大阪環状線撮り歩き  大正駅

今回はJR環状線「大正駅」。とても暑い日だった。

「大正駅」といえば「京セラドーム」。以前は大阪ドームと言っていたのに、いつのまにか大阪の文字がなくなってしまった。 今日は何かイベントがあるようで、若い人たちの姿が見られた。

私たちは「京セラドーム」の方に行くのではなく、前回の「芦原橋」周辺に戻り、北津守にある渡船場から大正区にわたり、1日で「船、山、海」の写真を撮るという、講師先生の計画に基づいて歩く。
それにしても今日は暑い。天気予報では35度になるという。講師の先生も「水分補給をしっかりと」と何回もおっしゃる。

太陽の光が強いと、車のガラスへの映り込みもはっきりとする。

浪速区と大正区の境の木津川を特急「はるか」が通り過ぎる。

浪速区と大正区にかかる橋は「大浪橋」。橋のたもとには「わたし 勘助島」の石柱があった。江戸時代には、浪速区の「難波村」と「勘助島」を結ぶ渡し船があったそうだ。ここがその船着き場であったかどうかはわからない。
勘助島についてしらべてみると、1610年頃、木津勘助が堤防を築き、現在の大正区三軒屋付近を豊臣家より「勘助島」として与えられたそうだ。
木津勘助と木津川の関係は深く、多くの功績があるそうだ。地下鉄御堂筋線「大国町駅」のそばにある大国神社には「木津勘助の像」が建っている。そのことは以前に私のブログにも書いた。

http://ungaisoten.com/2016/01/12/恵比須大黒(今宮戎・大國主神社)/

「大阪動植物海洋専門学校」「お肌軟水の湯」そして「井岡ボクシングジム」。
へえーっと思わす言ってしまう看板もあって興味がわく。

近くの公園ではセミの抜け殻がいくつもあった。今年の夏は猛暑になりそうな予感。

この「お散歩フォト」の添乗員さんが、ツアー参加者のリクエストに答えてモデル役。ブランコの立ち乗りに挑戦。

この巨大な物はなんだ?
これは木津川にかかる水門。防波堤だ。防波堤を渡船から見たのが下の写真。

ここは「落合上(おちあいかみ)渡船場」。
渡し船で「大正区」に移動する。
大阪市には8つの渡船場があるが、そのうちのひとつ。運賃は無料。市民の足となっている。
他の渡船場は、
①安治川の天保山渡
②尻無川の甚平渡
③大正内港の千歳渡
木津川の
④落合上渡
⑤落合下渡

⑥千本松渡
⑦木津川渡
⑧木津川運河の船町渡
である。
これらは大阪市の公営渡船で、①から⑦までが大阪市建設局、⑧のみが大阪市港湾局の管理で運営されている。

 

そしてここは川を渡ったところにある「千島公園」、「昭和山」がある所。 時刻は午前11時半。暑さはうなぎのぼり。木々の葉の影も色濃くなる。 これで「川」「山」の二つクリア。続いて残っている「海」に向かう。
下の地図の1番が、京セラドームの撮影ポイント
2番が大浪橋から井岡ボクシングジム
3番がセミの抜け殻ポイント
4番がブランコ

大正警察、大正区役所前から西側に向かって歩いていくと大正内港。

河口にある木津川大橋が見える。その先は大阪湾になる。ここは夕日の撮影スポットらしい。

入道雲が夏の空だと主張している。梅雨明けは間近だろう。汗でぐっしょりになる。

地図の5番が落合上渡船場。
6番が千島公園
7番が大正内港

大正駅から南に、川(渡船場)、山(千島公園)、海(大正内港)の撮影はここで終了。私は大正区役所まえのバス停からバスに乗り、難波に向かった。

バス停で、講師の先生がソニーのカメラマンだったので、ミラーレスカメラのことを聞く。これからはミラーレスの時代になるだろうというのが講師の先生の話。ニコンがミラーレスカメラの開発に力を注いでいるという話もあった。うーむ、情報収集しなくては。さて次回は弁天町駅の予定。

 

 

恵比須大黒(今宮戎・大國主神社)

大国主神社 大国まつり

IMG_7917

IMG_7912 IMG_7916

IMG_7918

地下鉄御堂筋線「大国町」駅の2番出口から上がるとすぐに見えてくるのが「大国主神社」。ふだんは「大国神社」といっているが、正式には「大国主神社」。
今宮戎神社に行く前に寄ることにした。残り福の日なので、流石に人は多くはない。

IMG_7919

お参りの後、種銭をもらい財布に入れる。この種銭がもとになって、財布に沢山のお金がたまりますようにと。

大国神社でのおみくじは「中吉」。
まあ、これぐらは満足できるクジの結果。
下の写真は境内にある「木津勘助の像」

IMG_7915

「大阪再発見」というホームページには、以下の様な紹介がのっていた。  

木津勘助は本名は、中村勘助といい、慶長から元和にかけて活躍した土木技術者。木津川を開削し、勘助島(勘助町:現浪速区大国町)の開発に当たった。豊臣秀吉や、松平忠明にたいへん重用されたといわれる。
 1641年(寛永18年)の危機の際、幕府の米蔵を無断で開け放ち、その米を飢饉に苦しむ人々に施した。その罪で島流し(一説には死罪とも伝わる)になったという波乱万丈な人生を歩んだ。
 1586年(天正14年)生まれ、1660年(万治3年)75歳で没と伝わるが、不明な点が多い。

http://www12.plala.or.jp/HOUJI/shiseki/newpage911.htm

この大国神社の近くに市電が走っていて、そこに「勘助町」という駅があった。
今の大国町の交差点の西寄りにその駅があったことを覚えている。

この地域にとっては、土地の開発や飢饉の時の活躍で、大変ゆかりのある人。

今宮戎神社 十日えびす

IMG_7928

IMG_7931

IMG_7934

残り福の11日なのに、さすがは今宮戎。午前中なのに結構な人出。
福娘さんに縁起物をつけてもらう。笹はただでも縁起物で4500円也。

IMG_7937今年は娘も行ったので、3人でおみくじを引く。
でました! 恒例の「凶」のおみくじ!

IMG_7940

高島屋に向かって歩く。
あの「芭蕉せんべい」のおじさんと「泉州堺包丁」のおじさんのお店はあるかな?

お店はありました、ありました。お二人は健在でした。芭蕉せんべいの屋台がもう一つ出ていたので芭蕉せんべいは人気になってきたのかな。
歩いていると、いつものように元気な声が妻にかかる。
「ちょっと、ちょっと。会いたかったで。昨日けえへんかったから心配してたで。夜も寝られへんかった。」と。
娘には「きれいなあ。宝塚の男役かなと思たで」とうれしがらせる。
一枚300円の芭蕉せんべいを目の前で焼いてくれる。なんと娘にはサービス。
これが大道芸のイキなところ。映画の寅さんの口上の大阪版を聞いているようだ。

生田神社にあるえべっさん

IMG_7843

IMG_7846

ここは神戸三ノ宮にある
「生田神社」。

神戸市立博物館に行った時に、お参りによった神社。

なんとここにも「えべっさん」があることがわかって、驚いた。

それは「蛭子神社」。

昨年のブログに京都の八坂神社にある「蛭子神社」のことを書いた。
京都の八坂神社が今宮戎神社にとって、特別に縁のある神社であることはそこで紹介した。

http://ungaisoten.com/2015/01/10/%E5%95%86%E5%A3%B2%E7%B9%81%E7%9B%9B%E3%81%A7%E7%AC%B9%E6%8C%81%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%93%E3%81%84%EF%BC%88%E4%BB%8A%E5%AE%AE%E6%88%8E%EF%BC%89/

ここ生田神社の「えべっさん」も「蛭子」と書いて「えびす」と読ませている。

「えびす」という意味は古くからある日本の信仰に関係があることもこのブログで紹介した。

http://ungaisoten.com/2014/01/13/%E3%81%88%E3%81%B9%E3%81%A3%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%88%E4%BB%8A%E5%AE%AE%E6%88%8E%EF%BC%89/

もう少し調べてみると、「兵庫・柳原の蛭子神社」のホームページに具体的に書いたものが見つかった。「蛭子大神」と「事代主神(ことしろぬしのかみ)」のことがわかりやすく説明されている。

http://www.hyogo-ebisu.com/syokai/syokai.html

IMG_7842

生田神社の「蛭子神社」には、左のような立て札があり、
伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の国生み伝説を紹介している。

京都八坂神社の「北蛭子神社」は「事代主神」を紹介していた。同じ「蛭子神社」なのに、由来の紹介が違っているのが私には興味深かった。

八百万の神々だから、そこはおおらかに考えたほうがいいかもしれない。