。・・・・ 小さな部分ですが、定冠詞のthe にも目を向けてください。the は comfort の前にあって、 consolation の前にはありません。ということは、この二単語でひとまとまりということです。・・・・
聖書の詩篇119編50節には、こんな下りがあります。

This is my comfort and consolation in my affliction : that Your word has
revived me and given me life.

苦悩のさなかでさえ、これがわたしの安らぎと慰めとなっている。主の御言葉が私を生き返らせ、息吹を与えてくださることが。

the comfort and consolation というのは、熟語というほどではありませんが、ある程度、決まった言い回しでしょう。アンも聖書か何かで覚えたのだろうと思います。・・・・聞きかじりの文言をちよっと意識している感じ。アンの頭の中では、言葉に出さずとも、まさに詩篇の「苦悩のさなかにあってさえ」「わたしを生き返らせ」という言葉が響いていたかもしれません。ずばり詩篇からの引用でないにしても、the comfort and consolation が必要なところには、必ず苦悩や苦しみがあるものです。この言い回しからも、明るく元気なだけでないアンの屈折が感じ取れるかと思います。」

なるほどなあ、とまた思わずにはいられない。アンの言葉遣い、使っている単語からアンの暮らしてきた生活や性格がわかってくる、そんなものかなあと思うが、作者モンゴメリの思いや意図は確かにあっただろうなあと思う。

この部分を松本侑子さんの訳で見てみよう。

ああ、ダイアナが美人で嬉しいわ。自分がきれいなのがいちばんいいけど、私は無理だから、次にいいのはきれいな腹心の友がいることだわ。そういえばトーマスさんの家には、居間にガラス扉の本棚があって、本は一冊もなかったけど、上等な食器と砂糖漬けがしまってあったの、もっとも、砂糖漬けが残っていればだけど。扉は片方、壊れていたの。ある晩、おじさんが酔っぱらって割ったのよ。残りの一枚は無事で、そのガラスに映る自分を、本棚の中に住んでいる女の子だということにしていたの。ケイティ・モーリスといって、とても仲良しだったわ。何時間でもおしゃべりしていたのよ、特に日曜日にはね。ケイティには何でも話したの。ケイティと話すのは楽しかったし、慰められたわ。
本箱には魔法がかかっていて、・・・
 

11歳で少しおませな女の子の様子がつたわってくる。

では村岡花子さんの訳を見てみよう。

まあ、きれいな子でよかったわ。自分が美人なのがいちばんすてきだけれどーそれはあたしにはだめだからー そのつぎにすてきなことは美人の腹心の友をもつことだわ。トマスおばさんのところにいたとき、ガラスのとびらのついた本箱があったの。一枚のとびらはこわれていたけれど、もう一枚のはなんともないのであたし、それにうつる自分の姿を、ガラス戸のむこうに住んでいるほかの女の子だということに想像してケティ=モーリスという名をつけて、とても仲良くしていたの。その本箱に魔法がかかっていて、・・・・

村岡花子さんの訳には、smash や the comfort and consolation の部分は省かれていた。
村岡さんの訳は、子どもが読むことを第一にしているので、省かれている部分も多いといわれているが、これがその例の一つかもしれない。

この『翻訳ってなんだろう?』には、「赤毛のアン」のほかに、
ルイス・キャロルの「ふしぎの国のアリス」、エミリー・ブロンテの「嵐が丘」、エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」、ジョージ・バーナード・ショーの「ピグマリオン」、ヴァージニア・ウルフの「灯台へ」、ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」、グレアム・グリーンの「情事の終わり」、マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」が紹介されている。

「あとがき」に、
「・・・プロの文芸翻訳家をめざす方へ。何度も言ってきましたが、訳文だけ上手くなろうとしないでください。よく読めればよく訳せます。外国語なら、ある段階までは『スキル』を磨くことで『上達』することができますが、母語は技術だけを磨いて『上達』することはできません。思考を深め、視野を広げ、知のバックボーンを築くことで、母語は自然と鍛えられ、豊かになるものだと思います。」

なるほど、人工知能による翻訳は進んでも、母語の大切さはかわらない、ということだなと思った。