12月天神寄席

落語はミステリアス

知り合いから繁昌亭での天神寄席へのお誘いがあったので、久しぶりに年末の寄席見物を楽しむことにした。

お天気もよく、師走も押し迫っているのにそれほど寒くもない。
季節の挨拶代わりに「今年は年末感、というものがまったくありませんね!」という言葉を繰り返す。

天神寄席というのは、入り口でもらったパンフレットによると、

「12月天神寄席 落語はミステリアス

本日のご来場、厚くお礼申し上げます。「天満天神繁昌亭」の毎月25日の夜席は、この敷地をご提供いただいています大阪天満宮への謝意を込めて、《天神寄席》と銘打ったテーマ落語会を開催しております。
今月のテーマは、〈落語はミステリアス〉です。落語といえば滑稽噺や人情噺・怪談噺なとが思い浮かびますが、実は、ミステリー風の噺も少なくありません。本日は、それらのうちから、五席を選びお楽しみいただきます。
落語の合間の鼎談ゲストには、中学生の頃から落語に親しんでいらしたというミステリー作家・有栖川有栖さんをお招きしました。私、桂春之輔は、存在そのものが落語会のミステリーと揶揄されておりますが、いつもの進行役・高島幸次先生には、本日の鼎談がミステリアスにならないようにお願いしたいと思っています。気ぜわしくなりがちな年の瀬ですが、楽しい一夜をお楽しみいただければと存じます。

 平成28年12月25日 上方落語協会副会長 桂春之輔

とある。

演目は最初の三つが、

桂壱之輔さんの「ろくろ首」

桂九雀さんの「移植屋さん」

桂文喬さんの「算段の平兵衛」

ろくろ首はよく聞く話だが、二つ目の「移植屋さん」は新作落語。作者は久坂部羊作さんという方で、会場にも来られていて、後の鼎談のときに紹介があった。
臓器移植が背後にテーマとしてあるのだが、「奥の手を移植すると、シャツが着にくい」とか、「逃げ足を移植すると、ズボンが履きにくい」など、日本語の言葉遊びがあって、そこはさすが落語、といわせる内容だった。

「算段の平兵衛」も私は初めて聞く話だが、桂文喬さんの熱演で、死んだ庄屋さんが殺されるたびにその手段がえげつなくなるという、ホラーとミステリアスの演目だった。話のオチも大阪弁だからわかるというもので、思わずニヤリ。

中入のあとの「鼎談」は、ミステリー作家の有栖川有栖さん、大阪大学招聘教授の高島幸次さん、そして桂春之輔さんの三人によるもの。
普段は開演中の写真撮影はお断りだが、有栖川さんの紹介のときだけ解禁となった。それが上の写真。
私はミステリーはあまり読まないので、有栖川さんの作品は全く読んだことはない。しかしお話を聞いているうちに大阪市東住吉区の生まれで、大阪育ちとわかったので興味が湧いた。会場の参加者からの推薦の本の紹介もあったがよく聞こえなかったのが残念。
今回の天神寄席には、有栖川さん目あての方が多く客席に来ていたようだ。大阪大学の高島さんが「普段の客層とはチヨットちがいますね。年代もお若い方、女性の方が多いようで、、、」というようなことを言っていた。なるほど、写真のように有栖川さんは私の予想よりもぐっとお若い方で、ミステリー小説講座のようなものも開催されているらしく、そこの生徒さんたちも来ていた。
春之助さんから、「スイミングスクールに通えば、泳げない人もみな泳げるようになるように、先生の講座に参加すればだれもがミステリー作家になれますか?」と言う質問に、有栖川さんの答えがなるほどと思った。
「スイミングスクールでだれも泳げるようになるように、文章教室などで勉強すれば書けようになります。でも、スイミングスクールの生徒さんのだれもがオリンピックに出るわけでないように、ミステリーもそうです。アイデア、展開などそこはその人の持っているものが大事になります」
なるほど、有栖川さんは小学校のときに推理小説を書き始め、中学生で落語の台本をラジオ番組に応募したという。そういう持っているものがプロにつながるのかと納得。有栖川さんはミステリー落語の台本を書いてみたいとおっしゃっていた。来年には何らかの作品ができあがるそうなのでちょっと楽しみ。

鼎談の後の「猫の忠信」は、題名からわかるように「義経千本桜の狐忠信」がベースにある。

狐忠信は狐の子どもと鼓の皮だが、猫の忠信は猫と三味線。文楽や歌舞伎が庶民に広く受け入れられていたからこそ、落語が生きてきたという時代背景がよくわかる。

オチは猫の鳴き声「ニャアウ」。これも考えオチなのかなあ。

トリの桂米左さんの「足上がり」は桂米朝師匠が得意とした芝居噺らしい。
「足上がり」と言う言葉は、現在では使われていない言葉で「解雇される」「くびになる」という意味だが、私も知らなかった言葉。話の中でその意味が説明されているのでオチがわかるという流れになっていた。
噺のなかで四谷怪談の芝居が演じられるわけだが、落語にはいろんな分野が吸収されているなあとつくづく思う。今の落語家の人たちも日本舞踊や狂言や浄瑠璃など、いろんな古典芸能を習っているということが桂花團治さんの前フリのなかにあった。
私も小中学生のとき、ラジオで落語を聞いて知った知識もたくさんあったことを思い出す。

なんとなんと、古典芸能だけではなかった。 英語落語だ。 英語落語があることは知っていたが、見たことも聞いたこともない。 これは面白そうだ。

寄席が終わっのが9時近かった。天神橋筋で夕食でもと思ったら、ほとんどのお店がラストオーダーが終わり店じまいを始めていた。
えーっ、そんなに早くしめるの。年末だからかなあ。
こんなところで年の瀬を感じた繁昌亭の天神寄席だった。