2月1日 金星に月が接近

午前6時頃の写真。 もう少し拡大してみると、

木星から離れて南側にアンタレスがあるのだが、うまく写真に撮れない。

少し時間が経ったところ。金星はさすがによく輝いている。
どんどん明るくなってくるので、アンタレスが見えなくなり、木星も見えにくくなる。

月と金星と木星が入るようにトリミングしたもの。
地球照(地球に照らされて、月のかけている部分がうっすらの見える現象)が、写真には写っている。

国立天文台の「今日の星空」による2月1日朝6時の星空の予想図。
国立天文台のホームページよりの引用。
小さいので拡大してみると、

図にかいてあるものと、実際の星空ではその距離感が違って見える。 土星は山の付近にあるので、確認できなかった。
肉眼でいるものと、写真に撮ったものを比べると、まだまだ私の写真ではわかりにくい。
今年は天体写真に挑戦してみるか。

 

 

 

2019年1月2日の朝

月と金星が接近

1月2日午前6時半過ぎ、金星が月に接近している。 拡大してみよう。

写真に写っいる黒い線は、電線。 ベランダから写しているので、電線が入ってしまった。 でも、これが住宅地から見える星空の雰囲気がわかるのでは。

この写真には木星が写っている。

 

木星の部分を拡大してみよう。

人間の目にはよく分かるのだが、写真にすると、思ったように写っていない。 カメラの調整がまだまだ未熟なのだ。
夜が明けるのが、意外に早い。グズグズしているとどんどん明るくなってきて、木星のように太陽に近いところに見える星はすぐに光が薄くなってくる。
そして星もどんどん動いている。カメラのブレと星の動きでピタリと止めて移すのも、また難しい。
今回は手でシャッターを押したが、その振動で星がずれて写る。こういう時はレリーズが必要なのだろう。

月と金星と木星の接近が月末にも見ることができるそうだ。 国立天文台のホームページに紹介されている。 1月30日、31日、2月1日とその様子が見られるらしい。 お天気がよかったら観測、写真撮影をしてみよう。

さらに1月6日の午前中には、部分日食が見られるそうだ。 お天気はどうなのだろう。 天気予報を見るとどうも曇り空、ひよっとすると雨かもしれないらしい。
でもこれだけはその日にならないと確実ではない。

2月の新月(2月6日)は、今年一番遠い月らしい(406555Km)。
一番近づく月は、これも2月(2月19日)で356761Km。満月は2月20日。

では一番遠い満月はといえば、9月14日で406377Kmということだ。
一番近いときの満月と一番遠いときの満月の写真を写せば、大きさ比べができて、面白いそうだ。これもお天気次第。

さてさて月と星の競演は面白そうだが、今年はどんな年になるのだろう。