秋のグリーン・ゲイブルズ

以前に、松本侑子さんの主催する赤毛のアンツアーに一緒に行った人から、上のようなオンラインツアーの取り組みの紹介があった。

講師は上記写真の左から二人目の人、増田かつ江さん。この人は私達の赤毛のアンツアーでもガイドをしてもらった人。松本侑子さんの知り合いで、赤毛のアンの大ファンそうだ。
秋の風景の中にあるグリーン・ゲイブルズが見たくって、このオンラインアカデミーに申し込んだ。
以下の写真はオンライン上のものをカメラでうつしたもの。増田さんに問い合わすと、現地の了解ももらっているのでブログで使っても良い、ということなのでここで使わせていただく。

グリーン・ゲイブルズの部屋の中から外を望んだところ。
窓枠の赤いお花、ガラス越しに見える庭、差し込んでくる朝の太陽の光は、私達が行ったときのことを思い出させる。

2020年10月9日、朝9時過ぎのグリーン・ゲイブルズ。 パソコンの画面なのですこし歪んで見えるが、青空と白い雲は秋の空だ。
私達がグリーン・ゲイブルズに行ったときは6月だった。アンの部屋は2階にあり、東向きに窓がある。
朝日が窓に反射してキラリと光るところを私はカメラで撮そうと苦労したことを思い出す。
この日の大阪は台風の影響で雨が降り続き、鬱陶しい感じだったが、プリンスエドワード島の青空を見て心も晴れてきたように感じた。
日本とプリンスエドワード島の時差は12時間。このオンラインアカデミーは午後9時からはじまったが、プリンスエドワード島は朝の9時だったのだ。

アンの部屋。
袖がふくらんだ赤い服など小説「赤毛のアン」の世界を再現している。

増田かつ江さんの話によると、プリンスエドワード島も新型コロナウイルスの影響で例年の観光客の9割減だそうだ。コロナの感染者は61人。入院者や死者はゼロ。感染拡大防止に全力をそそいでいるのが想像できる。

これは台所にある薪ストーブ。暖房のためだけではない。お湯を沸かしたり、パンを焼いたり、アイロンを温めたり、一台で何役もするすぐれものの薪ストーブ。
現在NHKで「アンという名の少女」が放送されているが、そこでもこの手の薪ストーブが登場する。私はどのようにして小麦粉からパンに仕上げていくのか、このストーブをどのように使ってパンに焼き上げるのかを知りたいと思っていたが、ズームの機能がうまく使えないので、質問できなかったのが残念だった。

プリンスエドワード島は木々に花が咲き、色とりどりの花が咲き誇っている。
私達が行ったのは6月というのに、季節外れの寒さで、花はほとんど咲いていなくて
モンゴメリーさんのお墓の前は黒い土だけだった。上の左の写真はモンゴメリーさんのお墓。今は秋の草花で飾られている。やっぱりこうじゃなくっちゃあ。

世界中が新型コロナウイルスの影響で下を向きがちだが、グリーン・ゲイブルズの青空を生中継でみると、少し元気が出てくる。

モンゴメリー公園にある、赤毛のアンの作者モンゴメリーさんの像。最近できたそうで、私達がカナダに行ったときにはなかった。
赤毛のアンの時代には、私達が当たり前のように使っている電気はなかった。水もそうだ。しかしアンの生活はなんと豊かだったのだろう。アンという人間の心の豊かさがその世界をつくったのだろう。そのことを感じさせるのが小説「赤毛のアン」なのだと思う。
日本を遠く離れて仕事をされている増田かつ江さん、アイルランドの山下直子さん(山下直子さんもこのオンラインアカデミーに参加かされていた)、そのたくましさに私はとても励まされる。ありがとうございました。
さあ台風も過ぎ去ったし、がんばらなくっちゃあ。

 

 

 

アイルランド独立戦争

カルチャー講座も第5回目となった。 今回のテーマは「第1次世界大戦とアイルランド独立」。
「アイルランド独立」については恥ずかしながら知識がなかったので、とても良い勉強の機会となった。独立戦争について私なりに理解できたことをまとめておこう。

アイルランドの独立については、知ればしるほど大変なことに気づく。現在のアイルランドにまだまだ、様々な影響を与えている。
「アイルランドはケルトの国、妖精の国」などという甘いイメージに染まっていた私にショックを与えてくれた映画が左の映画。講義の中で紹介のあった、映画「マイケル・コリンズ」だ。(写真はYahoo の映画紹介から引用)。
この映画で、アイルランド独立戦争時代のことがわかった(ような気がする)。アイルランド独立に向けての血のにじむような(実際多くの人が犠牲になった)努力と情熱と、戦いがあったことがよくわかる映画だった。

アイルランド独立への道
1171年 イギリスによるアイルランド征服               1649年 クロムウェルの侵略                     1690年 ボイン川の戦い(イギリス側の勝利、イギリスの圧力強化)   1798年 ウルフトーンの乱 3万人の死者といわれている。       1801年 連合法によりイギリスに併合される。             1829年 ダニエル・オコンネルによる「カトリック解放法」                         

ダブリン市内にある「ダニエル・オコンネルの像」。私が見たときには、オコンネルの頭に白い鳩がとまっていた。
アイルランドのカトリック教徒は、公職から締め出されていて、国会議員や大臣、裁判官などの国の重要な地位につくことは許されていなかった。これと戦ったのがダニエル・オコンネルであった。カトリック教徒解放法によって、ほとんどの公職がカトリック教徒にも認められるようになった。しかし民族問題としてのアイルランド問題が解決したわけではなかった。

1914年 第一次世界大戦起こる
1916年 イースター蜂起                       
1919年〜1921年 アイルランド独立戦争              
1921年 英愛条約 (北部6州を切り離して独立)           
1922年〜23年 アイルランド内戦                  
1968年〜98年 北アイルランド紛争

アイルランド独立への機運が高まっていくのだが、1914年に第一次世界大戦がはじまる。アイルランドの独立のために、という考えで多くのアイルランド人がイギリス軍に参入していった。その数は30万人といわれ、戦士したアイルランド人は約5万人になったと山下直子さんの講義での説明があった。
丁度そのときにイースター蜂起、アイルランド独立戦争が起きた。

上の写真は、イースター蜂起のときに作られた「アイルランド共和国宣言」。この写真はトリニティ・カレッジの図書館に展示されていたもの。イースター蜂起100周年を記念してアイルランド政府は多くの国の言語で翻訳したそうだ。アイルランド大使館のHPに日本語訳があることを山下直子さんから紹介があった。

 https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/news-and-events/2016/the-1916-proclamation-in-japanese/

イースター蜂起、アイルランド独立戦争を経て、1921年にイギリス・アイルランド条約が結ばれる。しかし全島独立ではなく、北アイルランド6州を除くものだったので、そのあと「全島独立を目指すために批准反対側」と「条約をこれからの戦いの一里塚としての批准を目指す側」との内戦が起きる。
この内戦のなかで「マイケル・コリンズ」は暗殺されてしまう。内戦では独立戦争時よりも多くの死者が出たという。内戦は比較的早く収まったといわれているが、後遺症は長く、深く、アイルランドの人たちに残っていると想像される。

第一次世界大戦へイギリス兵として出兵したアイルランド人は、アイルランド独立のあとに故郷に帰ってくる。アイルランド独立のために、と戦いに出たのに、敵国イギリスに協力したとレッテルを貼られ、忘れられた英雄となった。
また、南極探検で有名なスコット隊を協力したトム・クリーンは、勲章をもらったことを家族にも話さなかったという。それはイギリス海軍に協力したことを知られなかったからだという。知られるといわゆる愛国主義者から家族を含めて攻撃されることが予想されたからそうだ。
上の戦没者慰霊庭園は1939年に完成し、第一次世界大戦でなくなった約5万人の慰霊のために作られたのに、公開されたのは1988年だという。あいだに第二次世界大戦があったことも関係があったのかもしれないが、公開までに約50年の歳月がかかっている。それもイギリスに味方をした人を英雄視するのはいかがなものかな、というタブー意識によるものだろうと山下直子さんは說明された。

アイルランド独立を目指していながら、どうして内部分裂とテロと破壊になっていくのかと不思議に思うが、世界の歴史には同じようことが多く起こっている。日本でも明治維新、戊辰戦争などで多くの若者が命を失っている。会津出身の年配の知り合いは、お酒を飲むたびに会津藩の無念さを口に出していた。

長く続いた北アイルランド紛争は話し合いでの紛争解決となった。
現在、新型コロナウイルスの中での総選挙で、内戦の敵味方だったフィネーゲル党とフィナフォーレ党の連立内閣となった。
マスコミは「内戦政治の終焉」と報道され、任期の半分を交代して首相をつとめるそうだ。執務室にマイケル・コリンズの写真と、デ・ヴァレラの写真が並んで飾られるのかとマスコミの話題となっている、というのは山下直子さんの解説。

連立内閣の出現、北アイルランドでのカトリック教徒とプロテスタント教徒の人口の逆転、イギリスのEU離脱によるアイルランド島内の国境や貿易の課題など、アイルランドの統一が少し近づいたのでは、という観測も生まれているそうだ。

歴史と伝統のある国、圧政と抑圧に戦ってきた国、そして豊かな自然とおいしい食べ物と文学者を多く輩出してきた国、さらに妖精の国アイルランド。
日本のほぼ反対側にある国のことがますます知りたくなってきた。

*参考にした資料「アイルランド史」(山川出版)、「図説アイルランドの歴史」(河出書房新社)

 

 

タラの丘 HILL OF TARA

アイルランド・カルチャー講座 第4回

アイルランド・カルチャー講座も4回目、後半に入ってきた。
アイルランドで行ってみたいところといえば、「風と共に去りぬ」の「タラの丘」。
多くの人がそう思っていると思う。
山下直子さんのお話によると、日本人の観光客が圧倒的に多いそうだ。

タラの丘はダブリンから北西36キロメートルのところにある。
ここには4〜5世紀ごろの土の砦が残っている。ケルトの人たちがやってくる前からこの地は聖なる場所としてあったらしい。


聖パトリックの像の写真を取り、サンザシ(英語名はホーソン)の樹の下を通り抜ける。サンザシは赤い実がたくさんついていた。

広い、草原のような丘。みわたす限りの草原、という雰囲気。
丸く盛り上がっているのは古墳らしい。古墳の中には新石器時代にさかのぼるものもあると山下直子さんは說明されていた。日本の古墳時代のずっと前から、ここで文化が栄えていたのだ。

この石柱は王の中の王が戴冠式を行ったと伝えられている。「運命の石 Lia Fail (リアフォール)または Stone of Destiny 」と言われ、「真実の王が触ると、唸りをあげる」という伝説があるそうだ。私は触ったけれど何もなかった(残念!)。ツアーの男性の添乗員さんに触るように促すと、「いやー、私が触って王になったら、みなさんと一緒に日本に帰れませんから遠慮します」と笑って答えてくれたことを思い出す。

土曜日の講座の後の追加のユーチューブで、山下直子さんは石柱には豊穣のシンボルとしての意味があることをおっしゃっていた。アイルランドでは大地は女性を表すそうだ。
近くの泉の紹介もあった。私は行っていないけれど、タラの丘周辺には7つの泉があるそうだ。また石柱の近くには泉が多いという、これもまた豊穣のシンボルとしての伝説が広がる背景にもなったのだと思う。

現在のタラの丘の紹介がビデオであった。 フェンスで囲まれているのにびっくり。
なにか修理中なのか、ひよっとしたら「新型コロナ感染予防」のため、観光客などが触らないようにしているのかもしれない、と山下直子さんの説明にあった。こんなところまで「新型コロナ」の影響があるのかと驚いてしまった。

山下直子さんの講義によると、「風と共に去りぬ』を書いたマーガレット・ミッチェルは、父方がスコットランドで母方がアイルランド出身だそうだ。曽祖父が農園主で作中のタラ農場のモデルとなっている。祖母がアイルランド移民と結婚し、南北線層の話をよく聞いていたらしい。それもこの作品に反映されているそうだ。物語の設定として、30年アメリカにいてもアイルランド訛りの抜けない父親、タラという地名をつけるなど、こてこてのアイルランド人が思い浮かぶようになっているらしい。

「愛蘭土紀行1」で司馬遼太郎さんは次のように書いている。
「・・・アイルランド人の形質や気質について・・・形質としては『アイリッシュ・ブルーの大きな目』(映画『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンの青い目がそうだと思う)、民族性としては「アイルランド人が卑怯者だということはきいたことはない」、・・・さらには『アイルランド人はたとえ敗北に直面しようとも敗北を認めない。
 スカーレットは、百敗する。南軍が破れ、家も町も焼かれ、最初の夫も二度目の夫も戦いでうばわれ、三度目の夫のレッドバトラーも失踪した。すべてを失いながら、さいごに、昂然と顔をあげる。 『タラへ帰ろう。ー』 それは、彼女が父からゆずりうけた農場の名というだけではなかったろう。アイルランド人としての不撓の血が流れていることをわすれるな、ということをその地名をとなえることによって暗喩したのちがいない。再生への祈りでもあったはずである。」

アイルランド人の「土地への愛着」、土地を奪われてきた歴史的背景が、小説「風と共に去りぬ」にある、と山下直子さんはいう。
360度見渡せるタラの丘に立つと、スカーレット・オハラの気持ちが何となくわかるような気がする。草原のような大地と吹き抜ける風、広い空の下にいると、「よし、がんばろう」という気力がわいてくる。

「風と共に去りぬ」の続編として、「スカーレット」(アレクサンドラ・リプリー作、森瑤子訳)が紹介された。(左の写真はアマゾンのホームベージより)
私はこの本を読んでいないので、内容については触れることはできない。
しかし山下直子さんのお話で、アイルランドの西海岸側の町や史跡が写真とともに紹介されて、とても興味深かった。
行ったこともないところなので、機会があればと思っていると、この講座の質問に答えるユーチューブで、「司馬遼太郎さんのアイルランドツアーがあれば行ってみたい」という参加者からの意見が紹介された。「今はないけれど、皆様のご希望を聞いて・・・」という旅行社からの返答もあり、これは期待が・・・・。
ますますこの講座が面白くなってきた。