ハイジとドレミの歌 番外編

トラップ一家のその後

サウンド・オブ・ミュージックのトラップ一家は映画の人ではない。 実際にオーストリアからアメリカに亡命している。

旅行中、松本侑子さんはアメリカに亡命したあとのトラップ一家の様子を紹介された。
左がアメリカでのトラップ一家のようすを教えてくれる本だ。「サウンド・オブ・ミュージック」という題で2冊の本が出版されている。1冊目が映画で私達が知っている内容のもの。2冊目が左の本で「アメリカ編」となっている。図書館で借りてきて現在読んでいるところ。

1938年にオーストリアはドイツに併合される。トラップ一家が渡米したのはこのとき。映画でその場面があった。翌年1939年に第二次世界大戦がはじまっている。アメリカに渡った一家の様子が、マリアの手によって書かれたのがこの本。マリアはアメリカに来たことをきっかけに英語を学んだ。そしてこの本はマリアが学んだ英語で書かれている。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、ドイツナチスの非道さを知ったが、オーストリアが戦争後10年間連合軍によって占領されていたことは、今回の旅行で初めて知ったことだ。
アメリカにいたトラップ一家は、「トラップ・ファミリー・オーストリア救援隊」を組織し慈善活動をしていたそうだ。そのことをこの本で知った。

オーストリアで買った星座盤

上の写真が自然史博物館で買った星座盤。 この星座盤を買うとき、私は棚に並んでいる星座盤の一番正面にあるものを持っていくと、レジの人は多分こう言っていたと思う。
「これは中がわかるようにしてある展示品だから、ちゃんとシールされた商品にとりかえましょう」
と言いながら新しい星座盤を持ってきてくれた。
裏には使い方が書いてある。広げてみると太陽系の星などが説明されていた。
なにぶん全部ドイツ語で書いてあるのでよくわからないが、最座名でわかるところもある。

北極星の位置を見ると、日本に比べるとかなり高度が高い。これは緯度が高いからだ。世界中の星座盤を比べてみたいものだが、今まで行った国で星座盤を見たことがなかった。やはり自然史博物館のような建物に行かないと見つからないのだろうか、と思う。

飛行機から見た富士山

今回は東京に行くときも大阪に帰るときも富士山がよく見えた。
上の写真が大阪から東京に向かうときに見えた富士山。
下の写真が東京から大阪に帰るときに見えた富士山。
東海道線に乗ったとき、富士山が見えたらいいことがある、なんて中学校の修学旅行のときに言っていたが、今は飛行機から富士山を見る時代だ。
行きも帰りも富士山を見ることができたということは、私にとってはとってもいい旅になったと、富士山も言ってるのだろう。