愛蘭土紀行 23

聖パトリック教会

聖パトリック教会は工事中だったが、中を見学することはできた。

司馬遼太郎さんは聖パトリック教会について、「カトリックの教会だと思っていたら、英国国教会だった」と驚きのニュアンスで「愛蘭土紀行1」で書いている。
聖パトリック教会は1191年創設と言われている。最初はケルト系教会だったが、イングランドの宗教改革の影響で英国国教会系となった。「愛蘭土紀行1」には、

「教会に、カトリックの聖人の名がついているじゃないか、と思った。
聖人というのは、ローマ・カトリックの神学とながい習慣によってできたものである。新教(プロテスタント)には聖人崇拝がなく、その後、新教の影響を強くうけた英国国教会においても聖人崇拝があるはずもないと私は思っていた。
・・・・略・・・・なにしろ英国国教会は16世紀、ヘンリー8世が王妃と離婚したいがために教会をローマから独立させ、英国国教会として出発させた宗教だから、諸事、鷹揚あるいはぬえのようにできている。
 初期にはカトリックに揺れたり、プロテスタントになったり、じぐざぐをくりかえしたが、やがて中道を行くということにおちついた。たとえば儀式はカトリック、教義は新教、聖教者のスタイルは結婚生活が許されるということで、新教の牧師じみている。」

この「中道を行く」までに大きな悲劇がアイルランドにはあった。
司馬遼太郎さんの「愛蘭土紀行1」には次のようなことが書かれている。

「ただし、アイルランド人は、いまもクロムウェルを許さない。
 1649年夏、クロムウェルは”共和国軍”2万をひきいてアイルランドに押しわたり、かれらがカトリックだというだけで、大虐殺をやった。聖職者、修道女、女子供をえらばなかった。
 ドロヘダでは4千人を虐殺して、ウエックスフォードでは二千人を虐殺した。働き盛りの男をみつけると、アメリカ大陸へ奴隷(年季奉公人)として売りとばした。
「プロテスタント」という言葉が、アイルランドにおいては、悪魔もしくはそれ以上のイメージになったのは、このときからだった。
 宗教は、水か空気のようである場合はいいが、宗教的正義というもっとも悪質なものに変化するとき、人間は簡単に悪魔になる。」

聖パトリック教会の中には、美しいステンドグラスがたくさんあった。
そこはプロテスタントの教会的ではない。キリストやマリア像はないが、カトリックの教会の雰囲気がある。

司馬遼太郎さんは言う。

「つまりはいい意味でいいかげんであるため、カトリックの専売特許であるはずの”聖人”の称号をそのまま英国国教会で無断借用して、”聖パトリック教会”と名づけているのである」

私にはキリスト教のことはよくわからないが、歴史の中で右往左往させられてきたアイルランドのことを思うと、素直にはその「いいかげんさ」では理解できない部分がある。

聖パトリック教会の前庭には、美しい花壇があり花を咲かせている。子どもの遊具などもあって、楽しく明るい空気がある。
こんな風景がいつまでも続いてほしいと思う。

この聖パトリック教会には、私の見たいものがあった。
それは「ガリバー旅行記」を書いたスイフトの墓だ。

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 15

_MG_0517

_MG_0514 _MG_0498

Now there is a bend in it. I don’t know what lies around the bend, but I’m going to belive that the best does.
「でも今、道の曲がり角に来たの。 曲がり角の向こうに何があるかわからないけれど、 きっと素晴らしい世界が待っていると信じているわ。」
(NHK テレビ3か月トピック英会話 2008年 6月号より)

「赤毛のアン」を読んだほとんどの人の心に残っていると私が思う言葉。
それをイメージさせてくれるのがこの赤土の曲がり角のある道、
坂道の先には何があるのかわからない赤土の道。

IMG_20140621_0001

IMG_20140621_0002

このツアーのガイド役をされた松本侑子さんの本にある写真のような赤土の曲道。
プリンスエドワード島の道路の舗装が進み、赤土の道は年々なくなってきているという。
今回の松本侑子さんのツアーでなければ、赤毛のアンに出てくる曲がり角のある道を見る機会はないそうだ。
全てが舗装されてしまうことはないと思うが、時間とチャンスと目的がないと見ることなく旅が終わることになりそうだ。

上の写真を撮った場所は二箇所。曲がり角の道と真っ直ぐな赤土の坂道は違う場所にある。

赤土を見て思ったことがある。
赤土といえば、小学校の時に習った関東ローム層の赤土。赤土は作物の育たない土と習った記憶と、ウクライナ地方の黒土は豊かな土地と習ったことと結びついて、黒土は豊かな土地、赤土は貧しい土というイメージが刷り込まれてしまっている。
でも、ここプリンスエドワード島に来て、ここの赤土は栄養豊かな土地で、ジャガイモの生産地となっていると聞いてびっくりした。
「赤毛のアン」でも、マシューがジャガイモ畑をつくり、牧草地では牛のドーリーが草を喰んでいる場面がある。
_MG_0007 日本に帰ってから調べていると、プリンスエドワード島は75000年から10000年前にセントローレンス湾に堆積した土砂がもとになっているようだ。氷河期には海底に押さえつけられていたが、氷河の後退によって海上に隆起したのがプリンスエドワード島というわけだ。堆積盆地のため土地にはたくさんの有機物があったのだろう。海底に何万年も堆積したために砂岩となったものもあり、含まれている酸化鉄によって土は赤くなったと私は理解した。(上の写真はレストランの駐車場に重石代わりに置かれていた砂岩。)
また植物の生育には鉄が欠かせないことも知った。
関東ローム層のような粘土質ではなく、川が運んだ堆積物が砂岩になり鉄分も多く含む大地がプリンスエドワード島の土地というわけだ。だから土壌が豊かだということがやっとわかった。
プリンスエドワード島にこなかったら、私は一生「赤土は痩せた土地」と思っていただろう。赤毛のアンのおかげで一方的な知識を正すことができた。