大阪環状線撮り歩き  西九条駅

ここはJR環状線と阪神電車が交差する駅、またUSJへの乗り換えの駅で知られている「西九条駅」。 下水道科学館、松下幸之助ゆかりの地、そして「野田阪神駅」までの道を歩いた。

西九条駅の周辺には飲み屋さんや食べ物屋さんが多い。野田阪神までを歩きながらおもしろそうな看板のお店のスナップ写真をとる。

朝なのでどのお店も開いていない。
夕方にでもなれば照明がつき、シャッターがあき、また違った雰囲気になるのだろう。

安治川と淀川に挟まれた地域、水防碑が建っている。大きな被害があったのだろう。

遠くに見えているのが、前回見た安治川の防波堤。小さく写っている。

おもしろいものを発見。「初代船奉行所跡」とある。説明書きによると、
「大阪船奉行は元和6年(1620年)に、近世には難波津に代わって大坂の要津として,賑わっていた伝法・四貫島に設置され、徳川幕府最初の大坂船奉行所を四貫島村としました。公事屋敷が185軒あるという規模で、6軒や3軒で村がある時代の全国約200藩中で日本一の船奉行所になります。」

そんなすごいものが、西九条の四貫島にあったとは、全く知らなかった。

下はキュウリの花。こんな花が咲くんだなあ。

ここは千鳥橋。橋といっても下には川は流れていない。

河川敷の広場にある不思議な建物。これは一体なんだろう。
実はここはかつては川だったけれど、川の跡を利用しして高速道路のトンネルが走っているそうだ。そしてこの不思議な建物は、トンネルの非常用地上出口。
「阪神高速 地上出口 EXIT  淀川左岸線 正蓮寺川トンネル
 非常出口 非常口 E10 この建物は非常時の非常口で、平常時の使用を禁止しています。・・・略・・・」と書かれている。
高速道路のトンネルの非常口が河川敷にあるとは・・・初めて見た。

この付近は住宅の工事が進んでいる。

工事現場にあった「騒音計と振動計」。右の数字がおかしい?
実はこれはシャッタースピードを変えたから。
右の写真シャッタースピードは125分の1秒。左は30分の1秒。
赤いLEDは点滅しているので、早いシャッタースピードだと数字の一部しか写らないということだ。写真を撮ると、こういった勉強にもなる。

ここは「フローラルタウン南」という所。

広い公園と高層団地。かつてここは工場だったそうだ。工場の跡地に団地と公園がつくられていると、以前この付近にいた人が言っていた。

人工的な直線や曲線が目に入ってくる。

下水道科学館があった。無料で中を見学できる。いつか見学したい所。

金網の中にあるコンテナハウス。ボーイスカウトの事務所だった。

「正一位 互譲稲荷大明神」いい名前のお稲荷さんだ。

「被爆者慰霊 平和の碑」。大阪、西九条の地で、「被爆慰霊の碑」があるなんて。
大阪大空襲だろうか、なにかいわれがあるのだろう。合掌。

昭和の町並みが残っている。

ガード下のお店の看板がカラフルでおもしろい。

さあ、野田阪神に近づいてきた。

面白い看板のお店もでてくる。チャボというからニワトリかな?と思うと「茶暮」。
ブタがお店の前でお出迎えもなんか楽しい。金網のように固いお仕事のお店もある。

福島区海老江の住居表示の看板の色は紫。何か新鮮な感じ。この辺は「のだふじ」という藤の花で有名なところ。だから住居表示もフジ色を使っているのだろう。

今回のお散歩フォトは、「野田阪神」で解散。日は照らなかったが、さすが2時間半を歩き通すとつかれた。ご苦労様。

 

 

 

 

大阪環状線撮り歩き・天王寺駅

天王寺駅東口。
ここを出発地点にして、約2時間半の「おさんぽフォト」。
解散地点は「新今宮駅周辺」、新世界になるらしい。
講師の先生から、何かテーマを決めて、とお話がある。はてさて何をテーマにして撮ればいいのだろう。
前々回の時は看板をテーマにしたが、天王寺駅周辺では何がいいんだろう。と悩んでいると、
「形や色をきめて、目に入ったものを撮るのもいいです。心が動いたときにシャッターを押しましょう」とのアドバイスがあった。
それでは今回は色をテーマにしてみよう。と考えて「みどり」にしてみた。まず最初のみどりは「あべのハルカス」。みどりのガラスに青空と白い雲が映っているところを取ったのが上の写真。

みどりと言えば植物。天王寺周辺の歩道のあちこちに手作りの花壇があった。そのうちの一つが上の左。右の写真はトンネルを通して電車が走っているところを撮った。どこにみどりがあるかと言えば、拡大してみると、

真ん中の看板にみどりの文字が。「環境整備モデル基地」とある。みどり、というよりも青緑といったほうがいいかもしれないが、このへんは許容範囲で。

「資格センター」という看板があった。何の資格だろうと思って近づくと、「電験、電気工事士、エネルギー管理士(熱・電気)、公害防止管理者(大気・水質)」とあった。へーっ、こういう資格があるのだなあ、な感心してそばを通る。

みどりの看板というと、セブンイレブンだなあ。ビリヤードの看板も発見。
セブンイレブンだけじゃなかった。
ファミリーマートも、なか卯も、市バスもみどりだった。

阿倍野の地下街の入り口。「あべちか」の看板もみどり。

あべちかには今は珍しくなったみどりの公衆電話があった。こんな電話機がならんだ風景はめったにみられなくなった。

グリーンジャンボの宣伝、非常口の案内もみどりだった。

地下街を上に上がると「てんしば」のみどりをバックにした表示。天王寺公園もすっかり変わったなあ。ヨーロッパスタイルの公園がなつかしい。

美術館前から撮した通天閣。シャボン玉のように見えるのは、街灯の電球。

やってきました「新世界」。串かつの看板の地の色はみどりだった。

平日というのにたくさんの観光客。修学旅行生らしい高校生のグループもいたのにびっくり。 以前では考えられないような風景に目を丸くしてしまった。

もちろん外国人らしい観光客の団体もいっぱい。
かつての「新世界」「ジャンジャン横丁」の雰囲気は片隅においやられたような感じだった。

それがいいのか、悪いのか。
路地を一歩入れば、営業を止めて戸を締め切っている店もある。
光があるところには必ず影がある。ただそれに気づかないか、気づいても知らんふりをしているのか。新世界はそんなことを考えさせるところだ。

通天閣のごく近くにあったうどん屋さん。かなり歴史がありそう。おもてにある品書きを見て、講師の先生がおっしゃった。
「最近のうどん屋さんから、『すうどん』ということばがなくなりましたねえ」
なるほど、「すうどん」のかわりに「かけうどん」があった。これも時代の流れか。昔ながらの芝居小屋や映画館は健在だった。修学旅行の高校生の姿はなかった。

ちょっとカメラ勉強中です、というような写真。写り込んでいるのが、その映画館。

ここは「男はつらいよ第27作 浪速の恋の寅次郎」の映画に映っている場所。
もちろん映画にはハルカスはないが、真ん中のコンクリートの柱が目印。コンクリートに書かれた絵は映画とはちがっているが、マドンナ役の松坂慶子さんが朝にタクシーに乗った場所がここ。他にもこの映画ゆかりの場所があるが、それはいつか機会を見て紹介しよう。

 

 

大阪環状線撮り歩き・桃谷駅

クラブツーリズムの案内に、上のような「お散歩フォト〜大阪環状線〜」という撮影会があった。
環状線一駅一駅の周辺を歩きながらのスナップ撮影会の案内のようだ。
大阪市内のことがよくわかりそうな取り組みだし、スナップ写真が面白そうなので参加した。

ここは環状線桃谷駅。
桃谷駅からJR東部市場駅までを歩き、面白そうなところをスナップ写真に収めるということだ。
上級者の人はテーマを決めて撮りましょう、と講師の先生が言う。
うーん、テーマって言っても初めてだからなあ。この講座は毎月1回のようで、常連さんも多そう。初めてという人は、私を含めて二人だけだった。
講師の先生が、「看板、というテーマもおもしろいですよ」というので、おもしろそうな看板を探すことにした。

震動法要って何? ここはお寺なんですが・・・知識不足でわからない。

地球人の付属品? これもわからない・・・・。

「東洋史原典研究所」、これもすごいタイトルの看板。
災害避難所への案内看板には、英語・ハングル・中国語の表記もある。

自動車のガラスに写り込んだマンションや住宅。ちょっとマニアック?
古くて何か懐かしい風景もたくさんあった。

なんとなんと生野区に大阪管区気象台があった。昭和8年から昭和43年までの35年間観測をした。その間に室戸台風、ジェーン台風、第2室戸台風の3大台風を経験しているという。現在は御勝山南公園になっている。
左の写真はこの石碑の裏側にあった説明図の写真からとったもの。
12時を過ぎたので東部市場に足を速める。海鮮丼がまっている、、ハズ。

おやおや、、、、水曜日は定休日だった、、、、。

JRの東部市場駅て解散。

足は疲れたー。
こんなに歩くとは思っていなかったあ。東部市場で新鮮な海鮮丼を食べるのが楽しみでがんばったのに・・・。
と笑いながら参加者はぼやいていた。

スマホの地図を時々見ながら、へえーこんな感じなんだ、桃谷からハルカスを右手に見ながら歩くと、ここにくるのか・・・ と普段電車から見ている風景と、地図で見ている駅の配置が、実際に歩くことで頭のなかに自分用の地図が出来上がった感じ。
毎月1駅づつ環状線周辺を歩くスナップ写真の旅。なんとなくおもしろそう。