奥の細道を英語で、番外編2

松尾芭蕉終焉の地を訪れる

ここは御堂筋。 南御堂のすぐ近く。
地下鉄心斎橋駅と本町駅の間にある。
難波に向かって立つと、左側の緑地帯にある。 
上の写真は本町駅方面を向いて撮影している。
写真の石碑は難波に向かって、文字が読めるように建っている。
そこには「此附近芭蕉翁終焉ノ地」と彫られている。
この文字の面の右側面には「昭和九年三月建立」とある。

ウィキペディアによると、松尾芭蕉は元禄7年(1694年)10月12日に南御堂の門前にある(現在の南久太郎町6丁目附近)花屋仁左衛門の屋敷で亡くなっている。
そして翌日の13日に滋賀県の義仲寺にはこばれ、木曽義仲の墓の隣に葬られたという。
写真にある石碑附近に、花屋仁左衛門の屋敷があったらしい。
御堂筋の拡張工事などで現在のような姿になったのだろう。

道路を渡って南御堂の中に入ってみよう。 左側に鐘と立て札・石碑が見える。

「史蹟 芭蕉翁句碑」という石碑がある。 立て札には、
「芭蕉句碑  旅に病んで ゆめは枯野をかけまはる   ばせを
この句は芭蕉の臨終の句の一つで、この大阪の地で吟ぜられたものである。   
芭蕉は元禄七年(1694)秋 伊賀から門人達に迎えられて 大阪に着いたが滞在中に病気になり 養生のかいもなく十月十二日にこの南御堂前で花を商う花屋仁左衛門の屋敷で 五十一歳を一期として 旅の生涯を閉じた。   
この句碑は後世 天保の俳人達によって建てられたものである。   
当南御堂では 芭蕉を偲んで毎年芭蕉忌が勤修され 法要の後盛大に句会が催されている               南御堂 難波別院   」 とある。

松尾芭蕉は伊賀で生まれ、東京深川に住み、全国に俳句を広め、「奥の細道」を書いた。というのが私のこれまでの理解だったが、Enjoy Simple English を聞き続けて新しく学ぶことが多かった。
それにしてもこの大阪が、しかも御堂筋が終焉の地とは知らなかった。
南御堂は私が時々落語の寄席で訪れる「難波神社」のすぐそばにある。
そして難波神社には人形浄瑠璃文楽座跡の石碑がある。
この付近は大阪、いや全国の芸能・芸術にゆかりのある地であることをあらためて知った。

松尾芭蕉の句碑がある緑地帯に、のんびりと日向ぼっこをしている猫。
夢は枯野を巡っているのか、気持ちよさそうだった。

 

 

 

奥の細道を英語で・番外編

松尾芭蕉の「おくのほそ道」の英文を探していたら、左のドナルド・キーン訳の英文があることがわかった。
この本は講談社学術文庫より出版されており、2007年4月10日 第1刷発行
となっており、私が持っているのは2018年9月7日第12刷発行となっている。

ここでドナルド・キーン訳と
Enjoy Simple English の俳句の違いを見てみよう。
上がEnjoy Simple English の英訳。
下がドナルド・キーンによる英訳。

草の戸も住替すみかはる代ぞひなの家

     With a new family
         My old house will surely change
          With pretty doll sets.

  Even a thatched hut
    May change with the dweller
      Into a doll’s house.

                    *thatched 茅葺きの、藁葺の

行春や鳥啼魚の目は泪

    Spring about to leave
      Birds are crying their sad songs
        Fish eyes filled with tears

 Spring is passing by!
      Birds are weeping and the eyes
          Of fish fill with tears.

 

あらたふと青葉わかばの日の光

      How precious the light 
        That shines on the young green leaves 
                      On Nikko mountains 

      How awe-inspiring!
         On the green leaves, the young leaves
            The light of the sun.

              *awe; 畏れ多い、*inspiring;感激させる

 

暫時は 滝に籠るや 夏の初

       Under the water
                  Flowing from a place above
                         Summer has begun.

  For a little while
     I’ll shut myself inside the falls-
        Summer retreat has begun

           *retreat;黙想、修養

夏草や 兵(つわもの)どもが夢の跡

            Summer grass growing
                 Where soldiers fought long ago
                      Only a dream now

   The summer grasses-
            Of brave soldiers’ dreams
                The aftermath.
            
              
*aftermath; (災害、戦争、大事件などの)余波,結果

五月雨(さみだれ)の 降(ふり)のこしてや光堂

         May rains fall, but not
             On the shining Golden Hall
                 So it still remains

  Have the rains of spring
     Spared you from their onslaught,
        Shining Hall of Gold?

     *onslaught; 猛攻撃、    *spare; 免れさせる、危害を与えないでおく

 

 閑さや 岩にしみ入る蝉の声

  Into rocks they go
    Cicada cries of summer
      Silence all around

  How still it is here-
     Stinging into the stones,
         The locusts’ trill.

      *locust; セミ、    *trill; さえずる

五月雨をあつめて早し最上川

         Early summer rain   
    Powerfully going down
       Mogami River

   Gathering seawards
       The summer rains, how swiftly flows
            Mogami River

              *seaward; 海の方、  swiftly; 迅速に、  

私は元の俳句を知っていても、これがその英訳! とは直感的にわからなかった。
日本語の詞を英訳したり、その反対に英語の詩を日本語に訳するのは難しいとおもう。「ラジオ英会話」のテキストには、「赤毛のアン」の翻訳についての連載があるが、これも読み応えがある。
違う言語を母国語に翻訳することの難しさを感じた。

 

 

 

奥の細道を英語で13(最上川2)

Now, let’s talk about my boat trip on the Mogami River. The river collects water from the Ou mountains and goes into the Sea of Japan. I heard that there were dangerous places with big rocks. At some places, the river was so fast that boats turned over. Hearing this made me worry,and it was actually very scary going down on about. The river finally slowed down when we got near Mount Itajiki. I was also able to see the famous Shiraito Waterfall. Many great poets had written about these two places. We got off the boat. When my feet touched the ground, I felt so relieved. Come to think of it, it was the high season for heavy rain. I went down the river when there was the largest amount of water. What an adventure it was! This haiku came to mind.

    Early summer rain   
        Powerfully going down
             Mogami River

最上川は、みちのくより出て、山形を水上(みなかみ)とす。
ごてん・はやぶさなど云(いう)おそろしき難所有。板敷山(いたじきやま)の北を流て、果は酒田の海に入。
左右山覆ひ、茂みの中に船を下す。
是(これ)に稲つみたるをや、いな船といふならし。
白糸の滝は青葉の隙々(ひまひま)に落て、仙人堂、岸に臨て立つ。
水みなぎって舟あやうし。

     五月雨を
        あつめて早し最上川

 

*ごてん・はやぶさ; 最上川舟下りの難所。川中に碁石のように暗礁が点在し、隼の飛ぶように水の勢いが速いところからこういったという。
*隙々に; 隙間のこと

橋本治さんの訳を引用する。

「最上川の源流は陸奥にあり、山形あたりが上流にあたる。その流れには、碁点(ごてん)とか隼とかいう恐ろしい難所がほうぼうにある。それらを通過し、歌枕の地板敷山(いたじきやま)の北を下って、最後は酒田で海に入っている。
流域の左右は覆いかぶさってくるほどの山で、木々が生え茂った中を、舟に身を任せていくのである。その舟に稲を積み込んだのが、古歌に詠まれた稲船というものなのだろうか。
名高い白糸の滝は、青葉に埋まった中を落ちていて、仙人堂は川岸ぎりぎりの場所に建てられている。そんな川を下るのだから、水量が豊かなせいもあって、舟が何度となく転覆しそうな危うい目にあった。

        五月雨を
             あつめて早し最上川               」

長谷川櫂著「『奥の細道』をよむ」では、
「/五月雨をあつめて早し/最上川/
句中の切れのある一物仕立て。芭蕉は大石田の歌仙の発句の『さみだれをあつめてすずしもがみ川』をここで「早し」と改めた。歌仙を巻いたとき、芭蕉はまだ船に乗らず、五月雨で増水した最上川を眺めただけだった。そこで『すずし』としたのだが、そこ後、元合海から清川まで最上川を舟で下った経験をもとに「早し」となおしたということだろう。
「すずし」は船宿の主、一栄への挨拶。一方「早し」は水かさを増した大河の迫力ある描写」と書かれている。

*五月雨とかいてあるので、つい季節は5月と思ってしまう。
記録によると芭蕉が最上川にいたのは、5月27日。だから五月雨となるわけだが、これは旧暦。新暦でいうと7月13日。東北地方の梅雨は6月下旬から7月上旬。
芭蕉は梅雨の真っ只中にいたのだ。だから最上川の水量の非常に多かったことが想像できる。私が奥の細道を詠まなかったら、芭蕉は5月のいい季節に最上川の舟下りをしたのだなあと思っていただろう。

芭蕉はこのあと、最終目的地の大垣まで旅を続ける。
全行程160日の大行脚。
Enjoy Simple English は約半分の旅だったが、大変勉強になった。

機会があれば残りの旅のあとを追って見たいものだ。