2021年の日の出

雲の間から顔を出した太陽

 

2021年の初日の出は雲の間から太陽がのぞくという日の出となった。 葛城・金剛山の上には厚い雲がおおいかぶさり、山の端から顔を出す太陽とはならなかった。
さて、2021年はどんな年だろう。厚い雲があっても太陽は必ず顔を出す。
雲外蒼天の言葉どおりの年になってほしいものだ。

西の空には月が沈んでいこうとしている。 月齢は17.4。
満月は2020年12月30日だった。
元日が満月という年はいつあるのだろうか?
大阪市立科学館の「こよみハンドブック」で調べてみると、
2029年1月1日は満月らしい。しかもこの月は30日も満月になるからブルームーンだ。
しかしこのハンドブックにはこんな説明がある。
「よくひと月に満月が2回ある時の2回目の満月の意味で使われていますが、これは誤用とされています。もともとは『季節の中で4回満月がある場合の3回目』をブルームーンとよんでいたようです。実際の色とは関係ありません」
なるほど、新年に新しいことを知った。

月齢を求める

昨年から「月齢を計算する式」というのを調べてきた。
参考になるのが次のホームページだった。

http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0250.htm

http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0200.htm

この中で紹介されている、

2000年以降の式 C=((Y-2009)%19)×11+M+D  

について、私がわかったことをもと説明してみよう。
ちなみに上の式は、西暦Y年、M月、D日の月齢Cを求める、という意味である。
%19は、前の計算で求めた値を19で割って、その余りを使うということ。

この計算式の基準は2004年7月1日(日本時12時の月齢)。
この日の月齢は13.3

月齢は、朔(新月)からの経過日数だから1日後の月齢は、ほとんどの場合は
現在の月齢+1となる。たとえば2004年7月2日なら、13.3+1=14.3
経過日数によっては、途中で朔(新月)がはいる。月齢はあらためてそこからかぞえることになるので、その場合は30の整数倍を引けばよい。
たとえば計算結果が69.4なら、69.4−30=39.4  39.4-30=9.4 というように。

計算は日数さえわかればいいのだが、月を超えると大の月や小の月があって計算が面倒になる。30日、31日、29日、28日とあるので、ここはおよそ 30.5日として考える。
月の朔望周期(朔・新月から朔・新月までの周期)も変化しているので、ここも平均朔望周期の29.53059日を使うことにする。

1ヶ月後を考えてみよう

たとえば100日後の月齢を考える時、100 / 29.53059=3 余り 11.4
となり、余りの11.4が月齢に相当する。(ただし平均朔望周期を使った簡易計算なので、約11と考えたほうが良い。)

そうすると歴月の平均日数30.5日と、平均朔望周期の29.54059日から

  30.5 / 29.53059 = 1 余り0.97となる。

余り0.97が重要で、カレンダーで一月が経過すると、月齢はこの余りの分だけ増えることを意味している。
たとえば、2004年7月1日の月齢が13.3 で、8月1日を考える時、一ヶ月後だから、 13.3 + 0.97 = 14.3  となる。実際の値は14.7だからいい精度だ。

次は1年後を考えてみよう。

1年の日数は、平年が365日、うるう年は366日だから、平均すると365.25日と考えることができる。そうすると1年後の月齢の進み具合は、

 365.25 / 29.53059 = 12 余り 10.88

余り10.88 だから、1年で平均して月齢は10.88だけすすむ
2004年7月1日の月齢が13.3だから、1年後の2005年7月1日の月齢は
   13.3 + 10.88 = 24.18
実際の月齢は24.2 だから概略計算としては正解と言っていいだろう。

Y年M月D日の月齢を考える

2004年7月1日の月齢が13.3だったとき、Y年M月D日の月齢は、

(Y−2004)✕ 10.88 + (M − 7)✕ 0.97 + ( D − 1 )+ 13.3         となる。

・Y – 2004 は、Y年と2004年差を求めている。1年に10.88 月齢は進むので差の年数との掛け算をしている。
・M – 7 は、基準の7月からの月数の変化。一月に 0.97 増加するので月数との積を求めている。
・D – 1 は、7月1日の1日からどれだけ日数が増えたかを計算している。
・13.3 は基準日の2004年7月1日の月齢。この月齢に日数、月数、年数の月齢の変化を加えている。

試しに2007年4月15日の月齢を計算してみよう。

(2007 – 2004)✕ 10.88 + ( 4 – 7 ) ✕ 0.97 + ( 15 – 1 ) + 13.3 = 57.03
 結果が30より大きいので、
  57.03 – 30 = 27.03  

 実際の月齢は、27.0 だから。正解と言っていいだろう。

しかしこれでは電卓がいる。もう少し簡単なやり方はないのか?
と参考にしたホームページに書いてある。私もそう思う。
ありがたいことにより簡単な方法を追求されている。
それは次回に。

 

 

 

 

明石のプラネタリウム

IMG_8226

これは明石天文科学館のプラネタリウム。
天文科学館の入館料にプラネタリウム投影の料金も含まれているので、ラッキー。
プラネタリウム大好きの私にとってはほんとにありがたい。
ここで手に入れたのが「全国レアリウム33箇所巡りガイドブック」

IMG_20151010_0001

全国にはプラネタリウムは135基あるそうだ。
一つの国にこれほどたくさんのプラネタリウムがある国は珍しいそうだ。
そのなかでもとりわけレアなものを33基えらんだのが「レアリウム」。
日本最北端、本土最西端、日本最南端のプラネタリウムとか、日本で一台しかないプラネタリウム、ギネス認定世界一地上から一番高いところにあるプラネタリウム、寝そべって見られるプラネタリウム、神社の境内にあるプラネタリウム、あるいは日本で唯一島にあるプラネタリウムなど33箇所集められている。
33箇所巡りと言うアイデアが面白い。

IMG_20151010_0003

明石市立天文科学館のプラネタリウムの紹介もされている。
☆現役では日本最古のプラネタリウム。
・引退したプラネタリウムを含めても、稼働期間が日本一。
・現役の大型光学式プラネタリウムとしては、世界第五位の稼働期間。
・国内で稼働している唯一の旧東ドイツ製プラネタリウム。
・日本標準子午線の真上に建つ明石市立天文科学館の中にあるフラネタリウム。
・1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神淡路大震災で、館は大破し震災復旧工事のため3年2ヶ月休館したが、奇跡的にプラネタリウムだけ無事だった。

記念スタンプもおしたが、この33箇所をすべて回るのはまず私には不可能。
このリストの中で行ったところは、伊丹市立こども文化科学館のプラネタリウム。ここはメガスター常設館では日本最西端として登録されている。そして大阪市立科学館のプラネタリウム。

IMG_20151010_0002

☆1937年にオープンした大阪市立電気科学館に設置された日本最古のプラネタリウム。国内で唯一現存する旧ドイツ製プラネタリウムで「Made in GERMANY」の銘があるそうだ。
私も小学校の見学で訪れて、それ以来プラネタリウム大好きになったきっかけがこの電気科学館のプラネタリウム。
現在は新しいプラネタリウムのそばに静態展示されている。何年か前に最後の投影の企画があったので行った。もちろん静態展示の場での投影だったので像はゆがんで見えるが、間近に投影された星の像が見ることができ、電球のフィラメントの像がわかったことに感銘したことを覚えている。

「33箇所巡りガイドブック」の裏表紙には、その33箇所のマップが載せられている。

IMG_20151010_0004

 

全部は無理でも、訪ねてみたいものだ。

それにしてもカールツアイス社製のプラネタリウムの形は、不思議な魅力を持っている。ドームの中央に置かれたこのプラネタリウムをみるだけで、非日常の世界に引ここまれる小学生たちは大勢いるに、大勢いたにちがいない。
プラネタリウムは高価な機械。だから市などの行政が運営することに意味がある。子どもたちの、そして私のような大人もふくめて、未来を夢見る目や心を育てる大切な機械。効率を追求するだけでは得ることの出来ない未来がここにはある。