堺ツーデーマーチ 和菓子をめぐるコース

6月3日、第12回 堺ウォーキングイベント ツーデーマーチ に参加した。

私が参加したのは、5キロメートルコース。
このコースは「旧市街地と和菓子をめぐるコース」とただし書きがついている。
日頃行っている図書館で、この案内を見つけて参加申し込みをした。

上がそのコース。 出発点の大浜公園・防災広場から、旧堺燈台、旧堺港、南海堺駅、吾妻橋(あづまばし)を通って、ザビエル公園へ。そこに第一番目の和菓子店「曽呂利」がある。そこから「天神餅」というお店、南へ下り「丸市菓子舗」、「河合堂」。そして「本家小嶋」と「小島屋」に続く。そして「さかい利晶の杜」を通って、出発点にもどるというコース。
六つの和菓子屋さんを巡る旅というわけだ。

「曽呂利」「本家小嶋屋」「小島屋」には行ったことがあるが、「天神餅」「丸市菓子舗」「河合堂」のお店には行ったことがない。和菓子プレゼントもあるというので、こんな楽しいことはない。

ベビーカーを押しているので、300人という参加者の最終を歩く。4月に環濠クルーズで見た堺港、灯台を地上から眺めて、以前行ったことがある「曽呂利」に向かう。

参加者には一人につき、和菓子引換券が2店舗分ついている。
残りの4店舗は割引サービス。
「曽呂利」は他の店にはない試食サービスがあった。無料で「そ・ロール」の試食ができ、冷たいお茶のサービスもあった。
さすが「曽呂利」は太っ腹。

ここは「天神餅」というお店。
ここの和菓子引換券がついていたので、天神餅というお菓子2個をゲット。
お店の前の看板に、「天神餅 丹精込めて練り上げた こだわりの雪平餅と、香り高くほっくりとしたつぶ餡が、品の良い甘みを奏でる逸品。
素朴な味わいが拡がったあとの、淡雪のような口どけの良さがたまらない。
1952年の創業以来 長く愛されている銘菓です。」と書いてあった。

このお店で「ビレラ」という欧風和菓子を買った。宣教師ガスパル・ヴィレラにちなんでいるという。バターの入った黄味餡、バニラ風味の柔らかな生地で包み、焼き上げたそうだ。さすが堺の和菓子。宣教師の名前にちなんだお菓子があるんだ。

おもての看板を見ると、◯の中に横イチがはいっている。これで丸市(まるいち)とよばれているのだろう。
ここの和菓子引換券はなかったので、「斗々屋茶碗(ととやぢゃわん)」というお菓子を買った。「斗々屋」というのは千利休が珍重した名碗からきているそうだ。その茶碗の形をモデルにし、つぶ餡と柚子餡が二層になっているというアイデア物。楽しめる味だった。

ここでは堺灯台の形に似せた「堺灯台もなか」を買った。

河合堂の看板をバックにこのもなかの写真を撮る。
堺に関係のある人物や物の名前をお菓子につけるだけでなく、建物の形に似せたお菓子を作るのもオリジナリティ。堺商人の意気込みが伝わってくるお菓子だった。

ここが「本家小嶋屋」。何回か買いに来たことがあるお店。売り切れを心配したが、店前で説明をするボランティアの人が、今日は多めに作ってもらっています、といっていた。

このツーデーマーチのためにたくさんのボランティアの人が参加しているようだ。道の案内、施設の説明、商品の受け渡し、ありがたいことだ。お店によっては、大阪府立大学のロゴの入ったジャンバーを着た人たちもいた。市民、学生の陰の力のおかげで、こういうイベントは成功するのだと思う。ボランティアの人達に感謝。

「本家小嶋」から「小島屋」に行き、「芥子餅」をゲットした。「小島屋」は以前にこのブログで紹介したし、そろそろダウンしてきたので、写真を撮るのを忘れてしまった。お腹も減って、疲れてきたのでここでウォーキングはストップ。ゴール地点まで戻った人は何人ぐらいいたのだろうか。

上の写真は、このウォーキングでゲットした和菓子プレゼント一覧。

左上から「小島屋のけし餅」「本家小嶋のけし餅と肉桂餅のセット」「天神餅2個」
下に行って「丸市菓子舗の鮎餅」そして「斗々屋茶碗(小)」。

どれもこれもこだわりの逸品。
次の日の4日には、「仁徳さんと和菓子コース」、「環濠と和菓子コース」の二つがあった。
来年はちがったコースで楽しみたいと思う。

 

 

 

堺の和菓子 けし餅(本家小嶋)

IMG_20150911_0003 - バージョン 3

IMG_20150913_0004

地図を見ていると、小島屋と本家小嶋がある。どちらも「けし餅」とかいてある。
「かん袋」で手に入れたパンフ「竹内街道と横大路」(発行、奈良県・歴史街道コンシェルジェ)にも「本家小島」が紹介されていた。
「天文元年(1532年)創業以来伝統の味を守り続けている老舗です。きめ細やかな餅と丹念に練り上げられた餡、上質のけしの実で作られたけし餅は、とても香ばしく人気の一品です」と書いてある。

小島屋泰芳で聞いていると、別の店ということだ。近くなので行ってみることにした。

IMG_20150913_0005

 

IMG_7729

「さかい利晶の杜」のごく近くにある。のれんがでていなくて、どうも閉店のようだ。 ここも「売り切れ次第閉店」というお店。 お昼を過ぎていたので、どうも「売り切れ閉店」なのかもしれない。 日を改めて来ることにした。

IMG_7748

IMG_7751

午前九時から開店とパンフレットに書いてあった。
売り切れないようにと、車を「さかい利晶の杜」にある駐車場に止めて徒歩でお店に行く。
今回は大丈夫だった。 のれんも出ている。
では、ごめんください、と戸を開ける。

IMG_7752

こじんまりとした店内。けし餅などが展示されている陳列ケースがあり、のれんの奥にけし餅を作っている作業場があるのだろう。
ここでは、芥子餅と肉桂餅の両方が買える。なんとラッキーな。
けし餅一個126円也。

IMG_7771 IMG_7773 IMG_7776

お店の方に聞くと月曜日が定休。
前に来た時にのれんが出ていなかったけれど?と聞くと、
用事でその時間は店を占めていたのかもしれませんね。という返事。
「さかい利晶の杜」のそばにある、千利休の屋敷跡を見学していたとき、ボランティアの説明の人が、 「(本家小嶋では)商売を熱心にする家の人がいなかったからね」というようなことを言っていた。 本家小嶋のけし餅は堺でしか手に入らないのは、そういうことからかも知れない。

IMG_7781

包み紙がいい。
千利休もこのけし餅や肉桂餅を食べたのだろうか。
堺には歴史のある和菓子があるなあ。
コーヒーとこのお餅、思った以上によく合う。これが伝統の味なのかもしれない。