日本語表記の歴史 7

撥音(はつおん)と促音(そくおん)

「日本語全史(沖森卓也著)ちくま新書」によると

「古代日本語の音節は、・・・現代と大きく違っている点は、拗音(キャ、シュの類)が存在しないこと、『ん』に相当する撥音や『っ』で書かれる促音がないことなどである(P30)」とある。

では、いつごろから『ん』、『っ』が使われるようになったのだろう。

「見て読んでよくわかる! 日本語の歴史②(倉島節尚著)筑摩書房」によると、

「平安時代i漢語の影響もあって『ン』と発音される音(撥音)が定着し、仮名で『む』と書かれるところや助動詞の『む』などが、『ン』と発音されるようになりました。

しかし、この音を書き表す方法がなかったので、『む』、『い』、『う』であらわしたり、何も書かない無表記であったりしました。

平安時代に書かれた紀貫之の『土佐日記』では、『天気(てんき)』のことを『ていけ』と書いています。」

とある。

左の写真がその土佐日記の一部。最後の行にある「ていけのことについていのる」というのが「天気のことについていのる」と読むが、書くときには「ていけ」と書いていたということがわかる。

さらに「っ」については、次のように書かれている。

「つまって発音される音『促音』も平安時代からはじまりました。

この音を書きあらわす方法もなかったので、『レ』のような符号や、『む』『う』であらわしたり、無表記であったりしました。

また『退屈(たいくつ)』のように『つ』で終わる漢語の『つ』の部分が促音に似た音たったことから、促音が『つ』と書かれるようになったと考える説があります。

なおこれでは本来の『つ』と発音される語と区別がつかないので、『現代仮名遣い』では促音は小さい『っ』で書くと定められています。」

とある。

(鎌倉時代に書かれた)「平家物語」の一部の写真にあるように、「あって」の「っ」が省かれていたり、「やんごとなき」の「ん」が無表記であったり、「まろうど きたって」が「まろうど きたて」と促音の「っ」がないことがわかる。

私達が使っている「ん」や「っ」も、長い歴史の中で作られてそれが広がっていったことがわかる。ここで紹介した本以外にも、たくさんの本があり、諸説色々ありということがわかった。

拗音は鎌倉・室町時代

拗音について、「日本語全史」には、

「拗音という語が『キャ、ショ』などの類を指す意味て用いられるようになったのは鎌倉時代中期頃の悉曇学(しったんがく)においてである。『悉曇初心抄』(1320年以前)には、キャは拗音、ヵは直音であるという記述が見え、これ以降は音韻として拗音が意識されるようになる」

とある。

拗音や促音を小さく書くのは今は当たり前だが、昔はどうだったのだろう。

上の写真は「小学指教図」といい、明治16年のもの。
図を使って言葉を教えたものだが、たとえば一番上の段の左には「きようだい(鏡台)」があり、「よ」は小書きの「ょ」ではない。三段目の左は「ちやうちん」、四段目の右は「らつぱ」とあり、拗音は小書きになっていない。
ここには小書きになっていない例を上げたが、子ども向けの本などには小書きの拗音も使われたということだ。字の大きさの統一はなかったのだろうか。

拗音が小書きになったのは昭和になってから

昭和61年に出された「現代仮名遣い」(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では「拗音に用いる『や、ゆ、よ』は、なるべく小書きにする」という指示で、必ず小書きにしなければならない、というものではなかった。
学校では促音や拗音は小書きー小さな文字の「っ、ゃ、ゅ、ょ」を使うように指導されているが、法令文書では「や、ゆ、よ、つ」は小書きではなく、普通の大きさの文字であった。
それが現在のようになったのは昭和63年7月20日の通知、(「内閣法制局発第125号 内閣法制局長官総務室から 内閣官房内閣参事官室あての通知)「法令における拗音及び促音に用いる「や・ゆ・よ・つ」の表記について」による。
そこに「小書きにする」と書かれている。
それから促音・拗音は必ず「小書きする」ことが当たり前になったのである。小学校で習っていることが普通になったのが昭和61年、1986年からだとは思いもよらなかった。

最後に半濁音(ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ)について書いておこう。

「日本語全史」には「半濁音符はキリシタン資料の『落葉集』(1598年刊)に見られるのが最も古いようである。」と書かれている。

「落葉集」について調べてみると、長崎で刊行されたキリシタン版の漢字辞書であることがわかった。そこには
字訓にパ行の半濁音が使用されている。たとえば、
「一夫」・・夫に「ぷ」の送り仮名
「一飯」・・飯に「ぱん」の送り仮名
「一歩」・・歩に「ぽ」の送り仮名
が書かれているそうだ。

「見て読んでよくわかる! 日本語の歴史②」には、

「キリシタンの宣教師たちがのこした書物には、「パアテル」のような半濁点が書かれています。これはやがて、日本語でも使うようになりました。(パアテルとはポルトガル語で「①父なる神・聖父 ②神父」のこと)」
とある。

もともとの日本語になかった音が、中国やポルトガルの影響を受け、日本語の音が広がっていったことがよくわかった。
長い歴史と時間がかかって、現在私達が使っている「現代仮名遣い」となったわけだ。それにしても「拗音」が小さい「や・ゆ・よ」で政令文書書かれるようになったのが30年少し前からだとは、知らなかった。