日本語表記の歴史 2

日本語表記の歴史を考えるために、年表で古代にさかのぼってみよう。

年表を書こうとエクセルでやってみたが、2000年以上もの長いものをどんなふうに収めたらいいかと考える難しい。 そんなとき前回紹介した「見て読んでよくわかる! 日本語の歴史」を見つけた。 そこにあったのが上にある、らせん式の年表。これは役に立ちそう。

日本語の歴史と簡単に言っても、厳密に考えなくてははらないようだ。

縄文時代は今から1万年以上前からはじまるらしい。
縄文時代、弥生時代とすすむなかで、その当時の人達は会話をして意思疎通をはかり、生活を高めてきたことは想像できる。
ただ文字が残っていないので、想像するしかない。

たとえ文字があったとしても、現在に残っていないと、「あった」と証明できない。
石や木などに刻まれた文字があれば残るかもしれないが、そういった文字らしいものはない、というのが現在の定説になっている。

漢字が中国より伝わる。

年表に記入したが、「17条の憲法」が書かれたのが604年。
「古事記」が書かれたのが712年。
「魏志倭人伝」が載っている「後漢書」が書かれたのが西暦400年代。「魏志倭人伝」が日本のことであるなら、その記述は西暦280年代の記事が元になっているという説がある。そうすると日本への漢字の伝来は、西暦200年代後半にはあったのだろうと推測される。しかしそれはまだまだ本格的なものではなく、本格的な漢字の伝来と日本での活用が始まったのは、西暦300年代後半から400年代前半だろうと言われている。

「古事記」「日本書紀」とも、上の写真のように漢字で書かれている。
「17条の憲法」の原本や写本は存在しない。「日本書紀」に全文が引用されているのが初出と言われている。「日本書紀」に引用されている「17条の憲法」はもちろん全文が漢字で書かれている。(「日本書紀」「古事記」の写真は「日本語の歴史1」より引用)

変体漢文・和化漢文

左の写真は日本現存最古の「古事記」の写本。
「大須真福寺宝生院」に蔵される「真福寺本古事記」と呼ばれるもの。
応安四年から五年(1372年)に書写されたもの。

「古事記」は漢字で書かれているが、古典中国語文ではない。

このことを知って私はおどろいた。見たところ全部漢字だから、てっきり漢文(中国語)で書かれていると思っていた。
 漢字で書かれているが、日本語の語順で漢字を配列したり、正規の漢文にはない敬語が使われていたり、内容として日本語の歌謡を含んでいるものだそうだ。漢字を使って日本語の文を書こうとしていることが明らかであるそうだ。
日本語の文体の一種として考えてよく、「変態漢文」とか「和化漢文」言われるもので、平安時代の公家の日記や記録に使われているそうだ。

江戸時代の幕府の公用文にも使われているという。へーっ、そうだったのか、平安時代の貴族の日記はこの変体漢文・和化漢文で書かれていたものだったのか。全く知らなかった。
ちなみに「日本書紀」は、「古典中国語」の部分と「変態漢文」の部分があるので、作成に中国人が協力していたことが推測されるそうだ。

上の「古事記」の写真は左の本「図説 日本語の歴史」から引用した。
この本には、実際の日本語の表記の実物写真がたくさん載っており、書かれたそのままを写真で見ることができて、当時の雰囲気が伝わってくるような気がする。