ハイジとドレミの歌 番外編

トラップ一家のその後

サウンド・オブ・ミュージックのトラップ一家は映画の人ではない。 実際にオーストリアからアメリカに亡命している。

旅行中、松本侑子さんはアメリカに亡命したあとのトラップ一家の様子を紹介された。
左がアメリカでのトラップ一家のようすを教えてくれる本だ。「サウンド・オブ・ミュージック」という題で2冊の本が出版されている。1冊目が映画で私達が知っている内容のもの。2冊目が左の本で「アメリカ編」となっている。図書館で借りてきて現在読んでいるところ。

1938年にオーストリアはドイツに併合される。トラップ一家が渡米したのはこのとき。映画でその場面があった。翌年1939年に第二次世界大戦がはじまっている。アメリカに渡った一家の様子が、マリアの手によって書かれたのがこの本。マリアはアメリカに来たことをきっかけに英語を学んだ。そしてこの本はマリアが学んだ英語で書かれている。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、ドイツナチスの非道さを知ったが、オーストリアが戦争後10年間連合軍によって占領されていたことは、今回の旅行で初めて知ったことだ。
アメリカにいたトラップ一家は、「トラップ・ファミリー・オーストリア救援隊」を組織し慈善活動をしていたそうだ。そのことをこの本で知った。

オーストリアで買った星座盤

上の写真が自然史博物館で買った星座盤。 この星座盤を買うとき、私は棚に並んでいる星座盤の一番正面にあるものを持っていくと、レジの人は多分こう言っていたと思う。
「これは中がわかるようにしてある展示品だから、ちゃんとシールされた商品にとりかえましょう」
と言いながら新しい星座盤を持ってきてくれた。
裏には使い方が書いてある。広げてみると太陽系の星などが説明されていた。
なにぶん全部ドイツ語で書いてあるのでよくわからないが、最座名でわかるところもある。

北極星の位置を見ると、日本に比べるとかなり高度が高い。これは緯度が高いからだ。世界中の星座盤を比べてみたいものだが、今まで行った国で星座盤を見たことがなかった。やはり自然史博物館のような建物に行かないと見つからないのだろうか、と思う。

飛行機から見た富士山

今回は東京に行くときも大阪に帰るときも富士山がよく見えた。
上の写真が大阪から東京に向かうときに見えた富士山。
下の写真が東京から大阪に帰るときに見えた富士山。
東海道線に乗ったとき、富士山が見えたらいいことがある、なんて中学校の修学旅行のときに言っていたが、今は飛行機から富士山を見る時代だ。
行きも帰りも富士山を見ることができたということは、私にとってはとってもいい旅になったと、富士山も言ってるのだろう。

 

 

 

ディズニーシーにある、カメラ・オブスクラ

ひさしぶりにディズニーランドとディズニーシーに行ってきた。
上の写真は飛行機の中から写した富士山。
「頭を雲の上に出しー」という歌の通りの写真になった。

目的地はフォートレス・エクスプロレーション。ここに長年の間、是非実物を見たいと思っていたものがある。

カメラ・オブスクラだ。私の思っていた以上に大きかったし、画像も鮮明だった。
これならこの画像を利用して写生画を描くことができたことが理解できる。

天井に穴があり、そこから鏡とレンズを通して外の風景を写しているのだ。

上の写真はウィキペディアからの資料。
ディズニーシーにあるフォーレスト・エクスプロレーションに、この資料にあるようなカメラ・オブスクラがつくられている。

鏡の部分をアップすると、

よく磨かれた鏡と、精度の良いレンズが有るに違いない。 これだけ鮮明な画像が映し出されるというのは、レンズの大きさと精度の良さからくるものかもしれない。 私の自作のカメラ・オブスクラでは、これほど美しい画像は映し出されなかった。 ディズニーシーに来てよかった、思えた瞬間だ。

ディズニーシーの案内の人に「カメラ・オブスクラは?」と聞くとすぐに教えてくれた。ただ、「カメラ・オブスクラとは何か」という説明は私の見た限りどこにもなかった。カメラの原点となったカメラ・オブスクラ。説明パンフとか説明のボードがあればなあと思った。
カメラ好きな人には必見の場所だと思う。

 

 

 

水準点めぐり8

徳島市内の電子基準点

IMG_6191

これは徳島市内にある電子基準点。
三角点に分類すればいいのか、水準点に分類すればいいのかわからなくなったので、国土地理院のホームページん見る。
なんと、基準点として、三角点、水準点、電子基準点の三つがあることがわかった。
私のブログには三角点の記事にのせてきたが、これからは電子基準点のタイトルを付けようかなあ。でもあらためて分類をふやすのもめんどうなので、そこは臨機応変でその都度考えながらのせることにしよう。

IMG_6184ここはJR徳島駅からひと駅、阿波富田駅から歩いて10分ぐらいにある富田中学校(とみだちゅうがっこう)。グランドの東はしに立っている。
電子基準点

電子基準点は全国に1,240点ある。電子基準点の記号は、三角点と電波塔の記号をあわせたものである。

 

IMG_6192IMG_6188

電子基準点の本体には、「基本 電子基準点 (GPS観測塔) NO.950416  建設省国土地理院」と記されている。その足もとには写真のように丸い「電子基準点付属標」が設置されている。ここには「電子基準点付属標 基本 No.0950416A 建設省国土地理院」と記されている。
電子基準点は1994年10月1日より本格的な観測を開始している。内部には10日間の連続データを保存できるメモリー、5時間の停電に対応できる無停電装置を設置している。

日本で一番高いところにある電子基準点は?

電子基準点高いところもちろん富士山。富士山にある電子基準点が日本で一番高いところにある。
しかも電子基準点の高さはピラー(金属の柱)の上にある観測装置の位置の高さを表すので、図のように、富士山頂にある三角点よりも高く、富士山の最高地点よりも高い数字になっている(電子基準点のあらわす高さはそこの地面の高さではなく、GPSアンテナのある位置の高さを表すことに注意)。
さて、富士山頂の三角点は何等三角点? 一等三角点に決まっている、と思ったら大間違い。実は二等三角点。
では一等三角点がある一番高い山は?
赤石岳
日本で一番高いところにある一等三角点は、南アルプスの赤石岳山頂にある。
標高3120メートルである。
二等三角点で一番高いところにあるのが富士山頂というわけ。
あーあっ、富士山に一等三角点があればいいのに、と思うのは私だけではないと思う。富士山の二等三角点、赤石岳の一等三角点、どちらも実物をこの目で見たいが、3000メートル級の山には私はとてもじゃないが登れない。富士山は世界遺産になって登る人も増えたと思う。山頂にある二等三角点と電子基準点に目を向ける人はどれぐらいいるのだろう。
私は写真を見てため息するだけである。