大阪環状線撮り歩き・天王寺駅

天王寺駅東口。
ここを出発地点にして、約2時間半の「おさんぽフォト」。
解散地点は「新今宮駅周辺」、新世界になるらしい。
講師の先生から、何かテーマを決めて、とお話がある。はてさて何をテーマにして撮ればいいのだろう。
前々回の時は看板をテーマにしたが、天王寺駅周辺では何がいいんだろう。と悩んでいると、
「形や色をきめて、目に入ったものを撮るのもいいです。心が動いたときにシャッターを押しましょう」とのアドバイスがあった。
それでは今回は色をテーマにしてみよう。と考えて「みどり」にしてみた。まず最初のみどりは「あべのハルカス」。みどりのガラスに青空と白い雲が映っているところを取ったのが上の写真。

みどりと言えば植物。天王寺周辺の歩道のあちこちに手作りの花壇があった。そのうちの一つが上の左。右の写真はトンネルを通して電車が走っているところを撮った。どこにみどりがあるかと言えば、拡大してみると、

真ん中の看板にみどりの文字が。「環境整備モデル基地」とある。みどり、というよりも青緑といったほうがいいかもしれないが、このへんは許容範囲で。

「資格センター」という看板があった。何の資格だろうと思って近づくと、「電験、電気工事士、エネルギー管理士(熱・電気)、公害防止管理者(大気・水質)」とあった。へーっ、こういう資格があるのだなあ、な感心してそばを通る。

みどりの看板というと、セブンイレブンだなあ。ビリヤードの看板も発見。
セブンイレブンだけじゃなかった。
ファミリーマートも、なか卯も、市バスもみどりだった。

阿倍野の地下街の入り口。「あべちか」の看板もみどり。

あべちかには今は珍しくなったみどりの公衆電話があった。こんな電話機がならんだ風景はめったにみられなくなった。

グリーンジャンボの宣伝、非常口の案内もみどりだった。

地下街を上に上がると「てんしば」のみどりをバックにした表示。天王寺公園もすっかり変わったなあ。ヨーロッパスタイルの公園がなつかしい。

美術館前から撮した通天閣。シャボン玉のように見えるのは、街灯の電球。

やってきました「新世界」。串かつの看板の地の色はみどりだった。

平日というのにたくさんの観光客。修学旅行生らしい高校生のグループもいたのにびっくり。 以前では考えられないような風景に目を丸くしてしまった。

もちろん外国人らしい観光客の団体もいっぱい。
かつての「新世界」「ジャンジャン横丁」の雰囲気は片隅においやられたような感じだった。

それがいいのか、悪いのか。
路地を一歩入れば、営業を止めて戸を締め切っている店もある。
光があるところには必ず影がある。ただそれに気づかないか、気づいても知らんふりをしているのか。新世界はそんなことを考えさせるところだ。

通天閣のごく近くにあったうどん屋さん。かなり歴史がありそう。おもてにある品書きを見て、講師の先生がおっしゃった。
「最近のうどん屋さんから、『すうどん』ということばがなくなりましたねえ」
なるほど、「すうどん」のかわりに「かけうどん」があった。これも時代の流れか。昔ながらの芝居小屋や映画館は健在だった。修学旅行の高校生の姿はなかった。

ちょっとカメラ勉強中です、というような写真。写り込んでいるのが、その映画館。

ここは「男はつらいよ第27作 浪速の恋の寅次郎」の映画に映っている場所。
もちろん映画にはハルカスはないが、真ん中のコンクリートの柱が目印。コンクリートに書かれた絵は映画とはちがっているが、マドンナ役の松坂慶子さんが朝にタクシーに乗った場所がここ。他にもこの映画ゆかりの場所があるが、それはいつか機会を見て紹介しよう。